FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 広島県

| PAGE-SELECT | NEXT

「ぺったらぽったら」は宮島で人気の参道グルメ(和奏 ぺったらぽったら本舗@広島県廿日市市)

ぺったらぽったら
世界文化遺産、そして日本三景として有名な厳島神社。広島県西部の廿日市市沖に浮かぶ離島、宮島にある神社で、日本中いや世界中から観光客が集まる日本を代表する観光地です。

そんな厳島神社ですが、参道には多くの飲食店が建ち並び、様々な参道グルメを味わうことができます。数ある参道グルメの中から、特におススメしたい一品を紹介します。


その名も「ぺったらぽったら」!


なんだか力が抜けそうな、変わった名前ですよね。この記事では「ぺったらぽったら」の魅力、そしてお店へのアクセス情報などをお伝えしたいと思います。






厳島神社の参道にある名店、「和奏 ぺったらぽったら本舗」

ぺったらぽったら

謎のグルメ、「ぺったらぽったら」は、宮島のフェリー乗り場から厳島神社へと向かう参道沿いで食べることができます。海沿いに延びる道を歩いて行くと、左手に飲食店や土産屋さんがズラリと並んでいるのですが、そのうちの1軒が今回紹介する「和奏 ぺったらぽったら本舗」です。


ぺったらぽったら

こちらが「和奏 ぺったらぽったら本舗」。

テイクアウト専門のお店ですが、店先にベンチが設置されており、買ったその場で食べることができます。また、参道沿いの至る所にベンチが設置されているので、そちらを利用しても良いでしょう。


「ぺったらぽったら」は牡蠣や穴子を気軽に楽しめる参道グルメ

ぺったらぽったら

これが「ぺったらぽったら」です!!

店先に大きな火鉢が置かれ、ジリジリと燃える炭火の上には美味しそうな…焼きおにぎり…?それとも餅?

そう、「ぺったらぽったら」は、握ったもち米を炭火で炙った、焼きおにぎりのような焼き餅のような料理。メニューは2種類で、牡蠣が乗ったものと穴子が中に入ったものがあります。今回は牡蠣の「ぺったらぽったら」を注文しました。

注文を受けると、店員さんがタレを塗りながら、「ぺったらぽったら」を焼き上げます。漂うタレの良い香り。こんな美味しそうな物を店先で焼かれたら、足を停めざるをえないですよね。まさに飯テロ!


ぺったらぽったら

出来上がった牡蠣の「ぺったらぽったら」。紙に包んで手渡してくれます。これなら手を汚さずに食べ歩きができますね。

せっかくなので、海岸沿いのベンチに座り、瀬戸内海を見ながらいただきました。

タレが焦げた香ばしい香り。口に運ぶと、カリッとした食感の表面、モチモチとした中身がたまりません。そして牡蠣は小ぶりですが、とてもジューシーでした。大満足の一品でした!


ぺったらぽったら

あ、参道には鹿がたくさんいますので、食べ物を食べる際には取られないように十分に注意してくださいね。




「和奏 ぺったらぽったら本舗」へのアクセス

今回紹介した「和奏 ぺったらぽったら本舗」は離島である宮島にあります。訪れるためには、フェリーで宮島に渡る必要があります。

宮島行きフェリー乗り場へのアクセス

【車の場合】

山陽道の廿日市ICまたは大野ICから約10分

※フェリー乗り場の周辺には駐車場がいくつかありますが、行楽シーズンは非常に混雑します。状況によっては、遠くの駅の駐車場に停め、鉄道でアクセスする等の方法を採るのも良いかもしれません。


【鉄道の場合】

JR山陽本線の宮島口駅から徒歩3分

広島電鉄(路面電車)の広電宮島口駅から徒歩1分



フェリーで宮島へ

ぺったらぽったら

宮島口から宮島まではフェリーで10分程度。JR西日本宮島フェリー宮島松大汽船の2社がフェリーを運航しています。それぞれの会社が概ね1時間4本ずつ、2社合わせて1時間に8本という、かなり多くの本数が運航されているため、都会の電車に乗るような感覚で、気軽に島に渡ることができます。


宮島に着いたら、歩いてすぐ

フェリーを降りたら、あとは看板に従って厳島神社の方面へ歩くだけ。歩いて5分程度で、「和奏 ぺったらぽったら本舗」に到着します。

厳島神社を参拝する際には、是非とも立ち寄ってみてください!


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.10.08 | 最終更新:2019.10.08 |カテゴリ: 広島県

海自カレーと肉じゃがは呉を代表する海軍グルメ!(海軍さんの麦酒舘@広島県呉市)

横須賀、舞鶴、佐世保と並び、旧軍港4市の1つとされる広島県呉市。明治時代から日本海軍の鎮守府が置かれ、街は海軍と共に発展してきました。

現在でも市内には軍の関連施設が残っており、「大和ミュージアム」や「てつのくじら館」は呉市を代表する観光地となっています。

海軍が観光資源となっている呉市。海軍グルメも人気です。今回は、海軍グルメの代表格、海自カレー肉じゃがを紹介します。






呉市と言えば、海軍グルメ!

呉市名物の海軍グルメ。元々海軍が船上で食べていた食事のレシピを復刻したもので、様々なメニューが存在します。

今回紹介するカレー、肉じゃがの他にも、オムライスやロールキャベツなどなど。海軍グルメは市内の約20店舗で食べることができます。


海自カレーと肉じゃがが味わえる人気店、「海軍さんの麦酒舘」

海軍さんの麦酒舘

今回は呉駅近くにある「海軍さんの麦酒舘」にお邪魔しました。お洒落で少し懐かしい洋食レストランといった雰囲気。川に面したテラス席もあります。

メニュー@海軍さんの麦酒舘

メニュー@海軍さんの麦酒舘

メニュー@海軍さんの麦酒舘

メニューはタッチパネル方式。

この店では海軍グルメのうち、カレーと肉じゃがをいただける他、呉産の牡蠣などの魚介類を使ったメニューを扱っています。呉の地ビールも置いているようですよ。

車で来ていたので、ビールはグッと我慢して海自カレーと肉じゃがをいただきました。


海上自衛官も食べている!?潜水艦「はくりゅう」カレー

海自カレーは、実際に海上自衛隊が船上で食べているカレーを再現したメニュー。店によって再現するレシピが異なっており、「海軍さんの麦酒舘」では潜水艦「はくりゅう」で食べられているカレーを食べることができます。

潜水艦「せんりゅう」カレー

こちらが潜水艦「はくりゅう」カレー(800円)。

見た目はオーソドックスなカレーライス。しかし食べてみると、これがめちゃくちゃ美味いのです!辛さは控えめですが、コクがあるというか…とにかく美味い!飲み物のように食べられます。

なお、隠し味として白桃を使っているそうです。

呉発祥!?海軍さんの肉じゃがも美味い!

肉じゃが

こちらも呉の名物、肉じゃが(700円)!

なんと、旅館の夕食でよく見かけるような一人鍋用コンロに乗って登場!肉じゃがというより、鍋のよう。熱々を食べられるので、これはアリですねぇ。

肉じゃが

肝心の肉じゃがはと言うと、ゴロンと入った巨大なじゃがいもが存在感を放っています。肉じゃがの定番の具材であるニンジンやグリーンピースは入っておらず、とてもシンプル。じゃがいもはメークインを使用。ホロホロになるまでよく煮込まれており、味がよく染みこんでいます。全体的にバターのようなコクがあり、和食なのにほんのり洋風。

なお、呉市は肉じゃが発祥の地として知られていますが、京都府舞鶴市が発祥とする説もあります。この「発祥の地論争」を逆手に取り、両市がライバル関係であることをPRし、結果的に肉じゃがをご当地グルメとして宣伝することに成功したようです。


海軍さんの麦酒舘へのアクセス

「海軍さんの麦酒舘」は鉄道駅にも近い呉市中心部にあるため、車で行くよりも公共交通機関で訪れるのが便利です。

鉄道でのアクセス

JR呉線の呉駅から徒歩5分。

※呉線は区間によって本数が大きく異なるので注意。西側(広島~広)は毎時3~4本。東側(広~三原)は毎時1~2本。

車でのアクセス

広島呉道路の呉ICから5~10分。

東広島・呉自動車道の阿賀ICから15~20分。

※店の駐車場はありません。近くにあるコインパーキングなどを利用しましょう。


各種情報

海軍さんの麦酒舘 : お店の公式サイト。メニュー情報など。
食べログ : 店舗情報、口コミなど。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.11.22 | 最終更新:2019.03.27 |カテゴリ: 広島県

世にも不思議な岩の海!久井の岩海に行ってみた(広島県三原市)

岩海とは!?

今回は広島県にある「岩海」を紹介します!

…と言っても「『岩海』って何ぞや?」という方が多いと思います。私も現地に行くまで、全く知りませんでした。


水音峡@久井の岩海

岩海」とは読んで字のごとく、「岩の海」。こんな感じの景色が広がっている場所です。

訪れた時は大して期待していなかったのですが、想像以上に良い物を見ることができました。

今回は、広島県三原市の山奥にある知る人ぞ知る景勝地、久井の岩海を紹介します。


広島県の山奥にある静かな観光地

2015年のゴールデンウィーク、私は当時人気が出始めていた「うさぎ島」こと大久野島に行こうとしていました。しかし近くまで来て、Twitterの情報を見たところ、大久野島行きのフェリー乗り場には観光客が殺到しており、船に乗るためには5時間待ち、港周辺も大渋滞になっていることが判明!連休の混雑に辟易していた私は海沿いの道を進むことを諦め、広島県内陸部の観光地を巡ることにしました。

ツーリングマップルをパラパラめくっていたところ、現在地からそう遠くはない三原市の山奥に気になる文字が…。

ツーリングマップル

岩海なんて聞いたことがない上に、日本最大規模だと…!?気になる!!
…というわけで、当初予定にはありませんでしたが、久井の岩海を訪れることになったのです。


久井の岩海の駐車場

三原市の北部の山奥を進むと、久井の岩海の駐車場がありました。道中にはささやかながら看板があるため、ある程度近くまで来れば迷わず辿りつけるでしょう。やや狭い箇所があるので、注意は必要ですが…。

それにしても…、GWの真っ最中だというのに駐車場には私が乗ってきたレンタカー一台のみ…。

しとしとと弱い雨が降っていますが、岩海までは駐車場から150メートルほどの距離ということなので、行ってみましょう。駐車場からの道は比較的歩きやすく、サクサクと進むことができます。


一面の岩の海!これが日本最大級の岩海だ!

銭亀ごうろ@久井の岩海

岩海だ!

急に視界が開け、目の前にはゴロゴロとした岩の密集地が!山の上から押し寄せんばかりの岩海は、氷河のようにも見えます。

銭亀ごうろ@久井の岩海

この迫力!私の写真では伝えきれないのがもどかしいですが、まさしく圧巻の光景。

久井の岩海はいくつかのエリアに分かれているのですが、ここは駐車場から最も近くにある「銭亀ごうろ」という岩海です。近いだけでなく、大きさも一番。なんと長さが約550メートルもあります。


水音峡@久井の岩海

「銭亀ごうろ」から少し進むと、別の岩海が現れます。こちらは「水音峡」。木々が生い茂っており、「銭亀ごうろ」とは全く違った雰囲気が味わえます。岩海の地下を水が流れているらしく、その名の通り、岩に耳を当てると水が流れる音が聞こえるのだとか。

試してみたのですが、雨音にかき消されて水音は聞き取れませんでした…。晴れた日にリベンジしたいものです。


久井の岩海
(カーソルを合わせると拡大します)

今回見学した2ヶ所の他、ここには「中ごうろ」、「大ごうろ」という2つの岩海があります。特に「大ごうろ」は、長さこそ「銭亀ごうろ」には及ばないものの、幅が90メートル、深さが10メートルもある大規模な岩海なのだとか。

全ての岩海を周ると、約1.6kmの道のり。コンディションが良い時に、再チャレンジしてみたいですねぇ。

久井の岩海
(カーソルを合わせると拡大します)

東屋の下に、どのようにして岩海ができたのかを解説する看板があったので、雨宿りがてらお勉強。短くまとめると、「水流によって土が流され、地中に埋まっていた岩が露出した結果、岩海ができた」のだそう。

それ程激しい水流が周りにあるとは思えないですが、水の浸食作用の凄まじさを感じますね。



GWという繁忙期に訪れたのですが、一人で静かに観光を楽しむことが出来ました。客の少なさから、「がっかりスポットかも…」と心配になったのですが、それは杞憂でした。迫力ある岩海を独り占めできるお得な景勝地なので、広く勧めたい、でもあまりお客が増えて欲しくない、そんなスポットです。

なお、久井の岩海から車で45分程度の場所に、矢野の岩海があります。岩海をハシゴできる場所は、全国でもそうそうないでしょう。

なかなか脚光は浴びないけれど、“地味に凄い”岩海。是非とも訪れてみては如何でしょうか。


各種情報

三原観光navi : 広島県三原市は、海も山も魅力!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

≫ Read More

|投稿:2017.10.31 | 最終更新:2019.01.21 |カテゴリ: 広島県

尾道ラーメン(朱華園@広島県尾道市)

坂の街しまなみ海道の玄関口として知られ、年間を通して多くの観光客が訪れる尾道市
そんな風光明媚な町並みにも、勝るとも劣らない人気を誇るご当地グルメがあります。

それが、今回紹介する尾道ラーメン
1928年に中国から来て、尾道市で働いていた人物により広められたとされ、歴史のあるラーメンです。

朱華園 

今回は、人気店である朱華園にお邪魔しました。
入店したのが16時半過ぎという中途半端な時間にも関わらず、店内は満席!
回転が早いのですぐに座れましたが、昼時は長い行列ができるそうです。

ラーメンのメニューは中華そばとチャーシューメンのみという潔さ。
中華そばを注文します。

尾道ラーメン 

出てきました、これが朱華園の中華そば。

パッと目に付くのが、尾道ラーメン最大の特徴でもある背脂
醤油ベースのスープにビッシリと浮かんでいます。
しかし背脂と言っても、ギトギトベチャベチャしたものではなく、コッテリが嫌いな人でも抵抗なく食べられそうです。
また、ゴロっとしたダイナミックな背脂であり、食感を楽しむこともできます。

そしてスープは鶏がらベース
コッテリし過ぎず、アッサリし過ぎず、気づいたら完飲してしまっているという素晴らしいスープです。
店によっては瀬戸内海で採れる小魚のダシを混ぜるところもあります。

麺も非常に特徴的です。
平べったい形状で、独特な食感が楽しめる平打ち麺
その形状のおかげで、スープや背脂がよく絡むのです。

自信の表れか、トッピングはシンプルなもの。
チャーシュー、メンマ、ネギだけですが、十分に満足できました。

見た目はオーソドックスな中華そばですが、食べてみると一癖も二癖もあり、病み付きになる味でした。

各種情報
食べログ : 店舗情報、口コミはこちら!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

るるぶ広島宮島尾道呉岩国(’14)

価格:864円
(2014/4/15 23:27時点)
感想(8件)

スポンサードリンク

|投稿:2014.04.15 | 最終更新:2018.08.16 |カテゴリ: 広島県

音戸の瀬戸(広島県呉市)

多くの島々がひしめき合う瀬戸内海。
広島県呉市の沿岸も、江田島、倉橋島など、島がギッシリと詰まっており、その隙間には多くの海峡が存在します。
今回紹介する音戸の瀬戸は本州と倉橋島の間にある細い海峡。
幅はわずか90メートルしかありません。
そんな狭い海峡ですが、一日約700隻の船が往来する、交通の要衝なのです。

音戸の瀬戸

運河のようにしか見えませんが、こちらが音戸の瀬戸です。
海峡を音戸大橋が一跨ぎにしており、島へは自動車で渡ることができます。
船がくぐれるように橋が高く設計されており、そのため両側でグルグルとループしているのが特徴的です。
私が訪れた時は非常に混雑していましたが、2013年に橋がもう一本架かり(第二音戸大橋)、渋滞も緩和されたそうです。

音戸の瀬戸の渡船

さて、音戸の瀬戸の主役は何と言っても渡し舟
運行距離120メートルで、日本一運行距離が短い海上定期航路と言われています。
時刻表は特になく、運航時間(5:30~21:00)の間は、両岸の桟橋に立てば迎えに来てくれます。
運賃は時期によって変動しますが、概ね70~80円のようです。

船自体はとてもシンプルなもの。
地元の人や自転車を乗せ、ひたすら往復しています。

渡船からの風景

約3分の短い船旅。
潮の流れが速いため、短い割にはよく揺れ、濃密な3分を味わうことができます。
頭上に音戸大橋、周りには海峡を行き交う船を眺めながら、あっという間に対岸に。
船着場に係員がいるわけでなく、船頭のおじさんが料金徴収など全てを行います。

観光地から観光地へと急ぎがちな旅の途中、フラリと立ち寄ってのんびりとした船旅をするのもいいかもしれません。

各種情報
くれナビ : 音戸の瀬戸を初め、呉市の見どころはこちらをチェック。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【新品】【書籍・コミック エンターテイメント】るるぶ 瀬戸内海 しまなみ海道

価格:880円
(2013/11/17 16:35時点)
感想(0件)

スポンサードリンク

|投稿:2013.11.17 | 最終更新:2017.11.21 |カテゴリ: 広島県

| PAGE-SELECT | NEXT