FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 02北海道・東北地方

| PAGE-SELECT | NEXT

熱々でボリューム満点! 夕張名物のカレーそばを食べてみた(吉野家@北海道夕張市)

カレーそば

北海道の中央部に位置する夕張市。炭鉱の街、財政破綻した市、メロンが有名な町など、話題に事欠かない夕張市ですが、訪れたら是非とも食べて欲しい名物グルメがあります。

それが今回紹介する夕張カレーそば

かつて、夕張には藤の家という食堂があり、カレーそばはその店の人気メニューとして知られていました。ボリューム満点で体が温まるカレーそばは炭鉱で働く労働者を中心に人気を集めており、閉山後も夕張の味として親しまれてきました。

現在では藤の家は閉店してしまっておりますが、夕張市内の6店舗でカレーそばを味わうことができます。今回はカレーそばの人気店、吉野家にお邪魔しました。この記事では、吉野家のカレーそばや吉野家のメニュー、アクセス情報などについて紹介したいと思います。






夕張市街地にある人気店、吉野家

カレーそば

今回訪れたのは夕張市の市役所近くにあるそば処吉野家。昭和4年創業の老舗食堂です。

市役所近くなので夕張市の中心部ではあるのですが、夕張市は炭鉱の閉山後、急激に人口が減少し続けている都市。市役所の周りにも廃屋が目立ち、寂しい雰囲気が漂っています。

そんな夕張市街地にあって、非常に賑わっているのが吉野家。今回は連休のお昼時に訪れたのですが、店の前には並んでいる人が数名。ウェイティングボードに名前を書いてから食べるまで、約40分待つことになりました。人気店なので、時間に余裕を持って訪れた方が良いですね。




実食!夕張名物カレーそば

カレーそば

こちらが夕張名物のカレーそばです!

た…たぷたぷじゃないですか!

いきなり度肝を抜かれました。なんと大きめの丼に、表面張力が張りそうなほどに並々と盛られているのです!特に大盛や特盛を頼んだわけではありません。通常サイズでこの盛りなのです!

さて、食べてみましょう。

まずは並々と入ったスープ。片栗粉か何かが入っているんでしょうか。とろみがあって熱々!カレーのスパイシーさが際立つ中にも、和風のダシが効いていてこれは美味しいですね。

麺は白色で柔らかめの蕎麦。更科そばというやつでしょうか。蕎麦の主張は少なく、カレーの味を邪魔していません。

具材としては、大きめにカットされた豚バラと玉ねぎが入っています。豚バラは食べ応えがあってジューシー。玉ねぎも甘みがあって美味しいですね。

スープにとろみがあるので最後まで熱々のままいただくことができました。カレーのスパイスも手伝い、体の中からポカポカになりました。これが寒い夕張で愛された一因かもしれませんね。




吉野家のメニュー

吉野家のメニューを紹介します。


カレーそば

メニューはそばとうどんが中心。温かいメニューは、今回紹介したカレーそばを含め、ほとんどのメニューについて「そばかうどんか」を選択することができます。


カレーそば

裏面には冷たいメニュー。こちらはそばが中心ですね。

とろろざるそば、山かけそばorうどんなど、夕張名産の長いもを使ったメニューもあるようです。




吉野家へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

道東道夕張ICから国道452号線、道道38号線などを経由して約25分

道央道岩見沢ICから道道30号、道道3号線などを経由して約45分


カレーそば

駐車場は、店を囲むようにして数台分確保されています。


バスでのアクセス

2019年4月に石勝線の夕張支線が廃止となったため、吉野家がある夕張市街地へ向かうためにはバスを利用する必要があります。

【新夕張駅からアクセスする場合】

■JR石勝線の新夕張駅前から夕張市石炭博物館行きのバスに乗り、約40分。「本町4丁目・夕張市役所」停留所で下車。バス停から徒歩1分以内。


【札幌から高速バスで行く場合】

札幌駅前ターミナルから北海道中央バスの高速バス「高速ゆうばり号」に乗り、約1時間40分。終点の「レースイリゾート」で下車。バス停から徒歩15分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.01.13 | 最終更新:2021.01.13 |カテゴリ: 北海道

えもん丼 カキや昆布など厚岸名物が乗せられたご当地丼!(桜亭@北海道厚岸町)

えもん丼

北海道東部にある港町、厚岸町

太平洋だけでなく汽水湖である厚岸湖にも面しており、豊かな漁場に恵まれています。町の主産業は漁業で、特にカキの養殖や昆布漁が有名です。

今回はそんな厚岸町の特産品がふんだんに使われたご当地丼を紹介します。

その名も「えもん丼」。

厚岸町のブランドカキ「かきえもん」から名付けられた「えもん丼」。カキだけでなく、厚岸特産の魚介類が乗せられた豪華な丼物です。今回は厚岸の市街地にある桜亭で「えもん丼」をいただいてきましたので、その魅力を紹介したいと思います。






厚岸市街地にある寿司屋、桜亭

えもん丼

今回訪れたのは厚岸町の市街地にある桜亭。寿司屋という位置づけですが、寿司以外のメニューも多く取り扱っています。敷居が高い店ではなく、地元の方の普段使いの店という感じです。

中にはカウンター席だけではなく、半個室になった小上がり席がいくつかあります。小上がり席は他の席と区切られており、家族やグループでの利用にはおススメです。


厚岸名物が盛りだくさん!えもん丼を食べてみた

えもん丼

こちらが厚岸町のご当地丼、えもん丼です!

えもん丼に加え、海老が頭ごと入った味噌汁が付いてきます。これで1,200円です。


えもん丼

えもん丼をいただいてみましょう。厚岸の名産を詰め込んだだけあって、とても具沢山な丼です。

まずは厚岸の特産品の代表格、カキ!厚岸のカキは小ぶりですが、とても濃厚な味で美味しいのです。そんなカキが甘じょっぱく味付けされています。プリッとした食感がたまりませんね。

さらには昆布ツブ貝いくらなど、厚岸産の海の幸がギッシリと詰まっています。どこから食べ進めてよいか、迷うほどの豪華さですね。

厚岸産の具材は海産物だけではありません。甘く煮られたシイタケも乗っていました。調べてみると厚岸町ではシイタケの生産も行われているようです。

海の幸と山の幸。まさしく厚岸の全てがこの一杯に詰まっているのです。季節によってはツブ貝の代わりにサンマホッキ貝が入ることもあるのだとか。季節を変えて、また食べてみたい一杯ですね。

なお、豪華絢爛な具材たちの下には炊き込みご飯が詰まっています。カキのダシが効いたご飯。ご飯だけでも十分に美味しかったです。




桜亭のメニュー

桜亭のメニューを紹介します。


えもん丼

えもん丼

寿司屋ですが、寿司以外にもバラエティに富んだラインナップになっています。一品料理だけではなく、丼物や定食、鍋物も充実しており、幅広いニーズに対応しています。

さすが「カキの町」と言われるだけあり、カキ料理も豊富です。


えもん丼

せっかくなので焼きガキをいただきました。1個210円と、比較的リーズナブルなので、是非とも食べておきたいところですね。




桜亭へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

釧路外環道釧路別保ICから国道44号線経由で約40分

釧路市街地から国道44号線経由で約1時間



店の前には10台程が停められる駐車場があります。


鉄道でのアクセス

■JR根室本線厚岸駅から約600m。徒歩で7分程度。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.11.12 | 最終更新:2020.11.12 |カテゴリ: 北海道

丸池様 鳥海山麓にある神秘的な青い池 アクセス情報なども紹介(山形県遊佐町)

丸池様

山形県と秋田県の県境に聳える火山、鳥海山。海から近い割に標高が2000m超と高く、この両県だけではなく遠く離れた新潟県からの望むことができる存在感のある山です。

今回紹介するのは、そんな鳥海山の山形県側の麓にある素敵な池。ただの池ではなく、なんと100%湧き水で出来ている池なのです。

池の名前は「丸池様」

なかなか仰々しい名前の池ですが、それもそのはず。池の畔には丸池神社があり、この池自体がご神体なのです。実際に池を見てきましたが、拝みたくなるような美しさと神秘性を併せ持つ、素晴らしい池でした。

この記事では、丸池様の魅力やアクセス方法、駐車場や遊歩道の情報などについてお伝えしたいと思います。






信じられない青さ!鳥海山麓にある湧水の池、「丸池様」

丸池様

こちらが丸池様です!

森の中にひっそりと佇む青い池。直径約20m、深さ約3.5mの小さな池です。

先述しましたが、この池を構成する水は全て湧き水。信じられない程透明度が高い水がコンコンと地下から湧き出し、池を満たしているのです。

あまりに透明で、水底に横たわる倒木も見える程です。


丸池様

火山の麓というのは、地質的に見て湧水が多いのだそう。火山灰でできた地層は水が染み込みやすく、地下水が豊富です。そんな地下水が麓に向かって流れ、麓近くで再び地表に湧き出すのです。


丸池様

池の畔には小さな社が建っています。こちらが丸池神社の本殿です。




丸池様へのアクセス

車でのアクセス

日東道遊佐比子ICから約15分

日東道象潟ICから約25分



丸池様へのアクセスは国道345号線から。吹浦駅の少し南側の信号のない丁字路から内陸へと入っていきます。「丸池・牛渡川」と書かれた小さな看板が目印です。



看板に従って向かうと、こんな感じのルートで丸池様へ向かうことになります。分岐点には、小さな看板が設置されているので、見落とさないように注意しましょう。

遠回りをしつつ、さらにカクカクと何度も曲がる箇所がある不自然なルートです。何故このようなルートが案内されているか、詳しくは分かりません。近年丸池様の人気が高まっていることから、民家が密集しており、道幅が狭い吹浦市街地を避けて向かわせようとする意図があるのでしょうね。


鉄道でのアクセス

■JR羽越本線吹浦駅から約1.5km。徒歩20分程度。





丸池様の駐車場

丸池様

丸池様の駐車場は、農道の行き止まりにあります。砂利敷で、広さとしては十数台が停められる程でしょうか。そこまで広くはないため、行楽シーズンは満車になることもあるかもしれません。

駐車場には仮設トイレが1機設置されていました。


丸池様への遊歩道

丸池様

駐車場から丸池様までは、ご覧のような畦道を通って向かいます。幅が狭いので、すれ違いの際には譲り合いの精神が必要です。


丸池様

歩道に沿って流れているのは牛渡川。丸池様と同じく、この川を流れる水もそのほとんどが湧水!道理で美しいわけですね。

この澄み切った水を利用して、鮭の孵化事業が行われています。


丸池様

コンクリート造りの小さな橋で牛渡川を渡れば、すぐに丸池様に到着します。駐車場から丸池様まで、徒歩で3分程度の道のりでした。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.11.04 | 最終更新:2020.11.04 |カテゴリ: 山形県

【宿泊記】襟裳岬はすぐそこ!えりも観光館に宿泊してみた(北海道えりも町)

えりも観光館

襟裳岬。

北海道をひし形に例えた場合、下の角にあたる位置にある岬です。森進一さんの歌のタイトルにもなっている有名な岬で、ダイナミックな絶景が楽しめます。

今回はそんな襟裳岬に泊まってみました。襟裳岬周辺は小さな港町になっており、新鮮な海鮮を使った食事が自慢の旅館が何軒かあります。今回は襟裳岬近くにある宿の1つ、えりも観光館に泊まってみたので、その様子を紹介したいと思います。






襟裳岬近くの旅館、えりも観光館



今回宿泊したえりも観光館は、襟裳岬から徒歩圏内にある旅館。襟裳岬を存分に堪能するには最適の宿と言えるでしょう。


えりも観光館

宿は非常に年季が入った建物。そして、学校の校舎のように長く入り組んでおり、意外と部屋数が多いのも特徴です。実はこの宿、元々はユースホステルとして営業していました。その名残もあってか、比較的リーズナブルなお値段で宿泊することができることも大きな魅力の1つです。


えりも観光館のお部屋

えりも観光館

こちらが今回泊まったお部屋。6畳の和室で、トイレとバスは無し。共同のトイレ・大浴場を利用する必要があります。

他にも8畳、10畳のお部屋があり、10畳のお部屋にはバスとトイレが付くそうです。


お部屋は古い感じがしましたが、非常に清潔に保たれていました。手作りの周辺案内図が置いてありましたが、情報量が非常に多く、えりも町を観光する方は必見だと思います。




えりも観光館の食事

えりも観光館の一番の魅力と言えば、何といってもお食事!夕食、朝食ともに、美味しい海の幸を味わうことができます。

えりも観光館の夕食

えりも観光館

こちらがえりも観光館の夕食です!

品数が多いので、一枚の写真に収めきれませんでした。地元の食材が所狭しと並んでいます。

特筆すべきは、えりも産のシシャモのフライ(左上)、えりも昆布の煮物(真ん中上)、ハマボウフウ(海岸に生えている多年草)の胡麻和え(真ん中)。えりも町まで来た甲斐がある地元食材の数々にテンションが上がります。

ちなみに刺身の盛り合わせも、真ツブやアブラボウズなど、地元の食材ばかり。これは美味しい!


えりも観光館

そしてえりも観光館の看板メニューとも言える料理がこちら。ツブの灯台焼き

貝殻を模した陶器にツブ貝と野菜がギッシリと盛られ、それを陶器諸共丸ごと炎上させるという豪快な料理。




動画も撮ってみました。歯ごたえがあるツブ貝と甘みのあるタマネギが絶品でした。


えりも観光館

お鍋は石狩鍋ですね。これぞ北海道という一品。

季節によっては、アブラボウズと旬野菜のお鍋になることもあるそうです。こちらも気になる…。


えりも観光館

さらには茹でタラバガニエゾ鹿のしゃぶしゃぶ

エゾ鹿のしゃぶしゃぶは、北海道広しと言えども、他の宿ではなかなか食べられないのではないでしょうか。全く臭みはなく、サッパリといただけます。


…というわけで、非常に盛りだくさんな内容の夕食でした。ただし、量が多すぎるということもなく、適切な量だったと思います。


えりも観光館の朝食

えりも観光館

朝食も美味しかったです。朝から筋子やタコの刺身が食べられるなんて嬉しい限り。季節によってはイカ刺しが出ることもあるそうです。

やはり良い宿は朝食も素晴らしいですね。




えりも観光館のお風呂

えりも観光館

こちらがえりも観光館の大浴場です。場所柄、温泉ではありませんが、「トルマリンイオン水」という特殊な水を使ったお風呂なのだそう。体を温める効果があるそうです。

浴室には窓があり、窓からは太平洋を望むことができました。


えりも観光館へのアクセス

車でのアクセス

帯広広尾道大樹忠類ICから国道236号、国道336号を通って約1時間半。

日高道日高厚賀ICから国道235号、国道336号を通って約2時間20分


駐車場は、宿の前に30台分が用意されています。


バスでのアクセス

えりも町周辺には鉄道が通っていないため、公共交通機関で訪れる場合は、バスを乗り継いで向かう必要があります。

【札幌方面からの場合】

①札幌駅前から高速バス「ペガサス号」に乗り約3時間40分。浦河町の「役場前」停留所で下車。

②「役場前」からJR北海道バスの路線バス日勝線に乗り約40分。終点の「様似営業所」停留所で下車。

③「様似営業所」からJR北海道バスの路線バス日勝線に乗り約1時間。「えりも岬」停留所で下車。

④「えりも岬」から徒歩5分程度でえりも観光館に到着


【帯広方面からの場合】

①帯広駅バスターミナルから十勝バス広尾線に乗り約2時間30分。「広尾」停留所で下車。

②「広尾」からJR北海道バスの路線バス日勝線に乗り約1時間。「えりも岬」停留所で下車。

③「えりも岬」から徒歩5分程度でえりも観光館に到着



いずれも長時間バスに揺られる長旅になりますが、大海原が車窓を彩る絶景ルートなので、これもまた楽しいと思いますよ。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.10.10 | 最終更新:2020.10.10 |カテゴリ: 北海道

帯広名物の豚丼をアットホームなお店で食べた(とんび@北海道帯広市)

豚丼

今回は、北海道帯広市の名物である豚丼を紹介します。

帯広の豚丼と言えば、今や全国区の知名度を誇るご当地グルメと言えるでしょう。豚丼を提供する店は、帯広を中心として十勝地方に数多く存在しますが、今回は帯広市内にある穴場的なお店を紹介します。

店の名前は「とんび」。

この記事では「とんび」の豚丼や、その他のメニューなどについて、紹介したいと思います。






帯広市の住宅街にある隠れ家的なお店、とんび

豚丼

今回訪れたのは、帯広市の郊外の住宅地にある「とんび」という名前のお店。見た目はお店というよりも、民家ですね。

入口に「営業中」と書かれた札と暖簾がかけられていなければ、完全に“新興住宅街の民家”という感じ。なんだか知人の家にお邪魔するような変な感覚ですが、扉を開いて入店!

店内も、「まんま民家」。玄関で靴を脱ぎ、廊下を通って中へ。ダイニングにあたる部分にテーブルがいくつか並べられていました。繰り返しになりますが、やっぱり友人宅でお昼ご飯をごちそうになるような感覚ですね。

あまり多くの客を収容できるお店ではありませんが、とても落ち着きます。まさに「隠れ家的なお店」と言えるでしょう。


帯広名物、豚丼をいただく

豚丼

こちらが帯広名物の豚丼です!

丼を覆いつくす豚肉!濃い目のタレを纏っていて、とても美味しそう!

豚丼と言えばロースを使うことが多いのですが、この店では「ロース」、「バラ」、「ミックス」の3つから肉の種類を選ぶことができます。ロースとバラ、両方を味わってみたかったので、「ミックス」をいただきました。

そして、サイドメニューに豚汁があったので、豚汁も注文してみました。まさに豚づくし!


豚丼

まずは豚丼を食べてみました。

炭火でじっくりと焼かれた豚肉はとても香ばしいですね!5日間煮込んだタレにくぐらせては焼き、くぐらせては焼き、を繰り返して、タレを肉に染み込ませているのだそうです。これは美味い。

サッパリとして噛み応えがあるロースと、プリっとした脂身がジューシーなバラ、どちらも美味しいです。

そんな豚肉で白飯を包んで食べると、無限にご飯が食べられそうですな。


豚丼

お好みに応じて一味唐辛子山椒などの薬味をかけて食べるのも良し。特に山椒は、豚丼のベストパートナーと言っても過言ではないと思います。

また、卓上に豚丼のタレが入ったボトルが置いてあるので、タレが足りない場合には使うと良いでしょう。このタレだけでご飯がおかわりできそうですね。


豚丼

そして豚汁。豚肉だけではなく、大根や人参、白菜、豆腐など、具材がふんだんに入っています。野菜から甘みが出ており、全体的に優しい味に仕上がっています。

是非とも豚丼とセットで頼んでみてください!




とんびのメニュー・トッピング

とんびのメニューを紹介します。


豚丼

基本的には、メニューは豚丼のみです。先述したように、「ロース」か「バラ」か、それとも両方が入った「ミックス」か、肉の種類を選ぶことができます。量も「子豚」、「大豚」、「超大豚」の3つから選択可能。

さらに多種多様なトッピングがあるのもこの店の特徴。バターやチーズ、温泉卵など、気になるトッピングが目白押しです。


豚丼

ごはんを肉で巻いた「とんび巻き」や「じゃがバター」も。


豚丼

そして今回いただいた豚汁。具材がたっぷり入ってこのお値段は、なかなかお得ですね。




とんびへのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

道東道音更帯広ICから約20分

帯広広尾道芽室帯広ICから約25分


豚丼

駐車場は店の前に4台分用意されています。


バスでのアクセス

帯広駅バスターミナルから十勝バスの「2循環線」に乗り、約4分。「大通24丁目」停留所で下車。そこから徒歩2分程度。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.09.11 | 最終更新:2020.09.11 |カテゴリ: 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT