FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 02北海道・東北地方

| PAGE-SELECT | NEXT

【宿泊記】岩瀬湯本温泉 源泉亭湯口屋旅館に泊まってみた(福島県天栄村)

湯口屋旅館

福島県の会津地方。知る人ぞ知る秘湯が点在し、良質な温泉が多いことで、温泉愛好家にも人気がある地域です。

2020年の冬、会津地方の山奥にある岩瀬湯本温泉に泊まってきました。岩瀬湯本温泉は福島県天栄村の奥地、阿賀川の支流である鶴沼川の谷沿いにある温泉地。数軒の旅館・民宿と、民家があるだけの小さな温泉地で、静けさと良質な温泉を求める方には最適な立地だと思います。

今回は岩瀬湯本温泉の中でも一番の老舗、源泉亭湯口屋旅館に泊まりました。宿の雰囲気、温泉、食事、どれも素晴らしかったので、紹介したいと思います。






茅葺き屋根の老舗旅館、湯口屋旅館

湯口屋旅館

こちらが岩瀬湯本温泉源泉亭湯口屋旅館です。

集落の一番奥に位置する、堂々たる佇まいの温泉旅館。茅葺き屋根と白壁が美しく、歴史を感じますね。


湯口屋旅館

旅館の母屋の隣には洋風な建物。母屋とは渡り廊下で繋がっており、こちらの建物も湯口屋旅館の一部。

実は、この建物は昭和59年までは郵便局だったようです。庇の下の「〒」マークが描かれており、また建物の前にはレトロなポストが立っており、郵便局であった頃の名残を留めています。


そんな純和風建築の母屋とちょっぴりハイカラな別館から構成される湯口屋旅館です。上手く言葉にできないですが、旅情を感じずにはいられない素晴らしい雰囲気を持つ旅館だと思います。




湯口屋旅館のお部屋・館内の様子

さぁ、館内に入ってみましょう。

湯口屋旅館

玄関をくぐると、いきなり階段が現れるという変わった造り。

内部も古民家風ですが、床や柱はピカピカに磨き上げられ、古い感じ全くはしません。


湯口屋旅館

玄関前の階段を上がると、囲炉裏がある談話スペースがあります。とても落ち着くスペースで、風呂上がりや食事の後など、囲炉裏端で寛いだりしていました。

本棚にはちょっと懐かしい漫画や文庫本がズラリと並んでおり、手に取ってみるのも良いかもしれません(旅館の方が趣味で集めたもの?)。


湯口屋旅館

湯口屋旅館のお部屋はこんな感じ。今回は、別館である「旧郵便局の2階」の部屋に泊まりました。外観は洋風ですが、部屋の中は純和風。懐かしい感じがする部屋ですね。

部屋に風呂、トイレ、洗面所は付いていませんが、特段不便に感じることはありませんでした(トイレが付いている部屋もあるようです)。




湯口屋旅館の大浴場

実は、岩瀬湯本温泉の源泉は湯口屋旅館の地下から湧き出しています。そこから各旅館にお湯が分配されているのです。つまり、岩瀬湯本温泉で一番新鮮なお湯に入れるということ。

湯口屋旅館の大浴場は、1階の玄関の目の前にあります。可能な限り源泉に近い場所に浴場を設置したということでしょう。期待を胸に、いざ大浴場へ!


湯口屋旅館

こちらが湯口屋旅館の大浴場です。

内湯だけのシンプルなお風呂ですが、見るからにお湯が素晴らしい!黄色味がかったお湯がかけ流し!湯船から溢れ出したお湯が、浴室の床を流れていきます。僅かに鉄のような香りがする個性的なお湯です。

浸かってみると、少し熱め。すぐに体がポカポカに温まりました。見た目に反してパンチがあるお湯ですね。


「源泉亭」と名乗っているだけあり、素晴らしいお湯でした。滞在中、3~4回浸かりに行きました。


湯口屋旅館の食事

湯口屋旅館は食事も魅力。

夕食

他のお客さんがいるので写真が撮れなかったのですが、夕食は囲炉裏に面したテーブルでいただくことができます。

湯口屋旅館

湯口屋旅館

こちらが湯口屋旅館の夕食です。

山椒漬けニシン青ばと寄せ豆腐(枝豆で作った豆腐)、馬刺し岩魚の塩焼きなど、素朴で美味しい会津の郷土料理や地元の食材が食卓を彩ります。


湯口屋旅館

美味しい山の幸にはやはり地酒でしょう。地元の天栄村の寿々乃井酒造松崎酒造の日本酒の他、天栄村特産品のヤーコンを使ったヤーコン焼酎なるものもあります。

話の種に飲んでみるのも良いと思います。

湯口屋旅館

他にも川魚や山菜の天ぷら鴨鍋お蕎麦炊き込みご飯などが出てきました。

満腹!大満足の夕食となりました。


朝食

湯口屋旅館

朝食もまた美味しいんです!

ヤマメの甘露煮青ばと豆腐も良いのですが、一番のおススメはヤーコンとキノコのきんぷら風(中央奥にある小鉢)!

ヤーコンは天栄村の特産品であるキク科の植物。シャキシャキとした食感が本当にクセになりそうな程の美味しさ!これはもっとメジャーになって欲しい食材ですね。




湯口屋旅館へのアクセス・駐車場情報


岩瀬湯本温泉は福島県の中通りと会津地方に挟まれた山中に位置しています。鉄道の駅からは遠い場所にあるため、車・バイクでのアクセスの方が良いと思います。


車でのアクセス

東北道鏡石スマートICから約50分

東北道矢吹ICまたは須賀川ICから約1時間

磐越道会津若松ICから約1時間


東北道側からアクセスする場合、鳳坂峠という峠を通ります。道幅は狭くはありませんが、曲がりくねっているため、路面が凍結する冬場には特に注意いただく必要があります。峠をショートカットする鳳坂トンネルが建設中だそうで、2022年頃には開通予定だそうです。トンネルが完成すれば、かなり行きやすくなりそうですね。



駐車場は国道から横道に入ってすぐの場所にあります。旅館からは150m程離れた場所。雪の時期で、荷物が多い場合には少し大変だと思います。


バスでのアクセス

【路線バスの場合】

■東北本線の須賀川駅から福島交通の路線バス「二岐行き」に乗り、約1時間50分。「湯本」停留所で下車。

※1日2往復のみ


【参考】福島交通(TOP>路線バス)

【乗合バスの場合】

■東北新幹線の新白河駅から予約制の乗合バス「湯ったりヤーコン号」に乗り、約1時間20分。「岩瀬湯本温泉」で下車。

※1日1往復のみ


【参考】天栄村観光協会(TOP>交通案内)


路線バスも乗合バスも本数が少ないため、上手に組み合わせて訪れたいところですね。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.07.30 | 最終更新:2020.07.30 |カテゴリ: 福島県

花善の鶏めし 大館駅の人気駅弁をお店で食べよう(花善@秋田県大館市)

鶏めし

秋田県北の中心地、大館市。大館市の玄関口である大館駅に、人気の駅弁があります。

それが今回紹介する鶏めし

大館市に本社を置く株式会社花善が1947年から販売している歴史ある駅弁です。そんな古くから愛される鶏めしですが、駅弁としてだけではなく、花善が経営する食堂でも食べることができます。

今回は大館駅の名物駅弁である鶏めしを、食堂で食べてきました。それが非常に美味しかったので、紹介したいと思います。






名物駅弁をお店で!大館駅前にある花善

鶏めし

今回訪れたのは、大館市の玄関口、大館駅前に店を構える「花善」。文字通り、まさに駅前。駅前ロータリーの向かいにあります。

力強く「鶏めし」と書かれた2階建ての建物。食堂だけではなく、花善の本社、弁当販売所もこの1つの建物に集約されています。

食堂があるのは1階の西側部分。テーブル席を中心に、比較的広いキャパシティがあります。訪れたのは3連休の14時過ぎ。お昼のピークは過ぎてはいましたが、割と混んでいる様子でした。


実食!花善の鶏めし

鶏めし

こちらが今回いただいた「鶏めし御膳」(900円)!

鶏めしにサラダ、味噌汁、小鉢、漬物が付いてきます。もう少し品数が欲しい方には、「特上鶏めし御膳」(1,100円)、「特製鶏めし御膳」(1,600円)もおススメです。


鶏めし

メインの鶏めし。大館市の名物駅弁である鶏めしが、そのまま丸いわっぱに入った感じ。

茶色く色づいたご飯と鶏肉。全体に彩りを与える卵と銀杏、インゲン。まさに完成された一品…!

甘じょっぱく炊きこまれたご飯は、鶏の煮汁で炊かれているだけあり、しっかりとダシが効いています。甘辛く煮込まれた鶏肉も歯ごたえがあって美味。一気にかきこんで食べてしまいたくなるような美味しさでした。




花善のメニュー

鶏めし

花善のメニューを紹介します。

一番の人気メニューは今回紹介した鶏めし御膳。鶏めしをアレンジした鶏めし出汁茶漬け鶏めしチャーハンなども気になるメニューです。

鶏めし以外にも地鶏を使ったメニューが目白押し。比内地鶏塩ラーメン比内地鶏そぼろ丼鶏天丼も是非食べてみたい一品ですね。




花善へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

秋田道大館北ICから約5分

秋田道大館南ICから約10分



駅前という立地ですが、店の前には10台以上が停められる駐車場が完備されています。少し離れた場所に、これまた10台以上が停められる第二駐車場があるようです。


鉄道でのアクセス

■JR奥羽本線と花輪線の大館駅から徒歩1分以内。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.07.23 | 最終更新:2020.07.23 |カテゴリ: 秋田県

オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば オホーツクに新ご当地グルメ誕生!(笑安記@北海道北見市)

干貝柱あんかけ焼きそば

海産物、肉だけでなく、野菜や乳製品まで、美味しい食材の宝庫、北海道。素材だけでも十分素晴らしいのですが、次々と趣向を凝らしたご当地グルメが誕生しています。

今回は、2017年にオホーツク地方で誕生した「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」を紹介します。

北海道北見市網走市の約10店舗で食べることができるこの焼きそば。今回は北見市にある中華料理店、笑安記で食べてきました。この記事では「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」について、そして笑安記のメニューやアクセス情報などについて紹介したいと思います。






北見市で人気の中華料理店、笑安記

干貝柱あんかけ焼きそば

今回訪れたのは、北見市の郊外にある中華料理店、笑安記。

割と庶民的で、仲間内の飲みやら、家族での食事など様々なシーンで使えそうなお店です。店内は中国や台湾の屋台のような雰囲気。カウンター席や間仕切りがされたテーブル席、小上がりなど、色々なタイプの席があるようでした。


2017年に誕生したご当地グルメ、オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば

実は、この店を訪れるまで、「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」というグルメが存在することを知りませんでした。北見市のもう1つの名物、「オホーツク北見塩焼きそば」を目当てにこの店を訪れたのです。

メニューを見ていたら「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」という気になるメニューを発見し、聞くとそれが誕生したばかりのご当地グルメだったので、勢いで頼んでみたわけです。

干貝柱あんかけ焼きそば

…というわけで「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」(980円)です!!

なかなか斬新なフォルムです。「あんかけ焼きそば」と言いつつ、上に乗っているのは薄焼き玉子。玉子の下から固焼きのそばが顔を覗かせています。そして、結構大きい!

サイドには「十文字」と呼ばれるヘラが用意されています。大きいので、これで切り分けて食べるようです。

付け合わせにはスープ、漬物らしきもの、謎の調味料。これらについても後で解説しますね。


干貝柱あんかけ焼きそば

まずはメインのあんかけ焼きそばを見ていきましょう。

写真では分かりにくいですが、薄焼き玉子の下にあるのは塩味のあんかけ焼きそば。餡(あん)にはオホーツク産の干ホタテが使われています。元々北見市では塩ベースのあんかけ焼きそばを食べる文化があり、そこから着想を得ているようです。

あんかけの焼きそばの上の薄焼き玉子は、あんの旨味を閉じ込めることが狙いなんだとか。なかなか斬新な発想…。いや、でも実際に美味いんです!

ちなみにホタテは勿論、玉子や麺の材料となる小麦粉もオホーツク産。地産地消にもトコトンこだわった一品なんですね。

さらに、このあんかけ焼きそば、直径25cmという特大サイズ!完食しましたが、かなり満腹になりました。何人かでシェアするのも良いかもしれませんね。


干貝柱あんかけ焼きそば

焼きそばの脇に置かれているこの謎の調味料。これは、オホーツク産ホタテ貝柱斜里町産サケ北見産タマネギで作った「オホーツク三大醤」!こちらで味変しながら食べるのもおススメです。


干貝柱あんかけ焼きそば

さらには北見産のタマネギを使った玉子スープ、漬物が添えられています。箸休めには最高の一皿でした。




笑安記のメニュー

笑安記のメニューを紹介します。


干貝柱あんかけ焼きそば

干貝柱あんかけ焼きそば

基本的には、中華料理がズラリと並びます。値段がそこまで高くないファミリー中華という感じでしょうか。


干貝柱あんかけ焼きそば

人気メニューは北海道らしくザンギとあんかけ焼きそばの定食。

点心も扱っているようですね。


干貝柱あんかけ焼きそば

せっかくなので単品でザンギも注文してみました。

ザンギもかなり巨大!ジュワッと肉汁が溢れるジューシーで食べ応えがあるもの!端に添えられているマヨネーズとの相性も抜群です。焼きそば+ザンギで、苦しいくらい満腹になりました…。




笑安記へのアクセス



今回紹介した笑安記は、北見市の郊外、国道39号線沿いにあるロードサイド店です。車で訪れるのが便利ですが、バス路線も充実しているため、公共交通機関でも行きやすい店だと思います。


車でのアクセス

■北見市街地から約10分

■女満別空港から約50分


国道沿いの店なので、広い駐車場が確保されています。


バスでのアクセス

■JR北見駅前から北見バスの路線バス「三輪・小泉線」に乗り、約15分。終点の「三輪」停留所で下車。

※バスは概ね15分間隔で運行されています。


【参考】北見バス(TOP>時刻表・運賃>北見市内線)


鉄道でのアクセス

■JR西北見駅から徒歩20分(約1.7km)



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.06.18 | 最終更新:2020.06.18 |カテゴリ: 北海道

「まんじゅうふかし」で温まり、地球のパワーを感じよう(青森県青森市)

まんじゅうふかし

青森県を代表する火山、八甲田山酸ヶ湯温泉猿倉温泉蔦温泉など、周辺には人気の高い秘湯が点在しています。

今回はそんな八甲田山周辺のエリアの中でも、一風変わった温泉を紹介します。

その名も「まんじゅうふかし」。

温泉と言っても、建物があるわけでもないし、湯船すらも存在しません。入浴とは別の方法で温泉を楽しむ施設、「まんじゅうふかし」を紹介します。






「まんじゅうふかし」とは?

まんじゅうふかし

こちらが「まんじゅうふかし」です!

パッと見は登山道や公園の中にある東屋にしか見えませんが、これも立派な温泉施設。この辺りは温泉が自噴しているエリアで、至る所から熱湯や熱い蒸気が噴き出しています。

「まんじゅうふかし」は、蒸気が噴き出す地点の真上にベンチが設置してある施設。つまり、座りながら、地下から噴き出す蒸気で温まることができるのです。

「まんじゅう」とは津軽弁で「女性の下半身」を意味する言葉。「まんじゅうふかし」は、お饅頭を蒸かすための施設ではなく、下半身を温めるための温浴施設というわけですね。




実際に「まんじゅうふかし」で温まってみた

実際に「まんじゅうふかし」に行った時の様子をお伝えしたいと思います。

まんじゅうふかし

「まんじゅうふかし」への入口は青森市と十和田市をと結ぶ国道103号線沿いにあります。写真のような案内板が立っているため、比較的分かりやすいと思います。


まんじゅうふかし

「まんじゅうふかし」まではご覧のような舗装された道が続いていますが、この道は一般車は立入禁止。入口に車止めが設置されています。

青森市側へ向かって約300mの所に広い駐車場がありますので、そこに車を停めて歩いてくるのが良いでしょう。

道の脇には、蒸気が湧き出す箇所があったりと、なかなかワイルドな雰囲気。


まんじゅうふかし

国道から1~2分程下ると、「まんじゅうふかし」に到着します。

東屋の下には蒸気によって温められたベンチがあり、観光客が思い思いに寛いでいました。隣には川も流れており、水遊びをする子供の姿も・・・。


まんじゅうふかし

実際に座ってみました。

お!お尻の下からほのかな温もりが伝わってきて、とても気持ち良い!ベンチは青森ヒバで作られているので、木独特のしっとり感も良いですね。あまりに気持ち良くて、座ったまま眠ってしまいそう!


ちなみに「まんじゅうふかし」は婦人病や冷え性、腰痛、痔に効能があるようです。北海道の人気ローカル番組「水曜どうでしょう」の企画で、大泉洋さんが痔を治すためにここを訪れていることは、ファンの間では有名な話ですね。




「まんじゅうふかし」の隣の地獄沼も必見!

国道103号線を挟み、「まんじゅうふかし」の対面には地獄沼があります。こちらもおススメなので、是非見て行ってください。


まんじゅうふかし

こちらが地獄沼です。

火口跡に温泉水が溜まって出来た神秘的な池です。緑色に輝く美しい沼ですが、硫黄の臭いが立ち込め、底からは90度にも達する熱湯が湧き出しています。まさに「地獄」。

決して柵の中には立ち入らないようにしましょう。




「まんじゅうふかし」へのアクセス・駐車場情報



「まんじゅうふかし」は青森県青森市にありますが、青森駅や新青森駅からは遠く離れた山の中に位置しています。


車でのアクセス

東北道黒石ICから国道394号線経由で約40分

■青森市街地から国道103号線経由で約50分

上北道東北ICから国道394号線経由で約1時間10分




「まんじゅうふかし」から約300m青森市街地側に下ったところに酸ヶ湯公営駐車場があります。交流トイレもあるかなり広い駐車場です。


バスでのアクセス

■青森駅からJRバス東北の「みずうみ号」の十和田湖行きに乗り、約1時間5分。「酸ヶ湯温泉」停留所で下車。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.05.14 | 最終更新:2020.05.14 |カテゴリ: 青森県

白河ラーメン 極上の手打ち麺ととろけるワンタンが美味い!(らーめん海@福島県白河市)

白河ラーメン

ラーメン王国として知られる福島県。日本三大ラーメンの一角、喜多方ラーメンが有名ですが、福島県には人気のご当地ラーメンがもう1つ存在します。

それが、県南部の白河市で食べられている白河ラーメン

手打ちの幅広ちぢれ麺と醤油ベースのあっさりスープが特徴的な白河ラーメン。白河市内の100店舗以上で食べることができます。数あるお店の中から、今回は人気店、「らーめん海」を選択しました。

この記事では、白河ラーメンの名店「らーめん海」のラーメンやメニュー、アクセス情報などについてお伝えしたいと思います。






白河ラーメンの名店、「らーめん海」

白河ラーメン

今回訪れたのは白河市郊外にある「らーめん海(かい)」。白河市を代表する観光地、南湖公園の隣にあります。湖の近くにあるのに店名は「海」…という不思議な店ですが、店構えはごくありふれた日本家屋風です。

流石は人気店といったところで、開店間もない時間に到着したのですが、店内には既に待ち客が。席に通されるまで、数分待つことになりました。

店内には6人ほどが座れる小さなカウンター、そして奥の方にお座敷がたくさんあります。僕が訪れた時は、家族連れが多いなぁという印象でした。


実食!白河ラーメン

白河ラーメン

こちらが白河ラーメンです!

今回はワンタンめん(800円)をいただきました。

「らーめん海」は手打ち麺が自慢だと聞いていたので、「きっとワンタンも美味しいに違いない!」と思って注文したのですが、これが大正解でした!ワンタンはヒラヒラとした薄いもの。ツルッとした喉ごしとモッチリとした柔らかさを堪能できます。そして口に含むとトロっととろける!これは美味い…!

麺はシコシコの平打ちちぢれ麺!平べったいながらも、手打ち麺ならではのしっかりとしたコシがたまりません。食感も良いですが、スープにもよく絡むんですよね。


スープは一見アッサリですが、油も入っていて独特な甘みとまろやかさがあります。これはクセになりそう。


白河ラーメン

卓上には黒胡椒と練り唐辛子がスタンバイ。途中、黒胡椒を投入しましたが、ピリリと味が引き締まって、これまた良い味になりました。




「らーめん海」のメニュー

白河ラーメン

メニューはいたってシンプル。

「これぞ白河ラーメン!」という味を楽しみたいなら、「らーめん」か「ワンタンめん」。変化を求めるなら「みそらーめん」や「塩タンめん」、「みそタンめん」も良いでしょう。

いずれにしても「ラーメン一本で勝負!」という感じの潔いラインナップです。


「らーめん海」へのアクセス・駐車場情報



今回紹介した「らーめん海」は白河市の郊外、国道289号線沿いにあります。


車でのアクセス

東北道白河ICまたは白河中央スマートICから約10分


店の前に10台程が停められる駐車場があります。


バスでのアクセス

東北本線白河駅または東北新幹線新白河駅からJRバス関東の磐城棚倉駅方面行きのバスに乗り、「南湖公園」停留所で下車。

※バスは1時間に1本程度

※白河駅から約15分、新白河駅から約5分



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.04.15 | 最終更新:2020.04.15 |カテゴリ: 福島県

| PAGE-SELECT | NEXT