FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 岐阜県

| PAGE-SELECT | NEXT

天空の城、苗木城は絶景が楽しめる山城!アクセス・駐車場情報も(岐阜県中津川市)

岐阜県の東部、中津川市にある苗木城をご存知でしょうか。

室町時代、岐阜県の恵那地方を治めていた遠山氏によって築かれた山城です。元々はそこまで有名ではなかった苗木城。最近になって「天空の城」、「まるでマチュピチュ」、「絶景の山城」などなど、評判が評判を呼び、今とってもアツい城なんです。

今回、苗木城を見に行ってきたので、苗木城の周り方や行き方などを紹介したいと思います。






これが苗木城だ!

険しい岩山に建つ苗木城は、まさに天空の城

苗木城

こちらが苗木城です!

木曽川が造り上げた、深い谷沿いに聳える山の頂上にある苗木城。天然の巨岩の上というデンジャラスな場所に築かれた城です。険しいの山肌に幾重もの石垣がそそり立ち、まさに難攻不落の山城といった佇まい。

苗木城

築城当時の様子をCGで復元するとこんな感じだと言われています。よくぞこんな場所に建てたものだと感心してしまいますね。現在では建物はなく、石垣のみが残されています。


苗木城の地図

苗木城の全体図はこんな感じ。城全体を巡れるように、遊歩道が整備されています。急な階段も多いですが、綺麗に整備されているので、概ね歩きやすいです。

遊歩道の入口に地図付きのパンフレットが置いてあるボックスがあるので、もらっていくとより楽しむことができますよ。


守りの要!重厚な石垣が魅力的な大矢倉跡

大矢倉@苗木城

大矢倉@苗木城

遊歩道を進んでいくと、まず現れるのが、苗木城の防御の要、大矢倉跡。苗木城の入口に立つ立派な石垣がその名残で、当時は3階建てだったそうです。

上から見ても、大矢倉跡の存在感は突出していますね。何となく、マチュピチュっぽく見えるかも。


苗木城

いよいよ、本丸へと入っていきます。

巨岩と石垣をうまく組み合わせた珍しい姿。まさにド迫力!

苗木城

本丸に入ると、急坂と階段が現れます。歩きやすいように整備されていますが、道の脇には柵などは設置されていません。景色を見るために、崖に近づくのは危険です。


絶景!苗木城の天守跡からの眺めがおススメ!

苗木城の展望台

急坂と階段を登りきると、天守跡に到着します。天守は現存していませんが、天守の土台となった巨岩を利用した展望台が作られています。


苗木城からの絶景

苗木城からの絶景

展望台からの眺めは絶景!

木曽川の流れによって出来た恵那峡笠置山中津川の街並、さらには遠くに御嶽山を望むこともできます。

今でこそ恵那峡には立派な橋が架かっていますが、当時は目の前には深い谷。攻めにくかったことでしょう。


苗木城

展望台の土台を見てみましょう。

展望台の土台となっている骨組みは、当時の天主を復元したものなのだそうです。さらに、岩に空けられた柱を置くための凹みも、当時のものを利用しているのだとか。

かなり際どい場所に建てられているのが分かりますね。


苗木城へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

中央道の中津川ICから国道257号線経由で約15分


駐車場は数か所に分かれています。


一番アクセスしやすい駐車場は、「苗木遠山史料館」の駐車場。苗木城まで歩く距離は少し長くなりますが、駐車場は広いですし、駐車場まで狭い道を通る必要はありません。


「苗木遠山史料館」からさらに奥へ進むと、交差点が現れます。交差点に建っている看板に従って進むと、苗木城の第1、第2駐車場があります。

苗木城の駐車場

最も苗木城に近い駐車場は、第1駐車場。ただ、駐車場に向かうまでに数百メートル程、狭い道を通る必要があるため、要注意です。

いずれの駐車場も無料で利用することができます。


バスでのアクセス

苗木城の人気の高まりに応え、北恵那交通が中津川駅前から苗木城へ直行するバスを運行しています。

【北恵那交通 苗木城線】

■運行日 : 土日祝日(休日でも、運行されない日もあります)

■本 数 : 4往復/日

■運 賃 : 往復800円(子供は500円)

■所要時間: 約15分

※最新情報や運行時刻は北恵那交通の公式ホームページでご確認ください。



平日など、苗木城線が運行されていない日は、加子母・付知方面行きのバスを利用する必要があります。最寄りのバス停である「苗木」停留所。「苗木」停留所から苗木城までは、徒歩30分ほどの道のりです。

■参考:北恵那交通(トップ>路線バス)

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.03.29 | 最終更新:2019.03.29 |カテゴリ: 岐阜県

岐阜県のソウルフード、鶏ちゃんは安くて美味い!(大安食堂@岐阜県下呂市)

岐阜県には素敵な名前の郷土料理があります。

その名も「鶏ちゃん」(読み方は「けいちゃん」)。

飛騨地方南部奥美濃地方で食べられている郷土料理で、岐阜県民のソウルフードとも言われています。元々は下呂市郡上市が発祥だと言われていますが、現在では勢力を拡大し、県南部の岐阜市や、お隣の愛知県名古屋市などでも食べることができます。

ちょっと気になったので、鶏ちゃん発祥の地、下呂市へ行ってみました。






岐阜県民のソウルフード、鶏ちゃんとは?

鶏ちゃん

鶏ちゃんは、味付けした鶏肉と野菜を鉄板やフライパンで炒めた豪快かつシンプルな料理。味付けは地域や店によって様々。味噌が主流ですが、醤油や塩ベースの店もあります。

鶏ちゃんが誕生したのは昭和初期の頃。その背景には、飛騨・奥美濃地域で養鶏が盛んだったこと、公共工事が相次ぎ、労働者向けの飲食店が増えたことなど、様々な要因があるようです。

鶏ちゃんの歴史については、鶏ちゃんをPRする団体「鶏ちゃん合衆国」のホームページに詳しく書かれているので、興味がある方はどうぞ。

【参考】
鶏ちゃん合衆国(トップ>「鶏ちゃん」とは)


下呂市にある大安食堂で鶏ちゃんを食べてみた

今回は下呂市の北部、萩原地区にある大安食堂にお邪魔しました。国道41号線沿いにある大安食堂は、昔ながらのドライブインといった雰囲気。観光客やトラックドライバー、そして多くの地元民で賑わう店です。

鶏ちゃん定食

こちらが鶏ちゃん定食(750円)。鶏ちゃんにご飯、味噌汁、冷奴と漬物が付きます。この値段でこのボリュームは嬉しいですね。

今回は鶏ちゃんにうどん(1玉100円)を付けてみました。

鶏ちゃん

年季の入ったコンロ、鉄板の上で焼かれる鶏ちゃん。ある程度火が通った状態で出されるので、すぐに食べることができます。

具材は鶏肉とキャベツのみ。とてもシンプルですが、味噌とニンニクが効いたタレが絡んで、とても美味。これはビールやご飯が進む味ですね~。

うどんも入れて大正解。美味しいタレを吸ったうどんがまた美味いんですよ。焼きそば(1玉100円)もあるようなので、試してみては如何でしょうか。


大安食堂へのアクセス

大安食堂

大安食堂は国道41号線沿いにあります。駐車場が広く、ドライバーの利用が多い店です。

車でのアクセス

東海北陸道の飛騨清見ICから高山清見道路、国道41号線経由で約1時間

東海北陸道の郡上八幡ICから国道経由で約1時間半

中央道の中津川ICから国道経由で約1時間半

東海環状道の美濃加茂ICから国道41号線で約1時間40分

参考までに高速道路のインターチェンジからの所要時間を書きましたが、高速道路から遠い場所にあります。鶏ちゃんのみを目的とするのも良いですが、下呂温泉厳立峡など、周辺の観光地とセットで訪れるのがおススメです。

鉄道でのアクセス

JR高山本線の上呂駅から徒歩5分

※ローカル線なので本数は1~2時間に1本と、非常に少ないので注意。


バスでのアクセス

■下呂駅前から濃飛バス高山~下呂線」に乗り、「光雲寺下」停留所まで約25分

※日中は1時間に1本ペースで走っているため、鉄道よりは便利かも。

※本数は減りますが、高山駅方面からバスで来ることも可能。「高山濃飛バスセンター」から「光雲寺下」停留所まで約1時間。

【参考】
濃飛バス(トップ>路線バス>下呂市内路線)


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちらから。
鶏ちゃん合衆国 : 鶏ちゃんの歴史、提供店を知りたいならこちら。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.11.14 | 最終更新:2019.03.20 |カテゴリ: 岐阜県

小坂の三ツ滝コースで名瀑と渓谷美を楽しもう!(岐阜県下呂市)

■目次

滝の町、小坂で最も人気の三ツ滝コースを歩こう!
三段の滝と美しい滝壺が魅力!ハイキングコースの入口にある「三ツ滝」
溶岩台地の上を歩く際にはクマに注意!
岩と水が織り成す芸術作品、「あかがねとよ」と「からたに滝」
各種情報

滝の町、小坂で最も人気の三ツ滝コースを歩こう!

岐阜県下呂市小坂(旧小坂町)は町内に滝が200箇所以上あり、「滝の町」として知られています。町内に点在する滝を巡るためのコースがいくつも設定されており、「小坂の滝めぐり」としてPRされています。

コースと言っても、遊歩道を歩く初心者向けコースから、時には谷を遡ったりすることもあり、ガイドが必要な上級者向けコースまでレベルは様々。今回はその中でも初心者向けで、最も人気の高い三ツ滝コースを紹介します。

三ツ滝コースでは三ツ滝あかがねとよからたに滝と3つの滝を観ることができます。


がんだて公園駐車場

三ツ滝コースの出発地点はがんだて公園の駐車場。広々とした駐車場で、時折観光バスも訪れます。食事処、売店も併設されています。また、コースの途中にはトイレはないため出発前に済ませておきましょう。

巌立

駐車場からは公園の名前の由来ともなった絶壁、「巌立(がんだて)」を眺めることができます。「巌立」は約5万4千年前に噴火した御嶽山の溶岩流が冷えて固まって出来た断崖。高さ72メートル、幅120メートルの大岩壁は見る者を圧倒します。

三ツ滝コースの入口

三ツ滝コースの入口はがんだて公園の駐車場の隅にあります。こちらで環境維持協力金200円と引き換えにコースマップを受け取って出発しましょう。なお、こちらで最寄りの日帰り入浴施設「ひめしゃがの湯」の割引券もいただくことができました。


三ツ滝コース

濁河川の支流の椹谷に沿って、上流へと進んでいきます。遊歩道は「巌立峡」と呼ばれる美しい渓谷の縁に沿って取り付けられており、いきなりクライマックスといった印象。

新緑と水流に囲まれ、涼しさを感じることができます。


三段の滝と美しい滝壺が魅力!ハイキングコースの入口にある「三ツ滝」

三ツ滝

三ツ滝

歩き始めて10分程で第1の滝、三ツ滝に到着。その名のとおり3段に分かれた滝です。下流から見ると2段しか見えませんが、上流にもう1段隠れています。

遊歩道は滝を取り囲む崖の中腹を際どく越えていきます。そのため滝を至近距離から感じることができるのです。

三ツ滝

滝壺は驚くほど青く透き通っています。相当深いはずですが、底が見える程の透明度!

美しい滝、滝壺を横目に鉄製の階段を登って上流へ。


溶岩台地の上を歩く際にはクマに注意!

三ツ滝コース

三ツ滝を越えると分かれ道が現れます。

右へ進むと林道に突き当たり、ショートカットしてがんだて公園に戻ることが可能です。時間がない方、体力的に自信がない方はこちらへ進むことになります。

さらに滝を観たい方は直進しましょう。ここからは少し坂を登り、御嶽山の溶岩流が固まって形成された溶岩台地の上を目指します。


溶岩台地の道

先ほどの分岐点から10分程で溶岩台地の上に出ます。これまでアップダウンが激しい道が続きましたが、溶岩台地の上は驚く程平坦!

溶岩台地の道

緩やかな溶岩台地の上には豊かな森が広がっており、ツキノワグマの生息地にもなっています。所々に鉄と金槌が設置されているため、通行する際には必ず音を鳴らすようにしましょう。我々は気休め程度ではありますが、熊鈴を持参しました。

緩やかな溶岩台地上の道を足早に進みます。


間違えやすい分岐点

注意すべき分岐点が一箇所あります。緩やかな溶岩台地の道を足早に歩いていると気づかずに通り過ぎてしまいそうですが、ここは右折です。コースマップにも「分岐注意」という記載があり、さらには分岐点にも看板はありますが、意外と見落としやすいので注意しましょう。

この分岐点を過ぎると、どんびき平という湿原を経て林道に突き当たります。ここまでがんだて公園駐車場から約1時間。ここが折り返し地点です。


岩と水が織り成す芸術作品、「あかがねとよ」と「からたに滝」

林道をがんだて公園方面、つまり下流へ進んでいくとすぐに「あかがねとよ」と「からたに滝」への入口が現れます。階段を下っていくと、そこは谷底。河原に建てられた看板が左へ進むと「からたに滝」、右へ進むと「あかがねとよ」であることを主張しています。

あかがねとよ

あかがねとよ」。

迫り出した岩の陰、細くなった谷を流れ落ちる姿が印象的な「あかがねとよ」。規模は小さいものの、奥ゆかしい姿が美しい名瀑ですね。透き通る水を湛える滝壺もまた魅力的です。

風変わりな名前は「あかがね=銅」、「とよ=樋」、つまり「銅色の樋」という意味があるそうです。


「あかがねとよ」から河原を下流に進むと、すぐに「からたに滝」に到達します。


からたに滝

からたに滝」です。

先ほど観た「あかがねとよ」とは打って変わって豪快な滝!柱状節理の岩壁の間から大量の水が流れ落ちており、遠くからでもその迫力が伝わってきます。

からたに滝

近くまで寄ると、水飛沫を全身に感じることができます。1時間以上歩き、体が火照っていたので気持ち良いですね。



三ツ滝コース

「あかがねとよ」、「からたに滝」を堪能した後は、林道を歩いてがんだて公園駐車場に戻ります。歩きやすい道ですが、意外と交通量が多いので注意が必要です。

なお、先ほど立ち寄った「あかがねとよ」や「からたに滝」、さらに奥地にあり日本の滝100選にも選ばれている「根尾の滝」にはこの林道を通って自動車でアクセスすることができます。歩いていくよりも楽ではありますが、すれ違い不可能な場所がほとんどの険しく狭い道なので、運転に自信の無い方は入り込まない方が良いでしょう。


さて、往復約2時間半のこのハイキングコース。大人から子供までが楽しめる比較的易しいコースだと思うので、この夏訪れてみては如何でしょうか。


各種情報

小坂の滝めぐり : 小坂には魅惑の滝巡りコースがまだまだある!
巌立峡 ひめしゃがの湯 : ハイキングの後はやっぱり温泉!


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.06.03 | 最終更新:2019.01.14 |カテゴリ: 岐阜県

鉱山の町に伝わる絶品ホルモングルメ、神岡とんちゃん(岐阜県飛騨市)

鉱山の町に絶品ホルモン料理あり


B級グルメの中でも高い人気を誇るホルモン料理。特にかつて鉱山などで栄えた都市には、ホルモンを使った料理が根付いています。ガッツリとしたホルモン料理は、鉱山で働く労働者に人気があったのでしょう。
岐阜県の北部にある神岡(現飛騨市)も例外ではありません。神岡はかつて亜鉛、鉛、銀の採掘が盛んに行われ、最盛期は3万人近くの人口を誇りました。労働者たちの胃袋を満たしたのが、今回紹介する神岡とんちゃん。現在では飛騨市内の6店舗で味わうことができます。


神岡の市街地にある焼肉店で絶品とんちゃんを


今回訪れたのは、旧町役場近くにある焼肉店、炭火焼肉えんや本店。閑静な市街地にあるこじんまりとしたお店です。

メニューは当然ながら焼肉が充実しています。サンチュ、キムチ、ナムルなど、焼肉店には欠かせない副菜なども。今回のお目当ては神岡とんちゃんなので、「牛ホルモン鉄板トンチャン」を注文します。

神岡とんちゃん

お待ちかねのとんちゃんが登場しました。重厚な鉄板の上に乗せられたホルモン、そしてキャベツ、ニラ、もやしなどの野菜!ホルモンは100パーセント飛騨牛を使っているようです。鉄板の下のカセットコンロが懐かしい雰囲気を醸し出していて良いですね。カチッと点火して、出来上がりを待ちます。

神岡とんちゃん

野菜がシンナリし、良い感じになってきました。野菜から水分が出て、グツグツと煮立っており、見るからに美味しそう!

ホルモンと野菜と汁を一気にいただくと…美味い!ピリ辛で、ホルモンのダシが出ていて、これはビールが進みそうな味ですなぁ。ホルモンは色々な種類が入っているので、様々な食感を楽しむことができます。


〆まで美味しく、ガッツリいただこう!


神岡とんちゃん

とんちゃん鍋の〆はうどんまたはパスタ。うどんを注文。


神岡とんちゃん

〆のうどんです。ホルモンダシが出たスープがうどんに絡み、非常に美味しいですね。

とんちゃん+〆のうどんで、非常にリーズナブルに満腹になることができました。これは鉱山都市で人気が出るのも頷けますね。明日への活力が生まれそうな、そんな味でした。


各種情報

飛騨の旅 : 飛騨市公式観光サイト
食べログ : 店舗情報、口コミはこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

>青野恭典の伊那路・木曽路・飛騨路 撮影ガイド/フォトテクニック[本/雑誌] / 青野恭典/著

価格:1,836円
(2017/3/26 16:27時点)
感想(0件)

スポンサードリンク

|投稿:2017.03.26 | 最終更新:2019.02.18 |カテゴリ: 岐阜県

塩沢温泉湯元山荘(岐阜県高山市)

岐阜県飛騨地方といえば温泉の宝庫。
今回紹介する温泉は、高山市(旧高根村)にある塩沢温泉湯元山荘です。
「山荘」と言っても既に廃墟となっており、現在は野湯として知る人ぞ知る存在になっています。

高山市から長野県木曽町へと抜ける国道361号線。
野湯なので、国道沿いには行き先を示す看板などありません。
無印良品南乗鞍キャンプ場へ導く看板が出てきたら左折します(高山から来た場合)。
山道を進んでいくと、前述したキャンプ場の手前に湯元山荘の看板があるので、看板にしたがって右折すればまもなく到着です。

塩沢温泉 

こちらが塩沢温泉湯元山荘の全景です。
赤茶けた温泉と爽やかなせせらぎ。
温泉の成分が岩に付着し、独特の景観を造りだしています。

沢の手前に駐車スペースがあるので、車は停めていきましょう。
小橋が架かっているので、それを渡ります。

塩沢温泉

橋を渡ると、湯元山荘の正面に出ます。
廃屋なのですが、地元の方が手入れされているおかげか荒れ果ててはいません。
勿論中には入れません。


塩沢温泉 

さて、お待ちかねの露天風呂です。
渓流に面した雰囲気の良い露天風呂。
対岸から丸見えですが、そこまで人が来るわけではないので問題ないでしょう。

お湯はやや温めで、いつまでも入っていられそうな心地よさ。
今回は夏に訪れたのですが、他のサイト様の情報を見る限り、夏以外はお湯の温度がかなり下がるそうです。
赤茶けた色からも分かるとおり、やや鉄っぽい味がします。

非常に気持ちの良い野湯なのですが、湯船の底がデコボコしているうえに非常に滑りやすくなっています。
さらにお湯が赤茶けているので、足元が見えません。
入浴する際は、転倒しないよう十分にご注意ください。

各種情報
飛騨高根観光協会 : 入浴ついでに旧高根村を観光しよう!

 

秘湯、珍湯、怪湯を行く! [ 郡司勇 ]

価格:1,000円
(2013/9/7 15:09時点)
感想(22件)

スポンサードリンク

|投稿:2013.09.07 | 最終更新:2018.06.16 |カテゴリ: 岐阜県

| PAGE-SELECT | NEXT