FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT

帯広名物の豚丼をアットホームなお店で食べた(とんび@北海道帯広市)

豚丼

今回は、北海道帯広市の名物である豚丼を紹介します。

帯広の豚丼と言えば、今や全国区の知名度を誇るご当地グルメと言えるでしょう。豚丼を提供する店は、帯広を中心として十勝地方に数多く存在しますが、今回は帯広市内にある穴場的なお店を紹介します。

店の名前は「とんび」。

この記事では「とんび」の豚丼や、その他のメニューなどについて、紹介したいと思います。






帯広市の住宅街にある隠れ家的なお店、とんび

豚丼

今回訪れたのは、帯広市の郊外の住宅地にある「とんび」という名前のお店。見た目はお店というよりも、民家ですね。

入口に「営業中」と書かれた札と暖簾がかけられていなければ、完全に“新興住宅街の民家”という感じ。なんだか知人の家にお邪魔するような変な感覚ですが、扉を開いて入店!

店内も、「まんま民家」。玄関で靴を脱ぎ、廊下を通って中へ。ダイニングにあたる部分にテーブルがいくつか並べられていました。繰り返しになりますが、やっぱり友人宅でお昼ご飯をごちそうになるような感覚ですね。

あまり多くの客を収容できるお店ではありませんが、とても落ち着きます。まさに「隠れ家的なお店」と言えるでしょう。


帯広名物、豚丼をいただく

豚丼

こちらが帯広名物の豚丼です!

丼を覆いつくす豚肉!濃い目のタレを纏っていて、とても美味しそう!

豚丼と言えばロースを使うことが多いのですが、この店では「ロース」、「バラ」、「ミックス」の3つから肉の種類を選ぶことができます。ロースとバラ、両方を味わってみたかったので、「ミックス」をいただきました。

そして、サイドメニューに豚汁があったので、豚汁も注文してみました。まさに豚づくし!


豚丼

まずは豚丼を食べてみました。

炭火でじっくりと焼かれた豚肉はとても香ばしいですね!5日間煮込んだタレにくぐらせては焼き、くぐらせては焼き、を繰り返して、タレを肉に染み込ませているのだそうです。これは美味い。

サッパリとして噛み応えがあるロースと、プリっとした脂身がジューシーなバラ、どちらも美味しいです。

そんな豚肉で白飯を包んで食べると、無限にご飯が食べられそうですな。


豚丼

お好みに応じて一味唐辛子山椒などの薬味をかけて食べるのも良し。特に山椒は、豚丼のベストパートナーと言っても過言ではないと思います。

また、卓上に豚丼のタレが入ったボトルが置いてあるので、タレが足りない場合には使うと良いでしょう。このタレだけでご飯がおかわりできそうですね。


豚丼

そして豚汁。豚肉だけではなく、大根や人参、白菜、豆腐など、具材がふんだんに入っています。野菜から甘みが出ており、全体的に優しい味に仕上がっています。

是非とも豚丼とセットで頼んでみてください!




とんびのメニュー・トッピング

とんびのメニューを紹介します。


豚丼

基本的には、メニューは豚丼のみです。先述したように、「ロース」か「バラ」か、それとも両方が入った「ミックス」か、肉の種類を選ぶことができます。量も「子豚」、「大豚」、「超大豚」の3つから選択可能。

さらに多種多様なトッピングがあるのもこの店の特徴。バターやチーズ、温泉卵など、気になるトッピングが目白押しです。


豚丼

ごはんを肉で巻いた「とんび巻き」や「じゃがバター」も。


豚丼

そして今回いただいた豚汁。具材がたっぷり入ってこのお値段は、なかなかお得ですね。




とんびへのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

道東道音更帯広ICから約20分

帯広広尾道芽室帯広ICから約25分


豚丼

駐車場は店の前に4台分用意されています。


バスでのアクセス

帯広駅バスターミナルから十勝バスの「2循環線」に乗り、約4分。「大通24丁目」停留所で下車。そこから徒歩2分程度。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.09.11 | 最終更新:2020.09.11 |カテゴリ: 北海道

美しき景色と灯台が待つ岬、落石岬 木道やアクセス情報も紹介(北海道根室市)

落石岬

日本最東端にある北海道根室市(一般人が行けない南鳥島や北方領土を除く)。根室市といえば、一般人が訪問可能な国内最東端地点である納沙布岬が有名です。
今回はその納沙布岬………ではなく、同じ根室市内にある落石岬(おちいしみさき)を紹介したいと思います。

納沙布岬のような知名度はありませんが、是非とも訪れて欲しいおススメの岬です。この記事では落石岬の魅力、岬へ向かう木道の情報、アクセス方法などを紹介します。






落石岬ってどこにあるの?



今回紹介する落石岬は、北海道で最も東にある根室市にあります。根室市は、北海道の東へとニョキッと伸びた根室半島に位置する都市ですが、落石岬はその根室半島の付け根にあたる部分にある岬です。


落石岬

こちらの地図をご覧ください。海に向かって小高い丘が突き出しているという、変わった地形です。

この小高い丘の部分は、かつては島だったとされています。長い年月をかけて海流等の影響で砂が運ばれ、本土と繋がり、現在のような姿になったのだそうです。

このような地形を陸繋島と言うそうで、有名な函館山や江の島と同じタイプの地形なんだそうですよ。




落石岬の駐車場


落石岬には明確な駐車場らしい駐車場はありません。上の地図で示した場所に、行き止まりの砂利道があります。


落石岬

こちらの写真の道が、その砂利道です。この砂利道の路肩に縦列駐車している車が数台あったので、こちらに停めさせていただきました。

ここが駐車場なのかどうかは定かではありませんが、この道は行き止まりで、この先には落石岬しかないので、特に問題ないのでしょう。


落石岬

砂利道の脇にはバイオトイレが設置されています。岬の周りには何もないので、トイレを利用する場合はこちらで済ませておきましょう。




落石岬への歩道・木道

駐車場(砂利道?)から落石岬までは2km弱。徒歩25分程の道のりです。草むらや森の中、湿地帯を歩くので、特に夏場はアブが大量に発生しています。長袖を着る、虫よけスプレーをかけておく等の対策をしておきましょう。


落石岬

まずは写真のような砂利道を歩いていきます。轍も付いている平坦な道で、しばらくは歩きやすいです。


落石岬

駐車場を出発して3分程で、コンクリート造りの建物に到着します。

これは落石無線電信局跡。明治41年に開業した施設で、当時、太平洋を航行する船舶との電報を授受するために開設されました。

現在では、とある画家が所有しており、内部に入ることはできないそうです。


落石岬

落石無線電信局跡の先、道の状況が変わります。

轍の付いた右の方へとカーブしていく道の方へと進んでしまいそうになるのですが、落石岬へ行きたい人は直進方向へと進みましょう。

え?道が見えないって?


…そうなんです。ほぼ草むらと同化したような、踏み跡が不明瞭な道が落石岬へと続く道なんです。

一応、「←落石灯台」と書かれた看板が設置してあります。思わず看板を疑ってしまいそうになりますが、看板を信じて進んでください。しばらく進むと、比較的明瞭な道になります。


落石岬

駐車場を出発して7分程で、木道が現れます。

ここから先、落石岬灯台まではこの木道を歩くことになります。


落石岬

「木道が整備されているのか。じゃあ歩きやすいな」と思う方もいるかもしれません。

しかし、本当に歩きにくいのは木道に入ってからなんです。すれ違うのに難儀する程の幅の狭さ、両脇に茂る草木の量の多さ。さらには、平らな板ではなく丸太を並べたタイプの木道なので、デコボコしていて、意外と歩きにくいのです…(汗)


落石岬

こんな風に丸太が崩れている箇所もあったりするので、注意が必要です。

まぁ、落石岬自体が訪れる人が少ない穴場ですし、厳しい自然に日々晒されている木道なので、この整備状況は仕方ないかと思います。通常の観光地よりもワイルドな整備状況なので、それを踏まえたうえで注意して歩きましょう。




落石岬は灯台が絵になる最果て感ただよう岬

落石岬

こちらが落石岬です!

駐車場を出発してから約20分。鬱蒼とした森を抜け出し、目の前に絶景が広がりました!

まっすぐに延びる木道の先には、辺り一面に広がる草原。ポツンと佇む紅白の灯台。灯台まで延びる電柱と電線。そして背後に広がる大海原。


落石岬

ここまで牧歌的かつ絵になる岬を、僕は今まで見たことはありません。まさに絵画から切り取ったかのような風景。


落石岬

遠くから見ると長閑な風景ですが、やはりここは岬。海岸線は切り立った崖になっています。気持ちが良い草原だからと言って、不用意に歩き回らないよう注意しましょう。


落石岬

落石岬の良さを引き立てる名脇役、いや、主役と言っても過言ではないのが、落石岬灯台。「日本の灯台50選」にも選ばれた灯台です。

1890年に設置され、1952年に現在の建物に建て替えられました。それ以降、北太平洋を航行する船を見守り続けてきました。こじんまりとした可愛らしい灯台ですが、長年厳しい風雪に耐え、安全な航海を支えてきたのですね。




落石岬周辺は野生動物の宝庫

落石岬

落石岬周辺は野生動物の宝庫でもあります。実際に私が訪れた時にも、あちこちにエゾシカがいましたし、木道でキタキツネらしき動物の姿も見かけました。

動物を見かけても無暗に近づいたり、餌をあげたりするのは厳禁です。遠くから見守るようにしましょう。


落石岬へのアクセス

車でのアクセス

■根室市街地から約30分

根室中標津空港から、道道8号線などを経由して約1時間30分

釧路空港から国道44号線などを経由して約2時間30分


鉄道でのアクセス

根室本線花咲線)の落石駅から徒歩で約1時間30分(灯台までの時間)



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.08.31 | 最終更新:2020.08.31 |カテゴリ: 北海道

まるでもつ鍋!? 旭川しょうゆホルメンを食べてみた(羅亜~麺 加藤屋 北門本店@北海道旭川市)

しょうゆホルメン

北海道のグルメといえば、道内各地で食べられるご当地ラーメン。札幌(味噌)、旭川(醤油)、函館(塩)、釧路(醤油)で食べられている「北海道四大ラーメン」の他、新たなご当地ラーメンも各地で人気を博しています。

今回紹介する旭川しょうゆホルメンもまた、新鋭のご当地ラーメンの1つです。


旭川と言えば旭川ラーメンが有名ですが、養豚が盛んな旭川ではホルモンもまた、食文化の1つとして根付いていました。ラーメンとホルモン、そんな旭川の二大ソウルフードとも言うべき2つのグルメを合体させたのが旭川しょうゆホルメンなのです。

旭川しょうゆホルメンを提供する店はいくつかありますが、今回は旭川市内にあるラーメン店、「羅亜~麺 加藤屋 北門本店」でいただきました。これがとても美味しかったので、この記事でその魅力を紹介させていただきます。






旭川市内の名店、羅亜~麺 加藤屋 北門本店

しょうゆホルメン

今回訪れたのは、旭川市の郊外にあるラーメン店、「羅亜~麺 加藤屋」北門本店。「羅亜~麺 加藤屋」は2020年現在旭川市内に4店舗を構える人気店ですが、今回は本店である北門本店を訪れました。

市の中心部からは少し離れた、郊外の住宅街にあります。近くには北海道教育大学もあり、学生客が多そうな立地です。

店はこじんまりとした平屋ですが、中にはカウンター席とテーブル席、さらには小上がり席がありました。住宅街にあるからか、家族客も受け入れ可能な席となっています。


実食!旭川しょうゆホルメン!

しょうゆホルメン

こちらが旭川の新名物、旭川しょうゆホルメンです!

なかなか個性的なビジュアル!丼の半分ほどを覆いつくすホルモンとキャベツにネギ、そして糸唐辛子。これはあれだ!もつ鍋だ!


実際に食べてみると、これがまた美味しいんです。

スープは豚骨でダシをとった醤油ベースのコッテリとしたスープ。表面は油の膜で覆われており、熱が逃げない工夫がされています。冬の冷え込みが激しい旭川ならではのスープです。

濃厚なスープに負けない麺は、中細のストレート麺。

そしてホルメンの主役とも言うべきホルモン。プリプリとした食感のホルモンがゴロゴロと入っています。丁寧に下処理がされているのか、臭みがありません。噛めば噛むほどに美味い!

脇を飾る具材も魅力的。クタッとしたキャベツやネギ、メンマ、ナルトも良い味出しています。

ラーメンなのですが、どこかもつ鍋を食べているかのような感覚になる、そんな一杯でした。




羅亜~麺 加藤屋 北門本店のメニュー

「羅亜~麺 加藤屋」北門本店のメニューを紹介します。


しょうゆホルメン

ラーメンのメニューが豊富ですね。今回紹介した「旭川しょうゆホルメン」の他に、「旭川みそホルメン」というものも存在するようです。

ラーメンの他にもカレーや丼もの、チャーハンやおつまみメニューも充実しています。


しょうゆホルメン

こちらがおススメのメニュー。「特製せあぶららーめん」がこの店の推しのようですね。


しょうゆホルメン

メニューとしては新鋭の「旭川しょうゆホルメン」は単体で猛プッシュされていました。




羅亜~麺 加藤屋 北門本店へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

道央道旭川鷹栖ICから約5分


店の前と横に専用駐車場があります。仕切り線はありませんが、6~7台分くらいのスペースです。


バスでのアクセス

■旭川駅前から「5番 旭町・春光線」に乗り、約15分。「旭町2条10丁目」停留所で下車し、徒歩5分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.08.25 | 最終更新:2020.08.25 |カテゴリ: 北海道

【テイクアウト】室蘭焼き鳥の名店で焼き鳥をお持ち帰りしてみた(鳥辰@北海道室蘭市)

室蘭焼き鳥

北海道有数の工業都市、室蘭市。日本製鉄の製鉄所を有するなど、「鉄のまち」として知られています。そんな室蘭市ですが、とあるご当地グルメも熱いんです!

それが今回紹介する室蘭焼き鳥

焼き鳥と言っても、室蘭の焼き鳥は少し変わっています。なんと、鶏肉ではなく、豚肉を串に刺して焼いたものなんです。「それじゃあ、焼き鳥じゃなくて焼き豚じゃん」というツッコミもあるかと思いますが、室蘭ではこれが焼き鳥なのです。

余談ですが、以前紹介した函館のご当地コンビニ「ハセガワストア」で売られている「やきとり弁当」も、豚肉でしたね(紹介記事)。


そんな焼き豚ならぬ焼き鳥を提供する店が、室蘭市内には50店舗以上あります。今回は室蘭駅近くにある老舗、鳥辰本店を訪れました。鳥辰本店は持ち帰りにも対応しているとのことでしたので、今回は焼き鳥をテイクアウトしてみました。

コロナ禍において外食を控えている方も多いと思いますが、そんな方には嬉しいサービスですね。この記事では鳥辰本店の焼き鳥について、持ち帰りメニューなどについて解説したいと思います。






室蘭駅前の名店、鳥辰本店

室蘭焼き鳥

今回訪れたのは室蘭市の中心部、室蘭駅近くにある人気店、鳥辰本店です。周辺には焼き鳥屋さんや居酒屋、スナックなどが建ち並ぶ、少し昭和の香りが漂う繁華街。

鳥辰本店もまた、昔懐かしい雰囲気の焼き鳥屋さん。奥行きがある店内には長い焼き台とカウンター。奥には小上がりの席もあるようです。焼き台の上には焼き鳥がズラリと並び、美味しそうな煙が立ち上っています。

この雰囲気だけでお酒が進みそうな、そんな素晴らしい雰囲気のお店です。


室蘭名物豚精肉の焼き鳥をお持ち帰りしてみた

今回は名物の焼き鳥をお持ち帰りしました。

レジにて、串物を十数本注文。「焼きあがるまで15分程お待ちください」とのことだったので、一旦近くのコンビニへお酒の買い出しに行きました。


室蘭焼き鳥

こちらが室蘭焼き鳥です!!

今回はタレと塩をそれぞれ頼んだのですが、別々のパックにいれていただきました。


室蘭焼き鳥

タレ側のパックの左側を陣取るのが、室蘭焼き鳥の定番、豚精肉。豚肉と玉ねぎが交互に刺さっているのが特徴で、甘めのタレで仕上げられています。豚の甘い脂とタレの甘みがマッチして、とても美味しいんです!

タレパックの右側にあるのは、ポークつくね鶏軟骨つくね。こちらも食べ応えがあって美味しい!特に鶏軟骨つくねは、軟骨のコリコリとした歯ごたえが楽しめます。


室蘭焼き鳥

アルミホイルに包まれた洋がらしが付いてきました。焼き鳥を洋がらしに付けながら食べるのもまた、室蘭ならでは。洋がらしのツンとした辛さと、甘いタレの相性は抜群です。是非ともどちらもたっぷりと付けて食べるべし!


室蘭焼き鳥

左側のパックはトントロ。トントロは、店員さんのおススメである塩でいただきました。トントロにも玉ねぎがサンドされています。コッテリとしたトントロですが、玉ねぎが口の中をサッパリとさせてくれます。ナイスコンビですね。




鳥辰本店のお持ち帰りメニュー

室蘭焼き鳥

こちらが鳥辰本店のお持ち帰りメニュー。焼き鳥、串焼きの部分を拡大してみました。

下に書かれたセットメニュー以外には盛り合わせメニューはないので、基本的には一本単位で注文することになります。

定番メニューである豚精肉の他、モツ焼きや鶏肉を使った焼き鳥、ベーコン焼きなど様々な串焼きメニューが存在します。
※丸で囲まれたメニューは、僕が訪問した時間には売り切れになっていたメニューです。


室蘭焼き鳥

他にも刺身や揚げ物、サラダなど、様々な料理をお持ち帰りできるようです。

お持ち帰りの注文は23時まで受け付けているようです。




鳥辰本店へのアクセス

車でのアクセス

道央道室蘭ICから白鳥大橋を経由して約20分

道央道登別室蘭ICから室蘭新道を経由して約25分


市街地にあるお店なので、駐車場はありません。車で訪れた場合は、近隣のコインパーキングを利用しましょう。


鉄道でのアクセス

■JR室蘭本線室蘭駅から徒歩3分

※室蘭駅があるのは室蘭本線の支線です。室蘭行きの列車に乗っている場合を除き、東室蘭駅で乗り換えが必要なので要注意です。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.08.20 | 最終更新:2020.08.20 |カテゴリ: 北海道

オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば オホーツクに新ご当地グルメ誕生!(笑安記@北海道北見市)

干貝柱あんかけ焼きそば

海産物、肉だけでなく、野菜や乳製品まで、美味しい食材の宝庫、北海道。素材だけでも十分素晴らしいのですが、次々と趣向を凝らしたご当地グルメが誕生しています。

今回は、2017年にオホーツク地方で誕生した「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」を紹介します。

北海道北見市網走市の約10店舗で食べることができるこの焼きそば。今回は北見市にある中華料理店、笑安記で食べてきました。この記事では「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」について、そして笑安記のメニューやアクセス情報などについて紹介したいと思います。






北見市で人気の中華料理店、笑安記

干貝柱あんかけ焼きそば

今回訪れたのは、北見市の郊外にある中華料理店、笑安記。

割と庶民的で、仲間内の飲みやら、家族での食事など様々なシーンで使えそうなお店です。店内は中国や台湾の屋台のような雰囲気。カウンター席や間仕切りがされたテーブル席、小上がりなど、色々なタイプの席があるようでした。


2017年に誕生したご当地グルメ、オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば

実は、この店を訪れるまで、「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」というグルメが存在することを知りませんでした。北見市のもう1つの名物、「オホーツク北見塩焼きそば」を目当てにこの店を訪れたのです。

メニューを見ていたら「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」という気になるメニューを発見し、聞くとそれが誕生したばかりのご当地グルメだったので、勢いで頼んでみたわけです。

干貝柱あんかけ焼きそば

…というわけで「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」(980円)です!!

なかなか斬新なフォルムです。「あんかけ焼きそば」と言いつつ、上に乗っているのは薄焼き玉子。玉子の下から固焼きのそばが顔を覗かせています。そして、結構大きい!

サイドには「十文字」と呼ばれるヘラが用意されています。大きいので、これで切り分けて食べるようです。

付け合わせにはスープ、漬物らしきもの、謎の調味料。これらについても後で解説しますね。


干貝柱あんかけ焼きそば

まずはメインのあんかけ焼きそばを見ていきましょう。

写真では分かりにくいですが、薄焼き玉子の下にあるのは塩味のあんかけ焼きそば。餡(あん)にはオホーツク産の干ホタテが使われています。元々北見市では塩ベースのあんかけ焼きそばを食べる文化があり、そこから着想を得ているようです。

あんかけの焼きそばの上の薄焼き玉子は、あんの旨味を閉じ込めることが狙いなんだとか。なかなか斬新な発想…。いや、でも実際に美味いんです!

ちなみにホタテは勿論、玉子や麺の材料となる小麦粉もオホーツク産。地産地消にもトコトンこだわった一品なんですね。

さらに、このあんかけ焼きそば、直径25cmという特大サイズ!完食しましたが、かなり満腹になりました。何人かでシェアするのも良いかもしれませんね。


干貝柱あんかけ焼きそば

焼きそばの脇に置かれているこの謎の調味料。これは、オホーツク産ホタテ貝柱斜里町産サケ北見産タマネギで作った「オホーツク三大醤」!こちらで味変しながら食べるのもおススメです。


干貝柱あんかけ焼きそば

さらには北見産のタマネギを使った玉子スープ、漬物が添えられています。箸休めには最高の一皿でした。




笑安記のメニュー

笑安記のメニューを紹介します。


干貝柱あんかけ焼きそば

干貝柱あんかけ焼きそば

基本的には、中華料理がズラリと並びます。値段がそこまで高くないファミリー中華という感じでしょうか。


干貝柱あんかけ焼きそば

人気メニューは北海道らしくザンギとあんかけ焼きそばの定食。

点心も扱っているようですね。


干貝柱あんかけ焼きそば

せっかくなので単品でザンギも注文してみました。

ザンギもかなり巨大!ジュワッと肉汁が溢れるジューシーで食べ応えがあるもの!端に添えられているマヨネーズとの相性も抜群です。焼きそば+ザンギで、苦しいくらい満腹になりました…。




笑安記へのアクセス



今回紹介した笑安記は、北見市の郊外、国道39号線沿いにあるロードサイド店です。車で訪れるのが便利ですが、バス路線も充実しているため、公共交通機関でも行きやすい店だと思います。


車でのアクセス

■北見市街地から約10分

■女満別空港から約50分


国道沿いの店なので、広い駐車場が確保されています。


バスでのアクセス

■JR北見駅前から北見バスの路線バス「三輪・小泉線」に乗り、約15分。終点の「三輪」停留所で下車。

※バスは概ね15分間隔で運行されています。


【参考】北見バス(TOP>時刻表・運賃>北見市内線)


鉄道でのアクセス

■JR西北見駅から徒歩20分(約1.7km)



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.06.18 | 最終更新:2020.06.18 |カテゴリ: 北海道

| PAGE-SELECT | NEXT