FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 05近畿地方

| PAGE-SELECT | NEXT

大阪府唯一の村にある下赤阪の棚田 アクセス方法や駐車場情報も(大阪府千早赤阪村)

下赤阪の棚田

大阪府の南部に、大阪府唯一の村である千早赤阪村があります。大阪市中心部の難波から鉄道とバスを乗り継いで1時間半程度で行ける場所とは思えないほど、長閑な風景が広がっている村です。

今回は千早赤阪村で絶景が楽しめる場所を紹介します。それが、下赤阪の棚田

下赤阪の棚田は、千早赤阪村の北部にある棚田で、「日本の棚田百選」にも選ばれています。この記事では、下赤阪の棚田の駐車場やアクセス情報などについてもお伝えしたいと思います。






下赤阪の棚田の駐車場

まずは、下赤阪の棚田周辺の駐車場について解説します。周辺には駐車場が2ヶ所あります。

おススメは府道705号線沿いの駐車場


おススメの駐車場は大阪府道705号線沿い、富田林市消防署千早赤阪分署隣にある駐車場です。千早赤阪村のホームページでもこの駐車場を推奨しており、ここがメインの駐車場と考えて良いでしょう。


下赤阪の棚田

駐車場は普通車5台、軽自動車1台分という狭いものなので、棚田の見ごろのシーズンや行楽シーズンには満車になってしまう可能性もあります。

なお、駐車場や棚田周辺にはトイレはありません。トイレを利用する場合は、道の駅「ちはやあかさか」を利用するよう、案内がされていました。


混雑時には千早赤阪村民運動場の駐車場の利用を



消防署横の駐車場が満車の場合は、少し距離は遠くなりますが、千早赤阪村民駐車場を利用しましょう。棚田までの距離は約1.3kmです。


村のホームページで案内されている駐車場はこの2ヶ所。路上駐車などは住民や田畑で作業する方のの迷惑となりますので、絶対にしないようにしましょう。




駐車場から棚田までの道のり

下赤阪の棚田

消防署横の駐車場から棚田までの道を紹介します。駐車場から棚田までは約800m。徒歩で10分程度の道のりです。


下赤阪の棚田

棚田まではこのような用水路に沿った狭い道が続きます。車同士はおろか、車とバイクのすれ違いも難儀するでしょう。

歩いて向かう分には長閑な道ですが、時々農家の方の軽トラが通るので、十分に注意しましょう。


下赤阪の棚田

駐車場を出て2分程で見事な棚田が現れますが、ここはまだベストビューポイントではありません。棚田の中をウネウネと続く道を歩き、どんどん北へと向かいましょう。


下赤阪の棚田

下赤阪の棚田

ここも十分に見応えがある棚田です。時々通る軽トラに注意し、何枚も写真を撮りながら進みました。


下赤阪の棚田

途中、一旦棚田が途切れますが、気にせず進みましょう。この先、小規模な棚田や放棄された棚田を横目に進みます。




駐車場を出てから10分程度、右側に千早赤阪中学校が見えてきます。すぐに上のストリートビューで示した交差点が現れるので、ここを左折してください。左折すると、目の前が下赤阪の棚田のベストビューポイントです。




これが下赤阪の棚田だ!

下赤阪の棚田

こちらが下赤阪の棚田です!

なだらかな傾斜地に広がる、広々とした棚田。あまりにも長閑で、ここが大阪府であることを忘れてしまいそう。

訪れた時期はちょうど稲刈りのシーズン。黄金色の稲穂が斜面を覆いつくし、農家の方が作業をされていました。春先の水が張られた棚田や、夏の青々とした棚田も良いですが、黄金色に輝く秋の風景も良いものですね。

なお、現地にあった案内板によると、千早赤阪村の棚田の歴史は古く、鎌倉時代の頃から続いているようです。


下赤阪の棚田

ちなみに棚田の目の前は、このような展望公園として整備されています。東屋とベンチ、棚田の解説の看板が設置されています。


下赤阪の棚田

展望公園がある場所は、実はかつての山城跡。城の名前は下赤阪城と言い、鎌倉時代末期に楠木正成の手によって築かれたと言われています。残念ながら城らしい遺構は、ほとんど残っていませんでした。




下赤阪の棚田へのアクセス

車でのアクセス

京奈和道御所南ICから約20分

阪和道美原北ICまたは美原南ICから約20分

南阪奈道路太子ICから約25分



バスでのアクセス

近鉄長野線富田林駅から金剛バス千早線に乗車し約20分。「消防分署」停留所で下車。そこから徒歩10分

※バスは休日は概ね毎時2本、平日は毎時1本間隔で走っています。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.09.30 | 最終更新:2020.09.30 |カテゴリ: 大阪府

琵琶湖と余呉湖を一望! リフトで賤ヶ岳に登ってみた(滋賀県長浜市)

賤ヶ岳

滋賀県長浜市木之本(旧木之本町)

琵琶湖の北の端とも言えるエリアに、賤ヶ岳(しずがたけ)という山があります。琵琶湖と、その北にある余呉湖の間に聳える標高420m程の小さな山です。

賤ヶ岳。日本史を学んだことがある方であれば、誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。

そう、羽柴秀吉柴田勝家に勝利した賤ヶ岳の戦いの舞台となった山なのです。そんな戦国時代好きにはたまらない賤ヶ岳ですが、現在はリフトで楽に登ることができます。山頂からの絶景も魅力ですので、歴史に興味が無い方にもおススメです。

この記事では賤ヶ岳リフトの情報や山頂までの道のり、山頂での楽しみ方などについて紹介したいと思います。






賤ヶ岳リフトとは?

賤ヶ岳

今回は、賤ヶ岳リフトを利用して賤ヶ岳に登りました。賤ヶ岳の東側の斜面に設置されたリフトで、360mの高さまでリフトで登ることができます。

賤ヶ岳リフトの営業時間、料金は以下のとおりとなっています。

【営業時間】

9:00~17:00

※11月以降は16:00までの営業


営業期間は例年は4月上旬~12月上旬ですが、2020年度は短縮されているようです。詳しくは公式サイトをご覧ください。

【料金】

■大 人:片道450円 往復900円

■小学生:片道250円 往復500円

■幼 児:無料

※往復チケットを購入すると、プレゼントとしてオリジナルうちわがもらえます。




賤ヶ岳リフトの駐車場とトイレ

賤ヶ岳リフトの駐車場は2ヶ所あります。


賤ヶ岳

こちらはリフト乗り場に一番近い第1駐車場。26台程が停められる比較的小さめの駐車場です。


賤ヶ岳

駐車場には公衆トイレがあります。山頂の方にもトイレはありますが、処理能力が低いバイオトイレだそう。可能な限り、リフトに乗る前に駐車場のトイレを利用しましょう。

第1駐車場よりも少し手前(国道より)に第2駐車場があります。こちらは40台が停められる大きな駐車場。混雑時にはこちらを利用しましょう。


賤ヶ岳

駐車場からこのような細い階段を登っていくと、リフト乗り場に到着します。




賤ヶ岳リフトと遊歩道で山頂へ

賤ヶ岳

まず、リフト乗り場の前の券売機でチケットを購入しましょう。先述しましたが、チケットは片道と往復の2種類。登山道もあるので片道でも問題ないですが、歩いて登るのはしんどいので、お金で解決することにしました(笑)

なお、往復チケットを買うと、ここでオリジナルうちわをいただくことができます。


賤ヶ岳

リフトは1人乗り。高低差200mの斜面を約5分かけて登ります。

この日は今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、リフトにはしっかりと屋根が付いていました。


賤ヶ岳

ちなみに背後には、木之本の広大な田園地帯が広がっています。下りのリフトから堪能することができる絶景です。


賤ヶ岳

リフトの終点から、斜面に造られた階段をえっちらおっちらと登っていきます。看板も出ていましたが、この辺りには山ビルが出るそうなので、要注意です。

ゆっくりと写真を撮りながら登って、約10分の道のりでした。


賤ヶ岳

何の写真を撮っていたかと言うと、登山道の途中から見える琵琶湖

ここから見えているのは、琵琶湖の中でも一番北の端。「奥琵琶湖」と呼ばれている水域です。琵琶湖の北側から突き出した半島と賤ヶ岳に挟まれて湾のようになっており、静かな湖面がとても美しい…!

余談ですが、対岸に見えている半島には、昭和後期まで道路が通じておらず、船でしか行くことができなかった菅浦集落があります。広い琵琶湖の中でも、特に秘境めいたエリアですね。




絶景!賤ヶ岳山頂からは琵琶湖と余呉湖と伊吹山が望める

賤ヶ岳

賤ヶ岳の山頂に到着しました!

比較的平坦で、広い山頂です。実は、ここには砦が建っていました。賤ヶ岳の戦いの際には、羽柴軍の砦として利用されていたようです。

山頂にはベンチが何カ所かに配置されていて、登ってきた人たちが思い思いに休んでいました。

山頂からの景色は抜群です。


賤ヶ岳

北を見ると、眼下には余呉湖を望むことができます。余呉湖は琵琶湖の北側にある小さな湖で、賤ヶ岳の戦いの舞台となりました。


賤ヶ岳

南東を見ると、木之本から長浜にかけて広がる、広大な田園地帯。そこを通る北陸本線や北陸自動車道など、この辺りの大動脈も見ることができますね。

また、この日は雲がかかってしまっていましたが、滋賀県を代表する山、伊吹山の姿も…!


なお、琵琶湖の景色は、登山道途中からの眺めの方が素晴らしかったです。




賤ヶ岳合戦の解説も必聴!

山頂で楽しめるのは景色だけではありません。


賤ヶ岳

ここからは賤ヶ岳の戦いの舞台を一望することができるのです。

僕が訪れた時には地元のボランティアのおじいさんが山頂に待機していて、賤ヶ岳の戦いについて詳しく解説してくれました。実際の景色や地図を指さしながら話してくれるので、非常に分かりやすいのです。

日本史の授業ではなかなか詳しく知ることができない賤ヶ岳の戦いについて、ミッチリと教えていただくことができました。山頂で運良くボランティアの方に会うことが出来たら、是非ともお話を聞いていってみてください!


賤ヶ岳へのアクセス

車でのアクセス

北陸道木之本ICから約5分

国道8号線を敦賀方面へ進み、「賤ヶ岳古戦場 リフト」という看板に従って進んでください。


バスでのアクセス

■JR北陸本線木ノ本駅から長浜市コミュニティバス深坂線に乗り、約8分。「大音」停留所で下車し、徒歩5分。

※リフトの営業時間に運行されるバスは1日4往復のみなので、要注意。


【参考】長浜市(TOP>暮らし・手続き>公共交通)


レンタサイクルでのアクセス

木ノ本駅から賤ヶ岳リフト乗り場までの距離は約2.5km。リフト乗り場手前を除けば、概ね平坦なので、レンタサイクルで向かうのも良いでしょう。

木ノ本駅に併設されている観光案内所において、レンタサイクルを取り扱っているようです。北国街道の木之本宿鶏足寺琵琶湖など、周辺には見どころも多いので、自転車で周遊するのも良いかもしれませんね。

周辺の見どころの1つである鶏足寺、木之本で売っているご当地パン「サラダパン」についても記事を書いていますので、併せてご覧になってみてください!


見頃は11月!木之本の鶏足寺で紅葉狩り 平日の朝に行ってみた!(滋賀県長浜市)
サラダパンはたくあんが入った衝撃のご当地パン(つるやパン@滋賀県長浜市)

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.07.09 | 最終更新:2020.07.09 |カテゴリ: 滋賀県

高池の虫喰岩 道の駅のお隣にあるインパクト抜群の奇岩(和歌山県古座川町)

虫喰岩

※この記事には「蓮コラージュ」系の画像が出てきます。苦手な方はお気を付けください。

紀伊半島南部の和歌山県古座川町。町の名前にもなっている清流、古座川が流れる自然豊かな町です。

自然を求めて観光客が多く訪れる町で、当ブログでも古座川町の人気観光地、古座川の一枚岩を紹介しました(紹介記事はコチラ)。今回は古座川町が誇るもう一つの奇岩を紹介します。

その名も「高池の虫喰岩」。

一枚岩に負けず劣らず、インパクト抜群の岩です。






高池の虫喰岩ってどこにあるの?



高池の虫喰岩は、紀伊半島の南部にある和歌山県古座川町にあります。那智大社がある那智勝浦町や潮岬のある串本町に隣接する町です。

虫喰岩があるのは古座川町の郊外にある高池という集落。和歌山県道227号線沿いにあります。この道は古座川町から那智勝浦町へ抜ける道ですが、広くて立派な国道42号線が並行して海側を通っているため、交通量はあまり多くない道。地元民以外は、虫喰岩に用事がなければあまり通らない道と言えるでしょう。


インパクト抜群の巨岩、高池の虫喰岩

虫喰岩

こちらが虫喰岩です!

巨大な一枚岩に無数の穴が空いているという、かなりインパクトがある外観!大小様々な穴がブツブツと岩の表面に空いています。蓮コラージュなどの画像が苦手な方は、あまり凝視しないほうが良いかもしれません。


虫喰岩

本当に穴だらけで、中がスカスカなんですね。名前のとおり、本当に虫に食われてしまったかのよう。

勿論そんなわけはなく、このような岩が形成されたメカニズムは解明されているようです。これはタフォニという構造。岩の隙間に入り込んだ塩の結晶が大きく成長し、岩の表面が剥がれ落ちることにより、このような穴だらけの岩が出来上がるのだとか。

ここ、高池の虫喰岩は、日本国内のタフォニの中でも特に有名な例として、知られています。




道の駅「虫喰岩」が併設

虫喰岩

高池の虫喰岩の目の前には、道の駅「虫喰岩」があります。

こじんまりとした施設ですが、地元の農産物やジビエなどが売られています。また、パンや飲み物が売られているため、虫喰岩を見ながら休憩するには最適な施設ですね。

幹線ルートからは外れているため、比較的マッタリと過ごすことができる道の駅です。


虫喰岩へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

那智勝浦新宮道路市屋ランプから約20分

紀勢道すさみ南ICから約50分



虫喰岩

目の前が道の駅なので、駐車場は豊富にあります。


バスでのアクセス

■JR紀勢本線古座駅から古座川町ふるさとバスで約10分。「虫喰岩」停留所で下車。


【参考】古座川町(TOP>ふるさとバス時刻表)




古座川の一枚岩も併せて訪れたい!

古座川の一枚岩

冒頭でも少し触れましたが、古座川町といえば一枚岩も有名です。虫喰岩からは車で約15分の距離なので、併せて訪れてみては如何でしょうか。

日本最大級!「古座川の一枚岩」は大迫力だった!(和歌山県古座川町)

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.06.23 | 最終更新:2020.06.23 |カテゴリ: 和歌山県

揖保乃糸資料館「そうめんの里」 そうめんを学び、そうめんを食べよう!(兵庫県たつの市)

そうめんの里

夏に向けて暑くなってくる今日この頃、そうめんを食べる機会も増えてくるのではないでしょうか。今回はそんなそうめんについて学んだり、そうめんを味わったりすることができる施設を紹介したいと思います。

それが兵庫県たつの市にある揖保乃糸資料館「そうめんの里」

全国的にも有名な手延素麺、「揖保乃糸」を生産する兵庫県手延素麵協同組合が運営する資料館。ここがなかなか楽しい施設だったので、その魅力を紹介させていただきます。






揖保乃糸資料館「そうめんの里」の概要

そうめんの里

揖保乃糸資料館「そうめんの里」は兵庫県の西部、たつの市の郊外にあります。工場に併設しており、そうめんについて学べる他、そうめんを食べたり、流しそうめんを楽しむことができる施設です。

開館時間:9:00~17:00(最終入館時間:16:30)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

入館料:大人300円 中高生:200円 小人:100円

 ※資料館には入らず、売店またはレストランのみを利用する場合は入館料は不要です。


この施設は1階にエントランス、レストラン、売店が、2階に資料館があります。まずは2階でそうめんについて学んでみましょう!




資料館でそうめんの歴史や製造法について学ぼう

そうめんの里

こちらが揖保乃糸の資料館です。干したそうめんを模した看板が出迎えてくれます。


そうめんの里

資料館の内部はこのようにゾーン分けされています。そうめんの歴史から始まり、そうめんの製造工程やそうめんに関する雑学が学べるのです。


そうめんの里

古代から中世、近世に至るまで、文献から紐解かれたそうめんの歴史について、パネル展示がされています。

そうめんの里

鎌倉時代に寺院などで食べられていたそうめんが再現されていたりして、なかなか興味深い内容ですね。


そうめんの里

揖保乃糸に関するクイズにも挑戦可能!短時間で終わるクイズですが、なかなか難問揃いでした。


そうめんの里

クイズの他にも遊べる展示があります。

そうめんを作る工程を体験することができるのです。上の写真は、麺を引き延ばす「小引」という工程を体験する設備。

そうめんに見立てた紐を引いたり戻したりして、手延べそうめん作りを体験しますが、これがなかなか難しい。そして、なかなか腰に来ますな…。

なお、「小引」の他に、麺同士がくっつかないように気を付けながら麺を引き延ばしていく「さばき」という作業工程も体験することができます。


そんなこんなで、学べるだけでなく実際に体験ができて、楽しい資料館なのでした。




そうめん作りの実演は必見!

そうめんの里

1時間に1回、職人さんによる実演が行われています。開始の前に放送が流れるので、興味がある方は1階のエントランスに向かいましょう。


そうめんの里

長さ50cm程だったそうめんが、職人の手によって160cmの長さに引き延ばされていく様は圧巻!あまりに鮮やかな手さばきに、ついつい無言で見入ってしまいました。


そうめんの里

「さばき」の作業が終わったそうめん。本来だと、この後乾燥させて製品になるのでしょう。こちらのそうめんは実演用なので、実際に触れることができます。触れてみると、モッチリと柔らかく、スベスベとした感触…!いつまでも触れていたい程素晴らしい感触でした(笑)


なお、実演が行われているのは11:00~15:00の間とのことです。




館内にあるレストラン「庵」では様々なそうめん料理が味わえる

そうめんの里

そうめんについて学んだ後は、やっぱり舌でも味わいたいもの。1階にあるレストラン「」を訪れました。こちらでは揖保乃糸を使った様々なメニューをいただくことができます。


そうめんの里

定番の冷やしそうめんだけではなく、温かいにゅうめん、揚げたそうめんを使ったメニューもあります。

また、うどんや中華麺も取り扱っているようです。


そうめんの里

そうめんの里

セットメニューや様々なタイプのにゅうめん、そうめん巻き寿司ソース焼きそうめんなどの変わり種メニューも存在。様々なメニューを試してみたいですね。


そうめんの里

昼食を食べた後だったので、冷やしそうめん(小)をいただきました。細麺ながらもしっかりとした食感で、とても美味しいそうめんでした。




土産屋でそうめんを買って帰ろう

そうめんについて学び、そうめんを食べたら、あとはそうめんを買って帰るだけ。


そうめんの里

「そうめんの里」の1階にある売店では、揖保乃糸関連商品のみならず、播磨地方の土産物を購入することができます。

そうめんだけでもかなりの品揃えで、目移りしてしまうほど。迷った挙句、人気の高い主力商品を買って帰りました。普段は食べないような高級なそうめんを買って帰るのも良いかもしれませんね。


揖保乃糸資料館「そうめんの里」へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

山陽道山陽姫路西ICまたは龍野ICから約15分

中国道山崎ICから約25分


そうめんの里

70台が駐車できる広大な駐車場があります。


鉄道でのアクセス

JR姫新線東觜崎駅から徒歩15分



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.05.25 | 最終更新:2020.05.25 |カテゴリ: 兵庫県

奈良のご当地グルメ!?法隆寺のお膝元で竜田揚げを食べてみた(レストラン若竹@奈良県斑鳩町)

竜田揚げ

竜田揚げ。

醤油などで下味を付けた鶏肉や魚に片栗粉をまぶしてカラリと揚げた料理で、定食やお弁当のおかずの定番とも言える料理です。

全国的にお馴染みの揚げ物である竜田揚げですが、今、奈良県で竜田揚げがプッシュされていることはご存知でしょうか?奈良県中部、法隆寺で有名な斑鳩町では、ご当地グルメとして竜田揚げをPRしています。

今回は斑鳩町内にある「レストラン若竹」で竜田揚げを食べてきました。この記事では「何故奈良県で竜田揚げなのか」ということに加え、「レストラン若竹」の竜田揚げについてご紹介したいと思います。








「竜田揚げ」の名前の由来は奈良県を流れる「竜田川」!?

何故、奈良県で竜田揚げがプッシュされているのでしょうか?その理由は、竜田揚げの名前の由来にあります。


竜田揚げ
(地理院地図より引用。管理人が加工)



奈良県西部の生駒市から斑鳩町にかけて、竜田川という川が流れています。紅葉の名所としても有名で、古くから在原業平らによって和歌にも詠まれている川です。

揚げた時の衣の赤さ、片栗粉が白く浮く様子が竜田川の紅葉を連想させることから、「竜田揚げ」という名が付けられたのだと言われています。


このような経緯もあり、斑鳩町では竜田揚げをご当地グルメとして猛プッシュしているのです。現在では斑鳩町内の10店舗以上で竜田揚げを食べることができます。






レストラン若竹で竜田揚げを食べてみた

竜田揚げ

今回訪れたのはJR関西本線(大和路線)の法隆寺駅の近くにある「レストラン若竹」。お昼時に訪れたのですが、多くの客で賑わっていました。


竜田揚げ

店の前には懐かしの食品サンプル。定食や洋食からラーメンまで幅広く出しているお店のようですね。

どれも美味しそうでしたが、今回の目当ては竜田揚げ!


竜田揚げ

こちらがレストラン若竹の竜田揚げ定食(750円)です!


竜田揚げ

かなりガッツリとした竜田揚げ!かぶりつくと醤油の味が効いた衣からジュワッと旨味が出て美味しい!鶏肉も柔らかくてとてもジューシーです。

これだけボリュームのある竜田揚げとライスと味噌汁がついて750円はかなり良心的なんじゃないでしょうか。


竜田揚げ

そして、よーく見ると紅葉型に切られたニンジンが。竜田揚げの由来が竜田川の紅葉だということをさり気なく主張しているようですね。

店によっては、本物の紅葉の葉が添えられている場合もあるそうですよ。






レストラン若竹へのアクセス・駐車場情報


レストラン若竹はJR関西本線法隆寺駅前にあります。高速道路のインターチェンジからも近く、鉄道でも車でも訪れやすい場所にあります。


車でのアクセス

西名阪道法隆寺ICから約5分


駐車場は店の南側に数台分用意されています。すぐ隣にコインパーキングあるため、満車の場合はそちらを利用するのも良いと思います。


鉄道でのアクセス

■JR関西本線大和路線)の法隆寺駅から徒歩1分程度。

※大和路線の快速に乗れば、大阪駅から乗り換えなしで来ることができます。所要時間は40~50分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.02.23 | 最終更新:2020.02.27 |カテゴリ: 奈良県

| PAGE-SELECT | NEXT