fc2ブログ
TOP > CATEGORY - 05近畿地方

| PAGE-SELECT | NEXT

隠れた長浜名物 イタリアン焼きそばとホワイト餃子を食べてみた(茶しん駅前通り本店@滋賀県長浜市)

茶しん

滋賀県長浜市

羽柴秀吉が開いた城下町として知られ、古い町並みが残る滋賀県随一の観光都市です。そんな長浜市はご当地グルメや郷土料理も有名。当ブログで以前紹介した焼鯖そうめん紹介記事)やサラダパン紹介記事)を初めとして、様々な料理が存在します。

今回は、数ある長浜市のご当地グルメの中から、イタリアン焼きそばホワイト餃子を紹介します。

イタリアン焼きそば、ホワイト餃子は長浜市内にある食堂「茶しん」で提供されている名物メニュー。長浜市のソウルフード、あるいは隠れた名物として知る人ぞ知る存在となっています。

今回は長浜市中心部にある「茶しん駅前通り店」にお邪魔し、イタリアン焼きそばとホワイト餃子を食べてきました。この記事ではそれぞれの魅力に加え、茶しん駅前通り店のメニューやアクセス情報などについて紹介したいと思います。






長浜市中心部にある人気店 茶しん駅前通り本店

茶しん

今回訪れたのは、長浜市の中心街にある茶しん駅前通り本店。その名のとおり、長浜駅の駅前通りに面しており、駅からは500m程の距離の場所にあるお店です。

店の庇には看板メニューが書かれています。そこには、「中華そば」、「中華風焼きそば」と並んで「イタリアン焼きそば」と「ホワイト餃子」の文字も。

訪れた日は連休のお昼時ということもあり、店の前には行列ができていました。諸事情で、その日は「イタリアン焼きそばとホワイト餃子しか出せない」とのことだったのですが、それでも多くの方が並んでいました。それ程人気があるメニューということですね。

なお、注文は席につくまでにレジで済ませるスタイル。事前に注文を決めておきましょう。




看板メニュー① イタリアン焼きそば

今回は茶しんの二大看板でもあるイタリアン焼きそばホワイト餃子を食べました。まずはイタリアン焼きそばを紹介します。


茶しん

こちらがイタリアン焼きそば(大盛り)です!

焼きそばとミートソーススパゲティのあいの子のような、斬新な麺料理です。この料理、どこかで見たことがあるような…。


…あ!新潟県のソウルフードとして知られるイタリアンだ!

新潟県にも「イタリアン」という名前のミートソースがかかった焼きそばがありますが、茶しんのイタリアン焼きそばは新潟県のイタリアンが元になったと言われています。3代目の店主が、新潟のイタリアンから着想を得てイタリアン焼きそばを開発したのだとか。

実際に食べてみると、新潟のものとは結構違いがあることが分かりました。

まずはミートソース。よりトマト感…、フレッシュさを感じることができる味わいです。次に焼きそばですが、こちらもソースの味を強く感じることができます。ミートソースとソース焼きそば、双方の味が強いと言っても互いがぶつかり合っているわけでもなく、程よいバランスが保たれていました。

上から振りかけられている生姜と青海苔も良い味を出していますね。今回は大盛りを頼んだわけですが、見た目よりもボリュームがありました。




看板メニュー② ホワイト餃子

茶しん

こちらが茶しんのもう1つの看板メニュー、ホワイト餃子です!

こちらのメニューも見た目からして、ただの餃子ではないことはお分かりでしょう。分厚い皮と丸いフォルム。餃子というよりも饅頭っぽいビジュアルですが、中にはひき肉と野菜が入っており、れっきとした餃子です。


茶しん

餃子のタレの作り方が書いてありました。

なるほど、この店はラー油8:醤油2の割合で混ぜるわけですね。ラー油は辛さが抑えられており、この配合でも美味しくいただくことができます。ここに酢を加えると、さらに味わい深くなりますね。

アツアツで美味しい餃子でした。




茶しん駅前通り本店のメニュー

茶しん

こちらが茶しん駅前通り店のメニュー。

先頭に記載されているのは、2大人気メニューのイタリアン焼きそばとホワイト餃子。イタリアン焼きそばは普通盛りと大盛り、ホワイト餃子は10個か20個という選択肢があります。

その他にも中華風焼きそばや中華そばなど、昔ながらの食堂で見られるようなメニューが並びます。どれもリーズナブルですね。




茶しん駅前通り本店へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

北陸道長浜ICから約10分


茶しん

店の西側の道沿いに、3台分の駐車場があります。


茶しん

ご覧のように狭い駐車場です。周辺にはコインパーキングがありますので、運転に自信が無い方はそちらを利用した方が無難だと思います。


鉄道でのアクセス

北陸本線長浜駅東口から約450m。徒歩で約6分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2022.03.20 | 最終更新:2022.03.20 |カテゴリ: 滋賀県

余部鉄橋「空の駅」 かつての鉄橋はエレベーターで登れる絶景の展望施設(兵庫県香美町)

空の駅

兵庫県の日本海側に位置する香美町。この町には、かつての鉄道施設を利用した絶景展望台があります。

それが余部鉄橋「空の駅」

2022年の2月、「空の駅」を訪れてみました。美しい日本海と周辺集落を一望できる素晴らしい展望施設だったので、この記事で紹介したいと思います。






旧余部橋梁を利用した展望施設、余部鉄橋「空の駅」


今回紹介する余部鉄橋「空の駅」は、兵庫県の北部、日本海に面する香美町にあります。「余部鉄橋」と聞いてピンと来た方も多いと思いますが、この展望施設は山陰本線の旧余部橋梁の跡を利用した施設です。


空の駅

余部橋梁山陰本線鎧駅餘部(あまるべ)駅との間に架かる鉄道橋。日本海に面した余部集落を一跨ぎにする橋で、高さが40m以上もあります。1912年に完成し2010年に新しい橋に架け替えられるまで、山陰本線の鉄道橋として活躍していました。

この写真は2008年に撮影したもの。まるで鉄塔のような構造の橋脚がズラリと並ぶ独特な構造で、鉄道ファンを初めとして高い人気を誇る橋でした。

余部橋梁の知名度を高めていたのは良い側面ばかりではありません。1986年に発生した列車転落事故を忘れてはいけないでしょう。1986年の年末、この橋を走行中だった回送列車が突風にあおられ、橋の下に転落。列車の一部が橋の下にあった水産加工工場に落下し、工場の従業員5名と車掌1名が亡くなるという大惨事となりました。




こちらが2010年に完成した2代目の余部橋梁。初代余部橋梁のすぐ隣に架けられたコンクリート橋です。

2代目の橋の建設にあたり、初代の橋を保存すべきかどうかが議論となりました。「近代土木遺産として価値がある」、「事故の記憶を風化させるべきではない」という肯定的な意見がある一方で、「事故の記憶が蘇る」など、保存には否定的な意見もありました。議論の末、旧橋梁の一部を保存するという結論に至りました。

訪れるにあたっては、こういった過去があったこと、橋を保存するにあたっては色々な考えの方がいたことは忘れてはならないでしょう。




「空の駅」へのアクセスは道の駅「あまるべ」から

空の駅

車で訪れる場合、道の駅「あまるべ」が「空の駅」への入口となります。余部へ訪れるには自動車専用道である山陰近畿道が便利。道の駅へ行くためには余部インターチェンジで下りてください。インターチェンジから約1kmで道の駅に到着します。

道の駅にはお土産屋さんの他、魚介を使った料理や軽食を提供する食堂が併設されています。


空の駅

道の駅と「空の駅」そして餘部駅の位置関係が書かれた地図がこちら。「空の駅」は道の駅のすぐ西側(鳥取側)にあります。「空の駅」の入口には歩いて1分足らずで到着するので、道の駅で休憩するついでに気軽に立ち寄ることも可能です。


空の駅

「空の駅」までの道は、このように遊歩道として整備されています。ただし、余部集落の生活道路を横断する箇所があるので、そこだけ車に注意してくださいね。

上の写真の右側にある鉄製の櫓のようなものが、初代余部橋梁の橋脚です。安全を考慮してか、手前2つの橋脚は上部が取り払われていますが、奥に見える橋脚は完全体で保存されています。

奥に見える橋脚のすぐ隣に建っているのが現在の余部橋梁の橋脚。無骨な感じの初代とは異なり、スラッとしたスマートな橋脚ですね。建設された時代は100年ほどの開きがありますが、土木技術の進化を感じることができます。


空の駅

道の駅から徒歩1分足らず。「空の駅」の入口である余部クリスタルタワーの足元に到着しました。




エレベーターで「空の駅」へ

空の駅

新旧余部橋梁を下から見上げてみました。

左側(山側)を通っているのが2代目、右側(海側)を通っているのが初代余部橋梁。先述しましたが、初代余部橋梁は一部が保存され、現在では展望施設「空の駅」としての余生を送っています。

そして初代余部橋梁のさらに海側に聳えているガラス張りの塔が余部クリスタルタワー。これは「空の駅」に登るためのエレベーター。それと同時に餘部駅へのアクセスルートとしても使われています。


空の駅

エレベーターで「空の駅」へ。コロナ禍の影響でエレベーターは4人までに制限されていますが、一度乗ってしまえばあっという間に地上40mの「空の駅」まで連れて行ってくれます。しかもガラス張りなので景色も良い!

なお、「空の駅」が出来る前、つまり2代目の余部橋梁が出来るまでは、このエレベーターはなかったため、餘部駅に行くためには細い山道を登る必要がありました。「空の駅」開業によって、餘部駅の利用も便利になったと言えます。

餘部駅へのアクセスルートでもあることから、列車の運行時刻に合わせ、エレベーターは6:00~23:00まで利用可能です。




「空の駅」から絶景を楽しむ

空の駅

エレベーターの扉が開くと、そこはもう「空の駅」。旧余部橋梁の上ということになります。

…と、ここで嬉しいサプライズ。鳥取方面に向かう列車がやってきました。「空の駅」のすぐ隣の余部橋梁を、ゴオオオオと音を立てて渡っていきます。列車が来る時間を見計らったわけではないですが、ナイスなタイミングで訪れることができました。


空の駅

旧余部橋梁は、元々は無骨な鉄橋でしたが、オシャレな感じの歩きやすい歩道橋へと生まれ変わっていました。路面にはレールが埋め込まれており、かつてそこに鉄路があったことを感じ取ることできます。高い場所にあり、なおかつ真下に集落があることから、フェンスが少し高めに設定されていました。


空の駅

金網状のフェンスの隙間からは、日本海と黒瓦屋根が美しい余部集落を一望することができます。これは素敵な眺めですね。


空の駅

旧余部橋梁の端からの景色もおススメ。

旧余部橋梁は西側の一部が保存されており、東側部分は撤去されています。現存部分の東の端からは、旧余部橋梁の末端部分をフェンス越しに眺めることができます。空中で線路がプッツリと途切れる様子は、他ではなかなかお目にかかることができない光景ですよね。


空の駅

新旧余部橋梁の西側には餘部駅があります。山の中腹にある小さな駅です。

一面一線(ホームが一本、線路が一線の駅)の駅ですが、列車が停車している線路の逆側にも線路が設置されています。実はこれ、初代余部橋梁が現役だった頃の線路なんです。


空の駅

現在では使われていない線路ですが、モニュメントの1つとして保存されているわけですね。

余部鉄橋 空の駅」と書かれた石碑があり、旧余部鉄橋まで続くレールを真っ直ぐと見通すことができ、良い記念撮影スポットだと思います。

先ほど「エレベーターを使わずに餘部駅まで登る山道がある」と述べましたが、写真の左側へ下っていく道がその道。細く、急な坂を下って、余部集落へと向かうことができます。時間と体力に余裕がある方は、こちらを通ってみるのも良いかもしれません。




余部鉄橋「空の駅」へのアクセス

車でのアクセス

山陰近畿道余部ICから約2分。道の駅「あまるべ」に駐車。



鉄道でのアクセス

鉄道でアクセスする場合は、山陰本線を利用して餘部駅へ。餘部駅は基本的に普通列車しか停車しません。また、列車は1~2時間に1本程度なので、鉄道で訪れる場合は事前に時刻を調べておきましょう。

城崎温泉駅から約50分。

鳥取駅から約1時間10分。

※鳥取から向かう場合、途中の浜坂駅で乗換になることが多いです。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2022.03.10 | 最終更新:2022.03.10 |カテゴリ: 兵庫県

丸山千枚田 国内最大規模の棚田を3ヶ所の展望台から眺める!(三重県熊野市)

丸山千枚田

日本国内には「○○千枚田」と呼ばれる棚田が何カ所か存在します。代表的なものとしては石川県輪島市にある白米千枚田愛知県新城市にある四谷の千枚田千葉県鴨川市にある大山千枚田などが挙げられます。

非常に田んぼの枚数が多い棚田が「○○千枚田」と名乗っている場合が多いのですが、実際には数百枚で、千枚もないところがほとんどです。しかし、実際に千枚を超える田を有する棚田が三重県熊野市に存在します。

それが丸山千枚田

なんと1,340枚もの田を有する正真正銘の千枚田なのです!2020年の9月、稲刈り後の時期になりましたが、丸山千枚田を訪れました。この記事では、丸山千枚田を眺めるための3つの展望台や、アクセス情報について紹介したいと思います。






熊野の奥地にある国内最大規模の棚田、丸山千枚田



丸山千枚田は三重県の南部、和歌山県や奈良県との県境にほど近い熊野市(平成の大合併前は紀和町だったエリア)にあります。


丸山千枚田

これが丸山千枚田です!

南西向きの緩斜面を埋め尽くす見事な棚田です。棚田の1枚1枚は非常に狭く、その田んぼが魚の鱗のように連なっています。壮観ですな…。

こちらの稲刈りのシーズンは9月頃。今回訪れたのは9月下旬だったため、既に稲刈りが終わった後でした。黄金色に輝く稲穂が見られなかったのは残念ですが、稲が無い分、畔がハッキリと見え、これはこれで良いものだと思いました。

丸山千枚田

ちなみにこちらが3月下旬、田植え前に訪れた時の写真。ところどころ水が張られた棚田があります。4~5月になると千枚田全体に水が張られるのでしょう。




丸山千枚田の展望台

非常に広大な丸山千枚田。棚田を眺めるための展望台がいくつか設置されています。

丸山千枚田

今回はそのうち3ヶ所の展望台を紹介します。上の写真は現地に設置されていた地図ですが、地図上で①~③で示しているのが、今回紹介する展望台です。①から順に紹介してきましょう。


展望台① 県道40号線から眺める

丸山千枚田

最初に紹介する展望台は、三重県道40号熊野矢ノ川線沿いにあります。薄暗い森の中の県道を走っていると、木々が途切れる箇所があり、そこから丸山千枚田を一望することができます。県道自体は1車線幅ですが、ここだけ幅が広げられているため、車を停めることが可能です。


丸山千枚田

ここからの眺めはこんな感じです。丸山千枚田と言えば、ここからの眺めが有名なのではないでしょうか。丸山千枚田全体を一望することができます。一番おススメの展望台と言えるでしょう。




展望台①の場所はこちらです。駐車スペース前に掲げられた「丸山千枚田」と書かれた小さな看板と、駐車スペースを現わす黄色の舗装が目印です。


展望台② 棚田中腹から眺める その1

お次は丸山千枚田を中腹から眺める展望台2ヶ所を紹介しましょう。


丸山千枚田

県道から分岐し、丸山千枚田の間をヘアピンを描きながら下っていく道にも展望台があります。ここには6台分が駐車できる駐車場と東屋が設置されています。


丸山千枚田

ここからは谷に向かって広がる棚田と奥熊野の山々を間近に見ることができます。ここからの景色は、田んぼに水が張ってある5月頃が特に映えるでしょう。



展望台②の場所はこちらです。県道から分岐して下っていくと、最初のヘアピンを過ぎた先に駐車場と東屋が見えてきます。


展望台③ 棚田中腹から眺める その2

丸山千枚田

先ほど紹介した展望台②から、ヘアピンを1つ分曲がったところに展望台③があります。こちらには4台が停められる駐車場と東屋、公衆トイレが設置されています。


丸山千枚田

展望台③からは棚田だけではなく、色とりどりの案山子や棚田の脇に転がる巨岩を見ることができます。

この巨岩は丸山千枚田の大石と呼ばれるもの。棚田を造るにあたり手頃な石は石垣として使われましたが、大きな岩は避けて棚田が造られたため、このような巨岩が不自然に取り残されたのだそうです。



展望台③の場所はこちらです。展望台③からさらに下っていくと、県道を経由して国道311号線に出ることができます。




丸山千枚田へのアクセス

車でのアクセス

熊野尾鷲道路熊野大泊ICから約40分

那智勝浦新宮道路新宮南ICから約50分


※丸山千枚田の手前は離合が難しい狭路が続くので、訪れる際には十分にご注意ください。


バスでのアクセス

熊野市駅前から熊野市コミュニティバス熊野古道瀞流荘線に乗車し約35分。「千枚田・通り峠入口」停留所で下車。そこから徒歩30分。


【参考】熊野市(トップ>公共交通>(2)熊野市バス)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.12.31 | 最終更新:2020.12.31 |カテゴリ: 三重県

梅がアクセント!「たなべぇサンド」をモーニングで食べてみた(マリブ シーサイド店@和歌山県田辺市)

たなべぇサンド

和歌山県と言えば梅!梅と言えばご飯のお供の定番ですが、和歌山県には名物の梅をパンと合わせたご当地グルメが存在します。

それが和歌山県の南部、田辺市の「たなべぇサンド」。

たなべぇサンド」とは、紀州南高梅と紀州うめどりを使ったサンドイッチ。田辺市内の喫茶店やパン屋さんで取り扱っているようですが、今回は海沿いにある喫茶店「マリブ シーサイド店」で食べてきました。

この記事では田辺市のご当地グルメ「たなべぇサンド」について、さらには「マリブ シーサイド店」のメニューやアクセス情報についてお伝えしたいと思います。






海岸沿いにある喫茶店、マリブ シーサイド店

たなべぇサンド

今回訪れたのは「マリブ シーサイド店」という喫茶店。その名のとおり、海岸沿いに建つお店です。田辺市から観光地として有名な白浜町へ向かう途中にある店なので、観光客にとっても利用しやすい立地と言えるでしょう。

訪れたのは朝だったのですが、朝からほぼ満席。オーシャンビューの席もありましたが、残念ながら海が見える席は埋まっていました。


田辺市のご当地グルメ、「たなべぇサンド」を食べてみた

席に着き、「たなべぇサンド」を注文。すると、「モーニングの時間帯(8:30~10:30)は、たなべぇサンドの調理には30分程時間がかかる」とのこと。モーニングの時間帯は、ほとんどのお客さんがモーニングセットを注文するため、その他のメニューは時間がかかるということでしょう。

「たなべぇサンド」目当てで来たので、待ちます!


たなべぇサンド

そしてやってきました!
こちらが「たなべぇサンド」です!

とてもオシャレな盛り付けのサンドイッチ。見た目からして、美味しそうですね。

さて、肝心のお味の方は…。食べてみると…、確かに梅の味!確かに梅の味なのですが、そこまで酸っぱくもなく、むしろ爽やかな甘酸っぱさを感じました。これはパンに合うように作られた梅ジャムですね。

甘酸っぱい梅ジャムは、パンだけでなくサンドされているハムやレタスなどの野菜とも相性抜群。とても完成された一品で、美味しくいただくことができました。


ただ、残念なお知らせが1つ。「たなべぇサンド」の具材の1つ、紀州うめどりが入っていませんでした。生産業者の経営破綻により、2020年より紀州うめどりが生産されていないとのこと。現在はドイツの職人が作る鶏と豚のハムがサンドされているようです。ドイツ産のハムでも美味しかったのですが、せっかくなので地産地消の一品を味わってみたかったですね。




マリブ シーサイド店のメニュー

今回訪れた「マリブ シーサイド店」のメニューを紹介します。


たなべぇサンド

喫茶店らしく、サンドイッチやトーストのメニューが充実しています。ピザサンドイッチなど、ボリューミーなメニューもあるため、ランチにも良さそうですね。


たなべぇサンド

モーニングメニューがこちら。A~Bの3セットがあります。この店のモーニングは人気らしく、大混雑の店内のお客さんのほとんどがモーニングメニューを注文していました。


たなべぇサンド

ドリンクやデザートもより取り見取り。僕は「たなべぇサンド」と一緒にブレンドコーヒーを注文しました。個人的には、サンドイッチにはコーヒーですね。さすが喫茶店のコーヒーだけあって、美味しかったです。




マリブ シーサイド店へのアクセス

車でのアクセス

紀勢道上富田ICから約5分


店の前には10台程が停められる駐車場が用意されています。


バスでのアクセス

紀勢本線紀伊田辺駅前から明光バス白浜田辺線に乗車し約15分。「滝内」または「北内之浦」で下車し、そこから徒歩10分程度。

※バスは概ね30分に1本程度運行されています。


【参考】明光バス(トップ>路線バス>田辺駅から)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.10.26 | 最終更新:2020.10.26 |カテゴリ: 和歌山県

大阪府唯一の村にある下赤阪の棚田 アクセス方法や駐車場情報も(大阪府千早赤阪村)

下赤阪の棚田

大阪府の南部に、大阪府唯一の村である千早赤阪村があります。大阪市中心部の難波から鉄道とバスを乗り継いで1時間半程度で行ける場所とは思えないほど、長閑な風景が広がっている村です。

今回は千早赤阪村で絶景が楽しめる場所を紹介します。それが、下赤阪の棚田

下赤阪の棚田は、千早赤阪村の北部にある棚田で、「日本の棚田百選」にも選ばれています。この記事では、下赤阪の棚田の駐車場やアクセス情報などについてもお伝えしたいと思います。






下赤阪の棚田の駐車場

まずは、下赤阪の棚田周辺の駐車場について解説します。周辺には駐車場が2ヶ所あります。

おススメは府道705号線沿いの駐車場


おススメの駐車場は大阪府道705号線沿い、富田林市消防署千早赤阪分署隣にある駐車場です。千早赤阪村のホームページでもこの駐車場を推奨しており、ここがメインの駐車場と考えて良いでしょう。


下赤阪の棚田

駐車場は普通車5台、軽自動車1台分という狭いものなので、棚田の見ごろのシーズンや行楽シーズンには満車になってしまう可能性もあります。

なお、駐車場や棚田周辺にはトイレはありません。トイレを利用する場合は、道の駅「ちはやあかさか」を利用するよう、案内がされていました。


混雑時には千早赤阪村民運動場の駐車場の利用を



消防署横の駐車場が満車の場合は、少し距離は遠くなりますが、千早赤阪村民駐車場を利用しましょう。棚田までの距離は約1.3kmです。


村のホームページで案内されている駐車場はこの2ヶ所。路上駐車などは住民や田畑で作業する方のの迷惑となりますので、絶対にしないようにしましょう。




駐車場から棚田までの道のり

下赤阪の棚田

消防署横の駐車場から棚田までの道を紹介します。駐車場から棚田までは約800m。徒歩で10分程度の道のりです。


下赤阪の棚田

棚田まではこのような用水路に沿った狭い道が続きます。車同士はおろか、車とバイクのすれ違いも難儀するでしょう。

歩いて向かう分には長閑な道ですが、時々農家の方の軽トラが通るので、十分に注意しましょう。


下赤阪の棚田

駐車場を出て2分程で見事な棚田が現れますが、ここはまだベストビューポイントではありません。棚田の中をウネウネと続く道を歩き、どんどん北へと向かいましょう。


下赤阪の棚田

下赤阪の棚田

ここも十分に見応えがある棚田です。時々通る軽トラに注意し、何枚も写真を撮りながら進みました。


下赤阪の棚田

途中、一旦棚田が途切れますが、気にせず進みましょう。この先、小規模な棚田や放棄された棚田を横目に進みます。




駐車場を出てから10分程度、右側に千早赤阪中学校が見えてきます。すぐに上のストリートビューで示した交差点が現れるので、ここを左折してください。左折すると、目の前が下赤阪の棚田のベストビューポイントです。




これが下赤阪の棚田だ!

下赤阪の棚田

こちらが下赤阪の棚田です!

なだらかな傾斜地に広がる、広々とした棚田。あまりにも長閑で、ここが大阪府であることを忘れてしまいそう。

訪れた時期はちょうど稲刈りのシーズン。黄金色の稲穂が斜面を覆いつくし、農家の方が作業をされていました。春先の水が張られた棚田や、夏の青々とした棚田も良いですが、黄金色に輝く秋の風景も良いものですね。

なお、現地にあった案内板によると、千早赤阪村の棚田の歴史は古く、鎌倉時代の頃から続いているようです。


下赤阪の棚田

ちなみに棚田の目の前は、このような展望公園として整備されています。東屋とベンチ、棚田の解説の看板が設置されています。


下赤阪の棚田

展望公園がある場所は、実はかつての山城跡。城の名前は下赤阪城と言い、鎌倉時代末期に楠木正成の手によって築かれたと言われています。残念ながら城らしい遺構は、ほとんど残っていませんでした。




下赤阪の棚田へのアクセス

車でのアクセス

京奈和道御所南ICから約20分

阪和道美原北ICまたは美原南ICから約20分

南阪奈道路太子ICから約25分



バスでのアクセス

近鉄長野線富田林駅から金剛バス千早線に乗車し約20分。「消防分署」停留所で下車。そこから徒歩10分

※バスは休日は概ね毎時2本、平日は毎時1本間隔で走っています。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.09.30 | 最終更新:2020.09.30 |カテゴリ: 大阪府

| PAGE-SELECT | NEXT