fc2ブログ
TOP > CATEGORY - 08九州地方

| PAGE-SELECT | NEXT

山鹿の名店、彩座で「馬重」を食べてみた(熊本県山鹿市)

馬重

熊本と言えば馬肉

以前このブログでも紹介(記事)しましたが、馬刺しや焼肉、ハンバーグなど、熊本県内では様々な馬肉料理をいただくことができます。

今回は熊本県北部、山鹿市で「馬重」なる料理を食べてきました。これが衝撃的な美味さでした。この記事では、山鹿市にある名店「彩座」の「馬重」について、さらには「彩座」のメニューなどについても紹介したいと思います。






山鹿市の中心街にある名店、彩座

馬重

今回訪れたのは、山鹿市中心部にある人気店、「彩座(いろどりざ)」。山鹿市のシンボル的存在でもある山鹿温泉さくら湯の前の繁華街にあるお店です。

熊本の郷土料理が食べられるお店として、観光客にも人気があります。


馬重

入店すると、くまモンが出迎えてくれます。風流な松をバックにして鎮座するくまモン。記念撮影用に置いてあるそうです。

店内はお座敷席が中心で、全体的に落ち着いた雰囲気となっています。




彩座で名物の馬重を食べてみた

馬重

こちらが彩座の馬重(1,210円)です!

うまそおおおおお!

右上の徳利に熱めの醤油ダレが入っています。このタレを馬重にぶっかけて食べるわけです。


馬重

お重の中に馬刺しがギッシリと詰まっています。赤身と脂身のバランスが良く、とろけるような柔らかさ!スルスルと、まるで飲み物のように馬肉が体内へと取り込まれていきます。

また、温かい醤油ダレがかかることによって少しだけ火が通り、馬刺しがレア気味になるのもポイントです。タレは少し甘めのもので、馬刺しとの相性が抜群です。また、馬刺しの下には炒めた玉ねぎが敷き詰められています。この玉ねぎも、良いアクセントになっていました。

美味かった!あっという間に完食!




彩座のメニュー

彩座には、馬重の他にも魅力的なメニューが他にもあります。


馬重

馬重と並ぶ人気メニュー、「特上馬重」。馬刺しが増量され、さらには山芋も加わるようです。これも美味そう…。


馬重

馬刺しメニューも、この充実ぶり。様々な部位の馬刺しをいただくことができます。


馬重

馬肉を使ったメニューは馬刺し以外にもあります。「馬か丼」、「馬肉カレー」、「馬ホルモン煮込み」など、どれも気になるメニューばかり。


馬重

馬重

その他にも郷土料理やおつまみなど、旅行者には嬉しいメニューが並びます。馬肉が苦手な方であっても、十分に楽しめるんじゃないでしょうか。


馬重

僕は馬重の他に、天草産のタコの刺身をいただきました。歯ごたえがしっかりしたタコで、とても美味しかったですよ。




彩座へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

九州道菊水ICから熊本県道16号線を経由して約15分

九州道植木ICから国道3号線を経由して約20分




彩座のすぐ近くに専用の駐車場があります。


バスでのアクセス

新玉名駅から産交バスの路線バス「山鹿バスセンター」行きに乗車し、約40分。「山鹿温泉」停留所で下車。

熊本駅前から産交バスの路線バス「山鹿バスセンター」行きに乗車し、約1時間20分。「山鹿温泉」停留所で下車。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.09.19 | 最終更新:2021.09.19 |カテゴリ: 熊本県

尾鈴川瀑布群の主瀑、矢研の滝へ行ってみた アクセス方法、遊歩道なども紹介(宮崎県都農町)

矢研の滝

宮崎県中部にある都農町。日向灘に面しており、ワイン作りで知られる町です。

今回はそんな都農町の山中にある滝を紹介します。都農町を流れる名貫川は標高1405mの尾鈴山を源流とする川。名貫川の上流には数多くの滝が存在しており、これらを総称して「尾鈴山瀑布群」と呼ばれています。

今回は、尾鈴山瀑布群の中でも一番知名度が高い「矢研の滝」を紹介したいと思います。

「矢研」と書いて「やとぎ」と読みます。同じ宮崎県内の高千穂町にある真名井の滝、延岡市の行縢の滝、都城市の関之尾滝(記事はこちら)と並び、「日本の滝百選」に選定されています。

この記事では、矢研の滝へのアクセスや遊歩道の様子について、お伝えしていきたいと思います。






矢研の滝の駐車場までのアクセス

矢研の滝まで行く公共交通機関はないため、車で行く必要があります。

東九州道都農ICから県道40号線、県道307号線などを経由して約20分


※県道307号線は、駐車場の約4km手前から1~1.5車線の狭路になるので、通行の際には注意が必要です。


矢研の滝の駐車場


矢研の滝へ向かう場合には、県道307号線沿いにあるこちらの駐車場を利用しましょう。


矢研の滝

県道脇の路側帯が広くなっており、ここに車を停めることができます。白線が引かれていないので、明確な駐車可能台数は分かりませんが、十数台は停められそうな広さです。

駐車場には公衆トイレも設置されています。矢研の滝までの道中にある尾鈴キャンプ場にもトイレはありますが、ここで済ませておくのが無難でしょう。




矢研の滝への遊歩道

矢研の滝

矢研の滝へ向かう遊歩道を紹介します。上の写真は駐車場に建てられていた地図で、赤い太線が遊歩道です。

駐車場(地図の右側の「現在地」と書かれたオレンジ色の吹き出しがある所)を起点に、2つの赤線が延びています。北の方へ向かう赤線が矢研の滝へ向かう遊歩道、西へ向かうのが白滝さらさの滝さぎりの滝など、たくさんの滝を巡る遊歩道です。


矢研の滝

両方行きたいところですが、時間の関係上、今回は矢研の滝のみを訪れました。矢研の滝までは片道40分程度の道のり。途中で尾鈴キャンプ場を通り、名貫川の支流である矢研谷沿いを遡るコースです。基本的には登山道のような道が続くので、歩きやすい靴が必須だと思います。


矢研の滝

駐車場を出発すると、まず名貫川の支流である欅谷を渡ります。遊歩道にしては立派な橋です。実はこの橋は、伐採した木材を運搬する森林鉄道の橋として建設されました。橋だけでなく、この先にある尾鈴キャンプ場までは、森林鉄道跡を再利用した遊歩道を歩くことになります。


矢研の滝

森林鉄道跡を再利用した遊歩道。木材を満載したトロッコが行き交っていただけあり、勾配が無く、広めの道が続きます。非常に歩きやすい道ですが、所々倒木が道を塞いでいたりもします。


矢研の滝

途中、素掘りのトンネルが現れたりなんかして、冒険気分が高まります。照明が設置されていますが、点灯してはいませんでした。まぁ、短いトンネルなので問題はないでしょう。

トンネルを抜けた先も、歩きやすい平坦な道が続きます。




矢研の滝

駐車場を出発して約7分。尾鈴キャンプ場に到着しました。森林鉄道跡とはここでお別れです。


矢研の滝

尾鈴キャンプ場を横切り、矢研の滝を目指します。キャンプ場内は少し道が分かりにくいかもしれませんが、看板が設置してありますので、それらを確認しながら進みましょう。


矢研の滝

尾鈴キャンプ場を過ぎると、本格的な山道が始まります。キャンプ場までの森林鉄道跡を利用した道よりも勾配が急。道幅もグッと狭まります。


矢研の滝

このように岩がオーバーハングしている箇所もあります。谷側もかなり急斜面になっており、落ちたらタダでは済まないでしょう。落下防止のための金網が設置されている箇所もあり、遊歩道が切り立った崖沿いを通っていることが分かります。


矢研の滝

矢研の滝の少し手前には若葉の滝があります。遊歩道の脇の崖を流れ落ちるコンパクトな滝です。規模は小さいのですが、滝までの距離が近いので迫力がありますね。

遊歩道は滝の下流を横切るのですが、橋は架かっていません。遊歩道の上を沢が流れているのです。滝壺付近の石をポンポンと渡って先に進みましょう。石の上は滑りやすいので、注意が必要です。

矢研の滝までの道のりでは、ここが一番の難関でしょうかね。若葉の滝を過ぎると、1~2分で矢研の滝に到着します。




これが矢研の滝だ!

お待たせしました。

矢研の滝

これが矢研の滝です!

落差73m。垂直な岩肌を一気に流れ落ちる豪快な滝です。落差だけでなく、幅や水量も申し分ありません。「日本の滝百選」に相応しい素晴らしい滝だと思います。

矢研の滝

「矢研の滝」という、意味ありげな名前。神武天皇が東征の準備のため、この滝の水で矢や鉾、刀などを研いだという言い伝えが残ることがこの名前の由来なんだとか。

神武天皇は日向(現在の宮崎県)の生まれなので、そういった伝説が残っているのでしょう。


矢研の滝

かつてはもう少し滝壺近くまで行くことができたそうですが、残念ながらこの先は通行止になっています。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.09.13 | 最終更新:2021.09.13 |カテゴリ: 宮崎県

家族風呂と地獄蒸しが大人気!わいた温泉郷の豊礼の宿に泊まってみた(熊本県小国町)

豊礼の宿

くじゅう連山などの火山が連なり、九州でも有数の温泉過密地帯となっている熊本県と大分県の県境。有名な黒川温泉長湯温泉筋湯温泉を初めとして、人気が高い温泉地が点在するエリアです。以前当ブログで紹介した壁湯温泉もこのエリアにある温泉ですね。

今回は熊本県の北端、大分県との県境に程近い場所にある人気の温泉宿を紹介します。それが、わいた温泉郷にある「岳の湯温泉豊礼の宿」。

リーズナブルなお値段で、良質な温泉を楽しむことができる宿です。さらには地熱を利用して食材を蒸す「地獄蒸し」を楽しむこともできます。2021年のGW、豊礼の宿に一泊してきました。この記事では豊礼の宿の温泉、地獄蒸しについてなどを紹介していきたいと思います。






豊礼の宿とは?


今回紹介する「岳の湯温泉 豊礼の宿」は、熊本県の北の端、大分県と接する小国町にあります。岳の湯温泉の他にも、杖立温泉奴留湯温泉など、温泉マニア垂涎の温泉地がたくさんある町です。


豊礼の宿

豊礼の宿は、近年人気が高まっているわいた温泉郷にあります。わいた温泉郷は、大分県との県境に聳える涌蓋(わいた)山の山腹にある温泉地の総称で、「はげの湯温泉」と「岳の湯(たけのゆ)温泉」の2つの温泉地に分かれています。名前が分けられていますが、2つの温泉地は歩いて行けるほど近接しています。


豊礼の宿

こちらが豊礼の宿。

わいた温泉郷の中でも比較的リーズナブルなお宿。豊富な湯量を生かした家族風呂、そして地熱を利用した地獄蒸しが楽しめることで有名な宿です。

宿泊だけではなく、日帰り入浴客も積極的に受け入れており、なんと温泉利用者は駐車場で車中泊をすることも可能なんだとか。キャンピングカーで旅をしている方など、車中泊派には嬉しいサービスではありますが、駐車場はほぼ満車で、オートキャンプ場のような騒がしさがあったので、個人的にはそこまで太っ腹にならなくても…という感じもしました。

元々の温泉の素晴らしさだけでなく、宿側の懐の深さもあり、非常に人気が高い宿となっています。

豊礼の宿に泊まるうえで、是非とも楽しんで欲しいのが、

家族風呂

大浴場

地獄蒸し


その1つ1つについて、解説していきたいと思います。




豊礼の宿の家族風呂

豊礼の宿に泊まったら、是非とも家族風呂を利用してみてください。家族風呂は露天の檜風呂(1,500円/1時間)と露天の岩風呂(1,200円/1時間)、岩風呂(非露天)(1,000円/1時間)の3種類。なお、宿泊客であっても、家族風呂は別料金になっています。

家族風呂は非常に人気があるので、チェックインを済ませたら、早めに予約した方が良いでしょう。今回は露天の岩風呂を利用しましたが、GWだったので家族風呂が満室になっており、40分くらい待つことになりました。


豊礼の宿

さて、時間になったので家族風呂へ。駐車場の前にある受付で鍵を受け取ってから向かいます。

家族風呂は長屋のような建物に入っており、露天の岩風呂だけでも6室あります。自分が割り当てられた浴室の鍵を開けて、いざ入湯!!


豊礼の宿

…と思いきや、お湯がない!!


ええ、茶番です。事前に分かっていたんですけどね…。

実はこちらの家族風呂は1組が利用するたびにお湯を抜いて掃除がされるようです。湯量が豊富だからこそできるサービスですね。


豊礼の宿

浴室の入口横に、何やら怪しげな機械が取り付けられています。ここに料金を投入すると、お湯が出る仕組みなんです。お釣りは出ないので、ピッタリ払えない場合はあらかじめ受付で両替を済ませておく必要があります。


豊礼の宿

お金を投入すると、湯口から勢い良くお湯が流れ始めました。洗い場が1つだけ付いているので、お湯が溜まるまで体を洗いながら待ちます。

それにしても、物凄い勢いです。湯船も2~3人用の小さなものですので、10分程度でお湯が溜まりました。


豊礼の宿

さて、お湯が溜まりました!

うっすらと青みがかった美しい濁り湯。お湯は少し熱めですが、一度身を沈めてしまえば気持ち良く浸かることができます。ほんのりと硫黄の香りを感じることもできました。

お湯も素晴らしいですが、目の前に広がる風景もまた素晴らしいもの。涌蓋山を初めとする山なみが眼前に広がります。

この名湯と絶景を、1時間満喫させていただきました。風呂から上がる際には、底にある栓を抜き、お湯を排出しておきましょう。


ちなみにこちらの家族風呂、日帰りのお客さんも24時間入浴可能なんだそうです。さ…サービス精神が旺盛すぎじゃないすか…!?




豊礼の宿の大浴場

豊礼の宿には、家族風呂の他に男女別の大浴場があります。入浴可能時間は以下のとおり。

宿泊客:6:00~23:00

日帰り入浴:8:00~19:00 (日帰り入浴の料金は500円)


豊礼の宿

こちらが大浴場です!

内湯は無く、大きな露天風呂のみという大胆な造り!屋外ではありますが、しっかりと洗い場は設置されています。

大きな湯船には青みがかったのお湯がかけ流されています。湯船が広い分、家族風呂よりも温めという印象。温めが好みの方は、こちらの方が気に入ると思います。こちらのお湯も硫黄臭漂う本格派!あまりに気持ち良かったので、深夜と早朝の2回入浴しました。深夜と早朝は、宿泊客のみが入浴可能な時間なので、ゆったりと浸かることができました。




豊礼の宿で地獄蒸しを楽しもう

豊礼の宿は、素泊まりの宿。その代わり、地熱を利用した釜で地獄蒸しを楽しむことができます。


豊礼の宿

こちらが地獄蒸し器。立方体の釜がズラリと並んでおり、蒸気がもうもうと立ち上っていました。宿泊客、入浴客は無料で利用することができます。

食材は基本的に自分で持ち込む必要がありますが、定番の食材(卵、鶏肉、ソーセージなど)であれば、豊礼の宿の売店でも購入可能です。僕は、小国町の中心部にあるフレインというスーパーで食材を調達してきました。


豊礼の宿

宿泊者専用の地獄蒸し器も3つ用意されています。

地獄蒸しは人気があるうえ、食材によっては長い蒸し時間が必要です。タイミングによっては順番待ちになってしまうこともあるので、宿泊者専用のものがあるのは嬉しいですね。


豊礼の宿

使い方はいたって簡単。

まず、用意されているプラスチック製のザルに食材を入れて、蒸し器に入れます。蒸し器の中に手を入れると火傷してしまうため、ザルには紐が付いています。

なお、プラスチックのザルの中に鉄製のザルが入っていますが、これは衛生面を考慮し、自前で用意したものです。不特定多数の宿泊客が利用するものなので、気になる方は用意しておくと良いかもしれません。


豊礼の宿

食材が入ったザルを蒸し器にセットしたら、木の蓋を閉め、バルブを開きます。そうすると勢い良く蒸気が噴出し始めます。あとは蒸し上がるのを待つのみ!


豊礼の宿

蒸し時間は食堂の壁に貼られています。

卵:7分

肉類:20~30分

芋類:30~40分

魚介類:30~40分

キノコ類:30分


など


今回は色々な食材を蒸しましたが、非常に参考にさせていただきました。


豊礼の宿

今回蒸したものを軽く紹介しましょう。

卵(左上)、豚バラとタマネギとキャベツの重ね蒸し(右上)、鶏もも肉(左下)、タマネギとジャガイモ(右下)。


豊礼の宿

アスパラとウインナー(左)、エリンギと半熟卵(右)。

地熱で蒸し上げる食材は、手の込んだ味付けは必要ありません。今回は岩塩、ブラックペッパー、醤油、ポン酢を持参しましたが、それらをちょっとかけるだけで、非常に美味しくいただけました。

温泉のパワー、恐るべしですね。



豊礼の宿

なお、宿泊客はこちらの食堂を利用することができます。4人がけのテーブルがいくつか並んでいて、コロナ対策として、それぞれのテーブルの間にはビニールカーテンがかけられていました。

なお、日帰り客用の食事スペースとして、屋外に東屋が用意されていました。


豊礼の宿

こちらが食堂に併設されているキッチン。ガスコンロや水道に加え、調理に不自由しない程度の調理器具や食器が揃っています。コンロと水道は2台ずつ。宿泊客が共同で使うものなので、譲り合って利用しましょう。

地獄蒸し、初めて体験しましたが、キャンプのようで楽しかったです。特に岩塩でいただく蒸し鶏が美味しかったですね。




豊礼の宿のお部屋

豊礼の宿のお部屋を紹介します、

豊礼の宿

今回は和洋室(定員2名)に泊まりました。ダブルベッドが付いた畳のお部屋です。こじんまりとした部屋ですが、ビジネスホテルのツインルームよりは広い感じ。テレビと冷蔵庫、洗面台、小さなちゃぶ台がありました。食材やお酒を持ち込んだので、冷蔵庫が付いていたのは嬉しかったですね。

なお、トイレは部屋に付いていないので、共同トイレを使用する必要があります。

この他にも和室洋室もあります(どちらも定員2名)。大人数で泊まる方用に、定員が6~8名の特別室もあるようです。




豊礼の宿へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

大分道九重ICから約30分

大分道玖珠ICから約40分


駐車場は結構な広さです。ただ、訪れた時はGWであったため、満車になってしまっており、駐車場の入口で入場制限をしていました。宿泊者は、駐車場入口で誘導員に氏名を告げることにより、優先的に駐車することが可能です。


バスでのアクセス

■福岡市の西鉄天神バスターミナルから九州産交バス黒川温泉行きに乗車し、約2時間半。「ゆうステーション」で下車。「ゆうステーション」バス停から豊礼の宿まで送迎可能(要予約

※博多バスターミナルや福岡空港、大分県の日田バスターミナルなどからも乗車可能

※熊本駅、阿蘇駅、由布院駅や別府駅を経由する九州横断バスでも黒川温泉に行くことも可能ですが、2021年現在、新型コロナウイルスの影響で運休しているようです。


【参考】九州産交バス(TOP→高速バス)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.07.08 | 最終更新:2021.07.08 |カテゴリ: 熊本県

宇佐名物、からあげを定食でいただいた(からあげ食堂天@大分県宇佐市)

宇佐からあげ

大分県と言えば、鶏料理が有名です。


とり天

以前、大分県内にあるサービスエリアでこんな看板を見かけましたが、大分県の二大鶏料理と言えば、からあげとり天をイメージされる方が多いのではないでしょうか。僕自身、どちらも大好きなんですが、今回はからあげを紹介したいと思います。

…と、ここまで、とり天の記事と全く同じ出だしなんですが、今回はからあげを取り上げます。

からあげと言えば大分県を代表するご当地グルメとして知られていますが、特に大分県北部の中津市宇佐市が有名です。中津市と宇佐市は隣り合っており、さらには共にからあげを提供する店舗が多く、どちらも「からあげの町」として名を馳せています。

全国的に見ると、ファミリーマートで販売されていることもあって、中津のからあげの方が知名度はあるような気がしますが、からあげ専門店の発祥は宇佐市だとされています。宇佐市にあった「からあげ庄助」というお店が初めてのからあげ専門店であり、徐々に隣接する中津市にも専門店が増えていったのだそうです。

…というように隣り合う「からあげの町」。どちらで食べるか非常に迷うところですが、今回は宇佐市にある「からあげ食堂天」にてからあげを食べてきたので、その時の様子を紹介したいと思います。






イートインもテイクアウトも可能!宇佐市内にある「からあげ食堂天」

宇佐からあげ

こちらが今回訪れたからあげ食堂天です。

目の前には国道10号線が通っており、周囲にはマクドナルドやガストなどの郊外型店舗が建ち並んでいます。

宇佐や中津のからあげ専門店は、テイクアウト専門の店が多いのですが、からあげ食堂天はイートインとテイクアウトの両方に対応しています。店内で食べられるのは、旅行者にとっては嬉しい限りですね。

今回は休日の13時過ぎに訪れたのですが、行列ができており、15分程度並ぶことになりました。




からあげ食堂天のメニュー

まずは、からあげ食堂天のメニューを紹介します。


宇佐からあげ

一口にからあげと言っても色々な種類があります。「骨なし」、「骨つき」といった基本メニューから始まり、手羽先手羽元ビッグモモといった部位別のメニュー、さらにはとり天チキン南蛮などのからあげではないメニューも。

定食メニューがメインですが、単品での注文も可能です。




宇佐名物のからあげを定食でいただいた

宇佐からあげ

こちらが宇佐のからあげです!

今回は骨なし定食(870円)を注文しました。からあげにご飯、味噌汁、冷奴、小鉢(ひじきの煮物)、漬物と佃煮が付きました。同じ値段でご飯を大盛りにすることもできるようです。


宇佐からあげ

メインのからあげ(骨なし)。良い色に仕上がっており、見るからに美味しそう!とんかつの下に敷かれているような網がセットされており、油が皿にたまらないようになっているなど、細かな気遣いがされています。

食べてみると、衣がザックザクで美味しい!モモ肉が使われているようで、とてもジューシーです。程よくニンニクと醤油が効いており、非常に美味しいからあげでした。




からあげ食堂天へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

東九州道宇佐ICから宇佐道路等を経由して約10分


駐車場は店の前に10台分程が確保されています。


バスでのアクセス

■JR日豊本線柳ヶ浦駅から大分交通の路線バス四日市行きに乗車し約10分、「法鏡寺」停留所で下車。

■JR日豊本線宇佐駅から大分交通の路線バス四日市行きに乗車し約15分、「法鏡寺」停留所で下車。


【参考】大分交通(TOP>バス情報>路線バス)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.06.14 | 最終更新:2021.06.14 |カテゴリ: 大分県

【宿泊記】驚異の炭酸泉!湯之元温泉に泊まってみた(素泊まり)(宮崎県高原町)

湯之元温泉

宮崎県と鹿児島県の境に聳える霧島連山韓国岳新燃岳高千穂峰など、現在でもバリバリ活動を続けている活火山から構成される火山群です。

火山があるということは、周囲には温泉が湧いているということ。特に鹿児島県側には有名な霧島温泉を初めとして、妙見温泉日当山温泉など著名な温泉が分布しています。一方宮崎県側には、知名度はそこまで高くはないものの、味わい深い温泉が数多く存在します。

そのうちの1つが宮崎県高原町にある湯之元温泉。霧島山麓の農村にある一軒宿です。2021年の5月、湯之元温泉に宿泊してきました。非常に素晴らしい温泉だったので、宿泊した時の様子をお伝えしたいと思います。

なお、今回は素泊まりだったので、お食事については紹介できませんが、あらかじめご了承ください。






霧島山麓にある鉱泉宿、湯之元温泉

湯之元温泉

今回宿泊した湯之元温泉は、霧島山麓にある高原町郊外にある鉱泉宿。周囲に田畑が広がり、西側には霧島連山を望む長閑な環境にある宿です。

建物は2階建てでそこまで大規模なものではありません。少しレトロで、飾らない雰囲気が特徴の宿と言えるでしょう。

辺鄙な場所にある湯之元温泉ですが、非常に多くの人が訪れていました。人々を惹きつけるのは、その泉質の良さ!国内でも珍しい高濃度の炭酸泉が湧き出しているのです。宿泊だけではなく、日帰り入浴も積極的に受け入れており、観光客と地元客で賑わっていました。




湯之元温泉のお風呂

湯之元温泉の魅力は何といっても炭酸泉に浸かれること!湯之元温泉のお風呂について紹介します。

湯之元温泉の浴室は、少し照明が抑えられた落ち着いた感じの浴室。4つの浴槽とサウナがあります。4つの浴槽と、その温度は以下のとおり。

①鉱泉風呂(41度)

②源泉 高濃度炭酸泉(22度)

③中濃度炭酸泉(31度)

④霧島レッカ水 水風呂


①鉱泉風呂

湯之元温泉
(写真は高原町観光協会より)

一番大きなメイン浴槽が鉱泉風呂。こちらは源泉を41度まで加温した浴槽です。適温に設定されているので、ゆっくりと温まることができます。7~8人が入ることができる大きさです。

特徴はなんと言っても赤褐色のお湯!言い方は悪いですが、まるで泥水のような色。でもとても気持ち良いんです。ただし、風呂上がりにそのままタオルで体を拭き取ると、タオルが茶色に染まってしまうので要注意。




②源泉 高濃度炭酸泉

湯之元温泉
(写真は楽天トラベルより)

湯之元温泉に来たら、是非とも入浴していただきたいのが、高濃度炭酸泉(源泉)

湯之元温泉の源泉が、加温もされず、そのままかけ流されています。そのため温度は22度。一般的に遊泳用のプールは26~31度ですから、それよりも冷たいんです。

恐る恐る入ってみると、心臓がキュッと締め付けられる(ような気がする)程冷たい…!気合で肩まで浸かると、シュワシュワという感触とともに、あっという間に体中が気泡に覆われます。これが国内屈指の炭酸泉の威力。ジッとしていると体がジンジンとしてきます。温度は低いのですが、慣れてくると気持ち良くなってくるから不思議なものです。

高濃度炭酸泉は、2人浸かるといっぱいになってしまう程の小さな浴槽。湯之元温泉を訪れる多くの人がお目当てにしている人気の浴槽なので、長時間独占せず、譲り合って入浴する必要があります。

高濃度炭酸泉と加温された鉱泉風呂を交互に入ると、凄く気持ち良く、エンドレスで入浴できますよ。




③中濃度炭酸泉

湯之元温泉
(写真は楽天トラベルより)

露天風呂は中濃度炭酸泉の浴槽。

源泉を少しだけ加温した31度のお湯が注がれています。少し加温している影響で、炭酸が少し抜けてマイルドになってはいますが、それでもシュワシュワ感を感じることができます。何より素晴らしいのがこの温度。冷たさを感じないほどの温さ。肩まで身を沈めると、もう二度とこの湯から出たくなくなります。人をダメにするような魅力が、このお湯にはあるのです。

パイプから、時折ボコッボコッとお湯が勢いよく噴出しており、温泉は生き物なんだなぁと再認識しました。

なお、中濃度炭酸泉も2人分ほどの小さな浴槽。ここも人気なので、譲り合って利用しましょう。


④霧島レッカ水 水風呂

私はサウナを利用しなかったので浸かっていないのですが、水風呂もあります。使われている水はただの水ではありません。霧島山系に降った雨が火山灰の地層に染み込んで濾過された美しい湧水。霧島レッカ水という名前で、焼酎造りにも使われている有名な水なんだそう。


夜遅くまで日帰り入浴可!

旅館の日帰り入浴は営業時間が短いことが多いのですが、湯之元温泉は10:00~22:00まで日帰り入浴を受け付けています。そのため、夜遅くまで日帰り入浴客がひっきりなしにやってきます。

宿泊客としては静かに落ち着いて入浴できる時間が欲しいので、もう少し早く受付を終了しても良いような気もするのですが…。まぁ地元のお客さんも大事にするという宿の方針だと思うので、文句は言えませんね。

22:00~翌朝7:00までは清掃が入るため、宿泊客だけに入浴が許された時間は朝7:00~10:00ということになります。この宿の来るお客さんは温泉好きが多いせいか、朝早くから多くのお客さんが入浴されていました。




湯之元温泉の部屋

湯之元温泉

こちらが湯之元温泉のお部屋です。

今回は和室6畳のお部屋に泊まりました。これが湯之元温泉で最もリーズナブルかつスタンダードなお部屋です。部屋にはバス・トイレはありません。

この他にも特別室離れという、グレードが高い部屋もあるようです。特別室と離れにはトイレが付いています。




湯之元温泉の名物、鉱泉おにぎりと鉱泉ハイボール

湯之元温泉には是非食べて欲しい名物があります。


湯之元温泉

それがこちら、鉱泉おにぎり

その名のとおり、湯之元温泉の炭酸泉で炊かれたおにぎりです。素泊まりであっても、事前に申し込んでおけばいただくことができる他、日帰り入浴客も購入可能とのこと。

炭酸泉で炊かれた影響なのかどうかは分かりませんが、とてもモッチリとした仕上がり。これは美味しいですね~。


湯之元温泉

そしてこちらは鉱泉ハイボール(450円)。

天然の炭酸泉を使っているので、市販の炭酸水ほど発泡は強くはありませんが、しっかりとハイボールになっていました。湯之元温泉の源泉は、飲むと消化器疾患や肝臓などに良いとされています。このハイボールも体に良いのかも?

他にも鉱泉カルピス鉱泉リンゴ酢といった、炭酸泉で割った飲み物が注文可能です。夕食時などに試してみるのも良いと思います。




湯之元温泉に来たら、鉱泉を飲むべし

湯之元温泉

湯之元温泉の建物の脇には、鉱泉飲み場、鉱泉くみ場が用意されています。


湯之元温泉

コックをひねると、勢いよく炭酸泉が出てきます。口に含むと少し酸味を帯びた味。

非常に人気の鉱泉で、タンクなどに汲んで帰る方もいるんだとか。2リットルあたり100円で汲むことが可能です。




ついでに高原町のトトロを見に行こう

湯之元温泉を訪れたら、是非見て欲しいものがあります。


湯之元温泉

それがこちら、「高原町のトトロ」です!

湯之元温泉から徒歩1分以内の場所にある民家の庭先に、何故かトトロが!

実はこちらのトトロ、民家のお住いの夫婦が孫のために作成したものなのだそう。一般にも開放されており、知る人ぞ知る撮影スポットとなっています。トトロの背後には霧島連山の主峰である高千穂峰が聳えており、とても美しい風景だと思います。

一般開放されているとはいえ、一般人の民家なので、訪れる際には迷惑にならないようにする必要があります。




湯之元温泉へのアクセス

車でのアクセス

宮崎道高原ICから約10分


宿の前に砂利敷の駐車場があります。宿の前にある第1駐車場に加え、第1駐車場のすぐ南側に第2駐車場が用意されているので、駐車できないという事態にはならないかと思います。


鉄道でのアクセス

■JR吉都線の高原駅から約3.4km。徒歩で約45分。

※距離があるので、タクシーの利用がおススメです。

※乗合タクシーがありますが、週2便のみとなっているため、観光での利用は難しいと思います。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2021.06.05 | 最終更新:2021.06.05 |カテゴリ: 宮崎県

| PAGE-SELECT | NEXT