FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 09雑記 > 旅行記 5月のニュージーランド【3-2】「タスマン・バレー・ウォーク」で絶景トレッキング

旅行記 5月のニュージーランド【3-2】「タスマン・バレー・ウォーク」で絶景トレッキング

10連休となった2019年のGW

「せっかくなので海外へ」ということで、ニュージーランドをレンタカーで旅してきました。

ニュージーランド行程表

行程は上の表のとおり。この記事では、ピンク色で示した3日目(5/3)の様子をお伝えしていきます。

なお、この旅行記は数記事に分かれます。別の記事をご覧になりたい方は、以下に示した目次のページをクリックしてください。

旅行記 5月のニュージーランド 目次

「タスマン・バレー・ロード」を走り、駐車場へ向かう

サザンアルプス

9:15
昨晩泊まったレイクテカポから約1時間45分をかけ、サザンアルプスの麓までやってきました。

さて、この辺りにはサザンアルプスの山々や湖、展望台を巡るトレッキングコースが数多く存在します。一番人気なのが、マウントクックを見ながら氷河湖であるフッカー湖を目指す「フッカー・バレー・ウォーク」。ただ、このコースは往復約3時間を要するため、今回は少し時間が足りません。

…というわけで、もう少しお手軽な「タスマン・バレー・ウォーク」に行くことにしました。




このまま国道80号線を進むと、マウントクック観光の拠点となる「マウントクック・ビレッジ」に到着しますが、「タスマン・バレー・ウォーク」へ行くためには、その約1km手前で右折します。

上のストリートビューで示した場所が分岐点。冬に撮影したものらしく、道が雪で埋もれてしまっていますが、この交差点から始まる道が「タスマン・バレー・ロード」です。


一車線の橋

「タスマン・バレー・ロード」に入っても、変わらず快走路が続きます。ただし、時々幅が1車線分しかない橋が現れるので注意が必要です。

幅が狭い橋は、ここに限らずニュージーランドをドライブしていると時々お目にかかります。橋の手前で減速し、対向車が来ていないことを確認してから渡る必要があります。


タスマン・バレー・ウォークの駐車場

9:25
「タスマン・バレー・ロード」を8km程走ると、駐車場が見えてきました。シーズンオフだからか、車は少なめ。駐車場もガラガラでした。




「タスマン・バレー・ウォーク」を歩き氷河湖を観に行こう

タスマン・バレー・ウォークのトイレ

駐車場のすぐ近く、トレッキングコースの入口にはトイレがあります。海外の公衆トイレにはあまり良い印象を持っていなかったのですが、ここは比較的綺麗なトイレでした。

コースの途中にはトイレはないため、心配な方はここで済ませてから出発しましょう。展望台までは往復で30~40分程度かかります。


タスマン・バレー・ウォーク

歩き始めると、いきなり分岐が現れます。

看板によると左へ進むと「Tasman Glacier View」と「Blue Lakes」。右へ進むと「Tasman Lake Jetty」と「Tasman River」。

タスマン湖やタスマン氷河を眺めるための展望台に行くのであれば、左の道。多くの人が左の道へと進んでいました。右の道は、タスマン湖で行われる「氷河湖クルーズ」の船着場へと続いています。

タスマン・バレー・ウォーク

緩やかな階段を登っていくと、再び分岐が。「Tasman Glacier View」の表示に従って、道なりに進みます。


タスマン・バレー・ウォーク

最後の分岐を過ぎると、急な階段が始まります。それほど長い階段ではありませんが、急なので息が切れますね。階段を登りきった所が展望台です!


タスマン湖

タスマン湖

「Tasman Glacier View」からの絶景!

ドーンと目の前に広がるのは、グレーの水を湛えたタスマン湖。水面には氷河から流れ出した氷塊がプカプカと浮かんでいます。小さな氷塊に見えますが、見えているのはほんの一部分。水中に沈んでいる部分も含めると、かなり大きな塊なのだそうです。

また、タスマン湖の手前の斜面には小さな水たまりがあるのですが、不思議なことにこの水たまりだけ真っ青なのです。まさに自然の神秘ですねー。


タスマン湖

視線を左に移すと、サザンアルプスとタスマン氷河が見えます。左側に頭だけ見えているのはマウントクックですね。


写真だけでは、この景色の素晴らしさをお伝えできないのがもどかしいですが、本当に感動する景色でした。徒歩30分程度でこれほどの絶景が拝めるとは…。ニュージーランドって素晴らしい!!


マウントクックではもっと時間をとって、色々なトレッキングコースを歩いてみたかったですね。それだけが心残りです。


タスマン・バレー・ウォークからの景色

帰り道もまた絶景。氷河によって浸食された広大な谷が視界いっぱいに広がります。

ついつい景色に夢中になってしまいますが、急な階段が続くので、足下には十分に注意が必要です。

展望台直前の階段が少し急であること以外は、全体的に良く整備されていて歩きやすい道でした。歩く時間も往復で30分程度ですし、体力に自信のない方にもおススメできるトレッキングコースだと思います。


次回はマウントクックを離れ、オアマルへ向かって走り出します。絶品サーモンとラム料理を紹介します。

旅行記 5月のニュージーランド【3-3】プカキ湖のサーモンとオマラマのラム料理
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2019.05.30 | 最終更新:2019.06.13 |カテゴリ: 09雑記

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/489-080afe18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT