fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 神奈川県 > 浦賀の渡し船 乗り場や料金などを紹介(神奈川県横須賀市)

浦賀の渡し船 乗り場や料金などを紹介(神奈川県横須賀市)

浦賀の渡し船


神奈川県横須賀市浦賀

東京湾の入口に位置し、江戸時代から栄えてきた港町として有名です。ペリーが黒船で来航した地でもあり、日本史の授業で、記憶がある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな浦賀の地に現在も残っている渡し船を紹介したいと思います。






浦賀の渡し船とは

浦賀の渡し船

浦賀の渡し船は、浦賀水道に面した浦賀港内で運航されています。浦賀港は細く長い湾状になっており、浦賀地区の東西の市街地が港によって分断されています。陸路で東西市街地を行き来しようとすると内陸へ大きく迂回する必要があるため、その不便を解消するために湾を横断する渡し船が運航されているのです。


浦賀の渡し船

こちらが浦賀の渡し船です。

少し和風というか中華風のデザインを施された小さな船。この大きさですが自転車の持ち込みが可能です。元々は住民の足として開設された渡船ですが、現在では観光客にも利用されているようです。




浦賀の渡し船の乗り方・料金

浦賀の渡し船

浦賀の渡し船

浦賀の渡し船は、ご覧のような岸壁に造られた小さな桟橋から乗ることができます。上の写真が西渡船場、下の写真が東渡船場です。

安全上の理由から、船に乗り降りする時以外は桟橋の先端は立入禁止とされています。


浦賀の渡し船

それぞれの渡船場にはご覧のような看板が設置されており、料金や渡船に関する解説が書かれています。

看板にはボタンが付いており、船に乗りたい場合はこのボタンを押すように案内されています。渡し船は時刻表に従って運航されているわけではなく、営業時間(7~17時)の間は、利用者が利用したい時に乗ることができます。1艘の船が東西の渡船場を往復しているため、船が対岸にいる場合はボタンを押して呼び出す必要があります。

料金は2024年現在、以下のとおりとなっています。

■大  人 400円

■小中学生 200円

■自転車等 50円

※横須賀市民は半額で利用可





浦賀の渡し船に乗ってみた

浦賀の渡し船

実際に西渡船場から浦賀の渡し船に乗ってみました。僕が訪れた時、船は東渡船場に停まっていたので、例のボタンを押して船を呼び出しました。船は2~3分程でこちらの渡船場までやってきました。早い!

船が桟橋に到着したら下船客と入れ替わりで船に乗り込みます。乗船したら、まずは船頭さんに料金を支払います。現金のみなので要注意です。


浦賀の渡し船

船内はいたってシンプル。ベンチのような長椅子が向かい合わせで配置されており、12名までが乗船可能です。今回は我々を含めて観光客2組が乗船。その場で待っていた客が乗り込んだところですぐに出航しました。


浦賀の渡し船

対岸までの距離は約200m。乗船時間は僅か3分程。

浦賀の町を眺めながらの、束の間の船旅です。湾の中を進むため、揺れもあまり無く、穏やかな航行でした。




浦賀の渡し船の乗り場へのアクセス

東渡船場へのアクセス

■京浜急行の浦賀駅から約1.2km。徒歩で約16分

■京浜急行の浦賀駅から京急バスの観音崎行きまたはかもめ団地行きに乗車して約2分。新町停留所で下車。



西渡船場へのアクセス

■京浜急行の浦賀駅から約1.3km。徒歩で約18分

■京浜急行の浦賀駅から京急バスの京急久里浜駅行きまたはJR久里浜駅行きに乗車して約3分。紺屋町停留所で下車。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2024.02.16 | 最終更新:2024.02.16 |カテゴリ: 神奈川県

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/802-a76f8631

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT