FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 旅行記

| PAGE-SELECT | NEXT

対馬・壱岐旅行記 【終章】 壱岐郷ノ浦港から博多港へ

2019年8月18日(日)



本日はこの対馬・壱岐旅行の最終日。壱岐の郷ノ浦港からフェリーに乗り、九州の博多港へと戻ります。

これで対馬を2日間、壱岐を1日かけて周った島旅もおしまい。名残惜しいですが、最後まで楽しむことにしましょう。






早朝の郷ノ浦港

対馬壱岐

6:05
まだ薄暗さが残る中、壱岐マリーナホテルを出発。時期的には日の長い夏ですが、西の方に来ているので、日の出が少し遅いようです。

博多行きのフェリーが出発するのは6:45。時間には余裕がありますが、勝手が分からないので、早めにフェリーターミナルへと向かいます。

朝の穏やかな湾を横目に、海辺の歩道を歩いて行きます。お盆で漁がお休みのせいか、この辺りも非常に静かです。写真にも写っていますが、湾を一跨ぎにする郷ノ浦大橋の下をくぐると、フェリーターミナルに到着します。


対馬壱岐

6:15
フェリーターミナルに到着。博多行きのフェリーきずなが既にスタンバイしていました。


対馬壱岐

フェリーターミナル内はお盆休みの割には人が少ない印象。早朝の便だからでしょうか。チケットを購入したり、手続きを済ませていたら、乗船時間がやってきました。

なお、ターミナル内の売店でお弁当が売られていたので、ここで朝食を調達。フェリーきずなの中には、食堂や売店はないため、ありがたい限りですね(一応、船内にはカップ麺やお菓子が買える自動販売機は用意されています)。




フェリーきずなの船内はこんな感じ

6:30
出港の約15分前、アナウンスと共にフェリーきずなに乗船。


対馬壱岐

カーペット敷きの2等室を陣取りました。昔ながらのプライベート空間の無い雑魚寝スタイル。旅情がそそられますね。そこまでの混雑はなく、足を伸ばして寛げる程度のスペースは確保できました。

2等室の料金にプラス数百円で、「2等指定席」あるいは「1等」に乗ることができますが、博多までは2時間程度の船旅なので、2等室で十分でしょう。ただ、混雑する場合には、広々としたスペースを確保するため、グレードアップも一考する価値はあると思います。


対馬壱岐

デッキにも結構な座席数。デッキから玄界灘の島々を眺めるのも一興ですね。


対馬壱岐

対馬壱岐

船内には飲み物、お菓子、カップ麺が買える自動販売機給湯器があります。万が一、出航前に食事が摂れない場合でも、最低限の食料は船内で調達することができます。

船内の設備は大体このくらい。あとは小さなゲームコーナーくらいでしょうか。そこまで長い距離を結ぶフェリーではないため、船内も非常にシンプルです。




フェリーきずなで郷ノ浦から博多へ

対馬壱岐

出港前、デッキにて先程買ったお弁当を食べます。おにぎりと肉系のおかずがギチっと入った肉食系弁当。美味いです。


対馬壱岐

6:45
定刻通りに出港。手際良く係留ロープが外され、船がゆっくりと岸壁を離れます。朝のため、見送りの人は少なめ。


対馬壱岐

さらば、壱岐!

今回の旅では1日のみの滞在でしたが、それだけでは全然足りないくらい奥が深い島でした。壱岐と言えば弥生時代の遺跡や、古墳も数多く存在することで有名ですが、その辺りは時間の関係上立ち寄ることができませんでした。今度はゆっくりと時間をかけて巡りたい島ですね。


対馬壱岐

6:55
郷ノ浦港の防波堤をすり抜け、外海に出ると、3つの小さな島が見えてきました。壱岐島の沖合に浮かぶ大島長島原島という小さな島です。訪れるためには飛行機か船で九州から壱岐島に渡った後、郷ノ浦港から壱岐市営渡船に乗る必要があります。なかなか到達するのが大変な島ですが、美しい海が密かに人気なのだそう。

こういったマイナーな島を訪れるというのも良さそうですね。


しばらくするとフェリーは大きく旋回し、壱岐島の南の沖合を進みます。疲れのせいか、事前に飲んだ酔い止め薬のせいかは分かりませんが、猛烈に眠くなってきたため、一旦船室に戻りました。




対馬壱岐

8:30
ほんの数十分の仮眠のつもりだったのですが、ハッと目を覚ますと1時間半も経っていました。デッキに戻ると、目の前に陸地が!スマホで位置を確認すると、目の前の陸地は九州の糸島半島のようです。

糸島半島を過ぎると、博多湾に入っていきます。


対馬壱岐

博多湾の入口に浮かぶ玄海島の沖を通過。小さいながらも標高は200m以上ある急峻な島です。

玄海島の他にも博多沖には小さな島がいくつも点在しています。博多港だけでも、志賀島玄海島能古島小呂島への船が出ているのです。博多を拠点にして、小島への小旅行を楽しむのも楽しそうですね。


対馬壱岐

対馬壱岐

左右には小さな島が、前方には博多のビル群が見えています。しばらく島に行っていたので、久々の大都会。これ程の都会の目の前に、長閑な島がポツンポツンと点在するのは、何だか不思議な感じがしますね。

博多港が近づいてきたので、下船の準備を始めます。


対馬壱岐

9:10
博多港到着!3日ぶりの九州に戻ってきました。

出発前は台風が重なり、島に渡ることさえ危ぶまれていましたが、なんとか無事に旅をしてくることができました。しかも初日を除けば、概ね天気に恵まれたと言っても良いでしょう。ありがたい限りですなー。


対馬壱岐

博多港前はフェリーから降りた人たちで賑わい、タクシー乗り場は長蛇の列。帰ってきて早々、都会の洗礼を浴びることに…。急ぐ旅でもないし、行列に並ぶのも嫌なので、路線バスで博多駅へと向かいました。


これで4日間に及ぶ対馬・壱岐旅行は終わり。特に対馬はあまり事前情報が無かった島ですが、非常に素晴らしい島でした。日本人の旅行先としてはあまりメジャーではないですが、多くの人におススメしたいですね。

それでは、長々とした旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました!


- 対馬・壱岐旅行記 完 -


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.02.06 | 最終更新:2020.02.06 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【3-8】 郷ノ浦の夜 「味よし」と「味処 角丸」で飲む

2019年8月17日(土)

今夜は壱岐島西部の港町、郷ノ浦に宿泊。明日の早朝に郷ノ浦港を出発するフェリーに乗り、博多へ戻り、今回の旅は終了となります。

今夜は旅最終日の夜。思い切り壱岐の夜を楽しみたいと思います。






今夜の宿 壱岐マリーナホテル

対馬壱岐

今夜の宿は、郷ノ浦の市街地にある壱岐マリーナホテル。7階建てという、超高層ホテル。ここまで高い建物が周りにないため、とても目立つ存在です。フェリーが出る郷ノ浦港にも近く、宿泊料金も比較的安いので、おススメの宿です。


対馬壱岐

ホテルの窓からは、郷ノ浦の街並を眺めることができます。

細長い湾が内陸まで食い込んでいる郷ノ浦の町。壱岐島を流れる永田川の河口にもなっていて、海と川の境目のようなところです。岸辺には、何隻もの漁船が係留されていました。


郷ノ浦の市街地を歩く

対馬壱岐

18:25
壱岐マリーナホテルを出て、郷ノ浦の街へと繰り出します。

細長い湾の両岸に店や民家がビッシリと並んでいて、なかなか賑やか。湾の奥に飲み屋が多くあるエリアがあるため、湾に沿って上流へと進んでいきます。


対馬壱岐

実際に歩いていて思ったのですが、郷ノ浦の街は「水の都」という言葉が似合っていますね。

湾と崖に囲まれた狭い土地に街が広がっているため、水の上の空間も有効利用。湾にかけられた橋の上が駐車場として利用されていました。


対馬壱岐

湾の奥には、店や宿が密集した市街地が形成されています。昔ながらの商店街といった趣ですが、人通りは少なめ。離島である壱岐島においても、人の流れが国道の方にある郊外型大型店舗へと向いてしまっているのでしょうか。




郷ノ浦の居酒屋 1軒目:味よし

対馬壱岐

少し寂しい市街地を歩いていると、見つけました。本日1軒目のお店、「味よし」。

店の前の幟にも書かれていますが、生うに丼がイチオシの店のようです。


対馬壱岐

うに丼は昼に食べたので、ここでは肉をオーダー。

壱岐島と言えば、魚介類だけではなく壱岐牛も有名です。というわけで、壱岐牛のタタキをいただきました。この店では「味牛」という名前で提供されています。

レア気味に焼き上げられた壱岐牛のタタキ。野菜やドレッシングが添えられ、カルパッチョ風に仕上がっています。

うん!めちゃくちゃ美味いですね!肉が柔らかく、しっかりとした旨味がありました。


対馬壱岐

続いては「壱岐産もずく」。

島産の海藻類って美味しいんですよね。ツルリと食べられて、暑い夏には最適な一品でした。




郷ノ浦の居酒屋 2軒目:味処 角丸

対馬壱岐

19:00
もう1店気になる店があったので、ハシゴしてきました。2軒目は「味処 角丸」。

こちらは個室の小上がりがたくさんあるお店。地元の人気店のようで、店内はとても賑やかでした。


対馬壱岐

まずは揚げ出し豆腐

壱岐島では、壱岐の海水をにがりに使用した島豆腐作りが行われています。この店で出される豆腐料理に使われているのは、もちろん壱岐産の島豆腐。しっかりとした食感で美味しいです。


対馬壱岐

続いて長崎サラダ

こちらは長崎県のご当地サラダのようですね。皿うどんをイメージしたパリパリの麺が乗ったサラダです。これは新食感!


対馬壱岐

こちらの店でも壱岐牛をいただきました。壱岐牛のサイコロステーキです。

通常のステーキに比べるとかなりリーズナブルなお値段で食べることができます。先程のタタキも良かったですが、こちらも美味い!


対馬壱岐

対馬壱岐

魚介類の揚げ物もいただきました。

甘鯛のすり身揚げ(上)とイカ天(下)。いずれも壱岐を取り囲む玄界灘で獲れたものです。


海の幸と山の幸。壱岐の名物をたらふく食べつつ、壱岐の焼酎を心行くまで楽しむことができました。ごちそうさまでした!


対馬壱岐

2軒目の「味処 角丸」に長居してしまい、すっかり21時過ぎ。静まり返った郷ノ浦の飲み屋街を歩いてホテルへと戻りました。


次回は対馬・壱岐旅行記の最終回。郷ノ浦港からフェリーに乗り、博多港へと戻ります。

対馬・壱岐旅行記 【終章】 壱岐郷ノ浦港から博多港へ
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.02.02 | 最終更新:2020.02.06 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【3-7】 筒城浜と小島神社と岳の辻展望台 ~壱岐島南部を巡る~

2019年8月17日(土)

壱岐島東部の芦辺港から始まった壱岐島のドライブもいよいよ大詰め。最後に壱岐島南部へと向かいます。

壱岐島南部は、元々は壱岐島4町が合併して壱岐市になる前は石田町であった地域。唐津からのフェリーが発着する印通寺港壱岐空港があるため、この町から壱岐島の旅を始める方も多いことでしょう。




筒城浜 壱岐屈指の人気のビーチ



16:20
壱岐島の南東部にある筒城浜を訪れました。

筒城浜は日本の快水浴場100選にも選ばれている、壱岐島屈指の人気のビーチ。美しい砂浜だと聞いていたので、とても楽しみにしていました。


到着してみると、駐車場は車だらけ。駐車場から浜へと向かう道沿いにも車がズラリ。静かな離島のビーチを想像していたのですが、嫌な予感。


対馬壱岐

筒城浜は海水浴客で大賑わいでした。

ただ賑わっているだけなら良いのですが、島の雰囲気にはあまり合わない音楽が流されていて、まるで湘南の浜のよう…。海のグラデーションや白い砂浜は非常に美しいだけに、残念ですね。

福岡という大都会から気軽に来れる場所なので、俗化してしまうのでしょう。家族やグループ旅行で海水浴を楽しむのであればおススメですが、静かに海を見たい場合には、別の浜の方が良いかもしれません。



小島神社 壱岐のモンサンミッシェル



16:45
壱岐島東部の小島神社にやってきました。この場所は、とある理由でこの時間帯に訪れる必要があったのです。

小島神社の様子を見ていただければ、その理由はお分かりいただけるかと思います。


対馬壱岐

こちらが小島神社です!

その名のとおり、小さな島の上に神社が建っており、干潮時にのみ渡ることができるのです。このような特殊なロケーションから、「壱岐のモンサンミッシェル」とも呼ばれているのだとか。


対馬壱岐

見事に水位が下がり、まるで鳥居に向かって道が出来たかのよう。水が引いているとはいえ、数時間前までは海底だった場所。所々濡れていて滑りやすい場所もあるので注意が必要です。

ここを訪れる際には、事前に気象庁の潮位表で干潮の時間帯を調べておきましょう。

■参考:気象庁潮位表(九州地方北部>郷ノ浦で調べてみてください)


はらほげ地蔵 干潮時の姿

干潮の時間帯に立ち寄っておきたかった場所がもう1ヶ所あります。



17:05
朝、壱岐島に到着して一番最初に立ち寄ったはらほげ地蔵です。朝に寄った時は満潮であったため、海辺に立つお地蔵様が腰くらいまで沈んでいましたが、今は干潮。どんな様子になっているか、再訪しました。


対馬壱岐

すっかり全身が現れたはらほげ地蔵を見ることができました。


対馬壱岐

ちなみにこちらが9時間前の様子。はらほげ地蔵だけでなく、周囲の海の様子も全く異なりますね。ここは満潮、干潮それぞれの時間帯に訪れるのがおススメです。


岳の辻展望台 壱岐島最高峰の山から壱岐島を見渡す


17:35
レンタカーを返却する前に、少し時間が残っていたので、岳の辻展望台にやってきました。

岳の辻は標高212m。壱岐島の最高峰です。最高峰の山と言っても、長い距離を歩く必要はありません。この山は駐車場からほんの僅かの階段を登るだけで登頂することが出来るのです。


対馬壱岐

対馬壱岐

頂上にある岳の辻展望台からは、壱岐島を一望することができました。まさに360度の大パノラマ!視線をグルリと巡らせれば、豊かに広がる水田地帯やポコポコとした低い山々、入り組んだ海岸線を眺めることができます。

この日は少し空気が霞んでいましたが、条件が良い日には九州まで見晴らすことができるそうです。最後に良い絶景スポットに立ち寄ることができました。


景色を楽しんだ後は、山を下り、永岡レンタカーの事務所へ。レンタカーを返却後、送迎車で郷ノ浦にあるホテルまで送っていただきました。


次回は、この旅最後の夜。郷ノ浦の夜を楽しみます。

対馬・壱岐旅行記 【3-8】 郷ノ浦の夜 「味よし」と「味処 角丸」で飲む
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.01.30 | 最終更新:2020.02.02 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【3-6】 猿岩と鬼の足跡 ~壱岐島西部を巡る~

2019年8月17日(土)

朝に壱岐島東部の芦辺港をレンタカーで出発し、反時計回りに名所を巡りながら、壱岐島西部までやってきました。これで大体半周といったところでしょうか。

壱岐島西部は、平成の大合併前は郷ノ浦町であったエリア。郷ノ浦町にも気になる見どころがあります。

それが、「猿岩」と「鬼の足跡」。

事前にインターネットで情報を得ていたのですが、見た目のインパクトが抜群だったので、是非とも見てみたかったのです。それでは、まずは猿岩から行ってみましょう。






猿岩 思ったよりも猿だった



13:30
郷ノ浦にある猿岩にやってきました。壱岐島の西側に突き出した小さな半島の先端に猿岩はあります。

猿岩までの道は畑の間を行く長閑な道。猿岩を示す看板が所々に立てられているため、迷うことなく辿りつくことができました。



対馬壱岐

こちらが猿岩です!!

「お…思っていたよりも猿っぽい…!」

そんな感想を、現地で抱きました。


対馬壱岐

顔の形もそれっぽいし、ちゃんと目と鼻と口があるし、岩の上部に茂る植物がこの上なく体毛っぽいし…。

猫岩とかゴジラ岩とか獅子岩とか親子熊岩とか、全国各地には「動物っぽく見える」岩が数多く存在しますが、この猿岩はかなり再現度が高い方なんじゃないでしょうか。


対馬壱岐

あまりにも猿っぽかったので、猿の肩を抱く写真なんかも撮ってみました。遠近法を利用して、様々な面白写真を撮れるのも、猿岩の魅力ですね。




鬼の足跡 牧崎園地にある大迫力の大穴



14:40
猿岩からさらに南下し、「鬼の足跡」という恐ろしげな名前の名所にやってきました。こちらもまた、半島の先端の岬にある景勝地です。


対馬壱岐

岬全体が「牧崎園地」という公園として整備されています。

駐車場から徒歩1分足らずで、この素晴らしい風景。抜けるような青空と大海原、緑の絨毯を敷き詰めたかのような芝生、そんな絶景を眺めながら歩くことができる小径。この大型連休にこんな素晴らしい場所がほぼ貸切状態!凄いぞ、壱岐!


対馬壱岐

遊歩道を歩いていると「転落注意」という何やら不穏な看板が…。しかし周囲を見渡す限り、丘のような穏やかな地形が広がっており、「転落」というイメージからはかけ離れた風景に見えますが…。


対馬壱岐

死角になっていましたが、実はこんな大穴が隠されていたのです!

これが猿岩と並ぶ郷ノ浦を代表する景勝地、「鬼の足跡」です!

大鬼がクジラ漁をしていて、踏ん張った際に刻まれたという伝説が残るこの大穴。周囲の長さが110mもあるそうです。波の浸食により、大穴と海とを繋ぐ横穴まで出来てしまっています。確かにこれは面白い景観ですね。

なお、1年のうち、春分の日、秋分の日には、横穴から差し込む夕日を見ることができるのだとか。その2日は、多くのカメラマンや見物客がやってくるそうです。




あまごころ壱場 郷ノ浦にある土産店でお買い物

対馬壱岐

15:10
郷ノ浦市街地にあるお土産屋、「あまごころ壱場」に立ち寄りました。

こちらは壱岐島の中でも屈指の規模を誇る土産屋。店内はゆったりとした作りで、のんびりと買い物を楽しむことができます。もちろん品揃えも豊富!特にウニやウニの加工品は、かなり多くの種類を取り扱っています。

ウニが入った海苔を購入。ご飯のお供として、最適な一品です。


対馬壱岐

店の前には「離島戦隊イキツシマン」なるご当地ヒーローの顔出しパネルが…。壱岐と対馬のご当地ヒーローということでしょうか。

「離島戦隊」と言えば、「サドガシマン」と「タネガシマン」は知っていましたが、壱岐と対馬にもいたとは驚きでした。


次回はついに壱岐南部へ。人気のビーチ「筒城浜」、「壱岐のモンサンミッシェル」との異名を持つ「小島神社」を巡ります。

対馬・壱岐旅行記 【3-7】 筒城浜と小島神社と岳の辻展望台 ~壱岐島南部を巡る~
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.01.23 | 最終更新:2020.01.30 |カテゴリ: 旅行記

対馬・壱岐旅行記 【3-5】 壱岐湯ノ本温泉の「国民宿舎壱岐島荘」で日帰り入浴

2019年8月17日(土)

本日の午前中は、無人島である辰ノ島生うに丼と、壱岐島北部の勝本町を満喫しました。しかし、勝本町の魅力はこれだけではありません。

壱岐島随一の温泉地、壱岐湯ノ本温泉に寄らないわけにはいかないでしょう。ちょうど猛暑の辰ノ島を歩き回り、汗を流したかったところ。ひとっ風呂浴びていくことにしました。


対馬壱岐

12:50
やってきたのは、壱岐湯ノ本温泉にある「国民宿舎壱岐島荘」。壱岐湯ノ本温泉に7軒ある宿泊施設のうちの1つです。壱岐島荘は宿泊のみならず、日帰り入浴も受け付けており、400円(税別)というリーズナブルな料金で入浴することができます。

日本海に面した小高い丘の上にある壱岐島荘、客室からの眺めは、さぞかし良さそうですね。




対馬壱岐

昼過ぎという中途半端な時間に訪れたせいか、大浴場は独占!

露天風呂はありませんが、大きな窓からは開放されていたので、気分的には露天風呂に入っているかのようでした。しかも、窓の外には日本海!見事な眺望です。


対馬壱岐

壱岐島荘の魅力は景色だけではありません。

湯船に並々と注がれている赤褐色のお湯は、かなりインパクトがあります!もちろん源泉かけ流し。よくよく見ると、オレンジ色の湯の花が舞っています。とても体が温まるお湯で、しばらく浸かっていると、体がポカポカになりました。


次回は、壱岐島の西部へ。「猿岩」や「鬼の足跡」などの奇勝を巡ります。

対馬・壱岐旅行記 【3-6】 猿岩と鬼の足跡 壱岐島西部を巡る
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.01.20 | 最終更新:2020.01.23 |カテゴリ: 旅行記

| PAGE-SELECT | NEXT