fc2ブログ
TOP > CATEGORY - 08九州地方

| PAGE-SELECT | NEXT

冬の浜野浦の棚田を訪れてみた 駐車場情報も紹介(佐賀県玄海町)

浜野浦の棚田

日本の棚田百選」。

1999年に農林水産省によって選定された、全国各地の風光明媚な棚田たちです。棚田ということで、山の多い中部地方に多く分布しているのですが、九州地方もまた棚田が多い地域です。

今回は九州の棚田の中から、一際人気の高い「浜野浦の棚田」を紹介したいと思います。



浜野浦の棚田があるのは、佐賀県北部に位置する玄海町。玄界灘に向かって突き出した東松浦半島の西岸にあります。

僕は、12月2月に浜野浦の棚田を訪れました。本来、棚田の見頃というのは水が張っている田植えの時期(4~5月)、稲穂が青々としている夏、稲が実る秋なので、僕が訪れたのはいずれもオフシーズン。オフシーズンの浜野浦の棚田もなかなか見応えがありました。折角なので紹介したいと思います。






絶景!海に面した谷に広がる浜野浦の棚田

12月の浜野浦の棚田

浜野浦の棚田

こちらが12月の浜野浦の棚田です!

海に面した狭い谷に、ビッシリと棚田が詰め込まれている様は、なかなか他では見られない新鮮な風景です。農閑期と言うことで水は張っていませんし、稲も植わっていませんが、これはこれで絵になる光景ではないでしょうか。

この棚田は全長約1.5kmの浜野浦川が形成した侵食谷に造られたもので、283個もの田が連なっています。その歴史は古く、戦国時代から江戸時代にかけて築かれたのだそうです。加工をしていない自然石による石垣も一部で残っているのだとか。


2月の浜野浦の棚田

浜野浦の棚田

こちらが2月に訪れた時の浜野浦の棚田です。
こちらも同じく農閑期なので、12月の風景とそこまで変化はないですね。


冬の浜野浦の棚田の混雑状況

先述しましたが、浜野浦の棚田の見頃は田んぼに水が張られている4~5月。特に夕暮れ時は夕陽が棚田に映り込み、非常に美しいのだそうです。私はその時期には訪れたことはないのですが、多くの観光客で混雑するようですね。

今回訪れた12月と2月ですが、いずれも空いていました。休日に訪れたのですが、他のお客さんは1~2組だったと記憶しています。のんびりと棚田見物を楽しむなら、空いている農閑期がおススメです。




浜野浦の棚田の駐車場

浜野浦の棚田

浜野浦の棚田の駐車場は、国道204号線沿いの2カ所にあります。棚田の目の前にある第1駐車場と、棚田から100m程の場所にある第2駐車場。僕は空いている時期に訪れたので、第1駐車場に停めることができました。第1駐車場には公衆トイレも完備されています。


浜野浦の棚田

こちらが第1駐車場。そこまで広くはない駐車場で、停められるのは8台程。見頃の時期にはあっという間に満車になってしまいそうですね。第2駐車場は20台以上が停められるようです。


浜野浦の棚田

第1駐車場から棚田の展望台までの道のりが上の地図に赤線で示されています。棚田へ向かうルートは2つ。①国道を横断歩道で横断するルート②国道の下を潜り抜けるルートが用意されています。

距離的には①のルートが近道。②のルートは段差のない、バリアフリーのルートとなっています。




浜野浦の棚田の展望台

浜野浦の棚田

展望台は国道204号線の海側、国道よりも少し低い位置にあります。


浜野浦の棚田

ウッドデッキやベンチ、テーブルなんかが整備されていて、のんびりと棚田が眺められるようになっています。浜野浦の棚田が「恋人の聖地」にも認定されているようで、そういったことも意識した整備なのかもしれません。




浜野浦の棚田へのアクセス

車でのアクセス

西九州道北波多ICから佐賀県道50号、国道204号線を経由して約25分


バスでのアクセス

唐津バスセンターから昭和バスの路線バス有浦線玄海エネルギーパーク」行きに乗車し、約30分。「浜野浦の棚田」停留所で下車。


【参考】昭和バス(TOP>バス時刻表)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.12.21 | 最終更新:2021.12.21 |カテゴリ: 佐賀県

「アジフライの聖地」 長崎県松浦市で絶品アジフライ定食を食べてみた(あじ彩@長崎県松浦市)

アジフライ

突然ですが、長崎県は魚が美味い!

ちゃんぽんやトルコライス、佐世保バーガーなどのご当地グルメが魅力の長崎県ですが、新鮮な魚介類も自慢です。長崎県と言えば、海岸線の長さが全都道府県の中で第2位を誇る、入り組んだ海岸を持つ県。好漁場が多く、都道府県別の漁獲量は北海道に次いで、これまた第2位となっています。

今回は長崎県北部の港町、松浦市アジフライを食べてきました。これが、今まで食べたどこのアジフライよりも美味しかったので、この記事で紹介したいと思います。






長崎県松浦市は「アジフライの聖地」

アジフライ

アジの水揚げ量日本一を誇る長崎県松浦市。アジと言えば、やっぱりアジフライ!…ということで、松浦市内には名産のアジを使ったアジフライを提供する店が多く、市を挙げて「アジフライの聖地」をPRしています。

上の写真は松浦市の玄関口でもある松浦鉄道の松浦駅にあるモニュメント。駅構内にも堂々と「聖地」という文字が掲げられています。


アジフライ

こちらは松浦市にある鷹島という離島にあるモニュメント。「アジフライを掴む箸」という、世界でもここにしかないんじゃないかという斬新なモチーフ。とにかく“アジフライ推し”が凄いです。


アジフライ

また、松浦駅構内にも貼られていましたが、「松浦アジフライ憲章」なるものが存在します。

松浦産のアジを使用する、新鮮なものを、揚げたてアツアツで…など、とにかくアジフライに対する並々ならぬ熱意が伝わってくるのです。


今回は、そんな松浦市内にある「あじ彩」さんにお邪魔し、アジフライを食べてきました。




人気店「あじ彩」でアジフライ定食を食べた

アジフライ

今回お邪魔したのは、松浦駅近くにある「あじ彩」さん。気取らない割烹という感じのお店で、店内は地元のお客さんで賑わっていました。小上がりの他、仕切りのあるボックスタイプのテーブル席があり、落ち着いて食事を楽しむことができます。

色々メニューはありますが、今回は松浦あじフライ定食を注文しました。


アジフライ

こちらが松浦あじフライ定食(1,280円)です!

大ぶりなアジフライが2尾。加えてきんぴら、サラダ、ご飯、味噌汁と漬物が付きます。ソースはタルタルソースととんかつソースの2種類。それぞれの味を楽しむことができます。今回は定食の料金に700円プラスして、刺身盛り合わせを追加しました。


アジフライ

身がふっくらとした大ぶりなアジフライ。箸で持つのに難儀するほどの重さです。大きさもさることながら、柔らかく、しっとりとした身は絶品でした。下処理がしっかりとされており、小骨が入っていないのも嬉しいですね。

また、この店のアジフライの特徴は、衣に粉チーズを混ぜてあること。そのためか、ほんのりの塩味が効いています。このチーズの味はソースとの相性も抜群。どちらのソースも非常に美味しくいただくことができました。


アジフライ

こちらが定食とセットで注文した「A刺」(700円)。お刺身が4~5品付いてきます。

今回はサバ、ブリ、タイ、マグロの4種の盛り合わせでした。どれも新鮮で、非常に美味しかったです。




あじ彩のメニュー

今回訪れたあじ彩のメニューを紹介します。

アジフライ

定食メニュー、肉の一品料理、おつまみメニューがバランスよくある感じです。アジフライは定食でも単品でも食べられるようですね。

長崎ハーブサバというブランド鯖のお刺身も取り扱っています。


アジフライ

こちらは海鮮系のメニューです。定食にプラスできる「A刺」(4~5点盛り)、「B刺」(めかぶ和え)というメニューもあります。先述したように、今回はA刺を追加しました。




あじ彩へのアクセス

車でのアクセス

西九州道松浦ICから約5分。

西九州道佐々ICから約30分


店から少し離れた松浦駅周辺に、駐車場が3台分用意されているようです。


鉄道でのアクセス

松浦鉄道松浦駅から徒歩3分



バスでのアクセス

佐世保駅前から西肥バス松浦駅前行きに乗車し、約1時間10分。終点の「松浦駅前」停留所で下車。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.12.19 | 最終更新:2021.12.19 |カテゴリ: 長崎県

日田焼きそば パリパリ食感と生卵の相性が抜群のご当地焼きそば(萬天楼@大分県日田市)

日田焼きそば

B級グルメの代表格とも言えるご当地焼きそば。全国各地に、個性的で美味しいご当地焼きそばが数多く存在します。今回は、数あるご当地焼きそばの中から、大分県日田市で食べられている日田焼きそばを紹介します。

日田焼きそばは麺を鉄板でよく焼き、パリッと仕上げるのが特徴。その食感が人気を集めています。今回は日田市内にある人気店、萬天楼を訪れました。この記事では萬天楼で食べた日田焼きそばについて、萬天楼のメニューやアクセス情報などを紹介したいと思います。






日田インターチェンジ近くにある人気店、萬天楼

日田焼きそば

今回訪れたのは日田市内にある人気店、萬天楼日田インターチェンジのすぐ近くという好立地にあるお店です。

中は広く、小上がりとテーブル席、さらにはカウンター席が用意されています。グループでも一人でも、幅広い客層に対応できそうな感じですね。




実食!日田焼きそば

日田焼きそば

こちらが日田焼きそばです!

熱々の鉄板に乗せられて登場。今回はトッピングで生卵を追加しました。

食べてみると麺がパリパリとしていて美味しい!固焼きそばまではいかないですが、程よいパリパリ感が良いですね~。

具材は豚肉、モヤシ、ニラというシンプルな構成。何といってもモヤシが良い仕事をしています。麺のパリパリ感とモヤシのシャキシャキ感こそが日田焼きそばの魅力と言えるでしょう。


日田焼きそば

生卵をトッピングしてみましたが、これが大正解!麺や具材に卵がコーティングされて、何とも言えない幸せな味に変わります。そのままでも十分に美味しいのですが、是非とも生卵トッピングは試していただきたいですね。


日田焼きそば

テーブルには紅ショウガ、七味唐辛子、コショウなどの調味料があります。好みに応じて味変を楽しむのも良いと思いますよ。




萬天楼のメニュー

萬天楼のメニューを紹介します。


日田焼きそば

メニューの最初に挙げられているのは日田焼きそば。単品のみならず、ご飯やチャーハン、牛すじ煮込みなどが付くセットメニューもあります。

日田焼きそばの他に、しょうゆラーメンもプッシュしているようですね。


日田焼きそば

こちらがドリンクメニューと一品料理などのメニュー。

メニューは全体的にシンプルですね。訪れたお客さんのほとんどが日田焼きそばを注文しているように見えました。




萬天楼へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

大分道日田ICから1分



「日田焼そば」とデカデカと書かれた看板が目印です。国道沿いにあるせいか、駐車場は広めです。


バスでのアクセス

■日田駅前にある日田バスセンターから市内循環線(Dコース)に乗車し、約10分。「清岸寺入口」停留所で下車。


【参考】日田市公式サイト(くらし・手続き>生活・環境>道路・交通)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.12.04 | 最終更新:2021.12.04 |カテゴリ: 大分県

山鹿の名店、彩座で「馬重」を食べてみた(熊本県山鹿市)

馬重

熊本と言えば馬肉

以前このブログでも紹介(記事)しましたが、馬刺しや焼肉、ハンバーグなど、熊本県内では様々な馬肉料理をいただくことができます。

今回は熊本県北部、山鹿市で「馬重」なる料理を食べてきました。これが衝撃的な美味さでした。この記事では、山鹿市にある名店「彩座」の「馬重」について、さらには「彩座」のメニューなどについても紹介したいと思います。






山鹿市の中心街にある名店、彩座

馬重

今回訪れたのは、山鹿市中心部にある人気店、「彩座(いろどりざ)」。山鹿市のシンボル的存在でもある山鹿温泉さくら湯の前の繁華街にあるお店です。

熊本の郷土料理が食べられるお店として、観光客にも人気があります。


馬重

入店すると、くまモンが出迎えてくれます。風流な松をバックにして鎮座するくまモン。記念撮影用に置いてあるそうです。

店内はお座敷席が中心で、全体的に落ち着いた雰囲気となっています。




彩座で名物の馬重を食べてみた

馬重

こちらが彩座の馬重(1,210円)です!

うまそおおおおお!

右上の徳利に熱めの醤油ダレが入っています。このタレを馬重にぶっかけて食べるわけです。


馬重

お重の中に馬刺しがギッシリと詰まっています。赤身と脂身のバランスが良く、とろけるような柔らかさ!スルスルと、まるで飲み物のように馬肉が体内へと取り込まれていきます。

また、温かい醤油ダレがかかることによって少しだけ火が通り、馬刺しがレア気味になるのもポイントです。タレは少し甘めのもので、馬刺しとの相性が抜群です。また、馬刺しの下には炒めた玉ねぎが敷き詰められています。この玉ねぎも、良いアクセントになっていました。

美味かった!あっという間に完食!




彩座のメニュー

彩座には、馬重の他にも魅力的なメニューが他にもあります。


馬重

馬重と並ぶ人気メニュー、「特上馬重」。馬刺しが増量され、さらには山芋も加わるようです。これも美味そう…。


馬重

馬刺しメニューも、この充実ぶり。様々な部位の馬刺しをいただくことができます。


馬重

馬肉を使ったメニューは馬刺し以外にもあります。「馬か丼」、「馬肉カレー」、「馬ホルモン煮込み」など、どれも気になるメニューばかり。


馬重

馬重

その他にも郷土料理やおつまみなど、旅行者には嬉しいメニューが並びます。馬肉が苦手な方であっても、十分に楽しめるんじゃないでしょうか。


馬重

僕は馬重の他に、天草産のタコの刺身をいただきました。歯ごたえがしっかりしたタコで、とても美味しかったですよ。




彩座へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

九州道菊水ICから熊本県道16号線を経由して約15分

九州道植木ICから国道3号線を経由して約20分




彩座のすぐ近くに専用の駐車場があります。


バスでのアクセス

新玉名駅から産交バスの路線バス「山鹿バスセンター」行きに乗車し、約40分。「山鹿温泉」停留所で下車。

熊本駅前から産交バスの路線バス「山鹿バスセンター」行きに乗車し、約1時間20分。「山鹿温泉」停留所で下車。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.09.19 | 最終更新:2021.09.19 |カテゴリ: 熊本県

尾鈴川瀑布群の主瀑、矢研の滝へ行ってみた アクセス方法、遊歩道なども紹介(宮崎県都農町)

矢研の滝

宮崎県中部にある都農町。日向灘に面しており、ワイン作りで知られる町です。

今回はそんな都農町の山中にある滝を紹介します。都農町を流れる名貫川は標高1405mの尾鈴山を源流とする川。名貫川の上流には数多くの滝が存在しており、これらを総称して「尾鈴山瀑布群」と呼ばれています。

今回は、尾鈴山瀑布群の中でも一番知名度が高い「矢研の滝」を紹介したいと思います。

「矢研」と書いて「やとぎ」と読みます。同じ宮崎県内の高千穂町にある真名井の滝、延岡市の行縢の滝、都城市の関之尾滝(記事はこちら)と並び、「日本の滝百選」に選定されています。

この記事では、矢研の滝へのアクセスや遊歩道の様子について、お伝えしていきたいと思います。






矢研の滝の駐車場までのアクセス

矢研の滝まで行く公共交通機関はないため、車で行く必要があります。

東九州道都農ICから県道40号線、県道307号線などを経由して約20分


※県道307号線は、駐車場の約4km手前から1~1.5車線の狭路になるので、通行の際には注意が必要です。


矢研の滝の駐車場


矢研の滝へ向かう場合には、県道307号線沿いにあるこちらの駐車場を利用しましょう。


矢研の滝

県道脇の路側帯が広くなっており、ここに車を停めることができます。白線が引かれていないので、明確な駐車可能台数は分かりませんが、十数台は停められそうな広さです。

駐車場には公衆トイレも設置されています。矢研の滝までの道中にある尾鈴キャンプ場にもトイレはありますが、ここで済ませておくのが無難でしょう。




矢研の滝への遊歩道

矢研の滝

矢研の滝へ向かう遊歩道を紹介します。上の写真は駐車場に建てられていた地図で、赤い太線が遊歩道です。

駐車場(地図の右側の「現在地」と書かれたオレンジ色の吹き出しがある所)を起点に、2つの赤線が延びています。北の方へ向かう赤線が矢研の滝へ向かう遊歩道、西へ向かうのが白滝さらさの滝さぎりの滝など、たくさんの滝を巡る遊歩道です。


矢研の滝

両方行きたいところですが、時間の関係上、今回は矢研の滝のみを訪れました。矢研の滝までは片道40分程度の道のり。途中で尾鈴キャンプ場を通り、名貫川の支流である矢研谷沿いを遡るコースです。基本的には登山道のような道が続くので、歩きやすい靴が必須だと思います。


矢研の滝

駐車場を出発すると、まず名貫川の支流である欅谷を渡ります。遊歩道にしては立派な橋です。実はこの橋は、伐採した木材を運搬する森林鉄道の橋として建設されました。橋だけでなく、この先にある尾鈴キャンプ場までは、森林鉄道跡を再利用した遊歩道を歩くことになります。


矢研の滝

森林鉄道跡を再利用した遊歩道。木材を満載したトロッコが行き交っていただけあり、勾配が無く、広めの道が続きます。非常に歩きやすい道ですが、所々倒木が道を塞いでいたりもします。


矢研の滝

途中、素掘りのトンネルが現れたりなんかして、冒険気分が高まります。照明が設置されていますが、点灯してはいませんでした。まぁ、短いトンネルなので問題はないでしょう。

トンネルを抜けた先も、歩きやすい平坦な道が続きます。




矢研の滝

駐車場を出発して約7分。尾鈴キャンプ場に到着しました。森林鉄道跡とはここでお別れです。


矢研の滝

尾鈴キャンプ場を横切り、矢研の滝を目指します。キャンプ場内は少し道が分かりにくいかもしれませんが、看板が設置してありますので、それらを確認しながら進みましょう。


矢研の滝

尾鈴キャンプ場を過ぎると、本格的な山道が始まります。キャンプ場までの森林鉄道跡を利用した道よりも勾配が急。道幅もグッと狭まります。


矢研の滝

このように岩がオーバーハングしている箇所もあります。谷側もかなり急斜面になっており、落ちたらタダでは済まないでしょう。落下防止のための金網が設置されている箇所もあり、遊歩道が切り立った崖沿いを通っていることが分かります。


矢研の滝

矢研の滝の少し手前には若葉の滝があります。遊歩道の脇の崖を流れ落ちるコンパクトな滝です。規模は小さいのですが、滝までの距離が近いので迫力がありますね。

遊歩道は滝の下流を横切るのですが、橋は架かっていません。遊歩道の上を沢が流れているのです。滝壺付近の石をポンポンと渡って先に進みましょう。石の上は滑りやすいので、注意が必要です。

矢研の滝までの道のりでは、ここが一番の難関でしょうかね。若葉の滝を過ぎると、1~2分で矢研の滝に到着します。




これが矢研の滝だ!

お待たせしました。

矢研の滝

これが矢研の滝です!

落差73m。垂直な岩肌を一気に流れ落ちる豪快な滝です。落差だけでなく、幅や水量も申し分ありません。「日本の滝百選」に相応しい素晴らしい滝だと思います。

矢研の滝

「矢研の滝」という、意味ありげな名前。神武天皇が東征の準備のため、この滝の水で矢や鉾、刀などを研いだという言い伝えが残ることがこの名前の由来なんだとか。

神武天皇は日向(現在の宮崎県)の生まれなので、そういった伝説が残っているのでしょう。


矢研の滝

かつてはもう少し滝壺近くまで行くことができたそうですが、残念ながらこの先は通行止になっています。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.09.13 | 最終更新:2021.09.13 |カテゴリ: 宮崎県

| PAGE-SELECT | NEXT