FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 北海道 > まるでもつ鍋!? 旭川しょうゆホルメンを食べてみた(羅亜~麺 加藤屋 北門本店@北海道旭川市)

まるでもつ鍋!? 旭川しょうゆホルメンを食べてみた(羅亜~麺 加藤屋 北門本店@北海道旭川市)

しょうゆホルメン

北海道のグルメといえば、道内各地で食べられるご当地ラーメン。札幌(味噌)、旭川(醤油)、函館(塩)、釧路(醤油)で食べられている「北海道四大ラーメン」の他、新たなご当地ラーメンも各地で人気を博しています。

今回紹介する旭川しょうゆホルメンもまた、新鋭のご当地ラーメンの1つです。


旭川と言えば旭川ラーメンが有名ですが、養豚が盛んな旭川ではホルモンもまた、食文化の1つとして根付いていました。ラーメンとホルモン、そんな旭川の二大ソウルフードとも言うべき2つのグルメを合体させたのが旭川しょうゆホルメンなのです。

旭川しょうゆホルメンを提供する店はいくつかありますが、今回は旭川市内にあるラーメン店、「羅亜~麺 加藤屋 北門本店」でいただきました。これがとても美味しかったので、この記事でその魅力を紹介させていただきます。






旭川市内の名店、羅亜~麺 加藤屋 北門本店

しょうゆホルメン

今回訪れたのは、旭川市の郊外にあるラーメン店、「羅亜~麺 加藤屋」北門本店。「羅亜~麺 加藤屋」は2020年現在旭川市内に4店舗を構える人気店ですが、今回は本店である北門本店を訪れました。

市の中心部からは少し離れた、郊外の住宅街にあります。近くには北海道教育大学もあり、学生客が多そうな立地です。

店はこじんまりとした平屋ですが、中にはカウンター席とテーブル席、さらには小上がり席がありました。住宅街にあるからか、家族客も受け入れ可能な席となっています。


実食!旭川しょうゆホルメン!

しょうゆホルメン

こちらが旭川の新名物、旭川しょうゆホルメンです!

なかなか個性的なビジュアル!丼の半分ほどを覆いつくすホルモンとキャベツにネギ、そして糸唐辛子。これはあれだ!もつ鍋だ!


実際に食べてみると、これがまた美味しいんです。

スープは豚骨でダシをとった醤油ベースのコッテリとしたスープ。表面は油の膜で覆われており、熱が逃げない工夫がされています。冬の冷え込みが激しい旭川ならではのスープです。

濃厚なスープに負けない麺は、中細のストレート麺。

そしてホルメンの主役とも言うべきホルモン。プリプリとした食感のホルモンがゴロゴロと入っています。丁寧に下処理がされているのか、臭みがありません。噛めば噛むほどに美味い!

脇を飾る具材も魅力的。クタッとしたキャベツやネギ、メンマ、ナルトも良い味出しています。

ラーメンなのですが、どこかもつ鍋を食べているかのような感覚になる、そんな一杯でした。




羅亜~麺 加藤屋 北門本店のメニュー

「羅亜~麺 加藤屋」北門本店のメニューを紹介します。


しょうゆホルメン

ラーメンのメニューが豊富ですね。今回紹介した「旭川しょうゆホルメン」の他に、「旭川みそホルメン」というものも存在するようです。

ラーメンの他にもカレーや丼もの、チャーハンやおつまみメニューも充実しています。


しょうゆホルメン

こちらがおススメのメニュー。「特製せあぶららーめん」がこの店の推しのようですね。


しょうゆホルメン

メニューとしては新鋭の「旭川しょうゆホルメン」は単体で猛プッシュされていました。




羅亜~麺 加藤屋 北門本店へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

道央道旭川鷹栖ICから約5分


店の前と横に専用駐車場があります。仕切り線はありませんが、6~7台分くらいのスペースです。


バスでのアクセス

■旭川駅前から「5番 旭町・春光線」に乗り、約15分。「旭町2条10丁目」停留所で下車し、徒歩5分。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2020.08.25 | 最終更新:2020.08.25 |カテゴリ: 北海道

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/599-c8a5e1c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT