FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 北海道 > 「ペンションぽらりす」は北海道らしさを体感できる素敵な宿(北海道弟子屈町)

「ペンションぽらりす」は北海道らしさを体感できる素敵な宿(北海道弟子屈町)

北海道の東部。摩周湖や屈斜路湖、川湯温泉などで有名な弟子屈町に素敵な宿があります。

ペンションぽらりす

ペンションぽらりす。北海道を旅する方には是非ともおススメしたい宿です。2018年の11月に宿泊する機会があったので、その魅力をお伝えしたいと思います。






ペンションぽらりすとは?


ペンションぽらりすがあるのは、北海道東部の自然豊かな町、弟子屈町。畑や森に囲まれた静かな場所にあります。

市街地から離れたこの宿には、都会では味わうことができない数々の魅力があります。満天の星空、野生動物や野鳥、雄大な景色などなど。

そして北海道を愛するオーナーの温かいもてなし。決して派手さや豪華さはありませんが、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

五感で北海道を感じることができる宿”。実際に泊まってみて、そんな感想を抱きました。


ペンションぽらりすのお部屋

ペンションぽらりすは、ツインルームが3部屋のみという小さな宿。

ペンションぽらりす

部屋は広々としており、エキストラベッドを入れると3人までは泊まれるようです。

とても清潔感があり、木のぬくもりに溢れる部屋。とても心地よいですね。

ペンションぽらりす

館内の床はほとんどが木製。裸足で歩き回ることができます。木製の床は柔らかいため、重い荷物を置くために敷くマットが用意されています。

ペンションぽらりす

窓に面したカウンターテーブルには、この宿で楽しく過ごすためのアイテムが…。

(左の写真)
デジタルフォトフレームには、オーナーが撮影した北海道の風景写真が映し出され、旅情をかきたてます。そして北海道関連、天体観測関係の書籍。

(右の写真)
動物や野鳥観察用の双眼鏡
曇天で星空が見られなかったときのためのホームスター。実際に試してみましたが、ボタン1つで天井が夜空に早変わり。なかなか面白いです。


なお、テレビはありません。多くの宿泊施設に当たり前のように置いてあるテレビですが、「旅の間は俗世間から離れて欲しい」というオーナーの考えから、置いていないようです。実際に一晩泊まりましたが、テレビがないことに気づかない程、濃密な時間を過ごせた気がします。


ペンションぽらりすの館内

ペンションぽらりす

館内の至る所にこのような小物があります。

ペンションぽらりす

だいぶピンボケになってしまいましたが、こちらはオーナーのコレクションが置いてある「おもちゃ箱」と名付けられた部屋。オーナーの趣味の多彩さが伺えます。

ペンションぽらりす

図書コーナーには北海道関連、天体関連はもちろん、様々なジャンルの書籍や漫画本が揃っています。


ペンションぽらりす

館内をウロウロしていると、必ず出くわすのが飼い猫の「クマくん」(左)と「キキちゃん」(右)。好奇心旺盛なクマくんと大人しいキキちゃん。対照的で可愛いです♪


ペンションぽらりすの食事

ペンションぽらりすは食事にもこだわっています。

夕食

夕食は、地元産の食材をふんだんに使ったコース料理。コースと言っても、堅苦しいものではなく、気軽に楽しむことができます。

ペンションぽらりすの夕食

ミニトマトのカプレーゼラーメンサラダ。ラーメンサラダは、北海道の居酒屋では定番の隠れた北海道グルメ。

メニューにまつわる豆知識が書かれた紙が食事と一緒に出されます。それを読むのもまた楽しいですね。

ペンションぽらりすの夕食

たまねぎのコンソメスープ(左)。

北海道産小麦の自家製パン(右)。温かいうちに口に運ぶとフワッフワ!こりゃ美味いです。

ペンションぽらりすの夕食

具だくさんチーズフォンデュ。濃厚でクリーミーなチーズに、様々な具材やパンをディップしていただきます。なお、チーズはおかわり可能なので、遠慮せずにたっぷり付けて食べて欲しいとのこと。

ペンションぽらりすの夕食

メインディッシュはエゾシカ肉のロースト。ガーリックソースでいただきます。臭みは全く無く、サッパリとした味わい。

ペンションぽらりすの夕食

デザートはビュッフェスタイル。北海道牛乳で作った自家製プリンバナナケーキが特に美味でした。

量的にもちょうど良く、北海道を感じることができる素晴らしいディナーでした。

朝食

ペンションぽらりすの朝食

ベーコン、スクランブルエッグ、ポテトサラダを中心としたお手本のような洋朝食。自家製パン、コーヒーとともにいただきます。ヨーグルトやグラノーラ、コーンフレークはビュッフェスタイル。北海道産の牛乳やご当地飲料、ソフトカツゲンも飲めますよ。


入浴は川湯温泉で

ペンションぽらりすの風呂はユニットバス。温泉はありません。

「温泉に入りたい!」という方のために、近くの川湯温泉の入浴券付きのプランが用意されています。

お宿 欣喜湯

入浴することができるのは、名湯と名高い川湯温泉にある「お宿 欣喜湯(きんきゆ)」。レモンのような味がする酸性の温泉ということで有名です。ぽらりすからは車で20分程度の距離です。

16時くらいにぽらりすにチェックインし、川湯温泉でひとっ風呂浴びてからのディナーというのがおススメのスケジュール。温泉には22時まで入浴できるので、夕食後に行くことも可能です。


ペンションぽらりすの周りの大自然を楽しもう!

ペンションぽらりすに泊まったからには、周辺の大自然も楽しみたいもの!

夜は満天の星空を楽しもう!

市街地から離れたぽらりすは、星空を見るには絶好の場所。晴れていれば、テラスから満天の星空を見ることができます。

オーナーが天体望遠鏡を準備してくれるうえに、星の解説までしてくださり、まさに至れり尽くせり。手ぶらで行っても天体観測を楽しめます。

ペンションぽらりす

天体望遠鏡を使えば、スマートフォンでもこのように美しい月の写真を撮ることができます。

また、一眼レフカメラ、ミラーレス一眼などをお持ちの方には、三脚の貸し出しや、星空撮影のコツの解説などもあります。

ペンションぽらりすの周りは野生動物・野鳥の宝庫

ペンションぽらりすの周辺では、数々の野生動物や野鳥を見ることができます。

ペンションぽらりす

こちらは朝食中に、窓から見えたハクチョウ

ペンションぽらりす

周辺の畑では、キタキツネ丹頂鶴を見ることができました。この他にもエゾシカリスなどの野生動物や、オオタカオジロワシなどの鳥も現れるのだそう。

ペンションぽらりす

ペンションぽらりすの敷地内には、森の中を散策できる500m程の小道があります。その名も「ぽらりすのもり」。早朝の散歩などは清々しくて良いですよ。

ちょっと足を延ばして朝の湖や雲海も!

車やバイクで来ている方は、朝食前のドライブもおススメ。

ペンションぽらりす

絶景の湖として有名な摩周湖、雲海で有名な美幌峠津別峠は、起床後に出発し、朝食までに戻ってくることが可能です。きっと「早起きして良かった!」と思えるような絶景に出会えるはずですよ。

オーナーは周辺の観光情報に詳しいので、おススメの場所などを聞いてみると、より旅が楽しくなるかもしれません。


ペンションぽらりすへのアクセス

車でのアクセス

道外から訪れる場合、道東地方の玄関口になるのは中標津、女満別、釧路空港。各空港からぽらりすまでの所要時間は以下のとおりです。

中標津空港から車で約1時間10分。

女満別空港から車で約1時間15分。

釧路空港から車で約1時間30分。

ペンションぽらりすを初めとして、摩周湖、阿寒湖、知床などの周辺の観光地も鉄道駅からは離れているため、効率良く周るためには車やバイクが便利です。

ペンションぽらりすの近くを通る国道243号線沿いに看板が出ているので、見落とさないように注意しましょう。

鉄道でのアクセス

JR釧網本線の摩周駅から約8km。ペンションぽらりすは家族経営なので、原則として送迎は行っていないそうです。摩周駅からの交通手段は以下の2通り。

■タクシーで15分(2,500円程)

■阿寒バス「屈斜路線」で「札友内」停留所まで約10分

※バスの場合、1日2本のみ。また、始発の「摩周営業所」停留所までは摩周駅から徒歩10分程歩く必要があるため、やや不便かも。


各種情報

ぽらりす : ペンションぽらりすの公式サイト。

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2018.11.29 | 最終更新:2019.03.20 |カテゴリ: 北海道

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/430-0e711916

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT