fc2ブログ
TOP > CATEGORY - 04中部地方

| PAGE-SELECT | NEXT

醤油カツ丼 越前そばの名店でご当地カツ丼を食べた(そば処 梅林@福井県大野市)

醤油カツ丼


越前ガニやサバ、フグなど、海産物で名を馳せる福井県。実は、有名なのは海の幸だけでなく、トンカツを使ったご当地グルメも人気です。

ソースカツ丼紹介記事)やボルガライスサバエドッグ紹介記事)など、トンカツを使ったご当地グルメが福井県内各地に存在します。今回は福井県の内陸部に位置する大野市のご当地グルメ、醤油カツ丼を紹介したいと思います。

大野市の醤油カツ丼の歴史は意外と新しく、2010年に誕生しました。大野市内の老舗醤油店が中心となり、専用のタレを開発したところからスタートしたご当地グルメです。

大野市内には醤油カツ丼を提供するお店がいくつもあるのですが、今回はそば店としても人気が高い「そば処 梅林」さんを訪問しました。この記事では醤油カツ丼を食べた感想や、そば処梅林のメニューなどについて紹介したいと思います。






越前そばの名店、そば処 梅林



今回訪れたのは、大野市中心部、越前大野駅の近くにあるそば処 梅林。


醤油カツ丼

こちらがそば処 梅林。越前そばの人気店としても知られているお店です。混雑が予想されたため、開店時間の少し前に訪問しました。その甲斐あって、すぐに食べることができましたが、食べ終わって店を出る頃(11:45頃)には並び客が出ており、駐車場はほぼ満車になっていました。

店内は小上がりが多め。テーブル席やカウンター席もありました。




実食!醤油カツ丼

醤油カツ丼

こちらが今回いただいた醤油カツ丼(おろしそば付)です。醤油カツ丼と越前そば、2つのご当地グルメが一度に楽しめるメニューです。


醤油カツ丼

醤油カツ丼。

卵とじのカツ丼ともソースカツ丼とも違った、今まで食べたことない新しいタイプのカツ丼です。専用の醤油ダレは後がけ。少し甘みのあるタレが、ヒレカツによく合います。

ヒレカツを引き立てるのは、大根おろし、カイワレ、タマネギやパプリカなどの野菜。シャキシャキとした野菜が、爽やかさをプラスしてくれます。そして真ん中に鎮座する温泉卵。ヒレカツや醤油ダレと絡み合い、旨味を倍増させてくれます。

シンプルに見えて、非常に奥が深い素晴らしいカツ丼でした。


醤油カツ丼

こちらが醤油カツ丼に付いてくるおろしそば。福井県独特のそばで、「越前そば」とも呼ばれています。その名のとおり、大根おろしが入ったつゆにつけていただきます。

大根おろしのほんのりとした辛みがよいアクセントになり、美味しかったです。


醤油カツ丼におろしそば。多そうに見えますが、どちらもアッサリとしているので、ペロリといただくことができました。




そば処 梅林のメニュー

そば処 梅林のメニューを紹介します。


醤油カツ丼

そば店なので、メニューはそばが中心。当然福井県名物の越前おろしそばもあります。

また、うどんやちゃんぽんも扱っているようです。


醤油カツ丼

醤油カツ丼

丼物と一品料理も充実しています。

今回食べた醤油カツ丼や、福井名物のソースカツ丼などのご当地丼、地元大野市名産の里芋舞茸を使った料理もあります。お腹に余裕があれば、こちらも食べてみたかったですね。




そば処 梅林のアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

中部縦貫道大野ICから福井県道172号線等を経由して約10分


店の前に十数台が停められる駐車場があります。


鉄道でのアクセス

■JR越美北線越前大野駅から約550m。徒歩約8分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2023.12.16 | 最終更新:2023.12.16 |カテゴリ: 福井県

陣馬形山山頂展望台 人気アニメの聖地にもなった絶景展望台 駐車場も紹介(長野県中川村)

陣馬形山山頂展望台

長野県の南部、伊那谷にある中川村。伊那市と飯田市の中間に位置するのどかな村ですが、近年人気が高まっている展望台があります。



それが陣馬形山山頂展望台

人気のきっかけになったのは、キャンプをテーマにした人気漫画「ゆるキャン」。元々絶景スポットとして知られた存在でしたが、アニメ化もされた人気作品の舞台にもなったことにより人気が急上昇。併設されている陣馬形山キャンプ場とともに、南信地域を代表する観光スポットになっています。

この記事では陣馬形山の駐車場、山頂展望台への道のり、展望台からの景色について紹介したいと思います。






陣馬形山山頂展望台へ行く場合の駐車場

陣馬形山には駐車場が何ヶ所かあるのですが、そのうちの幾つかは陣馬形山キャンプ場の利用者用の駐車場なので、キャンプ場利用者以外は注意が必要です。




キャンプ場を利用せず展望台にのみ行く場合、最も近い駐車場は陣馬形山第3駐車場です。これよりも奥にある駐車場はキャンプ場利用者用になります。第3駐車場から山頂展望台までは約350mです。




陣馬形山山頂展望台への道のり

陣馬形山山頂展望台

陣馬形山山頂展望台はキャンプ場の奥にあります。「キャンプもしないのに入っても大丈夫か!?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、臆せず横切っていきましょう。

さすがは人気のキャンプ場というだけあり、数多くのキャンパーたちがテントを張っていました。


陣馬形山山頂展望台

テントサイトを通り抜けると木製の階段が待っています。階段と言ってもハードなものではなく、傾斜も緩やかで距離も短いので楽々登ることが可能です。

第3駐車場を出発してから5分程で陣馬形山山頂展望台に到着しました。




これが陣馬形山山頂展望台からの景色だ!

陣馬形山山頂展望台

こちらが陣馬形山山頂展望台です。

標高は1445m。割と広々としたスペースに、望遠鏡、ベンチ、テーブルがあります。なお、望遠鏡は無料で利用可能です。


陣馬形山山頂展望台

こちらが陣馬形山山頂展望台からの絶景です!

眼下には伊那谷、そして正面には中央アルプスを望むことができます。伊那谷の地形も注目すべき点。天竜川が造り上げた河岸段丘を横断するように、支流の谷が何筋も刻まれています。段丘と谷が複雑に絡み合い、かなり独特な地形が造り上げられているのです。

この地形は長野県伊那地方で特に顕著に見られるもので、「田切」と呼ばれています。


陣馬形山山頂展望台

多数存在する田切は、伊那谷における交通の障壁にもなっています。

よーく見ると深い谷を長大な橋で越えていく道路が見えます。こちらは国道153号線伊南バイパスで、2018年に全通しました。かつては段丘と谷を行ったり来たりしていたため曲がりくねった道でしたが、谷を一跨ぎにする橋が架かり、大幅なショートカットが実現しました。

国道と並行しているJR飯田線は、地形に逆らわずに通されており、急カーブや急勾配が多い区間となっています。


陣馬形山山頂展望台

どこまでも続く田切地形と中央アルプス、そして蛇行する天竜川。まさに唯一無二の景色で、人気があるのも頷ける展望台でした。




陣馬形山山頂展望台へのアクセス

■中央道の松川ICから長野県道59号線、林道などを経由して約45分

■中央道の駒ヶ岳スマートICから国道153号線、林道などを経由して約50分


林道は道幅が狭い箇所が多いため、通行には注意が必要です。また、駒ヶ根市方面からアプローチする林道もありますが、道があまり良くないので、中川村側から訪れるのがおススメです。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2023.08.30 | 最終更新:2023.08.30 |カテゴリ: 長野県

東山円筒分水槽 富山の農村にある納涼スポット!駐車場情報なども紹介(富山県魚津市)

東山円筒分水槽

5月も下旬になり、急に暑くなり始めた今日この頃。今回は富山にあるとっておきの納涼スポットを紹介したいと思います。

それが富山県魚津市にある東山円筒分水槽

まず、「円筒分水」という言葉自体、あまり一般的には浸透していないと思います。円筒分水とは農業用水の施設の1つで、水は複数の地区に一定の割合で分けるための施設です。円筒状の水槽に水を引き込み、各地区へと続く水路に水を溢れださせることにより、決まった割合で分水することを狙いとしており、全国あちこちの農村地帯で見られることができます。

全国にある円筒分水の中でも、今回紹介する東山円筒分水槽は最も美しいと言われているもの。今回は東山円筒分水槽の魅力、駐車場やアクセス情報について紹介したいと思います。






平等に水を分配するための知恵 東山円筒分水槽



今回紹介する東山円筒分水槽は、富山県魚津市の郊外、田園地帯に位置しています。


東山円筒分水槽

こちらが東山円筒分水槽です!

「円筒分水槽」という名前が示すとおりの見た目をした施設。各地区に水を分けるという役割を持った施設ですが、ある種芸術作品のような美しさも持ち合わせています。

事故を防ぐため柵が設けられているものの、かなり近くまで近づくことが可能です。


東山円筒分水槽

東山円筒分水槽

近くから東山円筒分水槽を観察してみました。近くに来ると非常に涼しさを感じますね。

円筒の中央部分から水がドンドンと湧き出し、縁からザバザバと流れ出していきます。さて、この水はどこから、どのように引いてきているのでしょうか。


東山円筒分水槽

その答えは、近くに設置された看板に書かれていました。

この水はこの東山円筒分水槽がある東山地区の、片貝川を挟んだ対岸にある貝田新地区から引いてきてます。サイフォンの原理を利用し、片貝川の地下に造られた水路トンネルを経由して水を引き上げているようです。


東山円筒分水槽

東山円筒分水槽から流れ出した水は天神野用水東山用水青柳用水という3つの用水路へと流れ出し、片貝川右岸の各地域へと流れていきます。

この地域を流れる片貝川は非常に流れが急で、取水が非常に難しい川です。そんな地域でも、東山円筒分水槽のおかげで各地区に水を送ることができ、豊かな田園地帯が形成されたわけです。


東山円筒分水槽

なお、東山円筒分水槽の傍らには、円筒分水槽を模したベンチが設置されています。ベンチに腰かけて、のんびりと水の流れを眺めるというのも良いのではないでしょうか。




東山円筒分水槽の駐車場

東山円筒分水槽

東山円筒分水槽の駐車場を紹介します。分水槽のすぐ近くに3台分の駐車場があります(そのうち1台は身障者用駐車場)。


東山円筒分水槽

また、200m程北西へ進んだところに大型駐車場があります。こちらは大型車も駐車可能なんだそうです。




東山円筒分水槽へのアクセス

車でのアクセス

北陸道魚津ICから約10分



バスでのアクセス

あいの風とやま鉄道魚津駅から魚津市民バス天神ルートに乗車し約40分。終点の東山円筒分水槽前で下車



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2023.05.20 | 最終更新:2023.05.20 |カテゴリ: 富山県

つけナポリタン 吉原商店街発祥のご当地麺料理を食べてみた(Coffee Shop アドニス@静岡県富士市)

つけナポリタン

静岡県東部に位置する富士市。その名のとおり雄大な富士山を望む町であると同時に、静岡県有数の工業都市という一面も持っています。

今回はそんな静岡県富士市で人気のご当地グルメを紹介します。

それがつけナポリタン

つけナポリタンは、2008年頃、テレビ東京の番組と富士市吉原の商店街の共同開発により生み出された比較的新しいご当地グルメ。その名のとおり、トマトベースのつけ麺です。現在では富士市内外の40店舗以上のお店で食べられるそうです。

今回はつけナポリタンの人気店、「Coffee Shop アドニス」さんを訪れました。この記事ではアドニスのつけナポリタンを食べた感想、アドニスへのアクセス情報などについて紹介したいと思います。






吉原商店街の人気店 Coffee Shop アドニス

つけナポリタン

今回訪れた「Coffee Shop アドニス」があるのは、富士市の中心部である吉原。数百メートル続くアーケードの商店街の一角に店があります。


つけナポリタン

店構えは少しレトロな喫茶店風。クマの絵が描かれていたり、ゆるキャラである「ナポリン」の人形が鎮座していたり、可愛らしさもあります。

なお、この日は休日のお昼時に訪れたのですが、入店まで2組待ち。人気店であることに加え、つけナポリタンの麺の茹で時間が長いこともあり、休日は待つことも多いようです。席に通されるまでの待ち時間は10分程度でした。




実食! つけナポリタン

つけナポリタン

こちらがつけナポリタンです!

ご覧のとおり、トマトベースのつけ麺という感じ。まさに「つけて食べるナポリタン」です。


つけナポリタン

こちらがつけ汁(スープ)。濃厚なトマトベースのスープですが、酸味はそこまで強くなく、スープ単体でも美味しくいただけます。特にトッピングはプラスしていませんが、味玉、チーズ、蒸し鶏、チンゲン菜、マッシュルームなど、具材が豊富に入っていました。


つけナポリタン

こちらが麺。パスタではなく、中華麺が使用されています。少し太めで、シコシコとしたコシがある麺です。静岡らしく、桜海老がふりかけられていました。


つけナポリタン

食べ方が書かれた流儀がありました。

  • その一、 よくつけて食すべし
  • その二、 チーズをからめて食すべし
  • その三、 半分食べたらレモンを麺にかける

太めの麺に濃厚なつけ汁がよく絡み、とても美味。とろけたチーズも絡み、程よい塩味とまろやかさも楽しめます。途中でかけるレモンは、非常に良いアクセントになっていました。


つけナポリタン

つけナポリタンを食べる場合は紙エプロンがいただけます。スープがはねて服に…ということもありえますので、これは嬉しいですね。


つけナポリタン

なお、つけナポリタンにはいくつかのトッピングメニューが存在します。桜海老、蒸し鶏、チンゲン菜、チーズ、レモン、味玉はデフォルトでも入っていますが、追加したい方や他のトッピングメニューも楽しみたい方は注文しては如何でしょうか。




つけナポリタンにはバケットが合う!

つけナポリタン

つけナポリタンにはバケットが合います。麺を食べ終わる頃、まだお腹に空きがあったので、「バケット(ガーリック)」を追加注文しました。

ニンニクの風味がよく染みたバケットは、トマトベースのスープとの相性が抜群!麺のボリュームはそこまで多くないので、お腹に余裕がある方は是非とも注文してみてください。


つけナポリタン

ガーリック無しの「バケット」、「替え玉」、「〆ご飯」などもあるので、お好みに合わせて、麺以外との組み合わせを楽しむのもおススメです。




〆はスープ割

つけナポリタン

つけ麺ではお馴染みのスープ割のサービス、つけナポリタンでもお願いすることができます。麺とバケットを食べ終わるタイミングで、店員さんにお願いをしました。

スープ割はカツオっぽい魚介だしが効いている和風だし。陶器に入れて出されるため、熱々です。スープ自体が冷めているので、スープ割が熱々なのは嬉しい限り。スープ割を投入すると、劇的に味が変わり、新鮮な気分でスープを楽しむことができました。




Coffee Shop アドニスへのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

東名高速富士ICから約5分

新東名高速新富士ICから約15分




虹いろーどパーキングが契約駐車場となっており、店で1,500円以上使うと駐車料金が無料になるようです。契約駐車場から店までは徒歩1分程度です。

私は、下調べをしていなかったので、店のすぐ隣にあるタイムズの駐車場に停めてしまいました。タイムズは60分につき220円の料金がかかります。


鉄道でのアクセス

東海道本線吉原駅から岳南電車に乗り、約5分。吉原本町駅で下車。

②吉原本町駅から徒歩10分程度。



バスでのアクセス

東海道本線富士駅から富士急静岡バスの路線バスに乗車して約20分。吉原中央で下車。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2023.04.01 | 最終更新:2023.04.01 |カテゴリ: 静岡県

見守り猫「とこにゃん」への行き方、駐車場を紹介(愛知県常滑市)

とこにゃん

中部国際空港セントレア)があり、中京圏の空の玄関口として知られる愛知県常滑市。セントレアに加えて焼き物の町としても有名で、見どころが多い町です。

今回はそんな常滑市の見どころのなかから、「見守り猫 とこにゃん」を紹介したいと思います。



今回紹介する「とこにゃん」は、常滑駅近くを通る「とこなめ招き猫通り」という道路沿いにある、巨大な招き猫のモニュメントです。焼き物造りが盛んな常滑市は、実は日本一の招き猫の産地。「とこにゃん」はそんな招き猫の町のシンボルとして、2006年に作られました。現在では常滑市の名所として、人気を誇っています。

この記事では「とこにゃん」への行き方や駐車場の情報などについて、ご紹介したいと思います。






「とこにゃん」見物の拠点は陶磁器会館がおすすめ

とこにゃん」は「とこなめ招き猫通り」という広い道路に面しています。しかし「とこにゃん」自体が道路よりもかなり高い場所にあるため、「とこにゃん」を見たい方は「とこなめ招き猫通り」を逸れて脇道に入る必要があります。道がかなり狭いため、徒歩で訪れるのがおススメです。


とこにゃん

そのための拠点となるのが、「とこなめ招き猫通り」沿いにある陶磁器会館。名物の常滑焼の販売を行っている施設ですが、広めの駐車場が完備されています。土日・祝日は500円かかりますが、「とこにゃん」や周辺にある「やきもの散歩道」を訪れる方も駐車することが可能です。


とこにゃん

こちらが陶磁器会館の前に設置されていた地図。ご覧のとおり「やきもの散歩道」と名付けられたコースが2つあるようです(AコースとBコース)。古い町並みを巡るコースらしく歩いてみたかったのですが、この後中部国際空港から飛行機に乗る予定があったので、「とこにゃん」だけを見に行ってみることにしました。

「陶磁器会館」から「とこにゃん」まではかなり近いようです。歩いて行ってみましょう。




陶磁器会館から「とこにゃん」までの行き方

とこにゃん

「陶磁器会館」から「とこにゃん」までの道のりを紹介します。基本的には道中には看板が建てられており、地図がなくても迷わずに行けると思います。

ご覧のように「やきもの散歩道」、「見守り猫 とこにゃん」と書かれたガードレースの道を進んでいきます。うっかり車で迷い込んでいる観光客もいましたが、かなり道が狭く、方向転換する場所も限られているので、車での進入はおススメしません。


とこにゃん

しばらくは「やきもの散歩道」に沿って進んでいきます。確かに煉瓦造りの煙突や、古い民家が建ち並んでおり、「焼き物の里」の雰囲気を感じることができます。時間があればゆっくりと周りたかったなー。



「陶磁器会館」を出発して5分たらずで「とこにゃん」に到着しました。




これが「とこにゃん」だ!

とこにゃん

これが「とこにゃん」です!!

住宅街の中、唐突に現れた招き猫の生首!かなりのインパクト!


とこにゃん

招き猫らしく、前足で「おいでおいで」としているのが可愛らしいですね。巨大な「とこにゃん」の傍らには、小さな猫の置物も置かれており、こちらもまた可愛いのです。


とこにゃん

「とこにゃん」は「とこなめ招き猫通り」を跨ぐ歩道橋の脇にあり、歩道橋の対岸からも見ることができます。

また、周りにはライトが設置されており、夜間はライトアップされるようですね。夜にも訪れてみたいものです。


とこにゃん

ちなみに「とこにゃん」を真横から見ると、こんな感じになっています…。


とこにゃん

背後からだとご覧のとおり。後ろ姿からだと猫かどうかも分かりませんね…。




「とこにゃん」へのアクセス

車でのアクセス

知多横断道路常滑ICから愛知県道265号線を通って約5分。「陶磁器会館」に駐車し、そこから徒歩5分。



鉄道でのアクセス

名鉄常滑駅から約400m。徒歩で5~6分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2023.02.19 | 最終更新:2023.02.19 |カテゴリ: 愛知県

| PAGE-SELECT | NEXT