fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 奈良県 > 宿泊記 上湯温泉神湯荘の別館に宿泊 5つの露天風呂を満喫(奈良県十津川村)

宿泊記 上湯温泉神湯荘の別館に宿泊 5つの露天風呂を満喫(奈良県十津川村)

神湯荘


日本最大の村(北方領土を除く)として知られる奈良県十津川村。奈良県南部、山深い紀伊山地のど真ん中に位置しており、秘境の村でもあります。そんな十津川村は温泉も有名で、全国で初めて「源泉かけ流し宣言」をした村です。

2023年の11月、そんな十津川村にある秘湯の一軒宿、上湯温泉神湯荘に宿泊しました。神湯荘はたくさんの露天風呂が楽しめることでも有名な宿。思う存分楽しんできたので、この記事で、その魅力をお伝えしたいと思います。






山の中の一軒宿 上湯温泉神湯荘



今回宿泊した上湯温泉神湯荘は十津川村の南部にある温泉宿。十津川村には湯泉地温泉、十津川温泉というまとまった温泉地がありますが、上湯温泉神湯荘はそのいずれからも離れた一軒宿。秘湯好きにはたまらない立地と言えるでしょう。


神湯荘

こちらが上湯温泉神湯荘。深い山奥の急斜面に建つ、少し懐かしい雰囲気が漂う温泉旅館です。壁に直書きされた「神湯荘」の文字が味がありますね。

実は神湯荘は大きく2棟に分かれており、上の写真の建物がロビーや食堂、大浴場、客室がある本館です。


神湯荘

本館よりも一段高い場所に別館が建っています。かつては湯治客のための自炊棟だったらしく、その時の名残なのか、入口に「温泉保養館 神湯」という文字が残されています。

別館には客室があり、本館よりも安い料金で宿泊することができます。入浴や食事の時に本館まで移動する手間はありますが、リーズナブルに泊まりたい方にはおススメです。




神湯荘 別館の部屋

神湯荘

今回宿泊したのは別館の和室。本館に比べると設備が古く、トイレも共同ですが、本館よりも5,000円くらい安く泊まることができます。

なお、別館の方にはお風呂や食堂がないため、入浴・食事のたびに急坂を下って本館に行く必要があります。そのため、足腰が弱い方は本館に泊まる方が良いでしょう。




神湯荘の温泉

神湯荘の魅力は何と言っても温泉。神湯荘には名物の源泉露天風呂(男女別)、本館の大浴場(男女別)に加え、4つの貸切露天風呂があります。お風呂の数が多いので、早めにチェックインして、ゆっくりとお湯と向き合いたいですね。

源泉露天風呂

神湯荘
(写真は公式サイトより)

神湯荘で一番人気と言えば、やはり源泉露天風呂。上湯川の目の前にある広い露天風呂です。川の近くに源泉があるらしく、熱々の源泉が惜しみもなくかけ流されています。お湯は少しぬめりがあり、ほんのりと硫黄の香り。大自然に囲まれて上質な温泉に浸かる…、最高の贅沢ですね。

注意すべきなのは入浴可能時間。こちらの源泉露天風呂は8:00~17:00までしか入浴することができません。早めにチェックインした方が良いでしょう。

また、源泉露天風呂は神湯荘から約300m離れており、しかもずっと急な坂が続いています。訪れる場合は歩きやすい靴を履いていくか、車で行くのがおススメです。


神湯荘

源泉露天風呂は、日帰りの入浴客も受け入れていますが、神湯荘宿泊客は無料で入浴することができます。宿泊客の印として、フロントでこちらの螺旋キーホルダーを受け取っていきましょう。源泉露天風呂の受付で、このキーホルダーを提示する必要があります。




大浴場

神湯荘

大浴場は本館にあります。

ダイナミックに岩が配置されている、岩風呂風の大浴場です。こちらも勿論かけ流し。湯口の脇にはコップが用意されており、飲泉することができます。まろやかでクセのない味わいでした。

なお、神湯荘の浴室のうち、シャワーがあるのは大浴場のみ。身体を洗うのであれば大浴場を利用しましょう。

ちなみにロビーにはウォータージャグが用意されており、風呂上がりに冷たい水をいただくことができます。ありがたいサービスですね。




4つの貸切露天風呂

神湯荘

神湯荘には貸切露天風呂がなんと4つもあります。

貸切露天風呂は予約制ではありません。本館の玄関に貸切露天風呂の名前が書かれたプレートを掛けるためのフックがあり、プレートが掛かっていればその露天風呂は利用可能、逆に掛かっていなければその露天風呂は使用中ということになります。


神湯荘

貸切露天風呂を利用したい場合は、本館玄関からその露天風呂の名前が書かれたプレートを持っていき、貸切露天風呂の入口にプレートをかけておくというルールになっています。

人気の時間帯だと全ての貸切露天風呂が埋まっているということもあり、タイミングを見計らうのが少し大変でした。貸切露天風呂は深夜も利用可能なので、空いている時間を狙い、全てのお風呂を利用することができました。


神湯荘

貸切露天風呂「いやしの湯」。

本館に一番近い貸切露天風呂です。お湯の中を白い湯の花が舞っており、しっかりとした硫黄の香りもあり、個人的には一番お気に入りの貸切露天風呂でした。本館に近いこともあり、人気もあるようです。


神湯荘

貸切露天風呂「水の神」。

渓流に架かる橋を渡り、急な階段を下りていった先にある野趣溢れる露天風呂。秘湯感を求めるのであれば、ここの露天風呂が一番でしょう。たまたまかもしれませんが、お湯は少し熱めでした。


神湯荘

貸切露天風呂「天乃川」。

本館から階段を下りたところにある露天風呂。その名のとおり、入浴しながら天の川が見られるよう、寝湯ができるようになっています。


神湯荘

貸切露天風呂「美肌の湯」。

「天乃川」のお隣にある岩風呂風の露天風呂です。


このように、神湯荘には個性豊かなお風呂がたくさんあり、館内だけで湯巡りを楽しむことができます。源泉露天風呂以外のお風呂は夜間も入浴可能なので、夕食後にゆっくりと湯巡りを楽しむのが良いのではないでしょうか。




神湯荘の食事

神湯荘の食事は夕食、朝食ともに本館にある食堂でいただきます。

夕食

神湯荘

こちらが神湯荘の夕食です。山の幸、川の幸がズラリと並びます。


神湯荘

鮎の稚魚の揚げ物の柚子餡かけ(左)とカワマスのお造り(右)。


神湯荘

紀州名物めはり寿司ウナギの寿司(左)と温泉を使った温泉しゃぶしゃぶ(右)。


神湯荘

子持ち鮎の塩焼き(左)と温泉水を使ったコーヒーゼリー(右)。


いずれも地元の山の幸や川の幸、さらには温泉水を使った美味しい料理ばかりでした。この他にも奈良名物の三輪そうめんのにゅうめんごま豆腐などが食卓に並びました。大満足でした!




朝食

神湯荘

こちらが神湯荘の朝食です。


神湯荘

刺身こんにゃく(左)と川魚(魚の名前は失念…)の甘露煮(右)。


神湯荘

温泉豆腐(左)と温泉粥(右)。


朝から健康的で、お腹に優しいものばかりでした。ちなみにご飯も温泉で炊いたもの。豊富な湯量を誇る温泉宿ならではのメニューで、嬉しい限りでした。




神湯荘へのアクセス・駐車場情報

車でのアクセス

和歌山県新宮市から国道168号線、奈良県道735号線などを経由して約1時間15分

■紀勢道の上富田ICから国道311号線、国道168号線、奈良県道735号線などを経由して約1時間40分

■京奈和道の五條ICから国道168号線、奈良県道735号線などを経由して約2時間


秘境という立地上、神湯荘に車で訪れるのは少し大変です。唯一のアクセス道路となる奈良県道735号線は崖っぷちを通る1~1.5車線の道。国道から神湯荘までは5km程の道のりですが注意が必要です。県道735号線を通って西側(和歌山県側)からアクセスすることも可能ですが、狭い山道を1時間以上走る必要があり、あまりおススメはしません。


神湯荘

また、神湯荘自体が急斜面の中腹にあるため、狭くて急な坂を登らないと到着することができません。ちなみに上の写真の左側に写っているのが神湯荘本館の駐車場。別館の駐車場は写真の下部に写っている道を通り、さらに登る必要があります。


神湯荘

こちらが別館の駐車場です。5~6台が駐車可能です。

このような道路状況なので、なるべく明るい時間に到着しておくのがおススメです。


バスでのアクセス

①近鉄の大和八木駅から奈良交通の八木新宮特急バスに乗車して約4時間。「十津川温泉」停留所で下車。

②十津川温泉から十津川村営バス上湯川線に乗車して約10分。「上湯」停留所で下車。


公共交通機関で訪れる場合、神湯荘公式ホームページの「よくある質問」を事前に確認しておいた方が良いと思います。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2024.01.08 | 最終更新:2024.01.08 |カテゴリ: 奈良県

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/794-39ea5566

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT