fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 三島村旅行記【薩摩硫黄島編③】薩摩硫黄島の見どころを巡る ~俊寛堂・大浦港~

三島村旅行記【薩摩硫黄島編③】薩摩硫黄島の見どころを巡る ~俊寛堂・大浦港~

三島村


2023年8月15日(火)

本日は三島村旅行の4日目薩摩硫黄島で過ごす2日目となります。前日行けなかった場所を中心に巡りたいと思います。




俊寛堂 薩摩硫黄島に流刑となった僧が祀られている神社



9:10
最初に訪れたのは、島のほぼ中央にある俊寛堂

前々章でも触れましたが、平安時代に俊寛という僧が謀反の疑いで流罪となり、薩摩硫黄島に流されました。この時流された3名のうち2名は本土に戻ることが赦されたのですが、俊寛のみはこの島に残されました。俊寛は絶望のあまり、自身の庵に籠り、絶食をして37歳で亡くなったと言われています。

島民は俊寛の死を哀れみ、彼の庵があった場所に神社を建てました。その神社が俊寛堂です。


三島村

こちらが俊寛堂への入口。「俊寛堂」と書かれた小さな看板はありますが、少し目立ちにくいため、見落とさないよう注意が必要です。

駐車場はないため、路肩に車を停めさせていただきました。


三島村

三島村

入口から俊寛堂までは約3分程の道のり。

ご覧のような竹林の中の小道を進んでいきます。三島村の道は、竹が倒れて、通行に支障が出ている場所を時折見かけますが、俊寛堂に関しては綺麗に刈払いがされていました。島民に大切にされている場所なのでしょう。

また、足元は苔が一面に生えた不思議な地面。フカフカとした絨毯の上を歩いているかのような、心地よい道でした。


三島村

こちらが俊寛堂です。

竹林の中にヒッソリと建つ六角形のお堂。竹を編んで作った工芸品のような、不思議な建物です。

今回は外から眺めるだけに留めたのですが、ネット上の情報によると、正面の扉を開けて、内部を見学することもできるようです。




大浦港 薩摩硫黄島では唯一、青い海が見られる港



11:20
島の西海岸にある大浦港へ行きました。

港と言っても、フェリーが発着するわけでも漁船が停泊してるわけでもなく、小さな入江と岸壁があるだけ。かつては港として利用されていたと思われます。


三島村

大浦港は、ご覧のような急勾配で細い道の終点にあります。これより先は車で進むことはできません。行き止まりには辛うじて転回できるだけのスペースがあるので、道の端っこに停めさせていただきました。


三島村

三島村

こちらが道路の終点から見た大浦港です!

小さな入江が形成されている大浦港。入江の内部の海は比較的穏やかで、蒼く澄んでいます。硫黄島港で見られる海は赤茶色ですし、平家城展望台や東温泉周辺の海も温泉成分により変色しているため、ここまで純粋に青い海は薩摩硫黄島では貴重な存在かもしれません。


三島村

三島村

大浦港へはこのような急な階段を下っていく必要があります。訪れる人が少ないせいか、草で覆われている場所が一か所ありましたが、それ以外は概ね良好な状態。3分程で岸壁まで下ることができました。


三島村

岸壁から眺めた大浦港。

大浦港を天然の良港たらしめている岬は、かつての火山活動により流れ出した溶岩。鬼界カルデラの大噴火より古い火山活動により形成されたのだそうです。確かに、いかにも溶岩が固まって出来たような模様が見えますね。

大浦港周辺の海は、ダイバーにも人気の海なんだそうです。美しい青い海と、火山活動の名残を見ることができ、階段を上り下りした甲斐がある場所でした。


次回は、薩摩硫黄島の集落周辺の見どころを紹介します。


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2024.02.18 | 最終更新:2024.02.18 |カテゴリ: 旅行記

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/803-52dbea8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT