FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 北海道 > 帯広名物の豚丼をアットホームなお店で食べた(とんび@北海道帯広市)

帯広名物の豚丼をアットホームなお店で食べた(とんび@北海道帯広市)

豚丼

今回は、北海道帯広市の名物である豚丼を紹介します。

帯広の豚丼と言えば、今や全国区の知名度を誇るご当地グルメと言えるでしょう。豚丼を提供する店は、帯広を中心として十勝地方に数多く存在しますが、今回は帯広市内にある穴場的なお店を紹介します。

店の名前は「とんび」。

この記事では「とんび」の豚丼や、その他のメニューなどについて、紹介したいと思います。






帯広市の住宅街にある隠れ家的なお店、とんび

豚丼

今回訪れたのは、帯広市の郊外の住宅地にある「とんび」という名前のお店。見た目はお店というよりも、民家ですね。

入口に「営業中」と書かれた札と暖簾がかけられていなければ、完全に“新興住宅街の民家”という感じ。なんだか知人の家にお邪魔するような変な感覚ですが、扉を開いて入店!

店内も、「まんま民家」。玄関で靴を脱ぎ、廊下を通って中へ。ダイニングにあたる部分にテーブルがいくつか並べられていました。繰り返しになりますが、やっぱり友人宅でお昼ご飯をごちそうになるような感覚ですね。

あまり多くの客を収容できるお店ではありませんが、とても落ち着きます。まさに「隠れ家的なお店」と言えるでしょう。


帯広名物、豚丼をいただく

豚丼

こちらが帯広名物の豚丼です!

丼を覆いつくす豚肉!濃い目のタレを纏っていて、とても美味しそう!

豚丼と言えばロースを使うことが多いのですが、この店では「ロース」、「バラ」、「ミックス」の3つから肉の種類を選ぶことができます。ロースとバラ、両方を味わってみたかったので、「ミックス」をいただきました。

そして、サイドメニューに豚汁があったので、豚汁も注文してみました。まさに豚づくし!


豚丼

まずは豚丼を食べてみました。

炭火でじっくりと焼かれた豚肉はとても香ばしいですね!5日間煮込んだタレにくぐらせては焼き、くぐらせては焼き、を繰り返して、タレを肉に染み込ませているのだそうです。これは美味い。

サッパリとして噛み応えがあるロースと、プリっとした脂身がジューシーなバラ、どちらも美味しいです。

そんな豚肉で白飯を包んで食べると、無限にご飯が食べられそうですな。


豚丼

お好みに応じて一味唐辛子山椒などの薬味をかけて食べるのも良し。特に山椒は、豚丼のベストパートナーと言っても過言ではないと思います。

また、卓上に豚丼のタレが入ったボトルが置いてあるので、タレが足りない場合には使うと良いでしょう。このタレだけでご飯がおかわりできそうですね。


豚丼

そして豚汁。豚肉だけではなく、大根や人参、白菜、豆腐など、具材がふんだんに入っています。野菜から甘みが出ており、全体的に優しい味に仕上がっています。

是非とも豚丼とセットで頼んでみてください!




とんびのメニュー・トッピング

とんびのメニューを紹介します。


豚丼

基本的には、メニューは豚丼のみです。先述したように、「ロース」か「バラ」か、それとも両方が入った「ミックス」か、肉の種類を選ぶことができます。量も「子豚」、「大豚」、「超大豚」の3つから選択可能。

さらに多種多様なトッピングがあるのもこの店の特徴。バターやチーズ、温泉卵など、気になるトッピングが目白押しです。


豚丼

ごはんを肉で巻いた「とんび巻き」や「じゃがバター」も。


豚丼

そして今回いただいた豚汁。具材がたっぷり入ってこのお値段は、なかなかお得ですね。




とんびへのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

道東道音更帯広ICから約20分

帯広広尾道芽室帯広ICから約25分


豚丼

駐車場は店の前に4台分用意されています。


バスでのアクセス

帯広駅バスターミナルから十勝バスの「2循環線」に乗り、約4分。「大通24丁目」停留所で下車。そこから徒歩2分程度。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2020.09.11 | 最終更新:2020.09.11 |カテゴリ: 北海道

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/602-15a57c4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT