FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT

北勝水産のBIGホタテバーガー サロマ湖産の巨大ホタテを味わい尽くせ!(北海道佐呂間町)

ホタテバーガー

北海道を旅したら是非とも食べたいのが、美味しい海産物!ウニ、鮭、イクラやホッケなど、北海道には魅力的な海産物がたくさんあります。


そして、忘れてはならないのがホタテ


今回は、北海道のサロマ湖産のホタテを贅沢に使ったホタテバーガーを食べてきました。

この記事では、北海道佐呂間町にある北勝水産のイートインコーナーで食べられる「ホタテバーガー」を紹介したいと思います。








サロマ湖畔にある北勝水産

ホタテバーガー

北勝水産は、国内第3位の面積を誇る湖、サロマ湖の湖畔にあります。サロマ湖は一部がオホーツク海と繋がっている汽水湖(淡水と海水が混ざった湖)。そのため、湖でありながらホタテの養殖が盛んなのです。

北勝水産では、サロマ湖産のホタテやホタテの加工品を買うことができる他、ホタテを使ったグルメを味わうことができます。


ホタテバーガー

店内は、ホタテや加工品が並ぶ売り場と、イートインコーナーに分かれています。イートインコーナーにはカウンター席の他に、5人がけのテーブル席。

訪れたのが真冬の平日だったので、比較的空いていました。

ご覧のとおり、一番入口に近いテーブルではクマさんと相席することができます。


北勝水産のイートインメニュー

食べる前に、券売機で食券を買います。


ホタテバーガー

ホタテバーガー

こちらが、北勝水産のイートインコーナーで食べられるメニューです。

メインはやはり「ホタテバーガー」。ホタテの数が2個か3個かを選ぶことができます。さらには大ぶりのホタテが入った「Bigホタテバーガー」も!

そしてハンバーガーがもう1種類。「鮭バーガーサーモンバーガー)」というメニューも存在します。

他には「ホタテカレー」や「焼きホタテ」など、ホタテづくしなラインナップになっています。






これがBIGホタテバーガーだ!

ホタテバーガー

こちらが北勝水産のホタテバーガーです!

せっかくなので、一番大きなホタテが入った「Bigホタテバーガー」を注文しました。特大サイズのホタテの貝柱のフライが3つもサンドされており、かなりボリューミーな一品!

食べてみて驚いたのが、ホタテ特有の「ブニッ」という食感がないんです。サクッとした衣の中には、口の中でほぐれるような食感のホタテ。あの「ブニッ」が苦手な方でも食べられるんじゃないでしょうか。大ぶりなので、かなり食べ応えがあります。

ホタテの他にはレタスとトマト、そしてタルタルソース。非常にシンプルですが、とっても美味しいのです。非常に大きいので、ハンバーガー1つでお腹いっぱいになりました。


もう1つのハンバーガー、鮭バーガー(サーモンバーガー)も魅力的!

北勝水産にはバーガーメニューがもう1つあります。


ホタテバーガー

鮭バーガーサーモンバーガー)です!
※食券の券売機には「鮭バーガー」、壁に貼られたメニューには「サーモンバーガー」と書かれていて、どちらが正式なメニュー名かどうかは謎です。

北海道産の鮭をミンチにして、カラリと揚げたものがサンドされています。こちらもまた非常に美味でした。

たくさん食べる人、複数人数で来店した方は、ホタテバーガーと鮭バーガー(サーモンバーガー)の両方を食べてみてはいかがでしょうか。どちらもおススメです!






北勝水産へのアクセス・駐車場情報


北勝水産は網走から稚内までオホーツク海沿いを通る国道239号線沿いにあります。

鉄道もバスも通っていないエリアなので、車かバイクで訪れる必要があります。


車でのアクセス

■北見市内・網走市内・紋別市内から約1時間


近隣の都市からは、それなりのロングドライブになります。

北勝水産は観光バスも立ち寄るお店。店の前に広大な駐車場があり、満車になることはなかなかないと思いますので、ご安心ください。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.03.13 | 最終更新:2020.03.13 |カテゴリ: 北海道

流氷だけじゃない!流氷シーズンの紋別観光のモデルコースを紹介!

紋別

北海道紋別市。

流氷砕氷船ガリンコ号が運航されており、流氷観光の拠点となる街として有名です。そんな紋別市ですが、ガリンコ号以外にも楽しめる見どころがたくさんあることはご存知でしょうか?

今回実際に行ってみて分かったのですが、紋別市は、ガリンコ号だけ乗って帰るには勿体ないほど魅力溢れる街なのです!

この記事では「紋別市ってガリンコ号以外に何があるの?」という方のために、流氷シーズンの紋別市の見どころ、さらには1泊2日で行く紋別観光のモデルコースを紹介したいと思います。






1.紋別に着いたら、まずオホーツク流氷科学センターで学ぶ

紋別

16:00 オホーツク流氷科学センター
所要時間:約1時間

紋別に着いたら、まずはオホーツク流氷科学センターへ行きましょう。


紋別

館内には、流氷が出来るまでの過程や、砕氷船の仕組みなど、紋別観光に密接に関係する展示の数々!じっくりと学ぶことができる施設なのです。事前知識を得ておくと流氷観光もより一層楽しめると思いますので、ガリンコ号に乗る前に立ち寄っておきたいですね。


紋別

-20℃の世界が体感できる展示室も、このセンターならではの魅力。様々な海の生き物が氷漬けにされた展示は一見の価値があります。

また、ガリンコ号の船上は風も加わり、かなり冷え込むので、この部屋で寒さへの耐性を付けておくのも良いでしょう。


オホーツク流氷科学センターの概要


■開館時間:9:00~17:00(最終入館:16:30)

■休館日:毎週月曜日(祝日の場合は営業)、祝日の翌日、年末年始

ホームページ





2.カニの爪の前で記念撮影

紋別

17:00 カニの爪
所要時間:約5分

紋別に行った証を残すのであれば、「カニの爪」がおススメ。

オホーツク流氷科学センターのすぐ隣に聳える、高さ12mの巨大な「カニの爪」のオブジェはインパクト抜群!ここで記念写真を撮れば、思い出に残ること間違いなしですね。

なお、夜にはライトアップされており、なかなか神々しい姿を観ることができます。


「カニの爪」の概要


■見学可能時間:24時間・年中無休

※夜間はライトアップ有り



3.ガリンコ号で流氷観光

紋別

7:10 海洋交流館(ガリンコステーション)到着
7:30 ガリンコ号乗船
所要時間:約1時間

翌日はいよいよ流氷観光。

朝7時前に紋別市内の宿を出発して、ガリンコ号で流氷観光を楽しみましょう!

通常、ガリンコ号の始発は9時なのですが、流氷シーズンの土日・祝日は増便され、6時発、7時半発の便が運航されます。シーズン中の休日には混雑するガリンコ号ですが、早朝の便は比較的空いていることが多いのだそうです。これはあくまで推測ですが、団体客はホテルで朝食を済ませてから出発するので、9時発の便に人気が集中するのでしょうね。

朝早いガリンコ号に乗る場合は、ホテルは素泊まりにした方が無難です。「それじゃあ、朝食はいつ食べれば…」という方、ご安心ください。ガリンコ号に乗った後に食べられるとっておきの朝食を後ほど紹介します!


紋別

僕が乗った7時半発の便は、混雑もそこまでではなく、落ち着いて流氷クルーズを楽しむことができました。人が少な目で、狭い甲板も自由に移動できましたが、混雑していたらそうはいかなかったかもしれませんね。


紋別

流氷の間を進んでいるところ、ちょうど日が昇り、流氷が明るく照らし出されました。まさに感動の一瞬…!こんな絶景を拝めるも、朝のクルーズの魅力と言えるでしょう。


ガリンコ号の概要


■運航時間:9:00~15:00(時期・曜日によっては朝、夕方の便があります)

■料金:大人3,000円 小人1,500円

 ※オホーツクタワーとのセット料金・JAF割引有り。

■予約方法:乗船の3か月前から電話予約開始

■電話番号:0158-24-8000

ホームページ





4.オホーツクタワーから流氷を眺める

紋別

8:30 オホーツクタワー
所要時間:約40分

流氷クルーズを終え、港に戻ると、ガリンコ号の目の前にオホーツクタワー行きの送迎車が停まっていました。船からすぐに送迎車に乗り換え、そのままオホーツクタワーへ。

※本来、オホーツクタワーの営業時間は10時から。時期によっては早くから営業することもあるようです。


紋別

オホーツクタワーは港の防波堤の突端付近の海上に建つタワーで、最上階の展望テラスからは流氷の海を一望することができます。条件が良ければ、海一面を覆いつくす流氷が見られることでしょう。


紋別

エレベーターで一番下の階に下りると、そこは海面下。流氷の海の中をガラス越しに見ることができます。それだけではなく、“海底階”は小さな水族館にもなっており、オホーツク海に棲む海生生物を観察することができます。


オホーツクタワーの概要


■営業時間:10:00~17:00(時期により、変動有)

■入館料:大人800円 小人400円(ガリンコ号とセットになったお得なチケット有)

ホームページ





5.出塚水産で朝食 揚げたてのカマボコを食べる

紋別

9:20 出塚水産
所要時間:約30分

朝から流氷クルーズを楽しみ、そろそろお腹が空く頃だと思いますが、朝食を食べるなら紋別港近くの出塚水産がおススメ。


紋別

こちらでは、揚げたてのカマボコをイートインコーナーでいただくことができます。ただのカマボコではありません。カニマヨ、ホタテ、コーン、チーズなど、様々な味のカマボコが揃っているのです。10種類くらいのカマボコが入った「揚げたてセット」をいただきましたが、熱々でとても美味しかったですよ。

イートインコーナーではお茶を飲むこともでき、なかなか快適♪朝食や昼食を食べるなら、おススメのお店です。


出塚水産の概要


■営業時間:8:30~18:00

■電話番号:0158-23-2012

ホームページ

※海洋交流館(ガリンコステーション)や流氷科学センターからは3km程度離れています。車がない場合は、バスかタクシーで移動するのがベターです。





6.オホーツクとっかりセンターでアザラシに癒される

紋別

10:00 オホーツクとっかりセンター
所要時間:約40分

ガリンコ号が発着する海洋交流館(ガリンコステーション)の目の前には、アザラシに会える施設「オホーツクとっかりセンター」があります。


紋別

主にオホーツク海で保護されたアザラシが飼育されている施設で、泳ぐ姿や日向ぼっこをする姿を見ることができます。


紋別

特におススメしたいのが、1日に数回あるえさの時間。この時間には食事だけではなく、アザラシによる芸も見ることができます。さらには、アザラシに触れたり、一緒に記念写真を撮ったり、アザラシ好きにはたまらない時間を過ごすことができるのです。えさの時間は公式サイトにてご確認ください。


オホーツクとっかりセンターの概要


■営業時間:10:00~17:00(年中無休)

■電話番号:0158-24-7563

ホームページ





7.海洋交流館(ガリンコステーション)でお土産を買う

紋別

11:00 海洋交流館(ガリンコステーション)
所要時間:約20分

ガリンコ号が発着する海洋交流館には、お土産屋さんも併設されています。流氷やクリオネにちなんだお菓子やアザラシグッズが充実しているので、気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか。


8.「まりーさんの木」でランチ カニチャーハンを食べる

紋別

12:00 まりーさんの木
所要時間:約30分

最後に、紋別市内の美味しいランチが食べられるお店を紹介します。国道238号線沿いにある「まりーさんの木」は少し懐かしい雰囲気の喫茶店。地元で人気のお店らしく、多くのお客さんで賑わっています。


紋別

こちらの名物は、「カニチャーハン」(960円)!

さすがはカニ漁が盛んな港町だけあって、カニの身が惜しげもなく使われています。立ち上る湯気は濃厚なカニの香り。口に運ぶとカニの旨みが口いっぱいに広がります。これだけ贅沢なチャーハンが1,000円以下で食べられるのは、嬉しい限りですね。


「まりーさんの木」の概要


■営業時間:9:00~17:00

■定休日:日曜日

■電話番号:0158-23-1511





番外:2月上旬はもんべつ流氷まつり開催

いかがでしたでしょうか。このように紋別市内には魅力的なスポットが数多く存在しており、流氷シーズン以外であったり、運悪く流氷が見られない場合でも楽しめるようになっています。


紋別

加えて、毎年2月上旬には、海洋交流館(ガリンコステーション)前にて「もんべつ流氷まつり」が開催されます。2020年現在、58回を数える、北海道内屈指の歴史のある冬まつりです。

期間中は氷像や屋台、その他趣向が凝らされたイベントが楽しめるので、観光のついでに寄っていくのも良いと思います。


冬の紋別観光にはシャトルバス「ガリヤ」号を上手に活用しよう!

紋別

今回紹介した観光施設は、ほとんどが海洋交流館ガリンコステーション)の周辺に集中しており、徒歩で周ることができます。ただし、揚げカマボコが食べられる出塚水産やホテルが点在する市街地はこのエリアからは少し離れています。

冬の紋別市内の移動には、シャトルバス「ガリヤ」号がおススメです。「ガリヤ」号は流氷シーズンに運行されるシャトルバスで、紋別バスターミナル、市内の主要な宿泊施設(紋別プリンスホテル紋別セントラルホテル)と海洋交流館(ガリンコステーション)との間を結んでいます。早朝のガリンコ号にも対応したダイヤになっているため、車がない方でも安心です。

また、時間によっては出塚水産や流氷科学センターを通るバスもあるので、時刻表をチェックして、「ガリヤ」号を上手に活用しましょう。


ガリヤ号の概要

■運行期間:1月下旬~2月末(もんべつ流氷まつり期間中は増便)

■運賃:大人200円(小人100円)・1DAYチケットは500円

■問い合わせ先:北紋バス(0158-24-2165)

■参考:紋別市ホームページ(TOP>交通・アクセス)



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.02.20 | 最終更新:2020.02.20 |カテゴリ: 北海道

十勝・帯広のソウルフード、インデアンカレーは絶品だった!(カレーショップインデアン 札内店@北海道幕別町)

皆さんはインデアンカレーをご存知でしょうか?

北海道の東部、帯広市を中心とする十勝地方のソウルフード的な存在です。前々から「インデアンカレーは美味い」という噂を聞いていたので、十勝地方に立ち寄った際、食べてきました。

噂通り、めちゃくちゃ美味しかったので、この記事で紹介したいと思います!






インデアンカレーとは?

インデアンカレーとは、帯広市を中心に展開するご当地カレーチェーン、「カレーショップ インデアン」で提供されているカレーです。

「インデアン」がウリにしているのはオーソドックスなルーカレー。そのルーにとことんこだわっているのが人気の秘密です。「インデアン」では、3種類ものルーを味わうことができます。

■「カレーショップ インデアン」のカレールー


①インデアンルー

②ベーシックルー

③野菜ルー



定番かつ人気のルーは「インデアンルー」です。

インデアンルー

牛肉をふんだんに使用し、数十種類のスパイスで熟成されたカレーです。辛さも控えめでお子様から大人の方まで安心して召し上がれます。十勝の定番カレーです。

「カレーショップ インデアン」公式サイトより引用



友人からも「ベーシックルーも十分に美味しいのだけど、インデアンルーは別格!」と聞いていたので、期待を胸に十勝入りしました。


実食!インデアンカレー@カレーショップインデアン 札内店

カレーショップインデアン 札内店

今回は、帯広市のお隣、幕別町にある「カレーショップ インデアン札内店にお邪魔しました。

店の中央に厨房があり、それを取り囲むようにカウンター席があります。

注文はお目当ての「インデアン」。友人からの薦めで「カツ」をトッピングしました。


インデアンカレー

こちらが「インデアン」(カツトッピング)!

銀色が美しいステンレス皿に盛られたドロっとしたルーカレー。写真では分かりにくいですが、カツはルーの下に入っています。

食べてみてビックリ!これはめちゃくちゃ美味いですよ!ルーのベースとなる牛肉の旨味や絶妙な配合のスパイスが利いているのでしょう。言葉では上手く説明できないですが、とにかく奥深い味。

期待以上に美味しいカレーでした。


インデアンカレー

カレーの付け合わせと言えば、福神漬け。卓上には3種の付け合わせ(左から福神漬けしその実生姜の甘酢漬け)が並んでおり、自由にとることができます。


インデアンカレー

また、辛さをプラスするためのホットオイルも置かれています。少量であれば劇的に辛くなるわけではないので、ちょっとした味変には最適です。辛くしたい方は、味見をしながら少しずつ足すと良いでしょう。


カレーショップインデアン 札内店のメニュー

メニュー@カレーショップインデアン 札内店

メニュー@カレーショップインデアン 札内店

「カレーショップインデアン」札内店のメニューはこちらです。

それぞれのメニュー名の横には、使用しているルーが書かれています。トッピングや辛さを選ぶことができるため、自分好みのカレーを注文できるのが嬉しい所です。

また、ルーのお持ち帰りサービスも行っているようです。店が用意した容器ではなく、持参した鍋やタッパーで持ち帰ることもできるそう。近くに住んでいる人が羨ましいサービスですね。


カレーショップインデアン 札内店へのアクセス

車でのアクセス

道東道の音更帯広ICから約20分


店は、道東へ向かうメインルートの1つ、国道38号線沿いにあります。ドライバーにとっては便利な場所にあると言えるでしょう。ロードサイド店らしく、駐車場も完備されています。

鉄道でのアクセス

JR根室本線の札内駅から徒歩15分程度



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.04.18 | 最終更新:2019.04.18 |カテゴリ: 北海道

コタン温泉コタンの湯は屈斜路湖と白鳥が見られる絶景露天風呂!(北海道弟子屈町)

北海道の東部、道東の内陸部にある弟子屈町摩周湖屈斜路湖硫黄山などの名所を抱え、年間を通じて多くの観光客が訪れる町です。

弟子屈町は温泉も有名。川湯温泉を初めとして、屈斜路湖畔を中心に多くの温泉が点在しています。そんな弟子屈町の温泉の中から、旅行者からの人気が高い無料露天風呂、コタン温泉コタンの湯を紹介したいと思います。






コタン温泉コタンの湯は、屈斜路湖が眼前に広がる絶景露天風呂

コタン温泉

こちらが今回紹介するコタン温泉コタンの湯です。

まず驚くのがこのロケーション!露天風呂と岩を1つ隔てて、屈斜路湖がドーンと広がっているのです。ここまで湖に近い露天風呂は、なかなか他にはないのではないでしょうか。

コタン温泉

いやー。湖面スレスレすぎて、まるで湖に浸かっているかのような感覚になりますね。

凄いのはロケーションだけではありません。温泉も本格派で、気持ちの良いお湯が贅沢にかけ流されています。これは極楽ですなー。


コタン温泉コタンの湯は料金が無料。設備が最低限の混浴露天風呂

温泉と言っても、しっかりとした建物や設備があり、対応してくれるスタッフがいるわけではありません。

コタン温泉

設備は必要最低限。簡素な脱衣所と申し訳程度の囲い、そして岩づくりの露天風呂があるのみ!

この絶景と素晴らしい温泉があれば、その他の余計なものはいらないとさえ感じてしまうから不思議ですね。

補足をしておくと、北海道にはこのように整備状況がワイルドな、「野湯」と呼ばれる露天風呂が数多く存在します。北海道内の野湯の中では、コタンの湯は整備状況が良好で、なおかつ定期的に清掃されているため、初心者向けの野湯と言えるでしょう。

コタン温泉

混浴ではありますが、湯船の中に大きな岩がドンと置いてあり、一応その岩が目隠しになっています。岩を境に男女のエリアが何となく分かれているようです。

24時間入浴することが可能なので、昼間は恥ずかしいという方は、夜に訪れるというのも良いかもしれませんね。また、水着を着用して入浴することも可能とのことです。


冬は白鳥にも会える!

11月~4月にかけて、屈斜路湖には多くの白鳥が越冬するために飛来します。


コタンの湯の目の前もご覧のとおり!大量の白鳥を見ながらの入浴を楽しむことができます。コタンの湯の周辺は、湖底から温泉が湧き出しているため、きっと白鳥にとっても温かいのでしょうね。


コタン温泉コタンの湯へのアクセス

車でのアクセス

道外から訪れる場合、道東地方の玄関口になるのは中標津女満別釧路空港。各空港からコタン温泉までの所要時間は以下のとおりです。

中標津空港から車で約1時間10分。

女満別空港から車で約1時間。

釧路空港から車で約1時間30分。


屈斜路湖畔を通る北海道道52号線から細い道を入っていくと、広めの駐車場があります。道道沿いに「露天風呂」と書かれた看板があるので、見逃さないように注意しましょう。

バスでのアクセス

期間限定で、屈斜路湖畔周辺を巡るバスがJR摩周駅川湯温泉駅との間を走っています。「コタン」停留所がコタンの湯の最寄りのバス停。

時期によって運行時刻も異なるので、摩周・屈斜路湖周遊バスキップのホームページをご覧ください。


各種情報

弟子屈なび : 弟子屈町の観光情報ポータルサイト

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.02.02 | 最終更新:2019.03.18 |カテゴリ: 北海道

釧路名物スパカツは熱々で美味いガッツリ系グルメ(レストラン泉屋本店@北海道釧路市)

日本有数の水産都市として知られる北海道釧路市勝手丼炉端焼きなど、海産物グルメが人気である一方、ザンギなどのガッツリとした肉グルメも人気があります。

この記事で紹介するスパカツも、釧路のガッツリ系グルメの1つ。今回はスパカツの名店、「レストラン泉屋本店」で食べてきたので、その魅力を紹介していきます。






釧路のソウルフード、泉屋のスパカツ!

スパカツ

こちらが釧路市民のソウルフード、スパカツです!

その名の通り、スパゲッティの上にトンカツが乗っているド迫力な料理!ボリューム満点!さらに鉄板に乗せられているため、ソースがバチバチと音を立てていて熱気が凄い!

熱々のうちにいただきます!

メインの味付けはミートソース。昔懐かしい味がパスタにもトンカツにもよく合います。

トンカツは思ったよりも薄め。案外ペロリと食べられるかも。

卓上の調味料@泉屋

卓上には粉チーズとタバスコというパスタに合う二大調味料。途中からチーズをふりかけて、味を変えながら食べるのも良いですよ。タバスコはかけすぎないようにご注意を。

ちなみに泉屋では、普通サイズのスパカツが980円で提供されていますが、1,500円払えば「大・スパカツ」を食べることができます。普通サイズでさえ成人男性である私が満腹になるレベル。「大・スパカツ」はさぞかし凄まじいボリュームなんでしょうなぁ。


スパカツと言えばこの店!釧路市民御用達、泉屋

泉屋は釧路市を中心に3店舗を展開するレストラン。釧路市民のみならず、「スパカツの店」として旅行者にも人気がある店です。

レストラン泉屋本店

総本山とも言うべき「レストラン泉屋本店」は、釧路駅から程近い繁華街にあります。年季が入った4階建てのビルと、「レストラン泉屋本店」と書かれた大きな看板が目印。

レストラン泉屋本店

レストラン泉屋本店

ビルに入ると、まず出迎えてくれるのが昔懐かしい食品サンプル。ズラリと並ぶスパゲッティ、オムライス、ハンバーグ…。「スパカツを食べる」という当初の目的を忘れて、目移りしてしまいそう。

レストラン泉屋本店

2階にある店舗に上がると、そこにはレトロな空間が広がっていました。一昔前の洋食レストランという雰囲気で良い感じ。

ちなみに、開店直後の11時15分頃に到着したのですが、この混みよう!お昼時や行楽シーズンは行列を覚悟した方が良いかもしれません。


泉屋風も人気!

泉屋の人気メニューはスパカツだけではありません。

泉屋風

こちら、「泉屋風」もまた、泉屋を代表する人気メニュー。

「泉屋風」とは、簡単に言えば塩味のスパゲッティ。ハム、豚肉、野菜、玉子など、最小限の具材が乗ったシンプルなスパゲッティ。見た目はあっさり系ですが、実は良い塩梅で油が絡まり、とても美味しい一品。

釧路市民の間では「スパカツを卒業した人が食べるメニュー」と言われているようです。2人以上で行ったら、スパカツと泉屋風を頼んで、シェアするのも良いかもしれません。


どれもこれも美味しそう!泉屋のメニュー

「スパカツ」、「泉屋風」以外にも個性的なメニューが豊富な泉屋。

メニュー@レストラン泉屋本店

スパカツ、ピカタ、ミラノ風などの個性的なスパゲッティ、オムライス。

メニュー@レストラン泉屋本店

カレーライスや弁当などのご飯もの。

メニュー@レストラン泉屋本店

ステーキやハンバーグ、ポークチャップなどの肉料理。

などなど。豊富な洋食を食べることができます。近所にあったら通い詰めて、色々なメニューを試してみたいですね。


泉屋本店へのアクセス

車でのアクセス

道東道の阿寒ICから国道経由で約40分

釧路空港から国道経由で約30分

※店の駐車場はないため、周辺のコインパーキングに停める必要があります。
※店の周辺は一方通行が多いので、要注意。

鉄道でのアクセス

JR釧路駅から徒歩約10分

※近隣に幣舞橋釧路フィッシャーマンズワーフMOOなどの見どころがあるので、ついでに立ち寄るのもおススメです。


各種情報

食べログ : 口コミ、店舗情報はこちら。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.12.05 | 最終更新:2019.03.20 |カテゴリ: 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT