FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 宮崎県

| PAGE-SELECT | NEXT

霧島山麓の名瀑、関之尾滝 甌穴群も必見!(宮崎県都城市)

関之尾滝

宮崎県と鹿児島県に跨る火山の集合体、霧島山。雄大な火山が見られる他、溶岩台地が侵食して形成された渓谷や滝も多く存在しています。

今回紹介する関之尾滝も火山活動がもとで誕生した滝の1つです。

宮崎県都城市にある関之尾滝は、宮崎市を河口とする大淀川の支流、庄内川にかかる滝。日本の滝百選にも選ばれている知名度が高い滝です。30万年以上前、加久藤カルデラの噴火により堆積した溶結凝灰岩が侵食されることにより、誕生したのだと言われています。

そんな関之尾滝は、周辺が公園のように整備されているため、気軽に訪れることができます。この記事では関之尾滝の魅力、駐車場や遊歩道について紹介します。






関之尾滝の駐車場は「滝の駅せきのお」の前にアリ!



関之尾滝に行く場合は、「滝の駅せきのお」の駐車場を利用しましょう。「滝の駅」の営業時間は9:00~17:00ですが、営業時間外にも駐車することができます。普通車15台分の駐車が可能です。


関之尾滝への遊歩道

「滝の駅せきのお」から関之尾滝までは、歩いて5分以内。

関之尾滝

このような舗装された遊歩道を下っていきます。途中に階段がありますが、隣にスロープが設置されていて、バリアフリー化がなされています。ただし、スロープが少し急な箇所もあるので、注意が必要です。




これが関之尾滝だ!

関之尾滝

関之尾滝が見えてきました!

これは滝見広場からの眺め。正面に豪快に水が流れ落ちる関之尾滝が見えます。落差は18mと控え目ですが、幅が約40mあり、ドッシリとした印象がある滝です。この写真は水量が少ない12月に撮ったものですが、それでも結構な迫力がありますね。

そして上流まで続く凸凹とした岩も魅力的ですね。


ここまでの遊歩道がバリアフリー化されている区間。写真に写っている滝の正面の吊り橋まで行くためには、急な階段を下る必要があります。


関之尾滝

吊り橋まで降りてきました。鉄製の頑丈な吊り橋で、安心感があります。


関之尾滝

こちらが吊り橋から眺めた関之尾滝です!

真正面から関之尾滝を眺めることができます。滝が近い分、迫力はこちらの方が上ですかね。ただ、吊り橋からは上流の景色が見えないので、「どちらが素晴らしいか?」と問われると、優劣がつけがたいですなー。


いずれにしても、水量が豊富で迫力があり、尚且つ岩の造形美が魅力的な滝だと言えるでしょう。




関之尾滝上流の甌穴群も必見!

関之尾滝を見て、そのまま帰るのは勿体ない!是非とも関之尾滝の上流にある甌穴群を見に行きましょう。


関之尾滝

こちらが関之尾の甌穴群です!

川幅いっぱいに広がるゴツゴツとした岩肌は圧巻です。


関之尾滝

庄内川にかけられた沈下橋の上から、甌穴をじっくりと観察することができます。ただし、水量が多い時期には、この橋は渡れないそうです。


関之尾滝

よーく見ると、それぞれの岩には、丸くくり貫かれたような穴がありますね。これが甌穴ポットホール)です。

砂粒や小さな小石が急流によって生まれた渦に巻き込まれ、岩の柔らかい部分を削り取った結果、このような無数の甌穴が生まれました。

甌穴は日本各地に存在しますが、関之尾の甌穴群は世界でも有数の規模を誇ることで知られ、国の天然記念物にも指定されています。確かに見応えがあるので、是非とも見ていってください。


所要時間としては、関之尾滝と甌穴群合わせて30分くらいあれば、回れると思います。




関之尾滝へのアクセス

車でのアクセス

宮崎道都城ICから約20分

東九州道末吉財部ICから約30分



バスでのアクセス

都城駅から高崎観光バスが運行する霧島神宮行きの路線バスに乗り、約40分。「関之尾の滝」停留所で下車。

※休日は1日3往復と、本数が非常に少ないので要注意。


■参考:高崎観光バス(TOP>霧島⇔都城駅)


溝ノ口洞穴もセットで巡りたい!

溝ノ口洞穴

隣県の鹿児島県ではありますが、関之尾滝から約5kmの所に以前当ブログでも紹介した溝ノ口洞穴があります。こちらも加久藤カルデラの火山活動によって誕生した景勝地で、ちょっと面白い景色を見ることができます。

関之尾滝とセットで訪れては如何でしょうか?

溝ノ口洞穴 鹿児島の山奥に眠る神秘の洞穴 アクセス・駐車場情報も(鹿児島県曽於市)
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.06.14 | 最終更新:2020.06.14 |カテゴリ: 宮崎県

宮崎県でモアイ像に会える!?サンメッセ日南の魅力・アクセス情報など(宮崎県日南市)

突然ですが、今回はモアイ像を紹介します!

モアイ像と言えば、南太平洋にある絶海の孤島、イースター島にある謎多き石像。誰もが知っている存在ですが、日本から遥か遠い島にあるため、実際に見たことがある人はそんなにいないと思います。



そんなモアイ像に出会える場所が、日本国内にあるとしたら…?



気になりますよね!?


…というわけで、この記事では日本国内でも数少ないモアイ像が見られる場所宮崎県日南市にある「サンメッセ日南」を紹介したいと思います。






なぜここに!?海をバックに建つモアイ像がシュールすぎる!

サンメッセ日南

宮崎県日南市の「サンメッセ日南」にやってきました。

お、早くもモアイっぽいゆるキャラがお出迎え。「みらいちゃん」、「イキールくん」。「モアイと何の関係が…?」と思ったら、現地の言葉で、「モ」は「未来」「アイ」は「生きる」を意味するのだそうです。


サンメッセ日南

さて、お目当てのモアイ像はモアイ広場にいるようです。行ってみましょう!



サンメッセ日南

こちらが「サンメッセ日南」のモアイ像です!

キラキラと輝く青い海をバックに建つ、7体のモアイ像。思ったよりもリアルで、思ったよりも大きい…!

サンメッセ日南

それもそのはずで、こちらのモアイ像は高さ4メートル、重さ20トンで、高さも重さも本家イースター島のモアイ像と全く同じ復刻版なのだそうです。

なぜ日本から遠い異国にあるモアイ像の復刻版が、宮崎県に作られたのでしょうか?

その理由を語るためには、イースター島、モアイ像と日本との関係を一から説明しなくてはなりません。長くなってしまいそうなので、気になる方は「サンメッセ日南」の公式ホームページに載っている解説を読んでみてください。

サンメッセ日南

7体いるモアイ像。1体1体違うご利益があるのだとか。

真ん中は「全体運」!?そんなオールマイティなご利益あるのか!


モアイ像だけじゃない!サンメッセ日南は見どころが盛りだくさん!

サンメッセ日南の魅力はモアイ像だけではありません。園内の至る所に見どころが点在しているのです。

サンメッセ日南

そのうちの1つがこちら。ブランコです。

このブランコ、ただのブランコではありません。



サンメッセ日南

大海原を見ながら乗ることができる絶景のブランコなんです!

さらに海だけではなくモアイ像も…!モアイ像を見ながらブランコに乗れる場所なんて、世界広しと言えどもココだけなのではないでしょうか。



サンメッセ日南

ブランコよりもさらに上に進んでいくと、謎のレインボーカラーのおじさんの像が!これはSNS映えしそうだけど、何なんでしょうね?

これはヴォワイアン像。「ヴォワイアン」とはフランス語で「見る人」を意味するそうです。目線の先にはモアイ像。モアイ像を「見る人」ということでしょうかね。


サンメッセ日南

この他にも園内には楽しい見どころがたくさんあるので、ゆっくり巡ってみると良いと思いますよ。

園内は歩いて周ることができる広さですが、坂道も多いため、車椅子の方や歩ける自信がない方、小さな子供を連れた方はラウンドカー(5人乗りのカート)を借りて周るのもおススメです。


サンメッセ日南へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

宮崎道の宮崎ICから約50分

東九州道の曽於弥五郎ICから約1時間半


サンメッセ日南は、宮崎市と日南市や串間市などを結ぶ国道230号線沿いにあります。無料駐車場が220台分完備されていますので、混雑時でも安心です。


バスでのアクセス

■宮崎駅前から宮崎交通の路線バス「飫肥行き」に乗り、約1時間半でサンメッセ日南に到着。


なお、宮崎交通の路線バスに乗り放題の「1日乗り放題乗車券」が1,800円で発売されています。宮崎駅前からサンメッセ日南までの運賃が1,420円なので、往復するだけで元が取れる計算になります。


【参考】宮崎交通(トップ>路線バス)


近くにある鵜戸神宮もセットで訪れたい!

なお、以前当ブログでは、同じ日南市内にある鵜戸神宮を紹介しました。

サンメッセ日南から鵜戸神宮からは距離にしてわずか5km。車だと15分足らずで着いてしまうほどの近さです。是非、セットで訪れてほしいスポットです。

青い海に映える朱!鵜戸神宮は絶景の神社(宮崎県日南市)
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.03.14 | 最終更新:2019.03.18 |カテゴリ: 宮崎県

宮崎名物、地鶏炭火焼は焼酎が進む味!(粋仙@宮崎県宮崎市)

宮崎の居酒屋で大人気!宮崎名物、地鶏炭火焼

国内有数の鶏生産地として知られる宮崎県。近年は「みやざき地頭鶏(じとっこ)」などの銘柄鶏の人気も高まり、県内の飲食店も凌ぎを削って鶏料理を提供しています。

当ブログでは以前、宮崎県民のソウルフードであるチキン南蛮を取り上げましたが、今回はより渋い料理、地鶏炭火焼を紹介します。

地鶏炭火焼は県内各地の居酒屋で提供されています。シンプルな料理である故、地鶏本来の味を楽しめること、また焼酎によく合うことから、観光客にも人気が高い料理です。

今回は宮崎市内に店を構える人気店、「粋仙」にお邪魔しました。


赤鶏と地頭鶏。名店「粋仙」で2種類の地鶏炭火焼を食べる

※「粋仙」は2018年に移転し、リニューアルオープンしています。私が訪れたのは移転前の2016年なので、多少古い情報がありますが、ご了承願います。

「粋仙」では2種類の鶏の炭火焼を味わうことができます。

地鶏炭火焼

1つめは、昔ながらの赤鶏のもも肉を使った炭火焼。肉は少し固め。噛めば噛むほどに味が出ますね。

地鶏炭火焼

2つめは、近年大人気の「みやざき地頭鶏」のもも肉の炭火焼。肉質が柔らかく、ジューシー。

どちらもそれぞれの良さがあって美味いですね。是非とも2種類を食べ比べて欲しいと思います。

メニュー (大)の値段 (小)の値段
赤鶏炭火焼 もも 1,000円 590円
みやざき地頭鶏炭火焼 もも 1,480円 780円

お値段は上の表のようになっています。今回は2種類共に食べたかったので、(小)を注文しました。1~2名で2種類食べるのであれば、(小)を頼むが良いと思いますよ。

2種類の地鶏炭火焼に共通していることは、とにかく見た目が黒いこと。この黒さの秘密は、宮崎の地鶏炭火焼が、強い火力で調理されることに関係しているようです。炭火で焼く過程で鶏から脂が落ち、炎と煙が勢いよく上がり、薫製状態になることによりこのような色になるのだとか。また、鶏に臭みがなくなり、良い味が付く効果もあるようです。


「粋仙」は地鶏炭火焼だけではない!地鶏料理、宮崎県産焼酎も!

「粋仙」の魅力は地鶏炭火焼だけではありません。

メニュー@粋仙
※旧店舗のメニューです。

これは代表的なものだけですが、串焼き、刺身、たたき、チキン南蛮、手羽唐揚げなど、鶏料理が目白押し。

メニュー@粋仙
※旧店舗のメニューです

宮崎県産焼酎の品揃えが良いのも、旅行者には嬉しいですよね。なお、宮崎の地ビールもあったりして、こちらもおススメです。地鶏炭火焼には焼酎もビールも合いますよ。


地鶏刺身

炭火焼の次に食べてみたのが、地鶏の刺身。この新鮮さ!産地でないと食べられない一品です。

砂ずり(右)、心臓(真ん中手前)、ささみ(真ん中奥)、たたき(左)というラインナップ。たたきはポン酢で、それ以外は醤油でいただきます。

木挽

これは焼酎が進みますねぇ。宮崎県綾町雲海酒造が製造している、木挽が人気だったので、それを注文。確かにこれは美味い!


冷や汁

〆はこれ。宮崎県と言えば冷や汁。元々は農家の方が農作業の合間に食べるものとして重宝された料理だそうですが、飲んだ後の〆に最高ですね。


「粋仙」へのアクセス

今回紹介した「粋仙」。以前は宮崎駅のすぐ隣の高架下にありましたが、駅前の繁華街に移転しました。


新店舗も宮崎駅から徒歩3分と、非常に駅に近い場所。宮崎駅や、繁華街である橘通り近くのビジネスホテルに宿泊すれば、すぐに行ける距離です。

旅行や出張のついでに、是非立ち寄っていただきたい名店です。


各種情報

食べログ : 新店舗のページです。店舗情報、口コミなど。
粋仙 : 店の公式HP。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.10.24 | 最終更新:2019.02.25 |カテゴリ: 宮崎県

クルスの海!馬ヶ背!日向市の海岸は絶景の連続!(宮崎県日向市)

大分県中南部から宮崎県北部まで続く日豊海岸。リアス式海岸や小さな離島が点在する風光明媚な海岸として知られています。

日豊海岸の最南端にあたる宮崎県日向市にも人気の景勝地があります。それが今回紹介する「クルスの海」と「馬ヶ背」です。

海に現れた「叶」の文字!「願いが叶うクルスの海」

クルスの海」は近年注目度が急上昇中の景勝地。「願いが叶うクルスの海」とも呼ばれています。

クルスの海

十文字になった珍しい海!長年の浸食によって、このような海岸が出来上がったのでしょう。複雑な海岸線を持つ日豊海岸ですが、ここまで特異な景色は他では見られないと思います。

まるで海が十字架のように見えることから、「クルスの海」と呼ばれるようになったそうです(「クルス」とはポルトガル語で「十字架」を意味します)。

クルスの海

また、漢字の「」を横倒しにしたようにも見えることから、「願いが叶うクルスの海」と呼ばれるようになり、願掛けスポットとしても持てはやされるようになったようです。

クルスの海に向かう遊歩道

「クルスの海」の展望台へはご覧のような遊歩道を通ってアクセスします。駐車場からは50メートルほどの距離なので、まさに目と鼻の先と言えるでしょう。


大迫力の柱状節理!馬ヶ背

「クルスの海」のような「願掛け」とか「パワースポット」とか「恋人の聖地」とか、2次的な要素抜きで、単純に「景色の豪快さ」一本で勝負しているのが、次に紹介する「馬ヶ背」です。

馬ヶ背

「馬ヶ背」を訪れた観光客を、まず出迎えてくれるのがこちらの景色。鋭利な刃物で切ったような断崖絶壁!高さ70メートルにも及ぶ柱状節理の大断崖です。

馬ヶ背

さらに遊歩道を進むと、視界いっぱいに大海原が広がります。海に向かって細く突き出した岬へ向かって真っすぐ伸びる遊歩道!まるで海に吸い込まれていくかのよう。

非常に清々しい道ですが、時折強い風が吹くので、帽子などを飛ばされないよう注意を払う必要があります。

馬ヶ背

この辺りは、幾つもの岬がフォークのように何本も海に向かって伸びています。馬ヶ背の先端から左右を見れば、隣の岬を眺めることができます。

よーく目を凝らすと、こちらも物凄い柱状節理!これ程大規模な柱状節理は、日本国内ではなかなかお目にかかれないレベルだと思います。この海岸は約1500万年前の噴火による溶岩が冷えて固まり、それが波に浸食されることによって形成されたそうです。

馬ヶ背に向かう遊歩道

「馬ヶ背」までは、写真のような整備された遊歩道を歩いてアクセスします。駐車場から徒歩6~7分。「クルスの海」程ではありませんが、駐車場から近く、お手軽に行くことができる絶景スポットですね。


まとめて訪れたい「クルスの海」と「馬ヶ背」

日向市を代表する絶景スポットである「クルスの海」と「馬ヶ背」。この2つの景勝地は隣り合っており、車で5分程の距離にあります。日向市を訪れた際には2つまとめて訪れるのがおススメです。

公共交通機関で行くことは困難であるため、自家用車またはレンタカーで訪れるか、最寄りの日向市駅からタクシーを利用するのが良いでしょう。


各種情報

日向市観光協会 : 日向市を巡るモデルコースも掲載。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.04.06 | 最終更新:2019.01.15 |カテゴリ: 宮崎県

青い海に映える朱!鵜戸神宮は絶景の神社(宮崎県日南市)

青い海に映える朱が美しい!絶景の神社、鵜戸神宮

鵜戸神宮。宮崎県を観光するうえで、外すことはできない神社です。風光明媚な海岸をなぞるように走る国道220号線(愛称「日南フェニックスロード」)沿いにあるため、他の景勝地とセットで訪れることが可能です。

さて、鵜戸神宮について紹介するのであれば、祭神であるとか、由緒であるとかを順を追って説明すべきなのですが、筆者は歴史に疎いため、このあたりのことはWikipediaをご覧いただければと思います。私のように寺社仏閣に関する知識が浅い人間でも楽しめるのが鵜戸神宮なのです。今回は開き直って、「寺社仏閣に興味がない人でも楽しめる鵜戸神宮」を紹介していきます。


鵜戸神宮の魅力、それは「絶景であること」、それに尽きます。こんなことを断言してしまうと、神社が好きな方や、パワースポット巡りをしている方に怒られてしまいそうですが、鵜戸神宮が他の神社と一線を画しているのは、景色が抜群に良いからでしょう。

鵜戸神宮

こちらは社務所を通り過ぎた辺りに現れる楼門。青い海をバックにして、朱塗りの門や玉垣が映えますね!!そして、他の神社とは違い、開放感がある気がします。

鵜戸神宮

楼門を抜けて進んでいくと、右手眼下に本殿が見えてきます。ここから見る景色は、鵜戸神宮の魅力の1つと言っても良いでしょう。打ち寄せる波、荒々しい岩石海岸をバックに建つ鳥居や玉垣は、非常に絵になります。多くの観光ガイドでも取り上げられている風景ですね。

なお、神社の本殿というものは、高いところにある場合が多く、このように見下ろすような造りになっているケースは珍しいそうです。言われてみれば、確かに違和感がありますね…。


鵜戸神宮

階段を下りてみてビックリ。ご本殿は洞窟の中にあります。オーバーハングした大迫力の岩の下に入り、お参り。鵜戸神宮は縁結び、子授け、安産などにご利益があることが有名です。

なお、本殿の裏には、撫でうさぎ御乳岩など、見るべきものがあるので、是非足を止めてみてください。


鵜戸神宮を訪れたら、「運玉」にもチャレンジしよう!

亀石

鵜戸神宮を語るうえで、「運玉」を外すことはできないでしょう。>本殿で購入した「運玉」を、上の写真に写る、亀石の縄の中へ目がけて投げるのです。崖の上から投げ下ろす形になるのですが、距離が離れており、また運玉が意外と持ちにくいため、投げ入れるのは至難の業。男性は左手で投げなければならないので、尚更です。結局私は、5回投げて、1個も入りませんでした…。

縄の中に入ると、願い事が叶うのだとか。


このように、他の神社とは一味違った楽しみ方のできる鵜戸神宮。普段は寺社仏閣には食指が動かない方も、足を運んでみては如何でしょうか。

各種情報

日南市観光協会 : 日南フェニックスロード沿いには見どころたくさん!!

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2016.06.02 | 最終更新:2018.06.16 |カテゴリ: 宮崎県

| PAGE-SELECT | NEXT