FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 09雑記

| PAGE-SELECT | NEXT

対馬・壱岐旅行記 【2-5】 鮎もどし自然公園と豆酘岬~対馬南部を巡る~

2019年8月16日(金)

対馬滞在2日目。

時刻は14時過ぎ。本日の夕方までにはレンタカーを返却する必要があります。残された時間を使い、まだ訪れていない対馬の南部を巡ることにしましょう。

厳原市街地から南へ向かうためには、標高250m以上の峠を超える必要があります。ガソリンの残量が心許なかったため、厳原の市街地で給油をしてから向かいました。






鮎もどし自然公園で渓谷美を楽しむ 川遊びも可

対馬壱岐

15:05
まずは対馬南部随一の観光地、鮎もどし自然公園を訪れました。

鮎もどし自然公園は、巨大な花崗岩の一枚岩の上を川が流れるという全国的にも珍しい場所。ペターンとしたツルツルの岩肌が広がり、その上を水が流れている様子はかなり独特です。水流によってえぐられた穴(甌穴)も点在しており、見ているだけで面白いですね。


対馬壱岐

川には吊橋が架かっており、橋の上から、この珍しい地形の全体像を見ることができます。


対馬壱岐

川原に下りることも可能です。訪れた日はお盆休みだったので、多くの家族連れが川遊びを楽しんでいました。


対馬壱岐

川原が平坦であることに加え、プールように流れが少ない箇所も多いため、川遊びに適した場所だと思います。ただし、場所によっては流れが速い場所や深い場所があったりするので、遊ぶ場合は十分に注意しましょう!


対馬壱岐

鮎もどし自然公園には広めの駐車場が何ヶ所か用意されています。それでもかなり多くの車が停まっており、第1駐車場はほぼ満車の状態でした。今回の旅で訪れた対馬の観光地の中でも一番の賑わいだったのではないでしょうか。




豆酘岬で大迫力の断崖絶壁と大海原を堪能する


15:35
対馬の南海岸沿いにある豆酘岬にやってきました。「豆酘」と書いて「つつ」と読みます。初見では絶対に読めない難読地名ですね。


対馬壱岐

岬をぐるりと周るように、遊歩道が整備されています。舗装がひび割れていたり、落石が転がっていたり、なかなかワイルドな状況ですが、割と歩きやすい道です。駐車場から約5分程度で岬を一望する展望台に到着しました。


対馬壱岐

こちらが岬の先端付近にある展望台からの眺め。

目の前には大海原!しばらく先までポツポツと岩礁が続いており、岩礁が途切れる所には灯台が建っています。まさに島の先端!「これぞ岬!」という光景!

よく晴れていますが、遮るものがないため風は非常に強いです。海も白波が立っており、見た目よりも荒れていそうな雰囲気です。


対馬壱岐

東の方角を見ると、神崎という岬が見えました。この神崎が対馬最南端の地なのです。神崎からの景色も素晴らしいそうですが、道が荒れており、訪れるのが結構大変なんだとか。今回は断念しました。



駐車場への帰りは、西海岸沿いの道を通ってみました。この西海岸沿いの遊歩道から見る景色こそが、豆酘岬のベストビューポイントだったのです。


対馬壱岐

ここが豆酘岬のベストビューポイント!

対馬を南北に貫く稜線が険しい断崖絶壁となり、まさに海に没する様子を一望することができます。

大海原に向かって突き出した矢じりのような姿!両側から押し寄せる風と波!荒々しい断崖絶壁!

北海道の襟裳岬や神威岬など、絶景の岬として知られる全国各地の岬にも決して見劣りしない素晴らしい岬だと思いました。是非とも豆酘岬西海岸の遊歩道を通り、この絶景を眺めてみて欲しいですね。


対馬壱岐

なお、豆酘岬には駐車場が2ヶ所あります。僕は岬により近い、一番奥の駐車場を利用したのですが、車の運転に自信のない方は手前の駐車場を利用した方が無難です。




岬に近い「奥の駐車場」へ向かうためには、数百メートルではありますが、すれ違いができない崖っぷち道を通る必要があるのです。この道で対向車と出会ってしまったら、悪夢としか言えないですよね…。幸いにも訪れる人があまり多くなかったため、対向車と出会うことはありませんでした。




手前の駐車場は広々としており、公衆トイレも設置されています。岬までの距離が400m程度遠くなりますが、崖っぷちの道を運転することを考えると、大した距離ではないですね。


次回、いよいよ対馬ドライブも大詰めです。今夜の宿、「宿坊対馬西山寺」についても紹介したいと思います。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.12.13 | 最終更新:2019.12.13 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【2-4】 絶景の赤島大橋と万関瀬戸

2019年8月16日(金)

対馬滞在2日目。

午前中、対馬から橋で渡れる島山島という離島を訪れましたが、対馬の周りにはそのような離島があと3つあります。それが沖ノ島赤島泊島です。是非とも訪れたかったので、対馬の南部を周る前に、行っておくことにしました。






対馬から橋で行ける島、沖ノ島、赤島、泊島

対馬壱岐

これから向かう3つの島は、対馬の東海岸に位置しています。複雑に入り組んだリアス式海岸沿いにあり、地図上で見ると対馬と完全にくっついているかのよう。

対馬本土のすぐ東に沖ノ島、そして沖ノ島のすぐ北東に赤島があります。それぞれの間には、僅か50m程の海峡。海峡には橋が架けられており、対馬から沖ノ島へ、さらには赤島まで移動することが可能です。なお、泊島は元々は独立した島だったのですが、現在では埋め立てにより、赤島と一体化しています。


対馬壱岐

13:35
対馬から2つの海峡を渡り、赤島までやってきました。国道382号線から赤島までは約5kmの道程。車であればあっという間です。

それにしても、やはり快晴と海という組み合わせは最高ですね。写真の右側に写っているのが沖ノ島、左側が赤島、そして正面に架かっている赤い橋が赤島大橋です。


対馬壱岐

この辺りの海は本当に美しいですね。美しい青色のグラデーションの海は、まるで南国の海のよう。ここが日本海の島とは思えない程です。


対馬壱岐

赤島の海を見るなら赤島大橋から見下ろすのがおススメです。歩道がない狭い橋ですが、交通量が少ないので、ノンビリと海を眺めることができます。


対馬壱岐

こちらが赤島大橋の上からの眺め!

ここから見た海は、対馬で出会った海の中でも特に美しいものでした。南国風の海でありつつ、複雑な海岸線に縁どられた対馬らしい海。



対馬壱岐

ボーっと橋の上から海を眺めていたら、バスがやってきました。対馬交通の路線バスです。赤島線という路線で、1日わずか2往復ですが、厳原と赤島の間を結んでいます。

ダイヤとしては、赤島方面へ向かう便が午後に偏った「赤島の住民向けのダイヤ」になっています。観光客がバスを利用して赤島を訪れるのは、あまり現実的ではないと言えるでしょう。




万関瀬戸 対馬を2つに分かつ運河

対馬壱岐

14:00
対馬本土に戻り、万関瀬戸にやってきました。

万関瀬戸は、対馬の中央の一番くびれた部分に掘られた、長さ約500mの運河。対馬の西側の浅茅湾から対馬の東側の海までを短縮すべく、1900年に旧大日本帝国海軍により掘削されました。

万関瀬戸を跨ぐ唯一の橋が国道382号線の万関橋です。


対馬壱岐

対馬壱岐

万関橋から東を見た風景(上)と西を見た風景(下)。

本当に細い川のような運河ですが、ここで対馬が南北に分かれているのです。万関瀬戸を境にして北側(比田勝、豊玉など)が上島、南側(厳原、美津島など)が下島と呼ばれています。


対馬壱岐

実は、万関瀬戸よりも少し南にも大船越瀬戸という運河があります。

1つの大きな島のように見える対馬島ですが、万関瀬戸、大船越瀬戸という2つの運河により、3つに分断されてしまっているのです。


さて、次回対馬の南部、下島を巡ります。鮎もどし自然公園豆酘岬という対馬南部の見どころを紹介します。

対馬・壱岐旅行記 【2-5】 鮎もどし自然公園と豆酘岬~対馬南部を巡る~
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.12.10 | 最終更新:2019.12.13 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【2-3】 「そば道場 美津島店」で「対州そば」と「せんそば」を食べる

2019年8月16日(金)

対馬滞在2日目。

対馬北部の周りたいところは午前中に大方周ることができました。午後は対馬南部をドライブしていきたいと思います。

その前に、飲食店が多い対馬空港付近で昼食を摂っておくことにしましょう。






「そば道場 美津島店」で対州そばとせんそばを食べる

対馬壱岐

12:25
昼食のため、「そば道場 美津島店」にやってきました。一般財団法人「対馬市農業振興公社」が経営するそば屋さんで、対馬に2店舗を構えています。

対馬空港がある旧美津島町は郊外型大型店舗も多く、厳原に次いで栄えているエリア。飲食店のみならず大型スーパーやホームセンターもあるため、対馬滞在中に何か買いたいものがある場合には便利なエリアと言えるでしょう。

「そば道場 美津島店」も広い駐車場を持つ郊外型店舗。2015年にオープンした新しいお店のようです。


対馬壱岐

郷土料理である対州そばせんそばが同時に味わえる二種盛り(800円)をいただきました。

右側が「対州そば」。そばは元々、大陸から日本に伝来してきたのが始まりです。長い年月の中で品種改良がなされ、日本独自のそばが作られてきました。そんな中、離島である対馬では、伝来した当初のままの原種に近いそばが現在でも残されています。

そんな「日本のそばの元祖」とも言うべき対州そばは、つなぎを使わない「十割そば」で味わうのが特徴です。


左側が「せんそば」。さつまいもを原料とした、対馬独特のそばです。プルプルとした食感が特徴です。


対馬壱岐

少し甘めのつゆにつけていただきます。

うん、対州そば、美味い!つなぎを使っていないとのことですが、ボソボソとした食感もなく、美味しいです。

そして、せんそばはクセになりそうな食感!シラタキや葛切りなどとも違った独特な弾力。プルンプルンとした食感ながら、歯切れが良く、非常に美味しかったです。


対馬壱岐

「そば道場 美津島店」のメニューを紹介します。対州そば、せんそば以外にも対馬の郷土料理をいただくことができます。

地鶏を使った鍋料理「いりやき」をベースにした「いりやきそば」、せんそばと同様にサツマイモを原料とした麺料理「ろくべえ」。どれもこれも対馬以外ではなかなか食べる機会がない料理ばかり。非常に魅力的です。


対馬壱岐

対州そばを使ったメニューも、バリエーションが豊富です。

他にも丼物や定食メニュー、ドリンクメニューも充実していました。全体的にリーズナブルな点も嬉しいところですね。この安さもあってか、地元客も結構来店しているようでした。

美味しかった!ごちそうさまでした!



そば道場 美津島店」はメインルートである国道382号線からは少し外れた場所にあります。国道から県道179号線に入り、1分程度で店に到着。店には広めの駐車場が完備されているので、車で訪れる方も安心ですね。




対馬空港近くの「コインランドリーさかい」でお洗濯

実は「そば道場」で昼食を食べている間、コインランドリーで溜まった洗濯物を洗っていました。


対馬壱岐

こちらは「コインランドリーさかい」。対馬では数少ないコインランドリーです。営業時間が7:00~24:00と比較的長く、昼間の時間帯はスタッフも常駐しています。

長旅となると、どうしても持って行く着替えが増えてしまうもの。荷物を減らすため、思い切って現地で洗濯をするという選択もアリだと思います。洗濯だけに…。

幸いにも周辺には飲食店や大型スーパー、さらには空港もあるため、洗濯をしている間に昼食を摂ったり、お土産を買ったりすることも可能です。




「コインランドリーさかい」が店を構えているのは、国道382号線沿い。ロードサイド店舗なので、駐車場も完備されています。周辺に色々な店が揃っているため、洗濯だけでなく、他の用事も一度に済ませることが出来る点が強みです。


さて、次回は対馬から橋を渡り、小さな島へ向かいます。沖ノ島赤島泊島。そこでは、感動的に美しい海に出会うことができました。ご期待ください!

対馬・壱岐旅行記 【2-4】 絶景の赤島大橋と万関瀬戸
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.12.03 | 最終更新:2019.12.10 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【2-2】 烏帽子岳展望台 ~対馬随一の絶景を楽しむ~

対馬壱岐
2019年8月16日(金)

対馬滞在2日目。

前日とはうってかわって、天気はどんどん良い方向へ。晴れているうちに絶景ポイントに行っておきましょう。

…というわけで、対馬一の絶景スポットとして名高い烏帽子岳展望台へと向かいます。






烏帽子岳展望台で絶景を堪能する

対馬壱岐

10:10
くねくねとした山道を登り、烏帽子岳展望台の駐車場に到着しました。烏帽子展望台の駐車場は2ヶ所にあります。

山道を登っていくと、最初に広めの駐車場が現れます。1つめの駐車場を過ぎ、さらに登っていくと、道の行き止まりに小さめの駐車場があります。どちらからも展望台に行くことが可能です。今回は行き止まりにある2つめの駐車場(小さい方)を利用しました。


対馬壱岐

駐車場からはご覧のような階段と遊歩道を3~5分登ります。大した距離ではありませんが、夏の猛暑が堪えますね…。


対馬壱岐

こちらが烏帽子岳展望台からの景色です!

展望台から南東の方角を見た景色ですが、絵画のように美しい多島海の風景です。見えている海は、対馬の北側と南側を分かつ浅茅湾。地図をご覧いただくと分かりますが、複雑すぎるリアス式海岸と無数の小島が点在する海域です。


対馬壱岐

サンゴの枝のように伸びる小さな半島にも集落が点在しています。何か養殖が行われているのでしょうか。キラキラと反射する穏やかな海に、たくさんのイカダが浮かんでいました。


対馬壱岐

南の方角を見るとこんな感じ。見えている海、全て浅茅湾です。複雑過ぎて、最早訳が分からないレベルですが、ため息が漏れる程素晴らしい景観ですね。

正面に見える高い山は、対馬の最高峰、白嶽(標高518m)でしょうか。


対馬壱岐

西側を見ても浅茅湾と対馬の海岸線を眺めることができます。ほぼ270度、どちらの方向を見ても浅茅湾が見えるのです。この大パノラマは、他の場所ではなかなか見られないのではないでしょうか。

烏帽子岳展望台、侮りがたし…!



対馬壱岐

これだけ海岸線が複雑だと、陸路で移動するのは大変です。その不便さを補うべく、浅茅湾に面した漁村を、対馬市営の渡船が結んでいます。主に島民のために運航されている船であり、観光客が乗る機会はないと思いますが、市営渡船での小さな船旅も魅力的ですよね。

■参考:対馬市公式サイト(トップページにある「市営渡海船うみさちひこ」のリンクを参照してください)


対馬から橋を渡って島山島へ



対馬島の周囲には100を超える無人島と6つの有人島が浮かんでいます。6つの有人島のうち、航空自衛隊の基地がある海栗島を除く5島は、対馬と橋で繋がれており、車で行き来することができます。




車で行けるのであれば、せっかくなので行ってみましょう!ということで、浅茅湾に浮かぶ島山島に行ってみました。

リアス式海岸に縁どられた浅茅湾に浮かぶ島山島ですが、島山島自体も複雑な海岸線を有しています。また、地図上で確認すると、一見対馬島とくっついているように見える島です。それもそのはず。対馬島と島山島を隔てる海峡は、一番狭い場所で幅50mという狭さなのです!


対馬壱岐

10:55
対馬島と島山島との間に架かる浅茅パールブリッジの袂にやってきました。目の前の橋を渡ると、島山島です。橋の手前に駐車場があったので、車を停め、橋を歩いてみることにしました。


対馬壱岐

橋の上から海峡を眺めてみました。まるで沖縄のような海の青さ!そして、やっぱり海峡が狭い!向かって左側と正面に見えている陸地が対馬島、右側の陸地が島山島です。

海峡が狭いので、当然橋も短いです。ものの1分程度で島と島の間を往復してしまいました。

せっかくなので、島山島の中もドライブしてみることにしましょう。


対馬壱岐

島山島に入り、約3km走ったところで、小さな漁村に突き当りました。僅かな平地に民家は数軒のみ。島山島唯一にして最大の集落です。人口は僅かに30名程度。この島の住民は、真珠やハマチ、タイの養殖を生業にしているそうです。

この島で行われているのは漁業だけではありません。ここまで来る途中、ブルーベリー農園を見かけました。道路沿いに幟が立っていましたが、島山島では8月限定でブルーベリー狩りが楽しめるそうです。500.円でブルーベリーが食べ放題のようなので、興味がある方は立ち寄ってみては如何でしょうか。


次回はランチ。対馬の郷土料理である対州そばをいただきます。

対馬・壱岐旅行記 【2-3】 「そば道場 美津島店」で「対州そば」と「せんそば」を食べる
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.12.01 | 最終更新:2019.12.03 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【2-1】 異国の見える丘展望所と和多都美神社

2019年8月16日(金)

対馬滞在2日目。

天気は晴れ。対馬に滞在するのは2日間ですが、前日はお天気が残念でした。今日は、前日の分も取り返すべく、対馬の絶景を堪能したいと思います。

本日の宿泊地は対馬南部にある厳原。夕方までに多くの見どころを巡りたいので、朝早くに比田勝を出発し、南下を開始しました。






異国の見える丘展望所 SNS映え間違いなしの絶景展望台

対馬壱岐

7:30
最初にやってきたのは、「異国の見える丘展望所」。

ご覧ください!断崖絶壁から海に向かって突き出す展望台です!先端に立てば、目の前に広がる大海原!地球の丸さを実感することができます。


対馬壱岐

その名の通り、本来は“異国”が見えるはずなのですが、この日は水平線辺りが霞んでおり、韓国を望むことはできませんでした。

その代わり、左右を見ると、対馬北部の入り組んだ海岸を望むことができます。人の気配が感じられないリアス式海岸が続いていますが、湾の奥には小さな漁村があり、そこでは生活が営まれているのです。韓国の近さだけでなく、対馬の巨大さも感じることができる展望台でした。




「異国の見える丘展望所」は、前日に訪れた棹崎公園の近くにある展望台です。「ここに行くなら天気が良い時に!」と思い、昨日はスルーしたのでした。

訪れるには、崖に沿った細い道を走る必要があります。交通量は少ないですが、通る際には注意が必要です。




対馬を南下!晴天ドライブ

「異国の見える丘展望所」を出発した後は、しばらく南下します。晴れていて気持ちの良いドライブ。


対馬壱岐

島の周囲のほとんどがリアス式海岸で構成される対馬。海岸線を走っていると、その複雑さに驚かされます。海なのに四方を山で囲まれていて、そこには湖のように穏やかな湾が広がっています。


対馬壱岐

海から離れ、山道に入ると、ツシマヤマネコ飛び出し注意の標識が現れます。この標識には他にもバリエーションがあるので、対馬をドライブされる際には是非とも探してみてください。




「スーパーサイキ」で朝食を

対馬壱岐

9:10
対馬中部の豊玉の中心部にあるスーパーマーケット、「スーパーサイキ」にやってきました。「サイキ」は対馬市のローカルスーパーで、島内の3ヶ所に店があります。「サイキ」には朝食を調達するために立ち寄りました。周囲には朝から営業している飲食店はないため、スーパーが貴重な補給ポイントなのです。


対馬壱岐

9:30
「サイキ」で買ったお惣菜で朝食。巻寿司と鯵の南蛮漬け、こんにゃくの酢の物をいただきました。

ご当地スーパーのお惣菜は、変わったものが多く、また手作り感に溢れていて良いですよね。旅先で朝食を食べる際の選択肢として、おススメです。チェーン店やコンビニで済ませるよりも、素敵なご飯に出会えるかもしれませんよ。




和多都美神社 海に向かって並ぶ鳥居は必見!

対馬壱岐

9:50
豊玉の市街地から少し南下し、和多都美神社にやってきました。

こちらは日本神話にも登場する神、彦火火出見尊とその妻で女神である、豊玉姫命が祀られている神社。対馬を代表する観光地の1つです。


対馬壱岐

対馬壱岐

見どころは何といっても、海上に建ち並ぶ鳥居!神殿から見ると、5基の鳥居が参道から海に向かって一直線に建ち並んでいます。まさに海の中から神様が現れ、鳥居をくぐってやってきそうな神秘的な光景…!

訪れた時は満潮のため鳥居の下部が水面下に沈んでいましたが、干潮時には鳥居まで歩いて渡れるようになるそうです。今回は時間の都合上、1回のみの訪問になってしまいましたが、時間があれば満潮時と干潮時の両方に訪れて違いを楽しみたいものですね。




和多都美神社は、複雑に入り組んだ仁位浅茅湾の入り江の奥に位置しています。メインルートからは外れていますが、対馬一の絶景スポットと名高い烏帽子岳展望台が近いので、合わせて訪れるのがおススメです。

…というわけで、次回は対馬を代表する絶景が楽しめる烏帽子岳展望台について紹介したいと思います。

対馬・壱岐旅行記 【2-2】 烏帽子岳展望台 ~対馬随一の絶景を楽しむ~
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.11.27 | 最終更新:2019.12.01 |カテゴリ: 旅行記

| PAGE-SELECT | NEXT