fc2ブログ
TOP > CATEGORY - 茨城県

| PAGE-SELECT | NEXT

石切山脈 プレミアムツアーとモンブランで日本最大の採石場を堪能!(茨城県笠間市)

石切山脈


石切山脈。

茨城県笠間市にはそんな名前の名所があります。「山脈」という名前ですが、本物の山脈ではありません。石切山脈のある笠間市稲田地区は稲田石という石材が有名で、日本最大の採石場があります。石が切り出された山が、まるで山脈のように険しく切り立って見えることから石切山脈と呼ばれるようになったのでしょう。その迫力から「茨城のグランドキャニオン」という異名も持っているようです。

石切山脈は現役の採石場ですが、観光地としても知られており、一般人も見学することができます。ただ見学するだけでなく、専用車に乗って採石場の中を巡るプレミアムツアーも開催されています。

今回は石切山脈を訪れ、プレミアムツアーにも参加してきたので、その時の様子をお伝えしたいと思います。






石切山脈とは?



今回紹介するのは茨城県笠間市にある石切山脈

墓石や建造物に使われる稲田石という石を切り出す採石場です。広大な敷地の一部では現在でも採石が行われている現役の採石場ですが、ダイナミックな光景が見られることから、一般人の見学を受け入れています。


石切山脈

入場料は大人300円(中学生以下は無料)。なお、専門ガイドが帯同するプレミアムツアーが催行されており、こちらの参加費は、大人1,000円(中学生以下は500円)となっています。

プレミアムツアーは1日4回(9:30~、11:00~、13:30~、15:00~)催行されており、所要時間は約1時間。事前に公式ホームページから予約する必要があります。今回は11時開始のプレミアムツアーに参加しました。


プレミアムツアーの紹介の前に、まずは一般入場者が入れるエリアを紹介します。




一般入場者が入れるエリア

プレミアムツアーに参加しなくても、石切山脈の一部を見学することができます。一般入場で立ち入ることができるのは、第一展示場第二展示場です。

第一展示場

石切山脈

こちらが第一展示場です。ご覧のとおり、採石場で切り出した稲田石を使った石のアートがたくさん展示されています。

展示場の奥には黄色の柵が設けられており、その柵の向こうに絶景が広がっています。


石切山脈

こちらが第一展示場から眺める絶景です!

こちらは前山採石場跡。かつての採石場跡に雨水などが溜まり、このような断崖絶壁と池が出来上がりました。この池は「地図にない湖」とも呼ばれ、石切山脈を代表する撮影スポットとなっています。波1つ立たない水面と白色が目立つ切り立った崖が美しいですね。「山脈」とは言い得て妙だなーと感じました。


第二展示場

石切山脈

石切山脈

続いて紹介するのは「地図にない湖」の南西側にある第二展示場。第一展示場からは歩いて1~2分の場所にあります。

こちらにも少しシュールな石材アートが並んでいます。動物をモチーフにした作品が多いようですね。


石切山脈

こちらが第二展示場から眺める「地図にない湖」です。

崖が近いせいか、第一展示場からの景色よりも迫力があります。見る角度が違うだけでこんなにも印象が異なるものなんですね。

このように、一般入場でも、それなりに楽しむことができるのです。




プレミアムツアー

続いてプレミアムツアーの様子を紹介します。

石切山脈

参加者はツアー開始の15分前に、こちらの事務所に集合する必要があります。ツアーは1時間ですが、途中でトイレに行くことはできません。あらかじめ事務所の隣にあるトイレに行っておきましょう。

参加者が全員揃ったところで事務所で説明を受け、2台のワンボックスに分乗してプレミアムツアーに出発しました。


石切山脈

専用車に揺られ、採石場内の荒れた砂利道を進みます。急坂やデコボコ道を、砂埃を巻き上げながら進む様は迫力満点。ハンドルを握るガイドさんの話を聞きながら、採石場の奥地へと進んでいきます。


石切山脈

最初に立ち寄ったのは、「地図にない湖」を上から見下ろせる展望台。展望台があるのは切り立った崖の上。一般入場では見られない角度から、迫力ある風景を楽しむことができます。


石切山脈

展望台の傍らには10m以上はあろうかという、巨岩が落ちていました。よく見ると岩には柵らしきものが付いています。実はこの巨岩、かつては展望台の地面の一部でした。2011年に発生した東日本大震災の際、足元の岩が割れ、ずり落ちてしまったのだそうです。


石切山脈

再び車に乗り込み、採石場の奥へと進んでいきます。周囲には石材が無造作に転がっています。

稲田石は白く美しい石として知られており、「白い貴婦人」とも呼ばれているそうです。その美しさから、日本橋や東京駅、国会議事堂にも使われているのだとか。




石切山脈

砕石場の奥までやってきました。

階段状に切り出された岩山。中央辺りにパワーショベルが写っていますが、このパワーショベルと比べても、一段一段が相当大きな段差であることがお分かりいただけるでしょう。

なお、崖の上の森にはハヤブサが棲息しているのだそうです。今回は見られませんでしたが、運が良ければツアー中にお目にかかれるのだとか。


石切山脈

崖の近くまで寄ることができます。見上げると大迫力の断崖絶壁...!!

これには圧倒されますね。


石切山脈

周囲には石材にならなかった、崩れた石がゴロゴロと転がっていました。ガイドさん曰く「好きな石を持って帰っても良い」とのこと。子供たちが思い思いに石を選んでいました。これは良い記念になりますね。

子供たちがお土産の石を選んだところで、そろそろツアー終了の時間。再び専用車に乗り込み、荒れた道を走って事務所へ。あっという間に1時間が終わりました。非常に満足度が高いツアーでした。




笠間の栗を使ったモンブランを食べる

石切山脈

石切山脈の第一展示場にはカフェが併設されています。ここでは笠間名産の栗を使ったモンブランをいただくことができます。

数量限定のプレミアムモンブラン(コーヒー付)を注文しました。


石切山脈

モンブランを作るところを見させていただきました。

機械から細いモンブランが、まるで素麺のように出てきます。これは面白い!


石切山脈

こちらがプレミアムモンブランです。

稲田石のお皿に盛られた、山盛りのモンブラン。かなりボリュームがありますが、甘さが控え目で、意外とペロリといただくことができます。大ぶりにカットされた栗も入っており、満足度が高い一品でした。




石切山脈へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

■北関東道の笠間西ICから国道50号線等を経由して約10分

■北関東道の友部ICから国道50号線等を経由して約20分

※カーナビで検索する場合、名称検索ではヒットしない場合があるため、住所(茨城県笠間市稲田4260-1)で検索するのがおススメです。


石切山脈の入口には、かなり広い砂利敷きの駐車場が完備されています。


鉄道でのアクセス

■JR水戸線の稲田駅から約1.3km。徒歩で20分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2023.12.10 | 最終更新:2023.12.10 |カテゴリ: 茨城県

古河のご当地グルメ、七福カレーめんを食べてみた(御食事處 静@茨城県古河市)

七福カレーめん

茨城県古河市。茨城県で最も西に位置し、栃木県、埼玉県と接する市です。茨城県で唯一、東北新幹線と東北本線が通り、東京のベッドタウンとして発展しています。

この記事ではそんな茨城県古河市のご当地グルメを紹介します。

それが七福カレーめん

古河市にある「御食事處 静」にて七福カレーめんを食べてみたのですが、とても美味しいものでした。今回は、そんな七福カレーめんや「御食事處 静」について紹介していきたいと思います。


■この記事の目次

1.古河名物、七福カレーめんとは
2.古河市郊外にある麦とろ飯の名店、「御食事處 静」
3.具沢山!七福カレーうどん
4.御食事處 静のメニュー
5.御食事處 静へのアクセス・駐車場情報




古河名物、七福カレーめんとは

古河の七福カレーめんは平成19年に誕生した比較的新しいご当地グルメです。

古河市にはスパイスを製造する黒岩食品という企業があり、事業所の近くを通るとカレーの良い香りがするのだとか。そんな古河市産のスパイスを使った町おこしをしようと考案されたのが、カレーを使った麺料理です。

また、古河市内には「七福神」と呼ばれる七つの寺社が存在します。町の観光資源である「七福神巡り」と「カレーめん」を融合し、「七福カレーめん」が誕生しました。

ルールとしては「七福神」にちなみ、「七種の具材を入れること」、「可能な限り古河産の野菜を入れること」となっています。

それ以外は特にルールは無く、麺であれば何でも良いとのこと。うどん、そば、ラーメン、焼きそば、パスタなど、店によってスタイルが様々。色々な店の味を試してみたくなりますね。




古河市郊外にある麦とろ飯の名店、「御食事處 静」

七福カレーめん

今回訪れたのは、古河市郊外の閑静な住宅街の中にある「御食事處 静」。店の前に立っている幟を見ていただくと分かるとおり、麦とろ飯が人気のお店のようです。

店内はカジュアルかつ落ち着いた雰囲気。カウンター席や小上がりの席があり、幅広い客層に対応できそうなお店です。




具沢山!七福カレーうどん

店によって多種多様な七福カレーめん。この店では「七福カレーうどん」、「七福カレーそば」が提供されています。迷いましたが、今回は「うどん」の方を選択しました。


七福カレーめん

こちらが七福カレーうどんです!

登場した瞬間、スパイスの香りが鼻孔をくすぐります。見るからに美味しそう!

中央に載せられた揚げ豆腐が、こちらの店の七福カレーめんの大きな特徴。食べてみると、表面がザクザク、中はフワフワで美味しいんです。


七福カレーめん

揚げ豆腐の他にもたくさんの具材が入っています。

ニラ、玉ねぎ、しめじ、しいたけ、キャベツ、ほうれん草、パプリカ、ニンジン、ナス、豚肉。数えてみたところ、なんと野菜だけでも8種類も入っていました。七福どころではないですね。これだけ入っていると、食べ進めている時に色々な食感や味が楽しめます。

ふんだんに入っている野菜ですが、季節の野菜を入れているとのこと。今回は春に訪れましたが、別の時期に訪れると入っている野菜も変わるかもしれません。

そしてカレーは、家庭のカレーよりも少し辛口でスパイシーな感じ。これは美味い。うどんもコシがあってカレーに負けていません。

量も程よいボリュームで、満足の一杯でした。




御食事處 静のメニュー

静のメニューを紹介します。


七福カレーめん

こちらの店では麦とろ飯をプッシュしています。メニューも麦とろ飯が付いた御膳や定食が中心となっています。


七福カレーめん

大和芋のコロッケもこの店自慢の一品なんだそう。そばやうどんのメニューもあります。


七福カレーめん

七福カレーめん

丼物、一品料理も充実しています。

七福カレーめんに加えて、大和芋のコロッケを食べるという選択肢もアリだと思います。




御食事處 静へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

東北道加須ICから約20分

圏央道五霞ICから約20分




駐車場は、店の前に数台分用意されています。


バスでのアクセス

公共交通機関で訪れる場合、古河市が運行する循環バスを利用する必要があります。「御食事處 静」の目の前に「老人福祉センター」というバス停があります。東北本線(宇都宮線)の古河駅から「老人福祉センター」へ行けるのは「福祉の森・病院コース」、「西コース」、「南コース(循環)」という3路線。

本数があまり多くはないので、行かれる際には時刻表を確認のうえお出かけください。

【参考】古河市(TOP>ぐるりん号)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2022.05.15 | 最終更新:2022.05.15 |カテゴリ: 茨城県

スタミナラーメン(ラーメン現代@茨城県ひたちなか市)

茨城県で人気のガッツリ系ソウルフード、スタミナラーメン

スタミナラーメン茨城県水戸市ひたちなか市を中心に食べられている、茨城県のご当地ラーメンです。

元々は1970年代、勝田市(現在のひたちなか市)にあるラーメン屋「大進」の店主により考案されました。当時捨てられることが多かったレバーと茨城県内で安く手に入る野菜をふんだんに使い、「学生に安くて栄養があるものを」という思いから誕生したそうです。

基本的にはレバーと野菜が入った甘辛い餡が乗ったあんかけラーメンなのですが、熱々の醤油ラーメンの上に餡が乗る通常のスタミナラーメンと、冷やした麺の上に直接餡をかける「スタミナ冷やし」の大きく分けて2種類が存在します。

現在では茨城県内の40店舗以上で提供されているスタミナラーメン。今回は発祥の地、ひたちなか市にある人気店、「ラーメン現代」にお邪魔しました。

勝田駅前の人気店、ラーメン現代

スタミナラーメン

まずこちらが熱々な方のスタミナラーメン。この店では「スタミナウマニメン」という名前で提供されています。

丼が巨大ですねぇ。これだけのボリュームがあってたったの680円。学生のために考案されたメニューだけあってコスパは非常に良いです。

スタミナラーメンの肝でもある餡の中にはキャベツや人参、カボチャなどの野菜、ウズラの卵、そして揚げたレバーが入っています。餡は甘辛くてパンチの効いた味。白飯にもビールにも合いそうです。これが醤油ラーメンの上に乗っているので、当然熱々!食べたのは冬だったのですが、汗が止まりませんでした。


スタミナ冷やし

そしてこちらがスタミナ冷やし。こちらもまた凄いボリューム!今回は名前に惹かれて「肉スタミナ冷やしメン」を注文しました。こちらはレバーの代わりに豚バラが入っています。レバーが苦手な方はこちらを頼むと良いでしょう。

餡の下には冷たい太麺!熱々の餡に冷たい麺を絡めて食べます。美味い!味も良いですが、何より喉ごしが良いですね。スタミナラーメンにはない清涼感を感じることができます。冷やしと言えども、こちらも食べ進めているうちに汗だくになってしまいました。


ラーメン現代

今回訪れたラーメン現代は勝田駅前の繁華街にある昔ながらのラーメン屋。駅前という場所柄、駐車場はないため、車で訪れる場合には駅前のコインパーキングに停める必要があります。


メニュー@ラーメン現代

スタミナラーメン以外にもラーメンメニューは豊富。そのほとんどが600円~700円台で食べることができます。

メニュー@ラーメン現代

町の老舗食堂らしく、定食や丼物も提供されています。


勝田は、常磐線の特急(「ひたち」または「ときわ」)を利用すれば東京から1時間余りで行くことができます。夏バテなどで疲れた時は、スタミナをチャージするためにフラッと訪れるのも良いかもしれませんね。

各種情報

食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。
ひたちなか市観光協会 : ガッツリ食べた後は観光もしたい!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.06.20 | 最終更新:2019.01.14 |カテゴリ: 茨城県

奥久慈しゃも丼は鶏の卵の旨味が凝縮された絶品丼(弥満喜(やまき)@茨城県大子町)

奥久慈しゃもの名店、弥満喜(やまき)


全国でも屈指の知名度を誇る茨城県北部のブランド鶏、奥久慈しゃも。他の地鶏よりも約3倍の飼育期間がかけられており、歯応えと濃厚な味わいを持つその肉は、多くの食通の舌を唸らせています。

弥満喜

そんな奥久慈しゃもを使った絶品料理を味わうことができる店が、茨城県大子町にあります。常陸大子駅前の商店街に店を構える「弥満喜(やまき)」。休日ともなると行列ができる人気店です。


しゃも好きにはたまらない「奥久慈しゃも丼『極み』」


この店で提供されているしゃも料理は大きく分けて4つ。

しゃも鍋しゃも丼しゃも塩焼きしゃも天ぷらです。今回はお目当てである「奥久慈しゃも丼『極み』」を注文します。

奥久慈しゃも丼「極み」

こちらが人気メニューである「奥久慈しゃも丼『極み』」。ノーマルの「奥久慈しゃも丼」はもも肉とむね肉が入っているのですが、「極み」にはそれに加えてささみ、手羽元、レバー、砂肝、ハツが入っています。様々な部位が入っており、鶏好きにはたまりませんね。

丼の脇を固めるのは、鶏出汁のスープ、刺身こんにゃく、サラダ、浅漬け。スープは鶏の濃厚な味が出ており、絶品でした。

奥久慈しゃも丼「極み」

丼をいただきます。奥久慈しゃもの肉と卵をふんだんに使った親子丼という感じ。

トロっととろけるような卵。味付けは勿論、卵自体も濃厚な味。その濃厚卵の中から顔を出すお肉たち。こちらを掘ればシャッキリとした歯応えの砂肝、あちらを掘ればプリっとした食感がたまらないハツ。宝探しをしているようで、食べる楽しさも倍増です。

とっても贅沢な丼でした。


混雑時には品切れも!早い時間に行くべし!


先述したように、弥満喜は人気店。私はちょっと遅くなり、13時過ぎに到着したのですが、看板メニューであるしゃも鍋は品切れとなっていました。また、我々が食べた直後に、「奥久慈しゃも丼『極み』」もなくなってしまったようです。希少部位を使ったメニューを食べたい方はお昼前の早い時間に行った方が良さそうですね。


弥満喜への行き方



弥満喜は、JR水郡線常陸大子駅から商店街を350メートル程歩いた所にあり、鉄道で大子を訪れた方も比較的行きやすい店。

店の駐車場はやや狭いため、混雑時には満車になってしまうことも。そんな時は常陸大子駅前の有料駐車場に停めて、店まで歩いて行くことも可能です。商店街の道は比較的狭いので、運転に自信のない方は、初めから駅前駐車場を利用した方が良いかもしれません。


ちなみに大子町には日本三名瀑として名高い袋田の滝があります。併せて訪れるのもおススメです。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちら。
大子町観光協会 : 大子町は見どころ沢山

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

≫ Read More

|投稿:2017.10.26 | 最終更新:2019.01.21 |カテゴリ: 茨城県

袋田の滝 無料駐車場・アクセス・周辺グルメを紹介(茨城県大子町)

袋田の滝

茨城県の北部、福島県との県境に近い大子町にある袋田の滝

栃木県の華厳の滝、和歌山県の那智の滝ともに日本三名瀑に数えられる滝です。川幅いっぱいに広がる4段の滝で、長さ120m、幅73mというスケールの大きさが魅力。全国的にも知名度が高い滝で、年間を通じて多くの観光客が訪れます。

この記事では袋田の滝の無料駐車場、観瀑台のこと、アクセス方法や周辺のグルメについてお伝えしたいと思います。


■この記事の目次

1.一番近い無料駐車場は滝まで約1.5km
2.袋田の滝は様々な角度から楽しみたい!
3.袋田の滝へのアクセス
4.袋田の滝を訪れたら、奥久慈名物のしゃもも食べたい




一番近い無料駐車場は滝まで約1.5km

袋田の滝は茨城県を代表する観光地。多くの観光客が訪れるため、周辺にはたくさんの駐車場が用意されています。しかし、そのほとんどが有料駐車場。無料駐車場は数が少ないうえ、滝から遠い場所になってしまいます。



こちらの袋田の滝第一駐車場が滝から最も近い無料駐車場。50台程度が停められる広さです。ここから滝へは片道約1.5kmの道のり。

300~500円程度の有料駐車場を利用すると、片道500m程度の短縮が見込めます。ご自身の体力と相談しつつ、駐車場を選ぶと良いでしょう。



第二駐車場もあります。滝までの距離は第一駐車場よりも遠くなりますが、こちらはかなり広い駐車場。駐車できる確率は第一に比べると圧倒的に高い駐車場です。




袋田の滝は様々な角度から楽しみたい!

滝へのアクセスルートはトンネル

袋田の滝

滝へのアクセスルートはなんとトンネル!こちらの「袋田の滝観瀑トンネル」を通って向かいます。観瀑台へと向かいます。トンネルの入口の脇にある料金所で、入場料を支払います。

料金は以下のとおり。

■大人 300円

■子供(小中学生) 150円

JAFの会員証を提示すると、50円割引になります。


袋田の滝

以前は渓谷沿いの狭い遊歩道が使われていたようですが、観光客の増加に伴い、昭和55年にトンネルルートに切り替えられたようです。トンネルのおかげで、現在では子どもからお年寄りまで、誰もが安全に観瀑台まで行くことができます。


大迫力の滝が目の前に!第1観瀑台

袋田の滝

第1観瀑台から観た袋田の滝です!


袋田の滝

外の景色が見えないトンネルの中を歩いてくるため、突如として現れる袋田の滝との出会いはかなり衝撃的!至近距離から、滝を見上げるように設置されているので、迫力満点です。もはや「袋田の滝しか見えない」と言っても過言ではないでしょう。


袋田の滝の全体像を眺めるなら第2観瀑台

袋田の滝

続いて、平成20年にオープンした「第2観瀑台」に行ってみましょう。こちらは観瀑台近くにあるエレベーターに乗って向かいます。2基のエレベーターによるピストン輸送となりますので、行楽シーズンは行列になることでしょう。


袋田の滝

こちらが第2観瀑台から観た袋田の滝!

第1観瀑台よりも51m高い位置にあり、滝の全体像を見ることができます。大迫力の第1観瀑台も素晴らしいですが、落ち着いて眺められるこちらも良いですね。


吊橋から眺める袋田の滝も、オツなもの

帰り道、まっすぐトンネルを戻るのではなく、トンネルの途中の分岐を曲がることをおススメします。分岐を曲がるとすぐに現れるトンネルの出口、そして吊橋が架かっています。

袋田の滝

この吊橋から眺める、斜めからの袋田の滝もまた良いもの!これだけの規模を誇りながら、様々な角度から見ることができるのもこの滝の魅力ですね。




袋田の滝へのアクセス

車でのアクセス

常磐道の那珂ICから約1時間

東北道の矢板ICまたは西那須野塩原ICから約1時間20分


バスでのアクセス

JR水郡線の袋田駅から茨城交通の路線バスで7分。終点の「滝本」停留所で下車。

※バスの本数が1日4本(夏場は、滝から駅に戻る便が5本)のみ


袋田の滝を訪れたら、奥久慈名物のしゃもも食べたい

袋田の滝がある茨城県大子町。大子町を訪れたら是非食べていただきたいのが、奥久慈しゃも。歯応えと旨味がある奥久慈しゃもは絶品です。

以前、このブログでは大子町の中心に店を構える弥満喜を紹介しました。袋田の滝から車で10分程度の距離なので、袋田の滝にお越しの際は、是非とも立ち寄ってみてください。

奥久慈しゃも丼は鶏の卵の旨味が凝縮された絶品丼(弥満喜(やまき)@茨城県大子町)

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2013.07.04 | 最終更新:2019.06.11 |カテゴリ: 茨城県

| PAGE-SELECT | NEXT