FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 福井県

| PAGE-SELECT | NEXT

瓜割の滝は夏に行きたい名水スポット!くずまんじゅうもおススメ!(福井県若狭町)

瓜割(うりわり)の滝。

福井県の西部、若狭町を代表する観光スポットです。滝として、というよりも名水スポット、パワースポットとして有名かもしれません。

これから春から夏にかけて、暑い季節におススメしたい場所です。この記事では瓜割の滝の魅力、アクセス情報、名物のくずまんじゅうについてお伝えしたいと思います。






溢れるマイナスイオン!瓜割の滝は癒しの空間

瓜割の滝

こちらが瓜割の滝です。

名水百選」、「水の郷百選」にも選ばれている名水。

一日4500トンもの量の水が湧き出し、滝となって流れています。日に4500トンということは、毎時187.5トン、毎分3.1トン、毎秒約50キログラムもの水が湧いていることになりますね。凄い量…!

瓜割の滝

水温は11.7℃。あまりにも冷たく、漬けていた瓜が割れてしまったことから、この名が付けられたと言われています。


瓜割の滝

年中水温が低く保たれているという特殊な環境のため、ヒルデンブリンディアリブラリスという特殊な藻(紅藻植物)が生育しています。川底に赤く染まった石が見られるのは、その藻に覆われているためなのだそうです。


瓜割の滝への道

瓜割の滝への道

駐車場から瓜割の滝までは、森の中を歩きます。一部階段はありますが、道は概ね平坦で、また木々が直射日光を遮ってくれてるため、気持ちよく歩くことができます。


涼しげな水の音や、気持ちの良い深緑の遊歩道。そして冷たい湧水が待っており、暑い夏に訪れるには最適の場所だと思います。


駐車場前で水汲みも可能

これだけ素晴らしい水が湧き出しているからには、その水を飲みたいものです。


駐車場の脇に水汲み場があり、ここで水を汲むことができます。水を汲む場合には、「名水シール」(ポリ容器1個につき、またはペットボトル4個毎に300円)を購入する必要があります。シールは駐車場に併設する売店兼カフェ「名水の里」で購入可能です。

瓜割の滝の水

お土産に水を買って帰りたい方には、ペットボトルに詰められたものも売っているので、こちらもおススメです。


「名水の里」で食べる「くずまんじゅう」が絶品!

名水の里

瓜割の滝の駐車場の前には、売店兼カフェ「名水の里」があります。ここではお土産を買うことができる他、うどんやそばなどのランチ、名水で入れたコーヒーなどを味わうことができます。

ここで特におススメしたいのが、湧水の冷たさを生かした絶品スイーツ!。

くずまんじゅう

それがこちら!くずまんじゅうです!

同じ若狭町内の宿場町、熊川宿はくずの産地として知られていますが、この店では瓜割の滝の湧水で冷やしたくずまんじゅうをいただくことができます。

ヒンヤリとしたくずまんじゅうは、ほんのりとした甘みで美味!特に暑い夏には是非とも食べて欲しい一品です。


瓜割の滝へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

舞鶴若狭道の若狭上中ICから約20分

舞鶴若狭道の小浜ICから約20分


駐車場は50台分の広さがあります。


バスでのアクセス

瓜割の滝の最寄りのバス停は、西日本JRバス若江線」の「天徳寺」停留所。バス停からは徒歩約10分。

「若江線」はJR小浜線の小浜駅と、お隣の滋賀県にあるJR湖西線の近江今津駅とを結ぶ路線バス。鉄道から乗り換える場合、小浜線の上中駅または小浜駅、湖西線の近江今津駅が便利です。

■大阪・京都方面から訪れる場合:近江今津駅から若江線に乗り、約45分。

■福井・敦賀方面から訪れる場合:上中駅から若江線に乗り、約2分。

■小浜・舞鶴方面から訪れる場合:小浜駅から若江線に乗り、約15分。


【参考】西日本JRバス(トップ>一般路線>若江線)

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.03.10 | 最終更新:2019.03.18 |カテゴリ: 福井県

素朴な味わいが自慢、越前そば(そば処福そば陽明店@福井県大野市)

福井の代表的な郷土料理、越前そば

越前ガニサバ若狭フグなど、海産物で有名な福井県ですが、意外なことに蕎麦もよく食べられています。

今回紹介する越前そばは、福井県を代表する郷土料理。福井県の嶺北地方(福井県の北半分)で広く親しまれており、大根おろしを使うことから、「おろしそば」、「越前おろしそば」とも呼ばれています。

越前の小京都」として知られる内陸部の街、大野市にある「そば処福そば 陽明店」にお邪魔しました。


おろしそば

こちらが今回いただいた「おろしそばとミニ醤油カツ丼のセット」。実は醤油カツ丼も大野市のご当地グルメだったりします。名物を2つまとめて食べられるお得なセットですね。


おろしそば

越前そば最大の特徴は、何と言っても大根おろし。大根おろしは別皿で出されたり、そばの上に乗っていたりする店もありますが、この店では最初からつゆの中に入っています。おろし入りのつゆにそばを浸して食べると、ピリッと辛くも爽やかな味わい。麺にも絡んで美味しいですね。

また、そばは地元大野産のものを使用しているそうです。実は福井県は生産量全国5位という、そばどころ。そんな地産のそばをそば殻ごとひくため、非常に香りが強い仕上がりになっています。

なお、この店のおろしそばは麺つゆにつけて食べるタイプでしたが、かけそばタイプのおろしそばを提供している店もあるようです。いずれにしても、季節を問わず冷たいつゆでいただくのが越前流。冷たい方がそばのコシがより引き立ちますので、冬であっても冷たいそばを食べるのがおススメです。


大野市の老舗、福そばでは様々なおろしそばが食べられる!

そば処福そば 陽明店

今回訪れた「そば処福そば 陽明店」は大野市の郊外にあるそば屋さん。中部縦貫自動車道の大野インターチェンジから程近い場所にあるため、自動車で訪れやすい店だと思います。また、JR越美北線の越前大野駅からも徒歩20分程なので、大野の街並を楽しみながら歩いて行くのも良いでしょう。


メニュー@そば処福そば 陽明店

メニュー@そば処福そば 陽明店

多種多様なおろしそばをいただくことが出来るのも、この店の魅力。「なめこおろしそば」や「エビ天おろしそば」、様々な具材とおろしのコラボレーションが楽しめる「おろし三昧」なんていうメニューもありました。

ミニ丼が付いたサービスメニューはガッツリ派におススメ。特に、福井名物である醤油カツ丼やソースカツ丼などをセットとして付けることができるのは、旅行者として嬉しい限りですね。


福井を旅するにあたって、海の幸も良いですが、たまには郷土料理である「おろしそば」という選択肢も良いのではないでしょうか。


各種情報

福そば : 福そばの公式サイト。大野市内に2店舗あります。
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。
越前おおの観光ガイド : 「越前の小京都」大野は歩いて散策すべし!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.03.11 | 最終更新:2019.01.15 |カテゴリ: 福井県

梅丈岳山頂公園から眺める三方五湖が絶景すぎる!(福井県若狭町)



福井県の西部、リアス式海岸で有名な若狭湾沿岸に、寄り添うように5つの湖があります。三方湖水月湖菅湖久々子湖日向湖。この5つの湖を総称して三方五湖と呼びます。なお、地図でご覧いただいても分かるように、この5つの湖は何らかの形(運河、隧道、掘割など人工構造物を含む)で繋がっています。

さて、この三方五湖と若狭湾の間を縫うように伸びるのが有料道路であるレインボーライン。普通乗用車1,040円、二輪自動車730円と、ややお値段が張りますが、絶景を楽しむことができます。道中には数箇所展望台が設置されていますが、今回紹介する梅丈岳山頂公園はその中でも白眉と言って良いでしょう。

リフトまたはケーブルカーで天空の楽園へ


山頂へのリフト

山頂公園に行くためには、駐車場に車を停めて、リフトまたはケーブルカーの乗る必要があります。駐車場は広々としたものが3つ用意されており、計500台は停めることが可能だそうです。


リフト

これは帰りに撮影したものですが、リフトからの景色はまさに絶景!正面に広がる若狭湾に飛び込んでいくような錯覚に陥ります。かなりの高度感なので、高所恐怖症の方はリフトではなく、平行しているケーブルカーに乗ることをオススメします。


三方五湖、若狭湾を一望!!


リフトを降りると、そこはもう標高400メートルの梅丈岳の山頂。山頂は公園として整備されており、色々と見所はありますが、まずは展望台に行ってみましょう。

三方五湖

三方五湖

まさに絶景!展望台からは三方五湖、若狭湾のリアス式海岸を望むことができます。三方五湖を一度に見られる場所など、他にはあまりないでしょう。山と海と湖が複雑に入り組む様は、芸術とも言えますね。

三方五湖
カーソルを画像に合わせると湖の名前が表示されます。

上の2つの写真を繋げると、こんな感じです。


景色以外にも見所は盛り沢山


ばら園

山頂公園の見所は絶景だけではありません。公園内にはばら園があり、春と秋には100種類以上のバラが咲き乱れます。また、彫刻の展示や茶室などもあり、のんびりと散策を楽しめる環境になっているようです。

絶景ポイントがたくさんある若狭湾界隈。この辺りを拠点にドライブをするのも良いですね。

各種情報

レインボーライン : レインボーラインの公式サイト。山頂公園の情報もこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2017.07.02 | 最終更新:2019.02.03 |カテゴリ: 福井県

呼鳥門は福井県の海岸を代表する絶景スポット(福井県越前町)

険しい断崖絶壁が続く福井県の越前海岸。海岸線をピッタリなぞるように走る国道305号線は、絶景が連続する素晴らしいドライブルートです。

中でも越前岬付近にある呼鳥門(こちょうもん)は人気のスポット。その魅力やアクセス方法などをお伝えしたいと思います。






自然が造り上げた岩のトンネル、呼鳥門

呼鳥門

こちらが呼鳥門です!

国道を走っていると、いきなり巨大な岩の門が現れるので、予備知識がない人でも目を奪われること間違いなし!

呼鳥門へは、国道脇にある駐車場から遊歩道を使ったアプローチすることができます。

呼鳥門

近づくと大迫力です。よくもまあ、こんなに綺麗にポッカリと空いたものだと感心しますね。

呼鳥門

さらに驚くことに、この呼鳥門は2002年3月に呼鳥門トンネル(一番上の写真に写っているトンネル)が完成するまでは、天然のトンネルとして使われていたのです。写真にも路面に転がる岩が写っていますが、この付近は落石が頻発する危険地帯。こんな場所を車でくぐるとは、冷や汗ものですね。

現在は、旧国道を利用した遊歩道で手前までは来れますが、その奥は落石のため立入禁止となっています。


呼鳥門のドライブインのトイレは必見!

呼鳥門も素晴らしいですが、ここにはもう1つ見どころがあります。それは駐車場の前にあるドライブインのトイレ

呼鳥門のトイレ

まるで日本庭園のような風流なトイレ!

あまりにも広すぎて、用を足すのは少々落ち着かないですね。

ドライブインでは地元で採れた海産物が売っているので、お土産を買うにも最適です。


呼鳥門へのアクセス

車でのアクセス

北陸道の鯖江ICから約50分。

北陸道の敦賀ICから約1時間

北陸道の金津ICから約1時間

※鯖江ICが最寄りのインターチェンジですが、海沿いを走る国道305号線は本当に景色が良いので、敦賀ICまたは金津ICからアクセスするのがおススメです。

バスでのアクセス

呼鳥門へは福井鉄道京福バスの2会社の路線が乗り入れていますが、観光で使うのは現実的ではありません。

福井鉄道は1日に1往復のみで、土日休日は全て運休。
京福バスは福井駅との間に3往復走っていますが、日帰りすることができないダイヤになっています。


各種情報

えちぜん観光ナビ : 越前町の観光情報はコチラをチェック!


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2013.08.08 | 最終更新:2019.03.30 |カテゴリ: 福井県

ソースカツ丼(敦賀ヨーロッパ軒@福井県敦賀市)

長野県駒ヶ根市、福島県会津若松市、群馬県前橋市など様々な地域が名物ソースカツ丼を出していますが、福井県のソースカツ丼も有名です。

福井市に店を構える「ヨーロッパ軒」はソースカツ丼発祥の店として知られる老舗です。
その暖簾分けが、敦賀市にある「敦賀ヨーロッパ軒」。

敦賀ヨーロッパ軒

市街地の中で一際目立つモダンな建物。
こちらが敦賀ヨーロッパ軒です。
まるでお城のような外観ですが、食堂です。

メニューはカツ丼だけではなくステーキやオムレツ、エビフライなどもあり、町の洋食屋さんのような雰囲気。
ソースカツ丼を食べるためには「カツ丼」を頼みましょう。
カツ丼=卵とじのカツ丼」というイメージを持つ方が多いと思いますが、先述したソースカツ丼を売りにしている地域では、「カツ丼=ソースカツ丼」という感覚が普通なのだそうです。

ソースカツ丼 

敦賀ヨーロッパ軒のカツ丼です。
キャベツなどの野菜は乗っておらず、カツのみというシンプルさです。
また、ソースベースのタレに「くぐらせる」という味付けの手法も福井ならでは。
ソースを「かける」ソースカツ丼と違い、ソースでべちゃべちゃにならないのが嬉しいですね。

カツにソースがよく染みこみ、とてもご飯がすすむ一品。
見た目はボリュームがあるように見えますが、案外ぺロリと食べられるものです。

本家のヨーロッパ軒にも是非行ってみたいものですね。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはコチラ!
ふくいcityナビ : 福井名物、ソースカツ丼の特集あり!

 

日本全国B級ご当地グルメまるごと!徹底ガイド [ マイルスタッフ ]

価格:1,680円
(2013/8/6 23:49時点)
感想(1件)

スポンサードリンク

|投稿:2013.08.06 | 最終更新:2018.08.17 |カテゴリ: 福井県

| PAGE-SELECT | NEXT