FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 長野県

| PAGE-SELECT | NEXT

天龍峡大橋「そらさんぽ天龍峡」 飯田に誕生した新たな絶景スポット(長野県飯田市)

そらさんぽ天龍峡

長野県諏訪湖を源流として、長野県南部の伊那谷を流れ、静岡県で太平洋に注ぐ天竜川。長さ213km(全国9位)を誇る大河です。

風光明媚な場所が何ヶ所もありますが、中でも飯田市南部から始まる天竜峡は、両側に険しい崖が迫り、素晴らしい渓谷が楽しめる人気スポットです。古くから観光客に愛されている天竜峡ですが、2019年、新たな絶景スポットが誕生しました。

それが「そらさんぽ天龍峡」。

この記事では、2019年11月にオープンした新名所「そらさんぽ天龍峡」の魅力や行き方について解説したいと思います。






天龍峡大橋・「そらさんぽ天龍峡」とは?

まずは天龍峡大橋について、続いて「そらさんぽ天龍峡」について、簡単に説明します。


天龍峡大橋とは?

そらさんぽ天龍峡
©飯田市

天龍峡大橋は、長野県飯田市と静岡県浜松市を結ぶ予定の三遠南信自動車道の橋。2019年11月に開通した天龍峡IC千代ICの間に位置しています。

天竜川を一跨ぎにするアーチ橋で、橋の長さは280m、水面からの高さは80mもあります。橋の見た目自体も美しい橋なので、新しい観光の目玉としても注目されているようです。


「そらさんぽ天龍峡」とは?

天龍峡大橋を通れるのは、自動車やバイクだけではありません。

歩いて渡ることもできるんです!


「え!?高速道路の橋なのに、歩いて渡ることなんてできるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。


渡れるんです!


そらさんぽ天龍峡

こちらが天龍峡大橋の側面図です。自動車やバイクは、当然ながら橋の一番上を通ります。


そらさんぽ天龍峡

実は、三遠南信道の真下に歩行者用の通路が設けられているのです!この通路こそが、「そらさんぽ天龍峡」なのです。


景勝地として有名な天竜峡を80mの高さから見下ろすことができる橋。眺めにはかなり期待が持てます。実際に「そらさんぽ天龍峡」に行った時の様子を紹介しましょう。


「そらさんぽ天龍峡」の営業時間(通行可能時間)

「そらさんぽ天龍峡」に行く前には、営業時間(通行可能時間)をチェックしておく必要があります。基本的には通れるのは日中だけなのですが、時期によって時間が異なります。


そらさんぽ天龍峡

3月〜10月:6:30〜18:00

11月〜2月:7:30〜16:30

※天候によっては変動あり





出発地点は三遠南信自動車道の天龍峡パーキングエリア

そらさんぽ天龍峡

「そらさんぽ天龍峡」への入口は、三遠南信自動車道天龍峡パーキングエリアにあります。こちらのパーキングエリアは上下線兼用。さらには天龍峡インターチェンジも併設されています。




こちらが天龍峡パーキングエリアの周辺の地図です。三遠南信道の本線、パーキングエリア、インターチェンジの出入口との交差部分にラウンドアバウトが設置されているという非常に珍しい構造をしています。

ラウンドアバウトの手前には標識が立っているので、ラウンドアバウトに慣れていない方でも安心だと思いますよ。ちなみに三遠南信道は無料で通行することができます。万が一間違えて一般道に下りてしまっても料金が余計にかかることはありませんので、ご安心ください。




「そらさんぽ天龍峡」を歩いてみた

そらさんぽ天龍峡

天龍峡大橋と「そらさんぽ天龍峡」は、天龍峡パーキングエリアのすぐ南東に位置しています。


そらさんぽ天龍峡

そらさんぽ天龍峡

パーキングエリアから橋までは約180m。歩きやすい遊歩道が整備されています。ちょっとした散策にはちょうど良い距離ですね。

遊歩道は緩やかな下り坂で天龍峡大橋の袂へと延びています。車いすの方の利用も想定された造りになっているようです。


そらさんぽ天龍峡

いよいよ天龍峡大橋が目の前に!

険しい谷を一跨ぎにする見事なアーチ!その迫力に圧倒されます。

そして橋の下部には金網で覆われた通路が見えています。これこそが天竜峡の新たな観光の目玉である「そらさんぽ天龍峡」なのです。

早速渡ってみましょう。


そらさんぽ天龍峡

橋の内部はこんな感じ。

両側に絶景が広がる空中回廊。太い鉄骨で囲まれていますが、両側に景色が見えるため閉塞感や圧迫感はありません。むしろ金網の間から光が入ってきて明るい雰囲気。手すりも完備された安心設計です。


そらさんぽ天龍峡

橋の上からは天竜峡の絶景が…!通路の随所に少し広めの展望スペースが設けられているので、通行する人の邪魔にならずに景色を楽しむことができます。

天竜峡と言えば川下りが有名ですが、「そらさんぽ天龍峡」は天竜峡観光のもう1つの定番になりそうですね。


そらさんぽ天龍峡

景色を眺めながらゆっくりと渡りきり、対岸にやってきました。所要時間は5分程度でした。

それにしても、交通量が少ないですね…。かなり立派な橋ですが、車は時々通る程度。

しかし、これは仕方がないこと。2020年現在、三遠南信道は全体の4割程度しか開通していないんです。現時点では天龍峡大橋を渡っても、その先にある山あいの集落で行き止まりになっています。将来的に、さらに先にある遠山郷や浜松市と繋がれば、交通量は増え、天龍峡パーキングエリアももっと賑わうでしょう。逆に言えば、「そらさんぽ天龍峡」を静かに楽しめるのは今だけかもしれません。


ちなみにこちら側(天龍峡パーキングエリアの対岸)にも、一般道から入れる駐車場が整備されています。




「そらさんぽ天龍峡」からは飯田線、川下りの舟を見られる!

「そらさんぽ天龍峡」から眺められるのは天竜川だけではありません。


そらさんぽ天龍峡

天竜川に沿って走る飯田線天竜川を下る舟も見ることができます。橋の随所に、撮影時刻の目安が貼られています(飯田線の場合は前後の駅の発車時刻、川下りの舟の場合は天龍峡温泉港の出発時刻)。

ちょうど5分後に飯田線が通るようなので、橋の上で少し待ってみました。構造上、橋の上は風が通りやすいので、秋や冬は結構寒いですね。鉄道や舟を撮影する場合は、十分な防寒対策が必要でしょう。


そらさんぽ天龍峡

飯田線がやってきました。飯田駅と愛知県の豊橋駅を結ぶ特急「ワイドビュー伊那路」です。

なんとか撮影できましたが、この辺りはトンネルが多いため、列車が出てくるタイミングがつかみにくいですね。




天龍峡大橋・「そらさんぽ天龍峡」へのアクセス

車でのアクセス

中央道飯田山本ICを出て、三遠南信道で8分。

※飯田山本ICの料金所を出たら、そのまま直進すると三遠南信道に入ることができます。

※天龍峡ICおよびPAの前にはラウンドアバウトがあるので、標識に従ってPA方面へ曲がってください。



JR飯田線の天竜峡駅からのアクセス

天竜峡駅から約800m。徒歩で約10分。

※PA前のラウンドアバウトは自動車専用のため、歩行者は別の入口からPAに入場することになります。


天竜峡駅からのルートの詳細は、天竜峡温泉の観光協会のホームページを参照してください。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.03.11 | 最終更新:2020.03.11 |カテゴリ: 長野県

岩本そば屋で須賀川そばを食べてみた 出川さんも訪れた北志賀高原の名店(長野県山ノ内町)

須賀川そば
そば王国、信州。正統派から変わり種まで、県内各地にご当地のそばが存在します。旅をしながら食べ歩き、違いを感じるのも楽しいものです。

今回は、長野県北部に位置する山ノ内町須賀川そばを食べてきました。これが非常に個性的で、新感覚なそばだったので紹介したいと思います。






北志賀高原を通る国道403号線は名店が点在する「そば街道」



今回紹介する須賀川そばは長野県の北信地域にある山ノ内町の名物。山ノ内町はスキーリゾートで有名な志賀高原やスノーモンキーで知られる地獄谷温泉、さらには湯田中・渋温泉郷を有する長野県を代表する一大観光地です。


須賀川そば

須賀川そばが食べられるのは山ノ内町北部の須賀川地区。渋・湯田中温泉郷や志賀高原などがあるエリアとは少し離れた「北志賀高原」エリアにあります。スキーリゾート、竜王スキーパークがある辺りです。

山ノ内町から隣の木島平村へ抜ける国道403号線沿いには須賀川の集落があり、集落の中にはそばを提供する店が何軒か点在しています。そのため、国道403号線は「そば街道」とも呼ばれているようです。

そんな中から、今回は岩本そば屋を選択しました。




出川さんも訪れた名店、岩本そば屋で須賀川そばを食べた

須賀川そば

今回訪れた岩本そば屋は、まるで民家のような佇まいのお店。玄関で靴を脱ぎ、広めの畳敷きの部屋に案内されました。内部の造りも昔ながらの民家のようで、親戚の家にお邪魔しているかのような気分になります。

座敷には席がいくつかありましたが、大方席が埋まっていました。やはり人気の店のようですね。


須賀川そば

席に着くと、そば茶と一緒に漬物とリンゴが出されました。暖かい心遣いが嬉しいですね。そばを注文し、漬物やリンゴをつまみながら待ちます。


須賀川そば

こちらが須賀川そばです!

岩本そば屋では「盛そば」という名前で提供されています。ざるに乗ったそば、つゆ、薬味というシンプルな構成。しかし、そばを味わうならこのくらいシンプルな方が良いもの!早速いただきます。


…お!これは新食感!

長野県生まれの私は、長野県内の様々な地域のそばを食べてきたつもりでしたが、この食感は初めて味わうものです。味はそばなのですが、麺に独特な弾力というかコシがあるのです。


須賀川そば

この食感の秘密は「つなぎ」にあります。そばのつなぎとしては、小麦粉が使われることが多いのですが、須賀川そばは「オヤマボクチ」という山菜をつなぎにしているのです。

オヤマボクチ、あまり聞き慣れない名前の山菜ですが、新潟県の笹団子、山梨や東京の山間部の草餅にも使われているようです。

オヤマボクチが生み出すのはコシだけではありません。オヤマボクチ自体が無味無臭であるため、そばに余計な味がつかず、そば本来の味を味わうことができるのです。

初めて食べた須賀川そば。非常にインパクトのある、感動の一食でした!


須賀川そば

余談ですが、岩本そば屋は「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」という旅番組で登場し、出川哲朗さんと、ゲストの岡田圭右(ますだおかだ)さんが訪れています。座敷の壁には、写真と番組のオリジナルシールが貼られていました。番組のファンは必見だと思います。




岩本そば屋のメニュー はやそばもオススメ!

須賀川そば

こちらが岩本そば屋のメニュー。非常にシンプルなメニューです。今回はいただきませんでしたが、きのこや野菜を使った天ぷらも美味しいのだとか。


須賀川そば

はやそばを注文してみました。はやそばは、茹でた千切り大根と蕎麦粉を合わせてかき混ぜた郷土料理。長野県内でも、須賀川を含む北信の一部の地域でしか作られていない珍しい料理なのだそうです。

こちらは熱々の状態で提供されます。ネッチョリとした食感。底に溜まっているつゆを和えながらガシガシといただきました。美味い!そして、結構腹にたまる料理ですね。盛そばとはやそばを食べ、満腹になりました。




岩本そば屋のアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

上信越道信州中野ICから国道292号、国道403号線経由で約20分


駐車場は店の前の道路沿いに数台分。そこまで広くないため、行楽シーズンには混み合う可能性があります。


バスでのアクセス

長野電鉄夜間瀬駅から山ノ内町コミュニティバスに乗り、約10分。「苗間」停留所で下車。

※本数が非常に少ないので、バスで行く場合は事前に時刻表をチェックしておきましょう。


■参考:山ノ内町(TOP>くらしのガイド>楽ちんバス)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.12.06 | 最終更新:2019.12.06 |カテゴリ: 長野県

黒部ダムカレーを信濃大町駅前で食べるなら、豚のさんぽ!(長野県大町市)

現在、全国各地で登場しているご当地ダムカレー。カレーとライス、そして具材によって、その地域にあるダムを再現したメニューです。

ブームの火付け役となったダムカレーの1つが、長野県大町市で提供されている黒部ダムカレー

黒部ダムカレーを提供する店は大町市内に10店舗以上ありますが、今回は大町市の玄関口、JR大糸線信濃大町駅前にある「豚のさんぽ」に行ってきました。この記事では黒部ダムカレーの魅力、豚のさんぽのメニューやアクセス情報を紹介したいと思います。






これが大町市名物、黒部ダムカレーだ!

黒部ダムカレー

こちらが「豚のさんぽ」の黒部ダムカレーです!

今回いただいたのは、2種類のルーが入った「あいがけ黒部ダムカレー」(1,070円)。数量限定メニューなのだそう。

ライスが黒部ダム特有のM字型のアーチを見事に表現しています。サラッとしたルーは黒部湖。ほぐしチャーシューと白髪ネギは流木を表しているんでしょうかね。

2種のルーですが、色が濃い方がスパイシーなルー、薄い方はまろやかなルーでした。個人的には前者の方が好みかな。


黒部ダムカレー

ダム(ライス)の下流を見てみましょう。

フレッシュな野菜を使ったサラダで放流を表現!見た目が美しいだけでなく、カレーの箸休めとしても良いですね。豚さん型にカットされたニンジンは、この店のオリジナルでしょう。

さらによくよく見ると、スプーンがスコップのような形になっていて、芸の細かさも光る一品でした。




ラーメンも人気!豚のさんぽのランチメニュー

「豚のさんぽ」は昼はラーメンとカレーの店夜は豚肉料理を出す居酒屋として営業しています。


メニュー@豚のさんぽ

メニュー@豚のさんぽ

こちらがラーメンのメニューです。豚骨系スープのラーメンや二郎系のラーメンなど、豚を前面に押し出したメニューが多いですね。大町市には北アルプス登山に訪れる人も多いので、山に登った後にガッツリとエネルギーを補給するのも良いかもしれません。


メニュー@豚のさんぽ

こちらがカレーのメニュー。

特大の豚の角煮がトッピングされた「大黒部ダムカレー」が目を引きますね。かなりのボリュームを誇るメニューとのことなので、大食漢の方は挑戦してみては?




豚のさんぽへのアクセス・駐車場情報

豚のさんぽ

豚のさんぽは信濃大町駅の目の前にあります。また国道からも近いため、観光で大町市を訪れた方にとっては非常に便利な立地にあると言えるでしょう。


車でのアクセス

長野道の安曇野ICから約40分

北陸道の糸魚川ICから約1時間半




豚のさんぽには専用駐車場がありません。車で来た場合には、信濃大町駅前にある有料の市営駐車場を利用する必要があります。

鉄道でのアクセス

■JR大糸線の信濃大町駅から徒歩1分以内



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.08.05 | 最終更新:2019.08.05 |カテゴリ: 長野県

蓼科の御射鹿池は四季折々の美しさが楽しめる美しい池!アクセス情報など(長野県茅野市)

避暑地、別荘地として有名な長野県茅野市にある蓼科高原。そんな蓼科に近年人気急上昇中のフォトジェニックスポットがあります。

それが御射鹿(みしゃか)池。この記事では御射鹿池のアクセス情報や季節ごとの魅力、周辺の温泉情報などについてお伝えしたいと思います。






奥蓼科にある人気急上昇中の絶景スポット、御射鹿池


御射鹿池は茅野市の北部、奥蓼科高原にある池です。農業用に造られたため池ですが、非常に美しく、写真映えすることから、近年人気の観光地になりました。週末ともなると、多くの観光客が訪れ、カメラやスマートフォンで風景を撮影しています。


御射鹿池

こちらが御射鹿池です。

確かにこの人気の高まりも納得の美しさ!池が美しいのは勿論ですが、池を取り囲む森も非常に絵になりますね。まさに童謡「静かな湖畔」の情景を再現したかのような、雰囲気が良い池だと思います。

人気の秘密はそれだけではありません。日本画家の東山魁夷の代表作「緑響く」のモチーフになっているのが、この御射鹿池なのです。また、吉永小百合さんが出演したAQUOSのCMにも使われており、様々なメディアを通じて知名度が上がっていったようです。


御射鹿池

なお、転落の危険があることから、御射鹿池の周囲は立入禁止。横を通る県道の歩道から見ることになります。


御射鹿池へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

■東京方面からの場合 中央道の諏訪南ICから約30分

■名古屋方面からの場合 中央道の諏訪ICから約40分


カーナビでは目的地設定できないことがあります。その場合は「明治温泉」を目的地設定すると、御射鹿池まで辿りつくことができると思います(明治温泉は御射鹿池より少し奥に進んだ所にある温泉です)。


御射鹿池の駐車場

人気の高まりに応え、近年駐車場が設けられました。麓から登っていくと、まずは左手に御射鹿池が見えます。池を通り過ぎたところに駐車場がありますので、こちらを利用しましょう。

それほど大きな駐車場ではないため、紅葉シーズンや大型連休などには、駐車場に入るために待つことがあります。訪れる際には時間に余裕を持っておいた方が良いと思います。


路線バスでのアクセス

JR茅野駅西口からアルピコ交通の路線バス「奥蓼科渋の湯線」に乗車。「明治温泉入口」停留所で下車。

※奥蓼科渋の湯線は原則として、土日祝日のみの運行。1日3往復。

※茅野駅西口から明治温泉入口までは約40分


10月~11月は紅葉の御射鹿池が美しい

季節ごとに違った姿が見られるのも、御射鹿池の魅力。何度も足を運び、様々な風景を観たいものです。

人気が高いのが10~11月にかけての紅葉の季節


御射鹿池

こちらが10月下旬の御射鹿池の様子。池の周りの木々が鮮やかに色づき、その色が水面にも反射して、まるで絵画のような美しさ!

当然人気があるシーズンですので、撮影ポイントも混雑していました。

御射鹿池

こちらの写真は11月上旬に撮影したものです。


一面の雪景色!1月の御射鹿池は静寂の世界

辺りが雪に包まれる冬場は観光客は減るものの、御射鹿池は他の季節と違った魅力的な姿を見せます。


御射鹿池

こちらは1月上旬の御射鹿池。池は半分以上が凍結し、一面の白銀の世界になっていました。

御射鹿池

周囲の木々も雪化粧して綺麗。辺りは凛とした静けさに包まれています。こういった素敵な雰囲気が味わえるのが、冬の御射鹿池の醍醐味ですね。


御射鹿池周辺は温泉の宝庫!湯めぐりもオススメ!

御射鹿池の前を通る県道は「湯みち街道」と呼ばれていますが、この一帯には良い温泉がたくさんあります。

御射鹿池のすぐ近くにある明治温泉などを含む奥蓼科温泉郷、山を下れば蓼科温泉横谷温泉があります。

渋・辰野館

こちらの写真は奥蓼科温泉郷の一軒宿、「渋・辰野館」。滝のようにかけ流される冷鉱泉が有名です。このように、秘湯ムードが漂う宿がいくつもあるので、泊まりがけで訪れるのも良いかもしれませんね。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.04.21 | 最終更新:2019.04.21 |カテゴリ: 長野県

味噌王国、信州を代表する味噌グルメ!みそ天丼が美味い!(レストラン割烹いずみ屋@長野県諏訪市)

日本国内で味噌の生産量ダントツ1位を誇る長野県。味噌を使ったご当地グルメが人気です。当ブログで紹介した佐久市の安養寺ラーメン、主に木曽地域で食べられている五平餅、須坂市のみそすき丼などなど。

今回は、数ある長野県の味噌グルメの中から、諏訪市みそ天丼を紹介したいと思います。






諏訪名物のご当地丼、みそ天丼

諏訪市内でみそ天丼が食べられる店は2018年時点で13店舗あります。今回は諏訪市の中心部、上諏訪駅前にある「レストラン割烹いずみ屋」にお邪魔しました。

これがみそ天丼だ!

みそ天丼

みそ天丼

こちらがみそ天丼(880円)です!

みそ天丼にお吸い物とごま豆腐が付いてきます。

天丼には様々な具材がオン。諏訪湖特産のワカサギ川海老の天ぷら、シソシメジカボチャなどの野菜の天ぷら、さらにはそばの天ぷらまで入っていました。ご当地の具材満載です!

みそダレ

そしてこちらのみそダレ!

諏訪市は「タケヤみそ」でお馴染みの株式会社竹屋が本社を置く味噌の大産地。このみそダレには諏訪産の味噌が使われています。

このタレを天丼にかけて食べます。一気にかけずに、味を見ながら少しずつかけるのがおススメです。

お得なみそ天丼セットもおススメ

たくさん食べたい方には「みそ天丼セット」がおススメ。

みそ天丼セット

こちらが「みそ天丼セット」(1,000円)。ミニみそ天丼に一口とろろそば、寄せ豆腐が付きます。

みそ天丼は食べたいけど、長野県に来たら蕎麦は外せない!」という方におススメです。

上諏訪駅前の名店、いずみ屋

いずみ屋は地元民にも観光客にも人気の店

レストラン割烹いずみ屋

今回お邪魔したいずみ屋は上諏訪駅前にあります。創業60年を超える老舗で、観光客だけでなく地元民の間でも人気がある店です。

実際に今回訪れた際も、13時頃に来店したのですが、混雑していたうえに地元の団体の利用があり、30分程度待つことになりました。休日は時間に余裕をもって訪れるのが良さそうです。

1階はテーブル席とカウンター席、2階にはお座敷があるようです。

いずみ屋のメニュー

いずみ屋のメニューを見てみましょう。

メニュー@レストラン割烹いずみ屋

諏訪名物のみそ天丼が食べられるメニューは3つ。

今回紹介した「みそ天丼」、「みそ天丼セット」に加え、ワカサギの佃煮や馬刺し、湯葉が付いた「いずみや御膳」(1,500円)。

メニュー@レストラン割烹いずみ屋

メニュー@レストラン割烹いずみ屋

その他にも定食メニューやコースメニューも充実。みそ天丼だけではなく、豆腐や湯葉、信州そばもプッシュしているようですね。


いずみ屋へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

中央道の諏訪ICから約15分


上諏訪駅

いずみ屋には専用駐車場はありません。上諏訪駅前に市営の立体駐車場があるので、そちらを利用しましょう(上の写真の奥に見える「P」と書かれたビルが市営駐車場です)。3時間まで無料で駐車することが可能です!

鉄道でのアクセス

JR中央本線の上諏訪駅から徒歩1分

駅の東口を出て、正面の国道20号線を右へ進めばすぐに到着します。

温泉が有名な諏訪市。上諏訪駅のホームには足湯があるので、鉄道で訪れた場合はこちらを利用するのも良いかも。


各種情報

レストラン割烹いずみ屋 : いずみ屋の公式サイト。
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.01.07 | 最終更新:2019.03.18 |カテゴリ: 長野県

| PAGE-SELECT | NEXT