fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 大東諸島旅行記【南大東島編④】日の丸山展望台と南大東島地方気象台

大東諸島旅行記【南大東島編④】日の丸山展望台と南大東島地方気象台

大東諸島

2023年5月6日(土)

大東諸島旅行の3日目。本日は1日南大東島で過ごします。昨日から宿でレンタカーを借りているので、南大東ドライブを楽しむことにします。


大東諸島

出かける前に朝食。今回2泊しているホテルよしざとは食事を付けることもできますが、1泊目は敢えて素泊まりにしていました。そのため、近くにあるスーパーミナミでお弁当と惣菜を買ってきたのです。

南大東島には数軒の商店がありますが、それぞれお総菜を扱っています。島寿司も扱っているようですが、朝の時間帯には店頭に並んでいなかったので、おにぎりとフライドチキンをいただきました。

お腹を満たしたところで、南大東ドライブに出発です。




亀池港 南大東島の南の端に位置する港



7:20
南大東島の南端にある亀池港にやってきました。

フェリーだいとう」は島の西側にある西港に発着することが多いようですが、波や風の状況によっては亀池港に着くこともあるようです。


大東諸島

こちらが亀池港です。大東諸島にある他の港と同様、防波堤が無いワイルドなスタイル。無骨な岸壁の向こうには群青の大海原が広がっています。


大東諸島

一見穏やかそうに見えますが、時々強い波が押し寄せ、岸壁が波で洗われている状態。南大東島基準で見れば穏やかな方だと思うのですが、大東諸島に船で訪れることの難しさが垣間見えた気がしました。




日の丸山展望台 南大東島を一望する展望台



7:45
南大東島の南部にある日の丸山展望台にやってきました。

標高は約50m。高くはありませんが、全体的に平坦で標高が低い南大東島の中ではかなりの高所になります。日の丸山展望台があった場所は、戦時中に旧日本軍の部隊によって造られた陣地があった場所なんだそうです。


大東諸島

路肩のスペースに車を停め、ちょっとした小道に入ると、すぐに展望台が見えてきます。


大東諸島

大東諸島

こちらが日の丸山展望台からの眺望です!

南大東島を一望することが可能。南大東島は元々環礁が隆起して出来た島であるため、島の外周が高く、中央部が低いという非常に特殊な地形になっています。地平線の辺り、森になっているところが島の外周にあたる高台です。

島の中央部の窪地になっている部分には、北海道の十勝平野を彷彿させるような大規模な畑作地帯。そのほとんどが島の基幹産業を支えるサトウキビ畑です。中心部に役場や製糖工場、商業施設、家々が密集している他は、ただただひたすら広大な畑が広がっています。そんなところもどこか北海道っぽいな、と感じたのでした。




南大東島地方気象台 気象観測用の気球の打ち上げを見学しよう



8:20
南大東村の中心部に戻り、南大東島地方気象台を訪れました。朝っぱらから観光とは無縁そうな気象台を訪れるのには理由があります。


大東諸島

南大東地方気象台では、毎日2回、気象観測用の機材を付けた気球の打ち上げを行っており、毎朝8:30の打ち上げは誰でも自由に見学できるのです。このような観測をラジオゾンデ観測と呼ぶようなのですが、この方法で観測を行っている気象台は全国で16ヶ所のみなので、非常に貴重な存在と言えるでしょう。


大東諸島

ただのコンテナのように見えますが、こちらが観測用の気球を打ち上げるための装置です。打ち上げ時刻まで10分を切っていたので、3~4名の見物客が集まってきていました。カメラを準備して、打ち上げの時を待ちます。


大東諸島

8:30
コンテナ上部の「MEISEI」と書かれた蓋がゆっくりと右側にスライドしました。何のアナウンスも、前触れも無くです。


大東諸島

次の瞬間、大きめの気球が音もなくコンテナの中から飛び出してきました。紐の先には白い機材が取り付けられていますが、温度計や湿度計、GPSなどが付いているようですね。

打ち上げられた直後、たっぷりの水素を含んだ気球はあっと言う間に上昇していきます。


大東諸島

気球は数秒で小さくなり、やがて見えなくなりました。これはちょっとよそ見をしていたら見逃してしまいますね。かなり地味ではありますが、非常に貴重なものを見させていただきました。


次回はかつて南大東島を走っていたサトウキビ運搬用の鉄道、シュガートレインの跡地を巡ります。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2023.09.25 | 最終更新:2023.09.25 |カテゴリ: 旅行記

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/773-a1a0a9ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT