fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 旅行記 > 三島村旅行記【終章】フェリーみしま 乗船記(復路)

三島村旅行記【終章】フェリーみしま 乗船記(復路)

三島村


2023年8月16日(水)

5日にわたる三島村への旅も本日で終わり。フェリーみしまで九州本土へと戻ります。

民宿で昼食をいただき、女将さんが運転する自動車で硫黄島港までやってきました。




さらば、薩摩硫黄島

三島村

13:20
フェリーみしまがやってきました。この便は、朝に鹿児島港を出て、三島村の各島に寄港し、その日のうちに鹿児島港まで戻る、所謂「日帰り航海」です。


三島村

船が岸壁に近づいてきたところで、ジャンベの演奏が始まりました。この数日間、何度も耳にした、思わず身体が動かしたくなるような軽快なリズム。この演奏もこれで聞き納めと考えると、寂しく思えます。


三島村

13:40
ジャンベの音に見送られ薩摩硫黄島を出港。

ジャンベの音色、地形のダイナミックさ、人の温かさ…。とてもキャラが濃く、強く印象に残る島でした。訪れるのはなかなか大変な島ですが、また訪れたいですね。


三島村

フェリーは防波堤の外に出て、西へ。雲をかぶった硫黄岳と、子分のような稲村岳が遠ざかります。


三島村

西から見た薩摩硫黄島。東から見た第一印象も凄かったですが、西から見た姿も強烈です。平べったいプレートに乗せられた山盛りご飯のような、そんなビジュアル。

「岬橋から眺めた硫黄島港と硫黄岳の風景」、「東の沖から眺めた硫黄岳の姿」がよく知られる薩摩硫黄島のイメージですが、個人的にはこの風景も気に入りました。




さらば、三島村

三島村

14:40
3日ぶりの薩摩黒島が見えてきました。大里港の沖をゆっくりと通過。大里港は干潮の時間と重なったため抜港(通過)するとのアナウンス。港の水深が浅いため、潮位によっては港に着岸できないようです。

大里港はスルーし、薩摩黒島の西側にある片泊港へ向かいます。


三島村

三島村

15:05
薩摩黒島の片泊港に到着。大里港を抜港した影響で予定よりも早く到着しました。抜港の影響は乗客の数にも及んでいるようで、片泊港の岸壁には驚くほど多くの乗船客が並んでいました。Uターンラッシュでしょうか。この便が鹿児島港に直行する「日帰り航海」であるため、また大里港から乗る予定だった客も片泊港に流れてきているため、これほど多くの客が集まったのでしょう。


三島村

15:20
定刻よりも30分程早く片泊港を出港。

本土に戻る帰省客に向けたものなのか、島から出る方がいるのかは分かりませんが、紙テープを使った見送りが行われていました。

我々も、いよいよ5日間旅した三島村とお別れ。鹿児島でも屈指のアクセスが難しい島々。名残惜しむように、甲板から薩摩黒島の景色を眺めていました。




フェリーみしまでお土産を買う

三島村

しばらく何もない海を進むので、案内所兼売店にやってきました。購入したのは、黒島のみかんを使用した「バッチリサイコー黒島サイダー」。甘みが強くて美味しいです。


三島村

また、売店でお土産を購入。

購入したのは、三島村産の芋焼酎「みしま村」、「三島椿うどん」、「黒島みかんクッキー」。島には個人商店もありますが、どちらかと言うと島民の生活必需品がメインで売られているため、観光客向けのお土産は船内で買うのが良いでしょう。いかにも三島村らしい袋も素敵ですね。





フェリーみしまで三島村から鹿児島港へ

三島村

「日帰り航路」の復路は、三島村の各島には寄港せず、薩摩黒島から真っ直ぐに九州本土を目指します。ただただ何もない海の真っ只中を進むため、甲板には出ずに船室で寝る人がほとんどでした。


三島村

16:30
途中、3時間程前に滞在していた薩摩硫黄島の遥か北の沖を通過します。うっすらではありますが、あの特徴的な島のシルエットを眺めることができました。天候にもよりますが、この辺りから三島村の各島の姿はだんだんと見えなくなります。


三島村

17:30
開聞岳が見えてきました。いつ見ても美しいフォルムの山。

ここまで来ると、鹿児島まではもうすぐ。左側に開聞岳、右側に佐多岬を望みつつ、鹿児島湾に進入していきます。


三島村

ゆっくりと鹿児島湾を進んでいると、背後から猛烈なスピードで迫ってくる船体が…。鹿児島と屋久島とを高速で結ぶ水中翼船、「トッピー」です。最高時速80kmで水面を飛ぶように進む姿は、まさに「トビウオ」。スピードで太刀打ちできるわけもなく、あっと言う間に追い抜かされました。


三島村

19:40
薩摩硫黄島から約6時間半。すっかり暗くなった鹿児島港に到着しました。大里港抜港の影響で、10分以上早い到着。

下船し、重い荷物を引きずりフェリーターミナルを後にします。信号をいくつか過ぎると、南九州随一の繁華街、天文館のネオン街。つい6~7時間前には人口100人ほどの大自然の島にいたのですが、なんだか現実感がないですね。

今夜は鹿児島市内のビジネスホテルに宿泊し、明日以降も旅は続きますが、三島村の旅行記はこれにて完結。長い旅行記になりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。


三島村旅行記 完


ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2024.03.24 | 最終更新:2024.03.24 |カテゴリ: 旅行記

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/809-75ec0ce3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT