FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 埼玉県 > 行田の新名物「古代米カレー」をスープカレー専門店で食べよう(Neco@埼玉県行田市)

行田の新名物「古代米カレー」をスープカレー専門店で食べよう(Neco@埼玉県行田市)

埼玉県北部にある行田市さきたま古墳群忍城などの史跡で有名な都市です。

ここ行田市で、最近新たなご当地グルメが誕生したことをご存知でしょうか。それが、今回紹介する「行田古代米カレー」!

先日、行田市内にある人気のスープカレー専門店「Neco」で、「行田古代米カレー」を食べてきました。この記事では「行田古代米カレーとは何ぞや?」から始まり、その魅力、スープカレー店「Neco」の情報を紹介したいと思います。






行田の新名物「行田古代米カレー」とは?

行田古代米カレー」は埼玉県行田市のご当地カレー。近年誕生した新しいご当地グルメで、飲食店や市民らで構成される「さきたま古墳・行田古代米カレーの会」も平成27年にに結成されました。

「行田古代米カレー」の特徴としては、主に以下の3つ!

①行田産の古代米を使う

②行田の食材を使う

③共通のごはんの型(前方後円墳の形)を使う



ごはんの形のモチーフは、「さきたま古墳群」の1つで、地元の誇りでもある稲荷山古墳。そして古墳の金型を作ったのは、行田市内にあるものつくり大学

「行田古代米カレー」は歴史や技術、食材などなど、行田市の全てを結集させて誕生したグルメなのです。


スープカレー「Neco」の「行田古代米カレー」が美味い!

「行田古代米カレー」は行田市内の約15店舗(2018年現在)で提供されています。

Neco

今回は、市内にある人気のスープカレー店、「Neco」にお邪魔しました。この店では、ご当地グルメである「古代米カレー」をスープカレーでいただくことができます。

「行田古代米カレー」を食べてみた

古代米カレー

こちらが「Neco」の「古代米カレー」!

スープカレーなので、カレーとライスが別皿に盛られているのが特徴です。

古代米カレー

何より目を引くのがこのライス!見事な前方後円墳ですね。

古代米が使用されているので、色は黒め。そして食べるみると分かるのですが、結構歯応えがあります。

古代米は貧血や動脈硬化を予防したり、疲労改善への効果も期待されているようですよ。

古代米カレー

カレーは大皿に並々と盛られており、なかなかのボリューム!野菜もたっぷりと入っていて美味しいです♪

お世辞抜きに、ここのスープカレーはレベルが高いです。僕は学生時代、スープカレーの本場、札幌で暮らしており、スープカレーはよく食べていましたが、この店のスープカレーは、札幌の人気店にも決して負けていないと思います。


「古代米カレー」の注文のしかた

「古代米カレー」の注文方法を説明しておきましょう。


メニュー@Neco

まずはベースとなるスープを選びます。

基本となる「トマト」、マイルドな味の「ココナッツ」、あっさり系な「和風」から選ぶことができます。


メニュー@Neco

次に具材を選びます。

基本野菜」(人参、じゃがいも、ナス、ピーマン、オクラ、ブロッコリー、水菜)は全てのカレーに入るようです。「基本野菜」に加えて何が食べたいか、じっくり選びたいところです。

「チキン」が王道ですが、「豚の角煮」や「シーフード」も捨てがたいですよね。


メニュー@Neco

最後に辛さを選びます。辛さは数字で表されており、0から30まで選ぶことが可能。

目安として、「1」番が、通常のルーカレーの中辛程度の辛さなのだそうです。初めての訪問で、激辛好きでない場合は、まずは1~2番あたりから始めるのが良いと思います。


もし、追加したいトッピングがある場合は、ここで伝えておきましょう。


メニュー@Neco

ここが重要です!

「古代米カレー」を食べたい方は、「古代米で」と伝えましょう。通常のスープカレーの料金に50円プラスで「古代米カレー」を食べることができます。


スープカレー「Neco」へのアクセス

車でのアクセス

関越道の東松山ICから約30分

関越道の花園ICから約40分

東北道の羽生ICから約40分


駐車場は店の表と裏にあります。


表側は、交通量が多い道に面していて、駐車場もやや狭いので、駐車が苦手な方は苦労するかもしれません。



駐車が苦手な方は、店の裏側にある第2駐車場の方が、交通量も少ないため、落ち着いて駐車できると思います。


鉄道でのアクセス

JR高崎線の行田駅東口から徒歩で約15分

※行田駅の東口から、ひたすら真っすぐ。上越新幹線の高架が見えて来たら、まもなく到着です。



行田の元祖ご当地グルメ、ゼリーフライとフライもおススメ!

以前も紹介しましたが、行田と言えばゼリーフライフライが有名です。こちらは行田市で古くから食べられている郷土料理。

こちらもオススメなので、行田に行ったら是非食べてみてはどうでしょうか?

ゼリーフライ、フライは行田の名物郷土料理(かねつき堂@埼玉県行田市)

ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2019.03.07 | 最終更新:2019.03.18 |カテゴリ: 埼玉県

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/463-5e989cc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT