FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 07四国地方

| PAGE-SELECT | NEXT

伊尾木洞 長閑な農村にある異世界のような洞窟 駐車場・アクセス情報を紹介(高知県安芸市)

伊尾木洞

高知県東部にある安芸市。高知市と室戸岬の中間辺りにある、農業が盛んな都市です。そんな安芸市郊外に伊尾木という長閑な集落があるのですが、その集落の片隅にまるで異世界への入口のような場所があります。


伊尾木洞

それが今回紹介する伊尾木洞

そこまで知名度が高くない伊尾木洞ですが、訪れてみるととても神秘的な場所で、感動しました。この記事では、そんな高知観光の穴場的スポット、伊尾木洞を取り上げ、伊尾木洞の魅力や訪れる際の注意点などについて解説したいと思います。






伊尾木洞とは?

伊尾木洞

伊尾木洞高知県安芸市伊尾木の海岸近くにある洞窟です。

実はこちらの洞窟、波による侵食でできた海食洞。現在は海から数百m離れた場所に位置している伊尾木洞ですが、かつては海底にありました。約310万年前から230万年前の間に海底の地層が隆起を繰り返し、さらに波による侵食を受けて洞窟が形成されたのだそうです。

海底にあったことを裏付けるものとして、貝の化石が伊尾木洞の中で発見されています。


伊尾木洞の駐車場

伊尾木洞

伊尾木洞の駐車場は、高知市と室戸岬を結ぶ国道55号線沿いにあります。伊尾木洞は国道よりも山側にありますが、駐車場は国道を挟んで海側にあるので、注意しましょう(伊尾木洞の前には駐車場はありません)。「ようこそ伊尾木洞へ」、「伊尾木洞観光案内所」と書かれた大きな看板があるので、分かりやすいと思います。


伊尾木洞

駐車場は比較的広く、観光バスなどの大型車にも対応できそうなほど。駐車場には小さな観光案内所と公衆トイレが設置されていました。

駐車場から伊尾木洞までは、歩いて1~2分の距離です。




伊尾木洞を散策してみた

伊尾木洞

こちらが伊尾木洞への入口です!

閑静な住宅街の裏手に洞窟がポッカリと穴を空けています。日常と非日常が共存する不思議な光景。


伊尾木洞

入口の前には色々な看板が設置されています。

  • 洞内の通路が水で浸かっている場合もあること
  • 伊尾木公民館で長靴を貸し出していること(2020年現在、新型コロナウイルスの影響で停止中)
  • マムシが出るのでサンダル履きは危険であること
  • 自然保護のための募金をお願いしたいこと

などと書かれています。


伊尾木洞

一通り注意書きと解説を読んだので、入洞しましょう!

スロープで川まで下り、そのまま洞内へと続いている歩道を通り、いざ入洞!


伊尾木洞

伊尾木洞は延長100m、高さ5m、幅3m程の小さな洞窟。

洞内には川が流れており、僅かに高くなった部分が歩道となっています。川の水量が少しでも増えたら、あっという間に沈んでしまいそうな心許なさです。天井から水滴がポタポタと垂れていており、歩道にも水たまりができている箇所がありました。

洞内には照明の類はありませんが、そこまで長い洞窟ではないため、外からの光で進むことができました。


伊尾木洞

洞窟を抜けると、そこはまるで異世界のような空間。

垂直に切り立った崖が両側に迫る狭い谷。薄暗い谷底や岩肌には苔やシダが生い茂っており、独特な雰囲気が漂っています。崖の上には長閑な農村が広がっているはずですが、それを感じさせない静けさ。


なお、この先へ進むためには谷の中を蛇行する川を渡る必要があります。川底の石を足場にして、靴を濡らさずに先へ進むことができましたが、時期によって水量も変わりますので、長靴があった方が良いでしょう。


伊尾木洞

振り返ってみました。山側から見た伊尾木洞の姿です。

目の前の洞窟の向こうには伊尾木の集落があり、国道と鉄道、そして太平洋が広がっているのです。山奥のような風景に見えますが、ここは人里、海の近くなのです。


伊尾木洞

なお、洞窟を抜けた先、谷底を遡っていくことができます。400m程進むと滝があり、集落に抜けることができるようです。

今回はあまり歩くのに適した格好ではなかったため、奥へと進むのは辞めておきました。


伊尾木洞

再度伊尾木洞をくぐり、日常へと舞い戻りました。滝まで足を延ばさず、伊尾木洞だけを見るのであれば、駐車場との往復も含めて所要時間は20分程でした。




伊尾木洞を訪れる際の服装・靴

先述しましたが、伊尾木洞を訪れる際には、服装、靴には注意しましょう。

洞窟内は天井から水が滴っており、道にも水たまりができています。また雨が多い時期などは川が増水していることもあるでしょう。さらに、洞窟を抜けた先には川の中を歩いて渡るポイントがあります。

長靴を履き、濡れても良い服装で訪れることをおススメします。


伊尾木洞へのアクセス

車でのアクセス

高知東部道芸西西ICから国道55号線経由で約25分

■高知市内から高知東部道、国道55号線経由で約1時間

■室戸岬から国道55号線経由で約1時間




鉄道でのアクセス

■後免駅から土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗車し約40分。伊尾木駅で下車し、そこから徒歩7分程度



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.01.09 | 最終更新:2021.01.09 |カテゴリ: 高知県

日本の滝100選 雨乞の滝と極上の渓流を散策しよう(徳島県神山町)

雨乞の滝

徳島県徳島市から車で約40分の場所に、神山町という町があります。町の面積の83%を山地が占め、徳島市に近いながらも豊かな自然が味わえる町です。

そんな神山町を代表する観光地が、雨乞の滝日本の滝100選にも選ばれている滝です。雨乞の滝自体も素晴らしいのですが、滝の周辺を流れる渓流もまた魅力的。この記事では雨乞の滝の魅力だけでなく、アクセスや駐車場情報、遊歩道の様子についてお伝えしたいと思います。






日本の滝100選 雨乞の滝

雨乞の滝

こちらが雨乞の滝です!

落差約45mの三段の滝。滝の途中が段状になっており、角度を変えながら流れ落ちる様はとても優美です。苔むした岩肌や周囲の雰囲気と相まって、神々しさすら感じますね。

なお、雨乞の滝はこれだけでは終わりません。


雨乞の滝

先ほど見た滝のすぐ左側にも滝があるのです!こちらは崖を一気に流れ落ちる滝です。


雨乞の滝

スマートフォンの広角機能を使い、2つの滝を1枚の写真に収めてみました。

右側の滝が落差45mの雌滝、左側が落差27mの雄滝です。2つ合わせて雨乞の滝というわけです。

周囲360度近くを断崖絶壁に囲まれた場所に、2本の滝が流れ落ちるという滝好きにとっては夢のような空間です。夏はとても涼しそうですね。


現地に、環境庁が設置した看板が立っています。そこに「雨乞の滝」の名前の由来が書かれていたので、ご紹介しましょう。

 この滝には、竜王神と不動尊が祭られています。昔から日照りが続いたときには、村人が鉦や太鼓をたたいて、踊りを奉納して雨乞をしたということです。

※鉦とは、金属製の打楽器の一種

滝は、往々にして信仰の対象となりますが、雨乞の滝もまた例外ではないようですね。




雨乞の滝へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

徳島道藍住ICから約50分




雨乞の滝へ向かうためには、神山町の中心部から山へと向かう細い道に入る必要があります。雨乞の滝がある高根谷川に沿って、長閑な農村風景を横目に登っていくのですが、離合ができる箇所が少ない道なので、細心の注意を払って運転しましょう。


雨乞の滝

神山町の中心部から約1.6km、谷が狭くなってきた辺りに雨乞の滝の駐車場があります。ここで車道は行き止まりです。駐車場は2ヶ所にあり、合わせて十数台分の駐車スペースが用意されています。


バスでのアクセス

徳島駅前から徳島バスの路線バス神山線神山高校行き)に乗車し約1時間10分。終点手前の「寄井」停留所で下車。

②「寄井」停留所から雨乞の滝駐車場まで徒歩約30分。


【参考】徳島バス(トップ>路線バス>路線バス時刻表・路線図)




雨乞の滝への遊歩道

最後に雨乞の滝へ向かう遊歩道について紹介します。駐車場から雨乞の滝までは、徒歩で約20分の道のりです。比較的整備状況は良好ですが、結構な急坂や階段が待ち受けていますので、歩きやすい格好が必須です。


雨乞の滝

駐車場を出発します。写真に写っているのは、公衆トイレ。ここが最後のトイレにnまた、遊歩道の入口には、木を削って作られたワイルドな杖が置いてありました。


雨乞の滝

雨乞の滝までは、このような渓流沿いの道が続きます。滝までひたすら上り坂です。渓流を眺めながら、休み休み登っていきましょう。


雨乞の滝

途中にはこのような階段もあります。駐車場から滝までは800m程の距離ですが、登りっぱなしなので意外と体力が削られます。

階段の両脇は何故かスロープになっていますが、バリアフリーと呼ぶには少々無理がありそうです。


雨乞の滝

雨乞の滝の下流にもいくつか滝があり、歩く人たちの目を楽しませてくれます。手前からうぐいす滝(左上)、不動滝(右上)、もみじ滝(左下)、観音滝(右下)。雨乞の滝ほどの規模ではないものの、様々なタイプの滝が次々と現れるので、楽しく登ることができました。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.12.16 | 最終更新:2020.12.16 |カテゴリ: 徳島県

遊子水荷浦の段畑 11月に訪れてみた アクセス・駐車場情報も(愛媛県宇和島市)

遊子水荷浦の段畑

愛媛県南西部に位置する港町、宇和島市

宇和島市はリアス式海岸が発達しており、無数の島々や半島が点在しています。その複雑な海岸線故、訪れるのは少し大変ですが、苦労して訪れる価値のある風光明媚な場所がたくさん眠っているのです。


遊子水荷浦の段畑

中でもこちら、遊子水荷浦の段畑は愛媛県、いや四国屈指の絶景が楽しめると、近年評判のスポットです。

急斜面に造られたこちらの段畑では、主にじゃがいもが栽培されています。段畑はほぼ垂直に積まれた石垣に囲まれており、まるで城壁のよう。2020年11月に初めて訪れましたが、評判に違わぬ絶景を見ることができ、とても感動しました。

この記事では遊子水荷浦の段畑へのアクセス、駐車場などの情報や、11月に訪れた時の様子を紹介したいと思います。






遊子水荷浦の段畑ってどこにあるの?



今回紹介する遊子水荷浦の段畑は、宇和海に向かってニョキッと突き出した蒋淵半島三浦半島)の中間にあります。半島は宇和島市の市街地からは少し離れているうえ、海岸線が複雑に入り組んでいるため、アクセスするのはなかなか大変な場所と言えるでしょう。


遊子水荷浦の段畑へのアクセス

車でのアクセス

宇和島道路宇和島南ICから約30分。


蒋淵半島の付け根にあたる結出集落までは、県道37号線を通ります。海岸線をなぞるように細かいカーブが多い道ですが、そこまで狭い道ではありません。結出からは「水ヶ浦段々畑」と書かれた看板に従って右折し、いよいよ蒋淵半島に入ります。そこからは少々狭い箇所も出てきますので、十分に注意しながら運転しましょう。基本的には分岐点には看板が設置されていますので、迷う心配はないかと思います。


バスでのアクセス

宇和島駅前から宇和島バスの路線バス「遊子・蒋渕線(蒋渕行き)」に乗車し、約1時間。「水ヶ浦」バス停で下車。

※1日5往復(休日は4往復)と本数が少ないため、訪れるにはご注意を。


【参考】宇和島自動車(トップ>路線バス)




遊子水荷浦の段畑の駐車場

遊子水荷浦の段畑

遊子水荷浦の段畑を車で訪れる場合の駐車場を紹介します。段畑の真下の「だんだん茶屋」前に、十数台が停められる駐車場がありますので、こちらを利用しましょう。

ちなみに、最寄りのバス停である「水ヶ浦」停留所もこの駐車場前にあります。

駐車場には「だんだん茶屋」という郷土料理が食べられる食堂、農産物直売所、公衆トイレが設置されています。


遊子水荷浦の段畑を散策してみよう

遊子水荷浦の段畑

こちらが駐車場から見上げた段畑です!これでも十分に凄い景色なんですが、下から見上げただけでは段畑の全てを見たとは言えません。せっかく訪れたからには、段畑を中腹から、そして上からも見てみたいもの。是非とも段畑の周りを散策して、その絶景を存分に楽しみましょう。

なお、散策路には階段や急坂もあるため、歩きやすい靴で訪れることをおススメします。


遊子水荷浦の段畑

それは散策を開始しましょう。

「だんだん茶屋」の脇にある小道から、段畑のある斜面を登ることができます。のっけから階段で石垣で固められた斜面を登っていきます。


遊子水荷浦の段畑

段畑の中段まで登ってきました。ここまでの所要時間は、登り口を出発して1~2分です。

積み重なるような石垣の間を1m程の幅の小道が延びています。この時点で結構な高さ。高所恐怖症の方には少し辛いかもしれません。


遊子水荷浦の段畑 

段畑を見ると、農作業用のモノレールが縦横無尽に張り巡らされており、さらには大小様々な梯子があちこちに架けられています。農家の方はこの垂直に近い段畑で作業をされているわけですね。高所であるうえに、1つ1つの畑は非常に狭いため、まさに命がけの作業と言えるでしょう。

なお、遊子水荷浦の段畑の見頃は、じゃがいもの葉が青々と茂る3~4月だと言われています。11月の段畑は全体的に土色の景色ですが、葉が茂っていない分、石垣をよく見ることができ、これはこれで素晴らしい景色でした。


遊子水荷浦の段畑

段畑の中の小道を歩き、かなり高い場所までやってきました。ここまで来ると、海もかなり綺麗に見えますね。海に何か浮かんでいますが、真珠の養殖場のようです。


遊子水荷浦の段畑

一番上段まで行き、絶景を堪能したら、あとは駐車場に戻るだけ。来た道を戻るのも良いのですが、それでは勿体ない!段畑の間を通る細い道を通って戻るのもおススメです。


遊子水荷浦の段畑

この道から眺める段畑や宇和海は、この遊子の中でもイチオシの景色です。

急斜面にギッシリと詰め込まれた段畑、その中をクネクネと延びるモノレール、遥か眼下に見える漁村と海。景色はすこぶる良いのですが、かなり高度感があるので、やっぱり高所恐怖症の人には厳しいかもしれません。

道は狭く、さらには急坂なので、高所恐怖症ではなくても慎重に歩を進めなくてはなりません。この道を進み、さらに急な階段を下りていくと麓の集落に戻ることができます。

所要時間としては、ゆっくりと景色を楽しんだり、写真を撮りながら歩いて30分程度でした。




お土産には遊子のじゃがいもを!

遊子水荷浦の段畑を訪れた記念として、じゃがいもを買って帰るのも良いでしょう。集落の中には、無人販売所があります。せっかくなので1袋300円で購入しました。


遊子水荷浦の段畑

帰宅してから遊子のじゃがいもでじゃがバターを作りました。非常に美味しかったですよ!


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.12.08 | 最終更新:2020.12.08 |カテゴリ: 愛媛県

カツオのタタキが入った土佐巻 発祥の店で食べてみた(菊寿司本店@高知県高知市)

土佐巻

高知県の名物と言えば、海の幸から山の幸まで色々な物がありますが、やはり定番中の定番と言えばカツオのタタキ!全国的にお馴染みなポン酢でいただくカツオのタタキだけではなく、塩でいただくものもあります。

また、以前当ブログで紹介したように、カツオのタタキバーガーなどのアレンジメニューも人気を集めています。今回もまた一風変わったカツオのタタキメニューを紹介したいと思います。

それが土佐巻。カツオのタタキを具材にした巻寿司です。

今回は土佐巻の発祥の店と言われる、高知市にある菊寿司本店にお邪魔しました。この記事では、土佐巻の魅力、菊寿司本店のメニューなどについて紹介したいと思います。






高知市中心街にある名店 菊寿司本店

土佐巻

今回訪れたのは土佐巻発祥の店、菊寿司本店。高知市中心部のアーケード街「新京橋商店街」にあるお店です。

人気店らしく、3連休のお昼に訪れたところ、3~4組の待ちが発生していました。ウェイティングボードに名前を書いてから店の前で待ち、10分程で入店することができました。

店は2フロアに分かれており、今回は2階のボックス席に案内されました。


土佐巻を食べてみた!

土佐巻

こちらが土佐巻です!

1本で830円(税別)。6等分にカットされています。食べてみましょう!

巻寿司の中にはカツオのタタキ大葉ニンニク。カツオのタタキの一皿を、海苔巻に閉じ込めたような感じです。濃厚な味のカツオを、爽やかな大葉とニンニクの香りが引き立てています。これは食べ応えがありますね!

味が付いているので、醤油なしでも美味しくいただくことができました。醤油の有無はお好みで良いかと思います。




カツオのタタキも絶品!

土佐巻

せっかくなので、カツオのタタキも注文しました。

見た瞬間に驚きました。一切れ一切れがとにかく分厚いんです!さらに、焼き加減の絶妙。表面はしっかりと焼きあがっているのに、中は生のまま。流石はカツオのタタキの本場だと感動せざるをえませんね。

大葉やニンニク、キュウリ、ネギなどの薬味、タレもたっぷりと添えられています。とてもお酒が進みそうな一品だったのですが、車で来ていたので我慢しました…。


菊寿司本店のメニュー

菊寿司本店のメニューを紹介します。

土佐巻

寿司屋らしく、握りやちらし寿司、海鮮丼などのメニューが中心です。

なお、セットメニューが並んでいますが、寿司は単品でも注文できるようです。


土佐巻

高知の郷土料理、「むし寿し」もこの店の人気メニュー。ウナギやアナゴ、カニなど豪華な具材のむし寿しを食べることができます。


土佐巻

そして、旅行者には嬉しい「土佐の逸品」。今回いただいた土佐巻、カツオのタタキだけでなく、サバ寿司龍馬巻など、土佐の味が楽しめる品々があります。

お酒が進みそうな一品料理、会席料理も充実しているようですね。




菊寿司本店へのアクセス

車でのアクセス

高知道高知ICから約20分

高知東部道高知南ICから約15分


店には専用の駐車場がないため、近隣のコインパーキングを利用する必要があります。

鉄道でのアクセス

高知駅前から路面電車に乗り約7分。3駅目のはりまや橋停留所で下車。そこから徒歩2~3分。

※高知駅から1km以内なので、歩いて行っても良いと思います。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.11.30 | 最終更新:2020.11.30 |カテゴリ: 高知県

仁淀ブルーが美しい中津渓谷。大迫力の雨竜の滝も魅力!(高知県仁淀川町)

清流と言えば、高知県を流れる四万十川が有名です。しかし、その四万十川を凌ぐ清流が、同じ高知県を流れていることはご存知でしょうか。

それが、高知県と愛媛県を流れる仁淀川。長さ124km、四国第3位の長さを持つ川です。

仁淀川の魅力は何と言っても全国屈指の水質の良さ!透明度が高く、川の深さや光の加減によっては美しい青色に輝いて見えます。「仁淀ブルー」と呼ばれる美景を求め、全国から多くの観光客が訪れているのです。

この記事では、仁淀川流域でも特に人気が高い観光地、中津渓谷雨竜の滝についてお伝えしたいと思います。






中津渓谷の遊歩道を歩いて仁淀ブルーを楽しもう!


中津渓谷があるのは、仁淀川中流域にある高知県仁淀川町。仁淀川の支流、中津川にある渓谷です。


中津渓谷

現地にあった案内図を用いて、簡単に説明します。

今回紹介する中津渓谷を巡る遊歩道は、「中津橋」を出発し、何度も川と交差しながら延びている茶色の線。中津渓谷を遡っていくと、上流には雨竜の滝が描かれてます。

遊歩道で中津渓谷を楽しみながら、雨竜の滝を目指すというのが、人気のルートです。


中津渓谷

スタート地点は日帰り入浴施設や茶屋が並ぶ中津橋付近。ここから川沿いの遊歩道が始まります。

渓谷の途中にはトイレはありません。雨竜の滝までの所要時間は往復40~50分。遊歩道に入る前にトイレを済ませておくようにしましょう。


中津渓谷

遊歩道に入ると、早速「仁淀ブルー」が本領を発揮します。

美しい青、それでいて川底まで覗けるほどの透明度!訪れた日は生憎の小雨だったのですが、薄暗い天気の中でも「仁淀ブルー」は健在でした。

よくよく目を凝らすと、小さな魚の姿も!そういった魚を狙って、釣りをしている方もいました。


中津渓谷

遊歩道は概ね川に沿って、上流へと進んでいきます。コンクリートで舗装されていますが、大きな岩を階段で乗り越えたり、小さな橋で川を渡ったりするため、意外とアップダウンがあります。


中津渓谷05

時には、このような巨岩の下を通り抜けるトンネルのような場所もあります。冒険心がくすぐられますね。


中津渓谷

20分くらい歩いた所に分かれ道があります。鉄階段で上を目指す道と、川に沿って右に折れる道がありますが、雨竜の滝を目指す場合は後者の道へ進んでください。




ド迫力!雨竜の滝は中津渓谷のクライマックス!

中津渓谷

中津渓谷08

分岐点を過ぎると、谷は一層険しくなり、川の流れもこれまでよりも激しく、深くなります。

道を造る場所が限られているため、遊歩道も橋の連続。相変わらず美しい渓谷美が続きますが、景色に見とれて足を踏み外さないように注意して進みましょう。


中津渓谷

やがて、三方を切り立った断崖絶壁に囲まれた袋小路のような場所に到着します。目の前にはアーチ橋。このアーチ橋を渡った先に目指す目的地があります。

雨竜の滝@中津渓谷

アーチ橋を渡った先には雨竜の滝!!

アーチ橋を渡るまでは、岩の陰になっており見えていなかった雨竜の滝がいきなり目の前にドンと現れました。かなり衝撃的な滝とのファーストコンタクト!

雨竜の滝@中津渓谷

アーチ橋の先で遊歩道は行き止まりとなり、そこにはちょっとした展望スペースがあります。

そして展望スペースに立つと、眼前に迫る雨竜の滝。

落差は20mと、そこまで大きな滝ではありませんが、至近距離から見られるせいか、かなりの大迫力。周囲を高い崖に囲まれているため、水の音がひと際大きく反響し、飛沫を全身で感じることができます。

ちなみに僕は5月に訪れたのですが、この時期は水量が少ない方なのだそう。是非、雨の後などに訪れて、さらに迫力のある雨竜の滝を観てみたいものですね。




中津渓谷・雨竜の滝へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

高知道の須崎東ICまたは須崎中央ICから国道494号線などを経由して約1時間

高知道の伊野ICから国道33号、494号線などを経由して約1時間

松山道の松山ICから国道33号線などを経由して約1時間半



国道33号線を走っていると、仁淀川町の名野川集落に到着します。中津渓谷へ行くためには、名野川集落唯一の信号がある交差点(上のストリートビューで示した交差点)を曲がって、高知県道363号線に入ってください。高知市方面から来た場合、鋭角に折り返して曲がる形になります。

「中津渓谷」を示す看板も設置されているので、分かりやすいと思います。



県道363号線を登っていくと、すぐに駐車場の案内看板が現れます。廃校となった名野川小学校の運動場が駐車場として開放されていますので、そちらを利用するようにしましょう(上のストリートビューに載っている、左手へ登っていく細い道が駐車場の入口です)。

中津渓谷の入口にも駐車場はありますが、3台分のみですので、旧名野川小学校駐車場を利用するのがベターだと思います。


バスでのアクセス

①JR土讃線の佐川駅から黒岩観光の路線バスで「土佐大崎」停留所へ。

②「土佐大崎」から仁淀川町町民バス(または黒岩観光バス)に乗り換え、「名野川」停留所で下車。

③「名野川」停留所から、徒歩10分程度で中津渓谷の入口に到着します。

※バスの本数は限られているため、事前に時刻は確認しておきましょう。


■参考:仁淀川町(TOP>くらしの情報>公共交通)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.04.24 | 最終更新:2019.04.24 |カテゴリ: 高知県

| PAGE-SELECT | NEXT