FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 02北海道・東北地方

| PAGE-SELECT | NEXT

【宿泊レポート】乳頭温泉郷にある黒湯温泉の旅館部に宿泊してみた(秋田県仙北市)

黒湯温泉
2019年9月。秋田県の乳頭温泉郷にある黒湯温泉に宿泊してきました。宿の雰囲気も、温泉の泉質も素晴らしく、温泉好きとしてはまさに楽園のような宿でした。

この記事では、黒湯温泉の風呂だけでなく、食事や旅館部の様子をお伝えしたいと思います。





黒湯温泉ってどんな宿?

黒湯温泉の概要



黒湯温泉があるのは、秋田県の東部の仙北市。岩手県との県境に近い乳頭温泉郷の中にあります。乳頭温泉郷には7つの宿があるのですが、黒湯温泉はそのうちの1つ。メインの道路から離れ、山に分け入ったところにある秘湯の宿と言えるでしょう。


黒湯温泉

こちらが黒湯温泉です。

森の中の小道を歩いて行くと、突然木々の間から木造の建物が現れます。しかも1棟や2棟ではなく、何棟もの建物が山の中のわずかな土地に、びっしりと並んでいます。

昔ながらの湯治場の雰囲気を残す宿。この時点で感動してしまいました。


黒湯温泉

こちらが黒湯温泉の案内図。

おおお、建物がいっぱいだ。黒湯温泉は、通常の宿のように、1つの建物に全てが揃っているわけではありません。温泉がある建物、宿泊する建物、チェックインなどの手続きをする建物が全て分かれており、建物の間は歩いて移動します。

温泉だけでも数か所に分かれているので、この案内図を頭に入れといた方が良いでしょう。


旅館部と自炊部 どっちに泊まる?

黒湯温泉に泊まる場合、旅館部自炊部の2とおりがあります。

値段やサービス、泊まる建物が違うので、黒湯温泉でどう過ごしたいかによって、選択すると良いでしょう。

旅館部は1泊2食付きで、1万~2万円台。部屋のグレードによって値段が変わります。

自炊部は3,500~4,500円とリーズナブル。食事は付きませんが、炊事用具やガスコンロは使うことはできます。




黒湯温泉の風呂

黒湯温泉の魅力と言えば、何と言っても泉質が自慢の温泉!敷地内の2ヶ所から源泉が湧き、4ヶ所に風呂があります

男女別内湯&露天風呂

黒湯温泉

まずは男女別の内湯&露天風呂を紹介します。大きな湯小屋で、入口で男女が分かれています。共同浴場のような雰囲気ですね。


黒湯温泉
(写真は公式サイトからお借りしました)

浴室に入ると、強めの硫黄臭が迎えてくれます。木造の浴室のど真ん中には大き目の湯船。

黒湯温泉には「上の湯」、「下の湯」という2ヶ所の源泉があるのですが、男女別の内湯と露天風呂には「下の湯」が引かれています。白みがかってはいますが、透明度が高いお湯。熱めで、ピリッとした感触が気持ち良いです。

浴室には洗い場が2ヶ所あります。シャンプーやボディソープは置いてありますが、シャワーやカランなどの設備はありません。パイプからお湯が垂れ流しになっているので、備え付けの桶を使って、頭や体を流しましょう。


黒湯温泉
©田沢湖・角館観光協会

露天風呂からは、豪快な谷と砂防ダムを眺めることが出来ます。

熱い湯に浸かっては涼み、浸かっては涼みのローテーションは病みつきになりそうな気持ち良さですよ。


混浴内湯&露天風呂

混浴の内湯と露天風呂には、「上の湯」の源泉が引かれています。

「下の湯」と比べて白色が濃く、まるでミルクのようなお湯がかけ流されているのが特徴です。見た目通りパンチがあるお湯で、硫黄の香りが鼻孔を刺激してきます。


黒湯温泉
©田沢湖・角館観光協会

黒湯温泉の中でも特におススメなのが、こちらの混浴の露天風呂。源泉が近いせいか、露天風呂の周囲の地面からは白い湯気が立ち上り、この上なく荒々しいロケーション!露天風呂を覆っている東屋も、なかなかワイルドな造りです。雰囲気、泉質ともに国内トップクラスの露天風呂だと思います。


打たせ湯

黒湯温泉

男女別の内湯&露天風呂のお隣には打たせ湯があります。

こちらは貸し切りで使用することができる風呂で、入る時には、入口にかかっている札を裏返して「使用中」と表示させます。


黒湯温泉

木造の小屋の中には、2本の打たせ湯がドバドバと流れています。湯船はなく、打たせ湯のみという、かなりストイックな施設です。打たせ湯の隣で服を脱ぎ、滝のようなお湯をザバザバと浴びました。


旅館部内にある男女別内湯

旅館部の宿泊棟の中にも男女別の内湯があります。こちらは旅館部の宿泊客のみが利用可能です。


黒湯温泉

こちらも風情がある浴室です。湯船には白濁したお湯がかけ流し。

こちらの風呂には、混浴内湯&露天風呂と同じ「上の湯」の源泉が引かれています。ですので、「混浴には抵抗があるけど、『上の湯』の白濁湯も堪能したい!」という方は、旅館部の内湯を利用すると良いと思います。

旅館部の客しか利用しないため、比較的空いています。落ち着いて入浴できるという点でもおススメの風呂ですね。




黒湯温泉 旅館部の食事

食事は食堂での提供となります。宿泊棟とは別の棟ですが、渡り廊下を使って移動することができます。

夕食

黒湯温泉

夕食には秋田の山の幸がズラリと並びます。左側の鍋は比内地鶏だしのキリタンポ鍋。また、写真には写っていませんが、イワナの塩焼き、稲庭うどん、天ぷらなども出てきました。


黒湯温泉

お酒のメニューも充実しています。上の写真はブナの天然酵母を使用した「ぶなの森」(左)と、桜の天然酵母を使用した「桜こまち」(右)。いずれも、地元仙北市の地ビールです。


黒湯温泉

さらには秋田の地酒飲み比べセットもあります。

飛良泉 山廃純米酒」(にかほ市)、「松声 純米吟醸酒」(大仙市)、「十五代彦兵衛 純米吟醸」(五城目町)の3種。どれも口当たりの良い、飲みやすいお酒でした。


朝食

朝食は7:00からいただくことができます。


黒湯温泉

朝食はごはんのお供が勢揃いした、正統派の和朝食。山菜やいぶりがっこなど、さり気なく地の物が混ざっているのが嬉しいですよね。朝からごはんをモリモリいただきました。




黒湯温泉 旅館部の部屋

旅館部のお部屋は、いくつかグレードが分かれており、部屋によってお値段が異なります。


黒湯温泉

今回泊まったのは、リーズナブルな8畳和室(11,500円)。旅館部の中では安い方の部屋なので、トイレと洗面台は付いていません。値段がもう少し高い部屋だと、トイレが付いていたり、広くなったりするようですね。

必要最低限のものが揃っているという印象で、とても快適に過ごすことができました。部屋ではWi-fiが使用できますが、アクセスポイントから離れているせいか、少し重かったです。


黒湯温泉は敷地内の散歩も楽しい

山間に建物が点在する黒湯温泉。敷地内を散歩するのも、滞在中の楽しみの1つです。特に、人が少ない早朝、浴衣のままブラブラと歩くのは、宿泊者だけの特権です。


黒湯温泉

特に、男女別内湯&露天風呂近くの「下の湯」源泉は、是非とも滞在中に見ておきたいですね。


黒湯温泉

51℃の熱湯がボコボコと湧き出してくる様は、圧倒される程の迫力!近くに立ってみると、熱が伝わってきます。まさに地球の熱気を感じるパワースポットなんです。

源泉の近くにはベンチもあり、ゆっくり過ごすには最適ですね。




黒湯温泉名物、黒たまごは食べるべし!

黒湯温泉

黒湯温泉の名物と言えば、黒たまご。その名のとおり、殻が真っ黒になるまで茹でられた茹で卵です。


黒湯温泉

黒たまごを作っているところを偶然見かけました。熱々の源泉に卵を投入するという荒々しい調理法!

食べてみるとほんのりと硫黄の風味。塩を少しふりかけて食べると美味しいですよ。塩は、玉子を買うと漏れなくいただくことができます。




宿泊者限定!湯めぐり帖もおススメ

乳頭温泉郷に泊まったのであれば、「湯めぐり」がおススメ。


黒湯温泉

「湯めぐり」には、こちらの「湯めぐり帖」がお得です。宿泊者限定ではありますが、1,800円で購入可能。こちらを購入すると、乳頭温泉郷にある7ヶ所の施設の風呂に入ることができます。

7つの施設の日帰り入浴料金の合計は4,320円なので、かなりお得ですよ!


黒湯温泉へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

東北道の盛岡ICから約1時間20分

秋田道の大曲ICから約1時間30分

東北道の鹿角八幡平ICから約1時間50分

※休暇村乳頭温泉から先は、細い山道を通ります。通行には十分に注意してください。



黒湯温泉

比較的広めの駐車場が完備されています。駐車場から坂道を2~3分下ると、黒湯温泉に到着します。


鉄道・バスでのアクセス

秋田新幹線の田沢湖駅から乳頭温泉郷行きの路線バスに乗り、約45分。「休暇村前」停留所で下車。

※宿泊客に限り、「休暇村前」停留所まで送迎あり

※日帰り入浴の場合は、「休暇村前」停留所から徒歩で約20分


【参考】羽後交通(TOP>路線バス>時刻表)


秋田空港から予約制乗合タクシーでアクセス

秋田空港から秋田県内各地へ、乗合タクシーが運行されています(要予約)。乳頭温泉方面への便もあるようです。予約方法や料金などはホームページをご覧ください。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.10.15 | 最終更新:2019.10.15 |カテゴリ: 秋田県

今なお未完成!?相馬にある百尺観音は圧倒される程の迫力(福島県相馬市)

百尺観音
福島県の太平洋側、浜通りの北部に位置する相馬市

相馬市に、着工から90年近く(2019年現在)経った今でも未完成という観音像があることをご存知でしょうか?

その名も百尺観音。

僕も、とあるテレビ番組でその存在を知り、是非一目見てみたいと思い、相馬へ足を運びました。






大迫力!百尺観音を見に行ってみた

百尺観音

これが百尺観音です!

見た瞬間に、「おおお!」と思わず唸ってしまう程、見事な観音像。自然の崖に掘られた磨崖仏で、高さ88尺(約29m)という巨大なものです。


百尺観音

特筆すべきなのは、全て個人の手により掘られていること。そして、この観音像が未だ完成していないということ。見ると、腰から下の部分や台座が出来ていないようです。全て完成すると118尺(約39m)になり、手掘りの摩崖仏としては日本一の大きさとなる見込みです。




親子4代の夢!百尺観音の歴史

そもそも、何故このような巨大な摩崖仏が、この地に造られたのでしょうか。


百尺観音

百尺観音は、この地に産まれた荒嘉明氏により、昭和5年から作成が開始されました。嘉明氏は23歳の時に家を出て、全国を巡りながら、各地の古社寺、史跡、秘仏を参拝したのだそうです。そんな中、「千の仏を作るより、一体の巨大な仏を作り、後世まで残したい」という思いに至り、作成を開始しました。

嘉明氏は、30年あまりの年月をかけ、一心不乱に制作を続けましたが、完成を待たず、62歳の時に逝去。制作は2代目が引き継ぎました。

その後、親から子へ、子から孫へ…、4代にわたり、少しずつではありますが、制作が続けられました。しかし、年月が経つことによる風化や、2011年の東日本大震災による崩壊なども重なり、作業は難航し、現在に至っています。


百尺観音

敷地内にある小屋では、百尺観音にまつわる展示がされており、一見の価値があります。作業に使われていた工具や、作成半ばの百尺観音の写真などが見られるので、是非立ち寄ってみてください。




百尺観音へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

常磐道の相馬ICから約10分

常磐道の南相馬鹿島スマートICから約15分(ETC搭載車のみ)



百尺観音

百尺観音の前には、砂利敷きではありますが、広大な駐車場があります。満車の心配はないでしょう。

鉄道でのアクセス

■JR常磐線の日立木駅から徒歩約40分


相馬駅から百尺観音入口まで路線バスもありますが、かなり本数が少なく、また休日は運休となるため、徒歩以外で行きたい場合は、相馬駅からタクシーを利用するのが無難だと思います。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.10.04 | 最終更新:2019.10.04 |カテゴリ: 福島県

大船渡さんまらーめんを人気店、黒船で食べてきた!(岩手県大船渡市)

大船渡さんまらーめん

岩手県の南東部、三陸海岸に面した大船渡市は水産業が盛んな港町。牡蠣やホヤ、わかめなどの水揚げが多いことで知られていますが、特にサンマは、本州の中でもトップクラスの漁獲量を誇ります。そんな町の名物のサンマを使ったご当地グルメが、近年誕生しました。

それが、大船渡さんまらーめん

今回は、大船渡市内にある人気店、「黒船」さんに行ってきたので、大船渡さんまらーめんの魅力、「黒船」のメニューやアクセス情報を紹介したいと思います。






大船渡市郊外にある人気ラーメン店、黒船

黒船@岩手県大船渡市

今回訪れたのは、大船渡市郊外に店を構える「黒船」。一見ラーメン屋には見えない、スタイリッシュな外観が特徴です。

この辺りでも屈指の人気店らしく、駐車場はほぼ満車になっていました。


目玉は“秋刀魚だし”!黒船のメニュー

店内に入り、まずは食券を購入します。


黒船@岩手県大船渡市

「黒船」の看板メニューは、大船渡産のサンマを使用した「秋刀魚だしらーめん」。味は「醤油」と「」の2種類があります。

メニューの柱となるのは、この2種類と言って良いでしょう。

他にもつけ麺、炒飯、餃子などのメニューもあるようです。




実食!大船渡さんまらーめん!

大船渡さんまらーめん

こちらが「黒船」の「秋刀魚だしらーめん(醤油)」です!

透き通ったスープが特徴。そして具材は、チャーシュー、水菜、メンマ、ネギというシンプルな構成。煮卵は追加トッピングです。さて、いただいてみましょう!


見た目どおり、非常にスッキリとした飲みやすいスープです。「秋刀魚だし」と聞いて、ドロっとしていたり、生臭さが残っていそうな印象を抱いたのですが、全くそんなことはありませんでした。全くクセが無く、それでいてサンマの旨味が感じられるスープなんです。

麺はストレートの細麺。とても喉ごしが良く、ツルツルと食べられてしまいますね。

トロっとした柔らかいチャーシューも絶品です。


黒船@岩手県大船渡市

卓上にはこちらの調味料。途中でブラックペッパーをすこし散らしてみたところ、サンマスープと相性が抜群でしたよ。是非お試しください。

初めて食べた「大船渡さんまらーめん」。とにかくスープが美味しくて、完飲しました。ごちそうさまでした!


大船渡さんまらーめん

ちなみに、こちらが嫁が食べた「秋刀魚だしらーめん(塩)」です。

スープを少しいただきましたが、醤油に比べ、より強くサンマの味が楽しめますね。次訪れる機会があれば、是非とも塩を試してみたいです。




黒船へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

三陸道の大船渡ICから約5分

釜石道の遠野住田ICから約40分


店は、大船渡市と岩手県内陸部の北上市を結ぶ国道107号線沿いにあります。


黒船@岩手県大船渡市

店と前に砂利敷きの駐車場があります。山と川に挟まれた土地であるため、そこまで広くはなく、車10数台分だったと思います。


鉄道でのアクセス

■JR・三陸鉄道の盛駅から約2.6km


路線バスも走っていますが、本数が少ないため、盛駅からタクシーまたはレンタサイクルを利用するのが現実的でしょう。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.09.30 | 最終更新:2019.09.30 |カテゴリ: 岩手県

関山大滝はお手軽に楽しめる美しい滝!アクセス・駐車場情報も(山形県東根市)

宮城県仙台市と山形県中央部を結ぶ国道48号線。両県の県境付近に、是非とも夏に立ち寄りたいスポットがあります。

それが今回紹介する関山大滝です。



関山大滝は山形県中央部、さくらんぼで有名な東根市の山間部に位置する滝です。この記事では、関山大滝の魅力、駐車場や遊歩道、アクセスの情報についてお伝えしたいと思います。






岩肌を滑り落ちる美しい滝、関山大滝

関山大滝

こちらが関山大滝です!

落差10m、幅15m。最上川の支流である、乱川に位置しています。幅が広い岩肌を滑るように流れ落ちる、豪快さと美しさを兼ね備えた滝ですね。


関山大滝

滝は、乱川にかかる橋の上から見ることができます。真正面に滝を眺めることができるのが良いですね。

ただし、遊歩道が途中で通行止になっており、滝には近づけないようでした。残念…。


乱川

橋の真下を見ると、驚くほど川が綺麗!ここは川の上流部にあたるため、水が汚染されることなく、澄み渡っています。河原まで下りることができるので、この美しい流れを近くから眺めるのも良いですね。




関山大滝の駐車場

関山大滝の駐車場

関山大滝の駐車場は国道48号線沿いにあります。公衆トイレがある広々とした駐車場。滝とは逆側の車線(仙台方面)にあるため、滝へ向かう場合は、駐車場の前にある横断歩道を利用しましょう。


大滝ドライブイン泉や

滝側の車線(東根方面)には、「大滝ドライブイン泉や」があります。こちらにも駐車場がありますが、ドライブイン利用者以外は、先述した駐車場を利用した方が良いでしょう。




関山大滝への遊歩道

大滝ドライブイン泉や

関山大滝への入口はドライブインの裏手にあります。「滝つぼ降り口」という看板に従って進みましょう。


関山大滝

ドライブインの裏手からも関山大滝を望むことができます。斜め上から眺める関山大滝。橋の上から見るよりも、距離が近い気がしますね。


関山大滝への遊歩道

滝へ向かうためにはドライブインの裏側の階段を下っていく必要があります。そこまで急な階段ではないですが、歩きやすい靴の方が良いでしょう。然程高低差もないため、お手軽コースだと思います。


関山大滝への遊歩道

階段を下りきると、乱川にかかる赤い橋が現れます。この橋は正面から滝が見られるビュースポット。

この橋の先にも遊歩道が続いていましたが、2019年6月の時点では途中から通行止となっており、滝に近づくことができませんでした。




関山大滝へのアクセス

車でのアクセス

東北中央道の東根ICから約20分

東北道の仙台宮城ICから約40分


バスでのアクセス

公共交通機関で関山大滝を訪れる場合は、山交バスの「特急48ライナー」が便利。仙台駅と山形県北部の各駅(さくらんぼ東根駅、村山駅、新庄駅)とを結ぶ特急バスです。途中で関山大滝近くにある大滝停留所に停車します。

【宮城県側からの場合】

仙台駅前から約50分


【山形県側からの場合】

さくらんぼ東根駅から約15分

村山駅から約30分

新庄駅から約1時間30分


【参考】
山交バス(トップ>高速バス>新庄~仙台線)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.08.01 | 最終更新:2019.08.01 |カテゴリ: 山形県

十勝・帯広のソウルフード、インデアンカレーは絶品だった!(カレーショップインデアン 札内店@北海道幕別町)

皆さんはインデアンカレーをご存知でしょうか?

北海道の東部、帯広市を中心とする十勝地方のソウルフード的な存在です。前々から「インデアンカレーは美味い」という噂を聞いていたので、十勝地方に立ち寄った際、食べてきました。

噂通り、めちゃくちゃ美味しかったので、この記事で紹介したいと思います!






インデアンカレーとは?

インデアンカレーとは、帯広市を中心に展開するご当地カレーチェーン、「カレーショップ インデアン」で提供されているカレーです。

「インデアン」がウリにしているのはオーソドックスなルーカレー。そのルーにとことんこだわっているのが人気の秘密です。「インデアン」では、3種類ものルーを味わうことができます。

■「カレーショップ インデアン」のカレールー


①インデアンルー

②ベーシックルー

③野菜ルー



定番かつ人気のルーは「インデアンルー」です。

インデアンルー

牛肉をふんだんに使用し、数十種類のスパイスで熟成されたカレーです。辛さも控えめでお子様から大人の方まで安心して召し上がれます。十勝の定番カレーです。

「カレーショップ インデアン」公式サイトより引用



友人からも「ベーシックルーも十分に美味しいのだけど、インデアンルーは別格!」と聞いていたので、期待を胸に十勝入りしました。


実食!インデアンカレー@カレーショップインデアン 札内店

カレーショップインデアン 札内店

今回は、帯広市のお隣、幕別町にある「カレーショップ インデアン札内店にお邪魔しました。

店の中央に厨房があり、それを取り囲むようにカウンター席があります。

注文はお目当ての「インデアン」。友人からの薦めで「カツ」をトッピングしました。


インデアンカレー

こちらが「インデアン」(カツトッピング)!

銀色が美しいステンレス皿に盛られたドロっとしたルーカレー。写真では分かりにくいですが、カツはルーの下に入っています。

食べてみてビックリ!これはめちゃくちゃ美味いですよ!ルーのベースとなる牛肉の旨味や絶妙な配合のスパイスが利いているのでしょう。言葉では上手く説明できないですが、とにかく奥深い味。

期待以上に美味しいカレーでした。


インデアンカレー

カレーの付け合わせと言えば、福神漬け。卓上には3種の付け合わせ(左から福神漬けしその実生姜の甘酢漬け)が並んでおり、自由にとることができます。


インデアンカレー

また、辛さをプラスするためのホットオイルも置かれています。少量であれば劇的に辛くなるわけではないので、ちょっとした味変には最適です。辛くしたい方は、味見をしながら少しずつ足すと良いでしょう。


カレーショップインデアン 札内店のメニュー

メニュー@カレーショップインデアン 札内店

メニュー@カレーショップインデアン 札内店

「カレーショップインデアン」札内店のメニューはこちらです。

それぞれのメニュー名の横には、使用しているルーが書かれています。トッピングや辛さを選ぶことができるため、自分好みのカレーを注文できるのが嬉しい所です。

また、ルーのお持ち帰りサービスも行っているようです。店が用意した容器ではなく、持参した鍋やタッパーで持ち帰ることもできるそう。近くに住んでいる人が羨ましいサービスですね。


カレーショップインデアン 札内店へのアクセス

車でのアクセス

道東道の音更帯広ICから約20分


店は、道東へ向かうメインルートの1つ、国道38号線沿いにあります。ドライバーにとっては便利な場所にあると言えるでしょう。ロードサイド店らしく、駐車場も完備されています。

鉄道でのアクセス

JR根室本線の札内駅から徒歩15分程度



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.04.18 | 最終更新:2019.04.18 |カテゴリ: 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT