FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 山梨県

| PAGE-SELECT | NEXT

吐竜の滝でお手軽トレッキング!アクセス・駐車場情報など(山梨県北杜市)

長野県と山梨県の県境に聳える八ヶ岳連峰。その裾野には、蓼科、清里、富士見など、国内有数の高原リゾートが点在しています。

標高が高く、避暑地として有名なエリアですが、「涼」を求めていくのに特におススメしたい場所があります。それが山梨県北杜市清里高原にある吐竜の滝!滝のマイナスイオンを感じることができるうえ、比較的簡単に行けるスポットです。

この記事では、吐竜の滝の魅力、遊歩道やアクセス情報について書きたいと思います。






吐竜の滝は湧き出した地下水が流れ落ちる爽やかな滝

吐竜の滝

こちらが吐竜の滝です。

「吐竜」と書いて「どりゅう」と読みます。

地下から湧き出した水がそのまま流れ落ちる「潜流瀑」というタイプの滝です。地下水が八ヶ岳の噴火によって堆積した溶岩層を通り、崖から湧き出したことによって形成されました。このようなタイプの滝は、富士山麓にある白糸の滝、鳥海山麓の元滝など火山の麓に多いようです。


吐竜の滝

潜流瀑という珍しい形状に加え、幅が広いことも吐竜の滝の魅力の1つ。広い範囲から冷たい水が流れ落ちているため、非常に涼やかな光景が広がっています。

また、観る場所によって、様々な姿が見られますので、色々な角度から眺めてみるのも良いですよ。


吐竜の滝の遊歩道は渓谷美が楽しめるお手軽なハイキングコース

吐竜の滝へは、駐車場から10分程度歩けば到着します。

吐竜の滝

遊歩道はご覧のように足下には石が転がったりしている山道ですので、訪れる際には歩きやすい靴がベスト。また、クマの生息域でもあるため、十分に注意する必要があります。

不安になるようなことを書いてしまいましたが、遊歩道自体は特段険しい場所はなく、大人から子供まで多くの方が気軽にハイキングを楽しめるような道です。また、日中は散策している人が多いため、安心感があります。


吐竜の滝

遊歩道は、吐竜の滝が流れ込む川俣川東沢に沿って登っていきます。八ヶ岳を源流とする清らかな水が流れており、遊歩道の途中で水と触れ合うことも可能です。


吐竜の滝

遊歩道は吐竜の滝の先も続いており、さらに上流も散策することができます。全長が2.8kmあり、色々と見どころもあるようですが、僕が訪れた日は一部が通行止となっていました。現地の案内に従い、無理はしないようにしましょう。


吐竜の滝へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

■東京・甲府方面からの場合:中央道の長坂ICより約20分

■名古屋・松本方面からの場合:中央道の小淵沢ICより約30分



吐竜の滝へは、山梨県道28号線(通称清里高原道路)を通ってアクセスすることになります。上のストリートビューの場所が吐竜の滝への分岐点。

左右に道が分かれていますが、どちらの道も吐竜の滝への道と繋がっています。ただし、右折禁止となっているため、案内看板に従い、左折するようにしましょう。

この分岐点から吐竜の滝の駐車場までは、やや狭い道となります。それ程距離はありませんが、意外と交通量が多いため、注意が必要です。


吐竜の滝

駐車場は約20台分の広さ。細い道に沿った、ウナギの寝床のような駐車場なので、混雑時には車の出し入れが大変かもしれません。


バスでのアクセス

JR小海線の清里駅を拠点に、「清里ピクニックバス」が運行されています。3つのコースがありますが、吐竜の滝を訪れる場合は「大泉周遊ルート」のバスに乗車してください。

最寄りのバス停である「吐竜の滝入口」より、徒歩30分程度で吐竜の滝に到着します。

■参考:清里観光振興会(TOP>総合案内>バス)


吐竜の滝は小海線からも見ることが可能!

吐竜の滝はJR小海線からも見ることも可能です。見ることができるのは、甲斐大泉駅と清里駅の間。清里方面へ向かう場合、甲斐大泉駅を出発後、トンネルを抜けたらすぐに橋を渡るのですが、左手に吐竜の滝が見えます。一瞬なので、見逃さないようにしてくださいね。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.05.09 | 最終更新:2019.05.09 |カテゴリ: 山梨県

夏限定のスイーツ、水信玄餅 行列を避けるなら金精軒韮崎店がおススメ!(山梨県韮崎市)

夏季限定のスイーツ、金精軒の水信玄餅

桔梗屋と並び、信玄餅で名を馳せる山梨県の和菓子屋、金精軒。山梨県北部の北杜市を本拠地とし、信玄餅大吟醸粕てらなど人気の和菓子を売り出していますが、近年発売したスイーツが爆発的な人気を誇っています。

水信玄餅

それがこちら、水信玄餅です。6月から9月までの土日限定で売り出されている和菓子です。

「信玄餅」という名前が付いていますが、餅ではなく水菓子。「南アルプスの天然水」の取水地として知られる北杜市白州(旧白州村)で汲み上げた水を寒天で固めただけというシンプルなお菓子です。そこに信玄餅と同じように黒蜜ときな粉がかかっているのです。

非常に柔らかいチャプチャプとした食感がウリであるため、日持ちしない上に、運搬すると崩れてしまいます。そのため、食べるためには期間中に山梨県内にある金精軒の店舗に行く必要があるのです。しかも大量生産することが難しいため、品切れになってしまうこともしばしば。

このようにハードルが高い水信玄餅ですが、現地に行ってまで食べる価値があると思います。猛暑が続くこの夏、是非おススメしたい一品です。


北杜市にある金精軒台ケ原本店は行列必至!

金精軒の本店は山梨県北杜市にあります。

金精軒台ケ原本店

9月上旬の11時頃に訪問したのですが、ご覧のように大行列!水信玄餅に有りつけるまで30分程並びました。何とか食べることはできましたが、もう少し到着が遅れていたら、品切れになっていたかもしれません。


混雑を避けたい方は金精軒韮崎店がおススメ!

「出来れば暑い中待ちたくない」という方には金精軒韮崎店をおススメします。店があるのは北杜市のお隣の韮崎市。中央自動車道の韮崎ICまたは須玉ICから程近い場所にあります。

金精軒韮崎店

金精軒韮崎店

2017年の7月末の11時頃に訪問したのですが、ほとんど待たずに食べることができました。店舗で購入し、隣接した仮設テントでいただきました。

なお、韮崎店はリニューアル工事のため2018年9月末までは仮設店舗で営業しているようです(上の写真は旧店舗時代のものです)。仮設店舗は場所がやや異なるようなので、公式ホームページにて確認をしてから訪問することをおススメします。

水信玄餅

冷たい緑茶とともにいただく水信玄餅。まずはそのまま何も付けずに食べ、喉ごしを楽しみます。次は黒蜜ときな粉をまぶし…。

美味い!本体部分は水の味しかしないのですが、この食感と喉ごしだけで何個も食べられそうな勢い。そこに黒蜜ときな粉という黄金コンビが加われば、美味くないわけがありません。

一気に食べてしまうのは名残惜しいので、チビチビといただきました。


記録的な猛暑が続いている今日この頃ですが、山梨まで足を伸ばして、ささやかな“涼”を味わうのも良いですね。水信玄餅で体の中から涼を感じた後は、清里など近隣の高原に行くのもおススメです。

各種情報

金精軒 :最新情報はこちらからチェック。 
ほくとナビ : 北杜市の高原まで足を伸ばすのも一興。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.08.05 | 最終更新:2019.03.11 |カテゴリ: 山梨県

美しくも力強い名木。日本三大桜の一角、神代桜(山梨県北杜市)

山梨県北杜市の実相寺は花が咲き乱れる美しい寺

山梨県北杜市にある名木、神代桜。樹齢約2,000年のエドヒガンザクラで、福島県の三春滝桜、岐阜県の淡墨桜と並び、日本三大桜の1つに数えられています。

神代桜は北杜市(旧武川村)にある、実相寺の境内にあります。見ごろである4月上旬には県内外から多くの見物客が実相寺を訪れます。私は2017年4月8日に訪れたので、その時の様子をお伝えします。

実相寺の桜

実相寺は桜のみならず、たくさんの花で溢れるお寺です。門をくぐると、様々な花たちが視界に飛び込んできます。

手前にある花畑には水仙やチューリップなどが10万本。奥には、神代桜とまではいきませんが、樹齢50~100年のソメイヨシノが咲き乱れ、訪れる人の目を楽しませています。

主役の神代桜はまだ見ていないのですが、この時点で非常に見ごたえがありますね。


実相寺の桜

逆に境内側から門の方に向かって撮影したものがこちらです。一面に咲き乱れる水仙の海の中、奥ゆかしく咲く桜の花。どの方向から見ても、それぞれ違った美しさがあって良いですな。



実相寺の桜

実相寺の桜

桜のトンネルをくぐって奥へと進みます。

人の流れがあるので、立ち止まって撮影するのも一苦労です。


樹齢2,000年!大迫力のエドヒガンザクラ、神代桜

看板に従って奥へ進んでいくと、いよいよ御大のお出ましです。

神代桜

樹齢2,000年のエドヒガンザクラ!日本三大桜の1つ、神代桜です!

圧倒的な大きさ!老いて、柱に支えられながらも放つそのオーラ!「日本三大桜」の一角に相応しい風格を持った桜だと感じました。

樹齢2,000年ということは、弥生時代からこの地に根差していたということですね。


そんな偉大な生命力を持つ神代桜ですが、昭和23年に「3年以内に枯死する」という宣告を受けたそうです。その後、土壌を入れ替えるなど、懸命の回復工事が行われ、現代まで生きながらえてきました。回復の兆しは見られるようですが、依然として予断を許さない状況が続いているようです。


北杜市は桜の名所だらけ!シーズン中は混雑必至!

今回紹介した神代桜だけでなく、北杜市内には多くの桜の名所があります。シーズン中は非常に混み合うため、ある程度時間に余裕を持って行動することが重要です。

今回訪れた時は渋滞まではしなかったものの、駐車場は満車に近かったと記憶しています。シーズン中は臨時駐車場が開設され、誘導員も出動するようなので、指示に従うようにしましょう。

屋台のベーコン

最後におまけ。桜の時期は「神代桜まつり」が開催されており、多くの屋台が出店しています。私は山桜のチップでスモークしたベーコンをいただきましたが、非常に美味でした。「花より団子」派も楽しめると思いますので、是非お出かけください。


各種情報

ほくとナビ :北杜市内の桜の開花状況はこちらでチェック!
実相寺 : 実相寺のサイトでも開花状況のチェックが可能。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

≫ Read More

|投稿:2018.03.07 | 最終更新:2019.01.15 |カテゴリ: 山梨県

青春のトマト焼そば(御食事処 末広@山梨県中央市)

当ブログでは、これまで様々なご当地焼きそばを紹介してきましたが、ご当地焼きそば界にまたもやニューウェーブが!
それが山梨県中央市の「青春のトマト焼そば」。

なかなか奇抜なネーミングですが、ルーツを辿ると、その歴史は意外と古いようです。
1970年代、山梨県内の洋菓子店の喫茶コーナーで提供されていたミート焼きそば
ソース焼きそばにミートソースをかけた料理で、当時は人気を博していたものの、現在では見られなくなりました。

そんな消えたメニューを復活させたのが、中央市の商工会青年部。
同市の特産品であるトマトをPRするために、昔親しまれていたメニューを発掘し、アレンジし、新たなご当地グルメを誕生させたのです。
というわけで、現在は中央市内の約20店舗で提供されています。

末広

今回紹介するのは、中央市郊外に店を構える御食事処 末広
地元に愛される、町の大衆食堂さんという雰囲気の外観です。
軒下には、冷やし中華に並んで、青春のトマト焼そばの幟が!

店のメニューも大衆食堂らしくカレー、ラーメン、定食など何でも揃っています。
よく見ると、山梨県名物である鳥もつおざら(ほうとうのつけ麺バージョン)も提供しているようです。

青春のトマト焼そば

そして、こちらが青春のトマト焼そば。
まさにソース焼きそばとミートソースが合体したようなビジュアル!

麺にミートソースを絡めながら食べてみると、ダブルのソースが混ざり合って、奥深い味わい!
和風とイタリアンの融合といったところでしょうか。
なかなかありそうで、ない味です。

なお、青春のトマト焼そばにルールが2つあります。
  1. 中央市産の完熟トマトを使うこと。
  2. 中央市産のブランド豚「フジサクラポーク」を使うこと。
おそらくこの店では、トマトと豚はミートソースに使われてるのでしょうか。

そこまで厳しくないルールであるため、各店で個性を出しやすいということも特徴です。
是非、色々な店を巡り、食べ比べてみたいものですね。

各種情報
認定店マップ : 青春のトマト焼そばを食べ歩くならここをチェック。
食べログ : 店舗情報、口コミはこちら。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

首都圏発B級ご当地グルメドライブ

価格:822円
(2014/9/11 22:59時点)
感想(1件)

スポンサードリンク

|投稿:2014.09.11 | 最終更新:2018.08.23 |カテゴリ: 山梨県

西沢渓谷 七ツ釜五段の滝(山梨県山梨市

山梨県北部、埼玉県との県境付近に、西沢渓谷という非常に美しい渓谷があります。
風光明媚で、また都心から近いこともあり、行楽シーズンは多くのハイカーが訪れます。

遊歩道が整備されているのですが、一方通行が推奨されており、一周10kmと結構な距離があります。
しかし、七ツ釜五段の滝を初めとして素晴らしい渓谷美を拝めるので、苦労する価値はあると思います。

林道を歩く 

駐車場からしばらくは、車も通れそうな林道を歩いていきます。
1時間近く林道を歩いたところで、いよいよ渓流沿いの歩道に差し掛かります。

渓谷沿いの道

この先は、美しい渓流を見ながらの気持ちの良いハイキングが楽しめます。
ただし道が細いため、足を踏み外さないよう注意が必要です。
メインディッシュとなる七ツ釜五段の滝まではさらに1時間半かかりますが、渓流沿いには前座となる滝など美しい風景が連続するため、退屈せずに歩くことができます。

七ツ釜五段の滝

こちらが七ツ釜五段の滝です。
滝と釜が連続する奥行きのある滝で、全体像を見ることはできません。

七ツ釜五段の滝

歩道は滝に沿って上流に登っていくため、滝は徐々に姿を現します。
水は見事なエメラルドブルー。
決して迫力がある滝ではないですが、芸術的なまでな美しさを持っている滝ですね。

七ツ釜五段の滝を過ぎると、歩道は渓谷を離れ、一気に高度を稼ぎます。
上りきった所には休憩小屋があり、歩道は折り返し地点となります。

帰り道 

前述したように、遊歩道は一方通行となっているため、帰り道は別ルート。
かつての森林鉄道の跡を利用した平坦なルートで、徐々に下りて行きます。

帰り道も2時間程度かかりますが、歩きやすいルートなので、それほど疲れることはありません。
往復10km、3~4時間の長丁場となりますが、その苦労に見合うだけの風景は約束されています。
休日のハイキングに訪れてみては如何でしょうか。

各種情報
山梨市観光協会 : 西沢渓谷の他にも、魅力的な山、谷があります。

 

日帰りハイキング+立ち寄り温泉関東周辺改訂2版 [ 飯出敏夫 ]

価格:1,470円
(2013/8/20 13:52時点)
感想(4件)

スポンサードリンク

|投稿:2013.08.20 | 最終更新:2018.08.20 |カテゴリ: 山梨県

| PAGE-SELECT | NEXT