FC2ブログ
| TOP |    前のページ現在のページ次のページ

山梨名物ほうとう 石和温泉の名店で食べてみた(赤富士@山梨県笛吹市)

ほうとう
山梨県の郷土料理として有名なほうとう
きしめんのような平たくて太い麺を、味噌仕立てで具だくさんなつゆで煮込んだ料理です。

山梨県を旅行すると、必ずと言って良いほど「ほうとう」と書かれた幟を目にすると思いますが、ほうとうを提供する店は山梨県中にたっくさんあります。選択肢が多すぎて、どの店を選んでよいか分からなくなるほどです。

そんな数多くあるお店の中から、今回は山梨県の中央部、笛吹市石和温泉近くにある「お食事処 赤富士」にお邪魔しました。とても美味しいほうとうをいただくことができたので、この記事で紹介したいと思います。

自信を持っておススメできるお店です!






石和温泉にある名店、「お食事処 赤富士」

ほうとう

今回紹介する店は、山梨県笛吹市にある「お食事処 赤富士」。山梨県随一の温泉地、石和温泉の近くにある名店です。

お店は、笛吹川の堤防上を通る国道411号線沿いにあります。赤い屋根が目立つお店なので、石和温泉を訪れた方なら、見たことがある方もいるのではないでしょうか。

店内は純和風な造り。掘りごたつ付のお座敷や囲炉裏風の席もあったりして、なかなか良い雰囲気です。


赤富士のメニュー

「赤富士」のメニューを紹介します。

ほうとう

ほうとうのメニューは何種類か用意されています。

定番の「かぼちゃほうとう」、肉好きには嬉しい「豚肉ほうとう」、辛党の方におススメの「辛口ほうとう」、具だくさんの「ちゃんこほうとう」など、多種多様なほうとうが食べられます。夏季限定ではありますが、ほうとうを冷たい状態でいただく「おざら」も取り扱っています。


ほうとう

定食メニューも充実。

他にも、富士山の形を模した「赤い富士山カレー」というメニューも人気を集めているようです。




赤富士のほうとうを食べてみた!

ほうとう

こちらがほうとうです!

僕が選んだのは「豚肉ほうとう」(1,350円)。1人前にしては大きめな鉄鍋に入って登場しました。熱々で美味しそう!


ほうとう

お椀によそって、実食!

まずはつゆとズズっと。お、これは意外と濃厚なつゆですね。ポタージュ系のつゆ。個人的にはドストライクです。

麺は歯切れが良く、コシがあるもの。

そして、忘れてはいけないのが、鍋の中を彩る具材の数々。豚バラ肉、カボチャ、大根、白菜、人参、根曲がりダケ、わらび、しめじ、なめこ、椎茸、ねぎ、玉ねぎ、サヤエンドウ、里芋、油揚げ。メモをしてみたら、これだけの肉や野菜が入っていました。これだけで1日分の野菜を摂取できるんじゃないですかね。


ほうとう

卓上には一味唐辛子と自家製の辛味噌。これを少しずつ投入して食べても美味しいですよ。

「豚肉ほうとう」。非常に美味しく、かつボリューム満点な一品でした。お腹いっぱい!


ほうとう

こちらは嫁が食べた「ちゃんこほうとう」(1,650円)。海鮮や鶏肉、肉団子が入っております。エビやホタテなどが入っていて、こちらも豪華で美味しかったです。




赤富士へのアクセス・駐車場情報



「赤富士」は石和温泉から甲州市方面へと向かう国道411号線沿いにあります。車で行くのが便利ですが、鉄道駅から歩いて行ける距離でもあります。


車でのアクセス

中央道の一宮御坂ICから約10分


ほうとう

駐車場は3ヶ所にあります。全部で50台分。ご覧の通り、「赤富士」の駐車場であることを示すデカデカとした看板があるので、分かりやすいですね。


石和温泉駅からのアクセス

JR中央本線石和温泉駅から徒歩約25分(1.8km)



ブログランキング参加中!クリックで応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

|投稿:2020.01.26 | 最終更新:2020.01.26 |カテゴリ: 山梨県

PREV | PAGE-SELECT | NEXT