fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

TOP > 兵庫県 > 【宿泊記】山本民宿 坊勢島名物の坊勢サバのしゃぶしゃぶを楽しめる宿(兵庫県姫路市)

【宿泊記】山本民宿 坊勢島名物の坊勢サバのしゃぶしゃぶを楽しめる宿(兵庫県姫路市)

山本民宿


兵庫県姫路市沖、瀬戸内海に位置する家島諸島。4つの有人島と約40もの無人島から成る島々です。好漁場に囲まれた島々で、一年を通して様々な魚介類が水揚げされています。

2024年2月、そんな家島諸島の1つ、坊勢島にある山本民宿に泊まりました。漁業の島、坊勢島にある民宿と言うことで、山本民宿では島で獲れた海の幸を味わうことができます。今回は冬に旬を迎える家島諸島のブランド鯖、「坊勢サバ」を目当てに、山本民宿に宿泊しました。

この記事では、坊勢島の山本民宿について、食事を中心に紹介したいと思います。






家島諸島坊勢島にある宿 山本民宿



今回訪れた坊勢島は、兵庫県姫路市、相生市の沖に点在する家島諸島にある島。姫路市にある姫路港から定期船で30分。定期船は概ね1~2時間に1本運航されており、比較的アクセスしやすい離島です。


山本民宿

こちらが今回宿泊した山本民宿。島の漁港の目の前に位置する民宿です。「民宿やまもと」という看板が目印です。

民家が密集する狭い土地に建っているせいか、建物は3階建て。今回は2階の部屋に泊まりました。


山本民宿

こちらが今回宿泊したお部屋。田舎の祖父母の家のような、懐かしい雰囲気のある和室。トイレや浴室は共同ですが、テレビやエアコンなど、最低限のものは揃っており、快適に過ごすことができました。




山本民宿の食事

山本民宿の食事を紹介します。漁業が盛んな離島という場所柄、山本民宿の食事は海の幸が中心。季節によりかに鍋ハモ鍋、そして坊勢サバのしゃぶしゃぶなど、旬の魚介類を味わうことができます。

今回は坊勢サバが目当てだったので、予約の電話の際に坊勢サバがあるかどうか確認したうえで予約しました。


夕食

山本民宿

こちらが山本民宿の夕食です。テーブルが横長で、さらには品数が豊富だったので1枚の写真に全てを写すことはできませんでした。

オコゼの唐揚げワタリガニナマコなど、新鮮な海の幸が並びます。特にワタリガニの味は濃厚で、絶品でした。


山本民宿

メインの坊勢サバのしゃぶしゃぶ!大ぶりにカットされた肉厚のサバ!サバは傷みやすいため、生で食べられるのは産地ならではの贅沢です。


山本民宿

坊勢サバはあまり火が通らないように、サッと湯通しして、タレに付けていただきます。レア気味でいただくサバ、めちゃくちゃ美味いです!

坊勢サバは、播磨灘で獲れた天然のサバを、家島諸島近海で養殖したもの。そのため通常のサバよりも脂の乗りが多いのです。脂の乗りが多いため、しゃぶしゃぶでサッパリいただくのが坊勢サバの一番美味しい食べ方だと思います。

魚は刺身が一番だと思っていましたが、良い意味で裏切られました。


山本民宿

こちらは刺身盛り合わせ。こちらにも坊勢サバが入っています。食感がプリプリで脂の乗りが良く、旨味が凄いです。

エビも肉厚。坊勢サバに負けず劣らずプリプリ食感で美味しかったです。


山本民宿

魚だけではなく、牛肉の陶板焼きも出ました。こちらも柔らかくて美味。漁業の島で肉が出るとは意外でした。

魚介類だけでなく、野菜や肉も盛りだくさんで、ボリューム満点の夕食でした。


朝食

山本民宿

こちらが山本民宿の朝食です。7時半頃にいただきました。

ご飯の味噌汁に焼き魚と生卵が付く、正統派の和朝食。前夜にたらふく食べたので、この優しい朝食が嬉しかったですね。




山本民宿へのアクセス

姫路港から坊勢輝汽船の定期船に乗り、坊勢港まで約30分。

②坊勢港から約1.1km、徒歩で約18分。

※予約時にお願いしておけば、送迎も可能とのこと。



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

|投稿:2024.03.31 | 最終更新:2024.03.31 |カテゴリ: 兵庫県

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

https://47memory.com/tb.php/810-906becc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT