FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 鹿児島県

| PAGE-SELECT | NEXT

枕崎の新名物!「枕崎鰹船人めし」を食べてみた(だいとく@鹿児島県枕崎市)

枕崎鰹船人めし

鹿児島県の南部に位置する枕崎市。JR最南端の終着駅があることで有名なこの市は、鰹(カツオ)の水揚げ、鰹節の生産が多いことでも有名です。枕崎市を旅すると、フッと鰹節の香りが漂う地域があり、「ここは鰹の街なんだ」と感じることができます。

そんな枕崎市を訪れたら、是非とも鰹グルメを味わいたいもの。今回は、枕崎市街地にある人気店「だいとく」にて、枕崎市の新名物である「枕崎鰹船人めし」をいただいてきました。

この記事では。「枕崎鰹船人めし」とは何かということから始め、人気店「だいとく」についても簡単に紹介したいと思います。






「枕崎鰹船人めし」とは?

枕崎鰹船人めし

枕崎鰹船人めし」は、商店街活性化のため開発された新しいご当地グルメです。

漁師が釣った魚を船上で捌いて食べる漁師めしを現代風にアレンジした料理で、枕崎市内の8店舗で提供されています。鰹の刺身の切り身が入る店が多いようですが、店によってトッピングは様々。店ごとの個性を楽しむことができます。


枕崎市の名店「だいとく」で「枕崎鰹船人めし」を食べてみた

枕崎鰹船人めし

今回お邪魔したのは、枕崎市街地にある「だいとく」。鰹料理を中心に、枕崎の名物料理を出すことで有名な店です。

今回は開店と同時に入店したので、すぐに座ることができました。1階のテーブル席に通されましたが、2階にもお座敷があるようです。


枕崎鰹船人めし

こちらが「枕崎鰹船人めし」です!

この店では「枕崎鰹船人めしSP(スペシャル)」(900円)という名前で提供されています。

嫁が注文したのがこちらになりますが、もっと鰹を満喫したい僕は、さらに豪華なメニューを選択しました。


枕崎鰹船人めし

それがこちら!「鰹三昧セット」(1,500円)!

枕崎鰹船人めし」に加え、「ミニかつおラーメン」と「かつおの腹皮の塩焼き」が付きます。枕崎の鰹グルメを存分に楽しめるお得なメニューです。


枕崎鰹船人めし

まずは「枕崎鰹船人めし」を食べていきましょう。

枕崎産の「ぶえん鰹」の刺身、鰹節がオンザライス。さらには錦糸卵、小葱、梅干し、海苔などの具材が丼上を賑わせています。

写真では分かりにくいですが、ご飯は茶飯です。全国茶品評会で農林水産大臣賞を受賞した枕崎茶で炊かれています。隅々まで地産地消にこだわった一品ですね。

まずは、このままの状態でいただきます。海鮮丼のようで、美味しい!


枕崎鰹船人めし

ある程度食べ進めたところで、ポットに入った熱々のだし汁を投入!海鮮丼からお茶漬けへの変化を楽しむことができます。熱が加わり、ほんのりレア気味になった鰹もまた美味しい!

なお、こちらのだし汁も、勿論鰹だし!枕崎産の本枯節のだしが使われています。かなり濃厚な鰹だしが効いており、そのまま飲んでも美味しいのです。


枕崎鰹船人めし

こちらの小鉢は、鰹のごまマヨ和えかつおせんべい。食べ進める途中で投入し、味変に使うことができます。これも良いアクセントになりますね。



枕崎鰹船人めし



「鰹三昧セット」に付いてきた「ミニかつおラーメン」。

こちらも濃厚な鰹だしが効いた一杯。鰹の刺身やわかめも入っていて、海の味を存分に味わうことができます。


枕崎鰹船人めし

さらに「鰹の腹皮の塩焼き」。レモンを搾っていただきます。脂が乗っていて絶品!鰹を味わううえで、一番美味しい部位が腹皮なんじゃないでしょうか。枕崎に来たら是非食べて欲しい一品です。


…というわけで、枕崎の鰹料理を存分に味わうことができました!満腹!




「だいとく」のメニュー

「だいとく」ではこの他にも様々な鰹料理を味わうことができます。

枕崎鰹船人めし

今回いただいた「枕崎鰹船人めし」と並ぶ、鰹を使った丼メニュー「昆鰹枕崎鰹大トロ丼」が気になるところ。


枕崎鰹船人めし

シンプルさを求めるのであれば、「かつおのタタキ定食」や「枕崎ぶえん鰹の刺身定食」、「かつお丼」も良いですね。


枕崎鰹船人めし

かつおラーメン」や「鹿籠豚角煮ラーメン」などのご当地ラーメンも充実。


枕崎鰹船人めし

鹿児島と言えば豚肉も有名。とんかつや豚丼など、ブランド豚である「鹿籠豚」を使用したメニューも必見。


その他にも懐石料理や一品料理も充実しているため、大人数での宴会から少人数での食事まで様々な場面で使える店だと思いました。




「だいとく」へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

九州道鹿児島ICから指宿スカイライン、県道経由で約1時間

指宿温泉から国道226号線経由で約1時間


枕崎鰹船人めし

駐車場は、店の目の前と離れた場所の2ヶ所にありますが、どちらもそこまで広くなく、全て合わせても10台分はなさそうに見えました。


鉄道でのアクセス

■JR指宿枕崎線枕崎駅から徒歩6分(約500m)



バスでのアクセス

鹿児島中央駅から枕崎駅までバスで1時間半~2時間

鹿児島空港から枕崎駅までバスで約1時間45分


【参考】いわさきコーポレーション(TOP>バスのご案内)


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.02.16 | 最終更新:2020.02.16 |カテゴリ: 鹿児島県

溝ノ口洞穴 鹿児島の山奥に眠る神秘の洞穴 アクセス・駐車場情報も(鹿児島県曽於市)

溝ノ口洞穴
鹿児島県の東部、宮崎県との県境付近に位置する曽於市。曽於市の外れの山の中に、近年SNS映えすると話題のスポットがあることはご存知でしょうか?

そのスポットの名前は、溝ノ口洞穴

2019年の11月、鹿児島をレンタカーで旅する機会があったので、溝ノ口洞穴を訪れてみました。非常に神秘的で、尚且つ写真映えする場所でした。この記事では、溝ノ口洞穴の魅力やアクセス・駐車場情報、訪れる際の持ち物について、お伝えしたいと思います。






溝ノ口洞穴へのアクセス



溝ノ口洞穴は鹿児島県の端っこ、あと数百メートル北上すると宮崎県という場所に位置しています。鉄道の駅や町からは離れた山の中にあるため、車で訪れるのが無難です。


車でのアクセス

東九州道末吉財部ICから約30分

宮崎道都城ICから約40分

九州道溝辺鹿児島空港ICから約55分


どのインターチェンジからアクセスする場合も、メインルートからは外れているため、アクセスする道は少し分かりにくいかもしれません。カーナビでも検索されない可能性もあるので、地図を読むのが苦手な方はGoogleマップのナビ機能を使うことをオススメします。

また、道中には小さな看板があるので、見落とさないようにすれば、辿りつくことができると思います。




近くまで来れば、大きな看板が出てきます。上のストリートビューで示した場所から先は一本道なので、迷うことはないでしょう。ただし、すれ違いができない道が1km程続くので、注意が必要です。所々に設けられている離合スペースを有効活用しましょう。


鉄道・バスでのアクセス

都城駅から高崎観光バスが運行する霧島神宮行きの路線バスに乗り、約40分。「」停留所で下車し、そこから徒歩で約3km。


歩く距離が長いうえ、バスの本数が非常に少ないので、公共交通機関で訪れるのはあまりおススメすることはできません。

■参考:高崎観光バス(TOP>霧島⇔都城駅)




溝ノ口洞穴の駐車場・トイレ情報

溝ノ口洞穴には無料の駐車場があります。駐車場は洞穴の目と鼻の先にあるので、ほとんど歩く必要はありません。そこまで広い駐車場ではありませんが、2019年現在、「知る人ぞ知るスポット」という感じなので、そこまで混み合うことはないでしょう。


駐車場には、公衆トイレが設置されていました。人里離れた山の中ですが、とても綺麗に管理されていました。ありがたい限りです。


溝ノ口洞穴に入ってみた!

溝ノ口洞穴

こちらが溝ノ口洞穴です!

山の斜面にポッカリと口を開けた大きな洞穴。入口の横幅14.6m、高さ6.4m、全長209.5m。約33万年前の加久藤カルデラ(霧島山を含むカルデラ)の火山活動、約2万9千年前の姶良カルデラ(桜島を含むカルデラ)の火山活動などにより堆積した地層が、浸食と崩壊を繰り返すことにより、このような洞穴が出来上がりました。


外側から見るだけでは、溝ノ口洞穴の本当の魅力に気づくことはできません。是非とも洞穴の中に入り、振り返ってみてください。




溝ノ口洞穴

これが溝ノ口洞穴内部から見た景色です!!

なんて神秘的な光景なのでしょう!真っ暗な洞穴の中に差し込む陽光。そして光に照らされた真っ赤な鳥居。


溝ノ口洞穴

洞穴に数歩足を踏み入れるだけで、こんな素敵な光景を見ることができるのです。洞穴の入口と鳥居の位置関係、そして光の差し具合が違っていれば、この光景は生まれなかったことでしょう。まさに神様が降臨しそうな、そんな光景です。


洞穴は奥行きがあり、バリケードがある位置までは入ることができます。ただし、ある程度まで進むと外の光が届かないので、明かりを持っていない方は光が届く範囲までにしておきましょう。足元はデコボコしており、転倒の可能性があります。


溝ノ口洞穴

一番奥まで来ると、こんな感じです。洞内が少しカーブしているため、入口の光は全くと言って良い程届きません。照明を消すとこのとおり全く何も見えないので、わざわざ一番奥まで行く必要はないと言えるでしょう。




溝ノ口洞穴を訪れる際の持ち物・靴

溝ノ口洞穴に行かれる際に持って行った方が便利な物、そして靴について述べておきます。


洞穴内には灯りは無し!奥まで行く場合には照明の準備を!

洞内には照明設備は一切ありません。一番奥まで行く場合には、照明を持参するようにしましょう。

先述しましたが、洞内は緩いカーブを描いているため、奥の方は本当に真っ暗です。スマートフォンのライト機能では力不足でしょう。強力な照明を持っていない方は、自然光が届く範囲までで留めておくのが無難だと思います。


溝ノ口洞穴

上のような写真を撮るだけであれば、奥まで行く必要はないため、照明はなくても問題ないと思います。


洞内はデコボコや傾斜有り!歩きやすい靴が良い

洞内はデコボコしているうえに、傾斜している箇所もあります。洞穴に入る場合は、スニーカーなどの歩きやすい靴を履き、踵の無いサンダルやヒールが高い靴は避けるようにしましょう。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.12.16 | 最終更新:2020.02.19 |カテゴリ: 鹿児島県

串木野まぐろラーメン!まぐろの漬けが乗った絶品ラーメンを食べてみた(中華料理 味工房みその@鹿児島県いちき串木野市)

まぐろラーメン
鹿児島県西部、東シナ海に面しているいちき串木野市。まぐろの水揚げが多いことで有名な水産都市で、さつま揚げの産地としても知られています。

そんないちき串木野市で近年話題になっているご当地ラーメンがあります。

それが今回紹介する串木野まぐろラーメン

串木野で獲れたまぐろを贅沢に使用したラーメンで、2000年頃に誕生しました。現在では串木野にある様々な店舗でいただくことができます。

今回は串木野にある人気店「中華料理 味工房みその」で串木野まぐろラーメンをいただいてきました。この記事ではまぐろラーメンの魅力、「中華料理 味工房みその」のメニューやアクセス情報についてお伝えしたいと思います。






串木野の人気中華料理屋、味工房みその

まぐろラーメン

今回訪れたのは串木野の中心街に程近い場所にある「中華料理 味工房みその」。


まぐろラーメン

串木野で人気の中華料理屋さんですが、店の前の看板を見ればわかるとおり「まぐろラーメン」を猛プッシュしています。

店内はテーブル席の他にも広いお座敷があり、おひとり様から家族連れまで、様々な客層に対応している感じです。


実食!串木野まぐろラーメン

まぐろラーメン

こちらがまぐろラーメン(味玉トッピング)です!

最大の特徴はラーメンの上に鎮座するマグロの漬け!その他には白髪ねぎ、かいわれ、糸唐辛子が乗せられており、全体としてサッパリとした具材が乗っているという印象です。スープは醤油ベースですが、美しく澄み切っていますね。


まぐろラーメン

薬味としてワサビが付いて来るのも珍しいですね。これはお好みで、ラーメンに入れて食べるとのこと。


まぐろラーメン

いざ実食!

スープは醤油ベースのあっさり系。単にあっさりしているだけでなく、程良い油、そして味に深みを感じます。この店は、まぐろの頭と野菜を煮込んだスープと、昆布と鰹からとった和風だしを合わせたWスープが自慢。道理で味が複雑で深みがあるわけですね。飲んだら止まらなくなるような、そんなスープです。

チャーシューの代わりに入っているまぐろは「漬け」。醤油ベースのタレに漬け込まれたものなので、まぐろ単体でもめちゃくちゃ美味しいです。熱いスープに入っているため、食べるタイミングによって様々な食感が味わえるのも魅力。ネットリとした食感のレアも良いですし、しっかりとした食感のミディアムも捨てがたいですね。

そして意外な名脇役は薬味のワサビ。まぐろに付けても良し、スープに溶いても良し。スープに投入すると、味がキリっと締まるのです。非常に良いアクセントになりますね。


とても完成度が高いまぐろラーメン。スープまで飲み干してしまいました。美味かった!




味工房みそののメニュー

味工房みそののメニューはまぐろラーメンだけではありません。


まぐろラーメン

鹿児島と言えば、豚骨ラーメンも外せないですよね。ちゃんぽんや担々麺なども扱っています。


まぐろラーメン

まぐろラーメンの中に、「まぐろトロリー麺」という気になるメニューが!!こちらは唐揚げにされたまぐろが入ったあんかけラーメンのようですね。


まぐろラーメン

セットメニューも存在します。ガッツリ食べたい方にはおススメです。

まぐろラーメンのスープを茶漬けにして食べられる「まぐろ茶漬けセット」が目を引きますね。また、まぐろラーメンが付く「お子様セット」まであるようです。


まぐろラーメン

人気の中華料理屋ということで、中華料理も充実しています。


まぐろラーメン

数ある中華の中から、黒豚餃子を注文しました。やはり「鹿児島と言えば黒豚」、「ラーメンと言えば餃子」。この選択は必然でしょう!

肉々しくて、とてもジューシーな餃子でした。




味工房みそのへのアクセス・駐車場情報



味工房みそのは、串木野市の中心に近い住宅街に位置しています。


車でのアクセス

南九州道の串木野ICから約6分


駐車場は、店の目の前に3台分あります。また近隣にも駐車場があり、計13台分が駐車可能です。


鉄道でのアクセス

JR鹿児島本線の串木野駅から徒歩15分程度



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2019.11.13 | 最終更新:2019.11.13 |カテゴリ: 鹿児島県

屋久島の豊かな水が豪快に流れ落ちる!大川の滝と千尋の滝(鹿児島県屋久島町)

屋久島は森だけじゃない!滝も人気

世界遺産の島、屋久島縄文杉、もののけ姫の舞台として知られる白谷雲水峡など、美しい森が多くの旅人を惹きつけてやみません。

屋久島の魅力は森だけではありません。緑豊かな山から流れ落ちる滝もまた、屋久島の見どころとして知られています。今回はその中でも特に人気のある2つの滝、大川の滝千尋の滝を紹介します。


日本の滝100選。末広がりに落ちる豪快な滝、大川(おおこ)の滝

まずは、日本の滝100選にも選定されている大川の滝を紹介します。読み方は「おおかわ」ではなく、「おおこ」です。

大川の滝は屋久島の南西部を流れる大川にある滝。海からの距離は数百メートル。かなり下流にある滝です。

平常時の大川の滝

大川の滝

こちらが大川の滝。ダイナミックに岩肌を滑り落ちるように流れる滝です。落差88メートルとかなりの落差を誇りますが、幅も広く、見る者を圧倒するような迫力があります。

大川の滝

降水量が少ない時期であれば、滝壺の近くまで寄ることができるのもこの滝の魅力。屋久島のマイナスイオンを全身に感じることができるのです。

増水時の大川の滝

増水の大川の滝

増水するとその姿は一変!滝壺どころか、展望所にすら近づけない程に大暴れする大川の滝。

これは、7月上旬の雨が続いていた頃の様子。前回(12月下旬)訪れた時とはまったく違う姿を見ることができました。まさに大迫力…というか、水が多すぎて原型すら留めていません。

増水の大川の滝

展望所へ向かう遊歩道も完全に水没。近づくのは危険と判断し、遠くからの撮影に留めました。



平常時と増水時の比較動画を作ってみたので、興味のある方はご覧ください。


日本最大級の一枚岩と滝の競演!遠望でも美しい千尋(せんぴろ)の滝

大川の滝とならび、屋久島で高い人気を誇るのが千尋の滝。こちらも読み方が変わっていて、「せんぴろ」と読みます。

屋久島の南部、鯛ノ川にある滝です。

平常時の千尋の滝

千尋の滝

こちらが千尋の滝。落差60メートル。滝も凄いですが、滝の手前に聳える岩の斜面が凄すぎる…!250メートル×300メートルの花崗岩の一枚岩。和歌山県の「古座川の一枚岩」(紹介記事はこちら)と並んで、日本最大級の一枚岩です。この大スケールの景色の前では、千尋の滝でさえも小さく見えてしまいますね。

増水時の千尋の滝

増水の千尋の滝

千尋の滝もまた、増水時は凄いことになります。滝の幅は倍以上に広がり、遠くからでもゴウゴウという轟音が聞こえてきます。一枚岩にも幾筋もの流れが出来ており、なかなか幻想的な風景です。


大川の滝、千尋の滝へのアクセス

大川の滝、千尋の滝へのアクセスとしては、レンタカー観光バス路線バスが考えられます。交通手段はご自身の旅行スタイルに合わせて選んでいただければと思います。

レンタカーでのアクセス

随所に見どころが点在している屋久島。効率良く、自由に周るためにはレンタカーがおススメ。レンタカーショップは港のある宮之浦安房、また屋久島空港周辺にあります。

屋久島には島の海岸線を一周する県道があり、縄文杉や白谷雲水峡など、山の中にある一部の観光地を除き、見どころのうちほとんどがこの県道の沿線にあります。県道は、西海岸の一部を除けば走りやすい2車線の道が続いており、初心者でも容易に運転することができます。


大川の滝への入口は、島を時計回りで周った場合、栗生という集落を過ぎて約4km進んだ所にあります。川を渡る立派な橋の脇から、右に分かれる狭い道があるので、ここを右折(上のストリートビューで示した場所です)。250m程進むと6台分の駐車場があります。駐車場から滝まではすぐです。



千尋の滝は、県道からは少々離れており、脇道に入って10分ほど走る必要があります。アクセスする道はいくつかありますが、上のストリートビューで示した分岐から入っていくのが一般的だと思われます。分岐点には案内板が設置されているので、それを見落とさないようにして進みましょう。なお、どのルートを選んでも、やや狭い箇所があるので要注意です。

駐車場は10台が停められるくらいの広さ。駐車場から舗装された遊歩道を5分ほど歩くと、展望台に到着します。大川の滝と異なり、千尋の滝は遠くから眺めることになります。


観光バスでのアクセス

慣れない土地での運転に抵抗がある方は、観光バスを利用するというのも一つの手。「種子島・屋久島交通」、「まつばんだ交通」などが、島内の観光地を巡る観光バスを運行しており、大川の滝や千尋の滝もコースに組み込まれています。各会社でそれぞれ周るコースが異なるので、詳しくは屋久島観光協会のホームページを参照してください。

屋久島観光協会 : 「島を巡りたい」→「観光バス」を参照。


路線バスでのアクセス

路線バスでのアクセスは、少しハードです。

1つ目の理由は、大川の滝まで向かうバスが少ないこと。路線バスは日中は1時間に1本程度と、比較的本数が多いのですが、そのほとんどが大川の滝の2つ手前の栗生橋までしか行きません。大川の滝まで行くバスは1日たったの2本!栗生橋から大川の滝までは約4kmもあり、歩くのはかなり大変です。

2つ目の理由は、バス停から千尋の滝までの距離が遠いこと。最寄りのバス停である「鯛之川」から徒歩60分。しかも登り坂が大半です。

…というわけで路線バスで大川の滝や千尋の滝を巡るのはあまり現実的ではないと言えるでしょう。それでも路線バスで巡る方は、1日に乗り放題の切符(1日2000円)を買うとお得になると思います。


各種情報

屋久島観光協会 : 屋久島の観光情報はこちらから。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2018.10.10 | 最終更新:2019.02.25 |カテゴリ: 鹿児島県

奄美大島の名店、「ひさ倉」で名物の鶏飯を食べてみた(鹿児島県龍郷町)

鹿児島県の奄美地方に伝わる郷土料理、鶏飯けいはん)。

鹿児島県全域の居酒屋などで食べることができますが、やはり本場の奄美大島で食べたいものです。奄美大島の中でも特に高い人気を誇る店が、龍郷町にある「ひさ倉」。

「ひさ倉」にて、鶏飯を食べる機会に恵まれたので、紹介したいと思います。






奄美大島随一の人気店、「ひさ倉」

ひさ倉

今回訪れたのは、奄美大島の北部、龍郷町にある「ひさ倉」。奄美を訪れた観光客がこぞって訪れる、奄美の中でも特に人気が高い店です。奄美大島の幹線、国道58号線沿いにあるのでとても目立ちますね。


名物、鶏飯は盛り付けて楽しい、食べて美味しい素晴らしい郷土料理

鶏飯

今回は鶏飯に鶏刺しが付いたセット(1,500円)を注文しました。手前のお櫃に白米、奥の鍋にはダシが入っています。

最近では初めから盛り付けられている鶏飯も多いそうですが、こちらは自分で盛り付けるスタイル。茶碗にご飯をよそい、具材を載せていきます。..

鶏飯

具材は手前から時計回りに、錦糸卵アサツキ鶏肉干しシイタケ紅ショウガ。薬味としてダイダイの七味パパイヤの漬物も添えらえています。
可能な限り綺麗に盛り付け、仕上げにダシをかけて…。

鶏飯

完成!これは色鮮やかで美味しそう!お茶漬けの要領で、さらさらといただきます。

ダシは思ったよりも濃厚な鶏風味。ダシ単品でも飲めるくらい旨味があります。店主自ら飼育している地鶏を使用しているそうですよ。

具材一つ一つの味と混ざり合い、非常に美味しい!ダイダイの爽やかな風味も良いアクセントになっていますね。なんと、ダイダイやパパイヤも自前だそう。

お櫃のご飯は少し多いように思えましたが、さらっといただくことができました。




鶏飯以外にもある自慢の鶏メニュー!

鶏刺し

私は今回刺身をいただきましたが、養鶏場を持っているだけあり、地鶏や卵を使ったメニューが他にもあります。鶏スキ、卵焼きなどがメニューに並び、焼鳥は様々な部位を楽しむことができます。正に地産地消。奄美を訪れた際には是非とも立ち寄りたい名店です。




ひさ倉へのアクセス・駐車場情報

まず、前提として、「ひさ倉」は離島である奄美大島にあるため、飛行機またはフェリーで奄美大島に行っておく必要があります。

島内の交通手段としては、レンタカーまたは路線バスが考えられるでしょう。

車でのアクセス

■奄美空港から約20分

■名瀬市街地から約30分


奄美大島を南北に貫く国道58号線沿いにあるため、見落とすことはないでしょう。ロードサイド店らしく、広い駐車場が完備されています。

バスでのアクセス

【奄美空港からの場合】

奄美空港」停留所から名瀬方面行きのバスに乗り、約30分。「屋入ひさくら前」停留所で下車。


【名瀬市街地からの場合】

名瀬郵便局」停留所から奄美空港行きのバスに乗り、約35分。「屋入ひさくら前」停留所で下車。


■参考:しまバス


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2017.07.16 | 最終更新:2019.10.06 |カテゴリ: 鹿児島県

| PAGE-SELECT | NEXT