FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 与那国島旅行記【6】与那国島最東端の東崎は絶景だった

与那国島旅行記【6】与那国島最東端の東崎は絶景だった

2019年6月7日

14:05
日本の最西端の西崎から、島の南海岸を通り、与那国島の最東端である東崎にやってきました。「日本最西端の島の最東端」というなかなか微妙な位置づけですが、景色の良さは西崎以上でした!


東崎は与那国馬と灯台が美しい絶景の岬だった

東崎

こちらが与那国島最東端の岬、東崎です!

「東崎」と書いて「あがりざき」と読みます。

先程訪れた西崎に比べ、「いかにも岬!」という感じの岬ですね。大地の先端にある灯台、断崖絶壁、青々とした草地、そして海と空!

これは素晴らしい絶景!


東崎

草原の中の小道を通り、岬の先端へと向かいます。

東崎もまた、与那国馬が放牧されています。道端には馬の落とし物が点々としているので、足元には注意しましょう。


東崎

左を向いても…

東崎

右を向いても海!

両側に海を見ながら、大地の果てに向かって歩く爽快感!これは岬ならではの楽しみですよね。

日本国内を探しても、ここまで爽快な岬はなかなかお目にかかれないと思います。




東崎

草原には数頭の与那国馬。ひたすら草をモシャモシャと食べていました。

横になって寝ている馬もいました。馬って立ったまま眠るイメージがあったのですが、こうして横たわって寝ることもあるようですね。瞼を閉じ、とても気持ち良さそうに眠っていました。

大人しそうとは言え、不用意に近づくと強靭な脚で蹴られてしまう恐れも…。蹴られたら怪我では済まなそうなので、馬を刺激しないよう適度な距離を保ちつつ観察しました。


東崎

与那国馬を横目に、草原の踏み跡を突っ切って灯台を目指します。素晴らしい景色ですが、相変わらず馬の糞だらけ。


東崎

灯台に到着!

石積みの城壁のような囲いと灯台。絵になります。囲いの外側に立っている朽ち果てた鉄の支柱も、悲哀を感じさせて良いですね。


東崎

岬の先端から崖下の海を覗き込んでみました。

崖の高さは約70m!さすがに足がすくみます。そして何よりも感動したのが、この高さから見下ろしても海の底がよく見えること!とんでもない透明度です!青色に輝く海の中を泳ぐ魚の姿さえ見ることができました。


東崎は本当におススメなので、是非とも足を運んでみてください。




崖下から見る東崎もまた良し

絶景の東崎。崖の下から見るのもおススメです。



東崎の手前にある交差点から北海岸に下っていく道があります(上のストリートビューで、右へ向かう道)。この道を下っていくと、東崎の崖下に行くことができます。

途中、かなり急な坂道があるので、自転車ではかなりキツい道程だと思います。


東崎

東崎

崖下から見た東崎。牧歌的な雰囲気が漂う崖上とは雰囲気がガラッと変わりますが、こちらも見ごたえがありますね。


次回は与那国島の穴場ビーチ、六畳ビーチへ向かいます。

与那国島旅行記【7】アクセス困難な秘境ビーチ、六畳ビーチ
ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2019.08.29 | 最終更新:2019.09.02 |カテゴリ: 旅行記

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/515-dca45604

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT